キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ジンギスカンに使うのは、ラム肉?マトン?その違いとは

ジンギスカンは、北海道の名物料理として人気のメニューですが、それに使われる肉は主にラム肉とマトンです。
この2つの肉にはどんな違いがあるのでしょうか。
ここでは、その2つの肉の違いや、味の付け方の違いなどについて紹介しますので、家でジンギスカンをしようと思っている方や、自分好みのジンギスカンのお店選びの参考までにご覧ください。

関連のおすすめ記事

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食...

冷凍ご飯の解凍方法はレンジ以外でも美味しく食べるコツを紹介

冷凍ご飯の解凍方法といえば電子レンジを使った解凍が一般的ですが、電子レンジ以外でも解凍することはでき...

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

料理で失敗したら、捨てる前にこれを読もう

料理をしている時に、失敗してしまうことは、誰にでも考えられます。 そういった時には、「捨てる」とい...

豚肉を柔らかくする方法!短時間でも簡単にできるコツを紹介

豚肉を柔らかくする方法について知りたいあなた。短時間で豚肉を柔らかく仕上げるためには、ほんの少しの工...

ダッチオーブンで作る燻製、チーズ燻製の作り方とコツをご紹介

キャンプでダッチオーブンを使ってチーズの燻製を作ってみませんか? 我が家は毎年家族キャンプに行って...

卵と食パンが食べられるのは離乳食のどの時期?レシピもご紹介

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが食べられる離乳食のレシピについて頭を悩ませている人も...

餃子の皮とチーズで出来る、チーズ揚げのレシピについて知りたい

餃子の皮が余った時、どんな料理に使いますか? もっともポピュラーでおすすめなのが、餃子の皮にチーズ...

餃子の皮の余りでスープを作る!簡単おすすめアレンジを紹介

餃子の皮の余りでスープを作ろうとすると中華スープが多いかもしれません。 しかし、加える食材や味付け...

10倍粥を簡単に作る方法!鍋やレンジを使ってご飯から作れます

10倍粥をお米から作ると、美味しいお粥が出来上がりますが、とても時間がかかってしまいます。赤ちゃんの...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

餃子の皮とチーズで作る子供の喜ぶ美味しいおやつレシピ

餃子を作った後に残ってしまった餃子の皮。そのうち使うかもと思っていても、結局使わずに処分してしまった...

誕生日に手料理で作るコース料理レシピ。彼氏に作りたいレシピ

彼氏の誕生日に、自宅でコース料理風に手料理を作って、誕生日をお祝いしたいという方もいると思います。自...

冷凍シュウマイの蒸し方とポイント、アレンジレシピをご紹介

冷凍シュウマイは蒸し方がポイント。失敗してしまうと皮がベチャベチャ、具もパサパサのシュウマイになって...

食費をひと月に3万円に抑える献立のアイデアをご紹介

食費を3万円にすると言っても、それが何人分なのかによって意味が大きく異なります。 3人家族だとして...

ジンギスカンで使う、ラム肉とマトンの違いとは

北海道で馴染みのジンギスカン。
道民は小さい頃から当たり前のように食べてきましたが、大人になってから北海道ならではの食べ物と認識する方も多いですよね。本州では大人になって初めてジンギスカンを食べ、ジンギスカンの魅力にはまる人も少なくありません。

ジンギスカンは羊のお肉ですが、同じ羊でもラムとマトンという肉の種類があります。

道民でもこの違いがわからない人が多いです。

ラムは1歳に満たない子羊でまだ筋肉が発達してないので身が臭みが柔らかく、マトンは1歳を超えた羊です。

1歳を超えると筋肉がより発達するので歯ごたえがあり、身に脂ものります。
その分臭みも増しますが、それがまさにマトン肉の特徴です。初めて食べる方はまずラム肉から試してみると抵抗なく美味しく食べられると思います。

ジンギスカンのラム肉につける、味付け方法の違いとは

ジンギスカンにはタレに漬け込んであるものと、タレにつけて食べるものがあります。

ジンギスカンは北海道名物ですが、それらは北海道の中でも異なる地域で発祥されました。
共に話題となり、北海道ではどちらも同じくらい人気です。

どちらもとても美味しく、それぞれの違いの良さがあります。

  • 味付けジンギスカン
    味をつけることによって羊肉独特の臭みがない。
    そしてその調味料でお肉がとても食べやすく、調理中の香りも良い。
  • タレにつけれ食べるジンギスカン
    羊肉独特のクセのある臭いがキツイが、人によっては「それこそが本来のジンギスカンだ」と言う人もいる。
    本来の羊肉に味の濃いジンギスカン専用のタレで臭いやクセが調和されで病みつきになります。

ジンギスカンでラム肉を焼く鍋には、こんな種類と違いがあります

ジンギスカン焼く鍋の種類と違い

穴あき鍋
外で炭火で焼くジンギスカンもまた魅力的です。
炭火が穴が空いている部分から直接あたり、香ばしい仕上がりとなる。
ラム肉の脂が程よく落ちて食べやすい。

タレにつけて食べるジンギスカンによく使います。

北海道では外でのバーベキューにもジンギスカンを焼きます。

穴なし鍋
室内でコンロを使ってジンギスカンを食べる時にとても便利です。
余計な脂が落ちず、本来のジンギスカンを楽しめます。

味付けジンギスカンのタレとラム肉が絡み、ご飯が進むような旨さが引き立ちます。

深い鍋
深い鍋を使う時は、野菜を沢山入れたい時、味付けジンギスカンをたくさん焼く時に、野菜やタレが鍋から溢れることなく便利ですよ。
味付けのタレに絡んだ野菜やラム肉が堪能できます。

味付けジンギスカンは、煮込みジンギスカンとも言われるほどですので、タレに煮込んでも美味しく食べられます。

ジンギスカンは、ホットプレートでも調理可能。専用鍋との違いとは

本州の方が思う本場のジンギスカンの食べ方は、ドーム型のジンギスカン専用鍋ではないでしょうか。
お店ではより雰囲気を出すために専用の鍋が使われますが、北海道の多くの家庭ではホットプレートを使用してジンギスカンを食べます。

温めたホットプレートに牛脂をひき、お肉を真ん中に入れ、その周りに野菜をたっぷり入れます。

野菜の水分と味付けラム肉のタレが混ざりあい丁度よい濃さになります。

濃い目が好きだったりうどんも投入したい場合は味付けラム肉の残ったタレを投入すると、味が濃くなったり、うどんにタレが絡みより美味しくなります。ジンギスカンでしか食べられないうどんの味が病みつきになります。

ジンギスカンを存分に堪能したら、最後のシメは

先走って上記で話題にしてしまいましたが、ジンギスカンのシメといえばうどんです。
ジンギスカンのタレに絡めたうどんは、ジンギスカンでしか食べられません。

我が家は子供がいるので、うどんの投入はシメまで持ちません。
むしろ、ジンギスカンの具材として先に入れますが、最後まで残ったうどんは良い感じに焦げが付き、それもまた美味しいんですよ。

そんなシメのうどんですが、北海道の中心部、観光客がたくさん集まる札幌のジンギスカン店では、ラーメンやチャーハン、お茶漬けなどにしてシメを楽しむようになっています。
これは一般家庭にはまだ流通していませんが、そのシメの美味しさも徐々に家庭で話題となってきています。

道民はスーパーにも生のラム肉やジンギスカンが普通に売られていますが、本州ではスーパーで売られていることは珍しいでしょう。
ネットや電話で北海道から取り寄せることができますので、ぜひ試してみてください。