冷凍のバナナを使って出来る、美味しいアイスの作り方

冷凍したバナナは、スムージーにしたり、ケーキの材料に使うなど、さまざまな使い道があります。
中でもアイスは、とてもシンプルな方法で、美味しいバナナアイスにすることが出来ますので、バナナを大量に買ってしまった時や、いつもとは違ったバナナの味わい方をしてみたいという方などは、この記事を是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

食費を節約しながら食べごたえもあるボリュームおかずレシピ

今よりも食費を少しでも節約したいと思う方は多いと思います。そこで、美味しくてボリュームのある節約...

冷凍ご飯の解凍方法はレンジ以外でも美味しく食べるコツを紹介

冷凍ご飯の解凍方法といえば電子レンジを使った解凍が一般的ですが、電子レンジ以外でも解凍することはでき...

豚ひき肉と豆腐を使った簡単美味しいレシピ【夕飯のおかず】

「今晩のおかずは豚ひき肉と豆腐を使って何かおかずを作りたい」という方も多いと思います。そこで、豚ひき...

夕ご飯の献立のメインになる絶品ボリューム鶏肉レシピ

「今日の夕ご飯の献立は何にしよう…」。主婦が毎日考えることです。冷蔵庫に鶏肉がある時には、鶏肉をメイ...

ナスを炒めるコツ!美味しく上手に仕上げるポイントを紹介

ナスを炒めるといつも失敗してしまうというあなた。ナス炒めを美味しく作るにはコツがあるのです。...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

冷凍肉まんの蒸し方!ふっくら美味しいコツや簡単アレンジを紹介

冷凍の肉まんを美味しく食べたい。そんなときは蒸し方に工夫をしてみましょう。冷凍の肉まんは蒸し器が...

冷凍ご飯はチャーハンにするとお弁当でも美味しく食べられます

冷凍ご飯をお弁当に使うときには、チャーハンのような味付きご飯にすると美味しく食べることができます。...

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食...

シュウマイはアレンジしてスープで美味しく!簡単レシピを紹介

シュウマイはそのままでも美味しいけど、アレンジして美味しいスープとして食べることもできます。電子レン...

腹持ちのいい食べ物とは?朝・昼ごはんにおすすめ食材やメニュー

朝ごはんをしっかり食べても、高校生や大学生など若い学生さんは、すぐにお腹が空いてしまい、次の食事まで...

マーボー春雨のレシピはアレンジ次第でおかずにもメインにもなる

マーボー春雨のレシピはどのようにアレンジしたら献立の幅が広がるでしょうか?白いご飯に合うマーボー春雨...

豚ひき肉を使った離乳食完了期にぴったりな取り分けレシピ

離乳食完了期になると、卒業まであと一歩!食べられるものも増えてきて、段々と手間も省けてきます。...

やかんの内側に付いたカルキ汚れをクエン酸で落とす方法

やかんを使っているうちに、底の部分に白っぽい汚れが付いてくることがあります。食器用洗剤とスポンジでこ...

【運動会のお弁当】前日に揚げた唐揚げを当日美味しく食べる方法

運動会のお弁当は前日から下準備などをしておく方が多いと思います。当日は子供の準備の手伝いや、朝食の準...

冷凍バナナの超シンプルなアイスの作り方をご紹介

バナナは皮を剥くだけで手軽に食べることができるので、嬉しい果物ですよね。
腹持ちも良いのでおやつにもぴったりです。
しかし、すぐに皮が黒くなってきて傷みが早い果物でもあります。

たくさんのバナナを買った時には、ぜひ冷凍保存してしまいましょう。

バナナはとても甘いくだものなので、皮を向いて冷凍するだけでアイスのように食べることができますよ。

1本まるごと冷凍しても美味しいのですが、意外と硬くて食べるのが大変かもしれません。
そこでおすすめなのは、潰してから冷凍する方法。ここで重要なのはぐちゃぐちゃにすることではなく、厚さを薄くすることです。

ですから、密閉袋などにバナナを数本入れて、上から手のひらで押しつぶすだけでOKです。
食べた量をパキパキと割ってお皿にいれて食べましょう。

冷凍バナナをより簡単に食べられるアイスの作り方

夏の暑い日にはアイスが食べたくなりますよね。
ですが、カロリーを気にしているとなかなか市販のアイスには手を出しにくいもの。
そういう方にもバナナアイスはおすすめのスイーツですよ。

冷凍バナナアイスは手軽に作れますが、先ほどの作り方ではお皿に分けなくてはいけませんよね。
もっと手軽に食べられた方がいいなと感じる方もいらっしゃると思います。

そういう方におすすめなのが、割り箸です。

バナナに割り箸をさして、棒にしましょう。
この状態でラップに挟んで、上から手のひらで軽く押しつぶします。
ラップの上から食べやすい形に成型したら、両端や上下をきちんと包んで冷凍します。

もしも、ゴミを出したくないなら割り箸は使わなくてもOKですよ。
ポイントは、1本ずつ成型して冷凍することです。

こうすることで食べる時に分ける手間を省くことができます。

冷凍バナナと牛乳をミキサーに入れて出来る、なめらかアイス

バナナは冷凍するだけでアイスのように楽しむことができます。

しかし、バナナだけですから一般的なアイスに比べるとクリーミーな感じが少なく物足りなく感じてしまうかもしれませんね。

そういう時には、バニラアイス風に仕上げるのがおすすめです。
追加するのは牛乳や生クリームです。

牛乳よりも生クリームの方が濃厚な仕上がりなりますから、どちらかだけでも良いですし、ブレンドしてお好みの濃厚さに調整しても良いでしょう。砂糖や蜂蜜などを使って甘さを追加すると、より美味しいアイスに仕上げることができますよ。

バナナ以外の材料を使ってアイスを作る時には、ミキサーを使うのがおすすめです。

ミキサーの代わりにフードプロセッサーやブレンダーでもOKですよ。

材料を全て入れてスイッチを押し、なめらかになったら容器に入れて冷凍します。

以上が一般的なアイスづくりの流れですが、冷凍バナナがすでにあるならぜひそれを使ってアイスを作りましょう。
即席アイスが作れます。

カットした冷凍バナナと、牛乳や生クリームと砂糖などをいれてミキサーにかけます。
バナナの冷たさで緩めのクリームのような状態に仕上がりますよ。
水分が多いとクリーム状にならないので、牛乳や生クリームの量は加減してくださいね。

気分は南国!冷凍バナナで作る、トロピカルアイス

冷凍バナナを使ってアイスを作る時に、ぜひ入れてみて欲しい材料

それは、ココナッツミルクです。

先程の牛乳や生クリームを使ったアイスの材料に、ココナッツミルクを追加して作ってみましょう。
濃厚なバナナアイスにココナッツのトロピカルな風味が加わってとても美味しいアイスになりますよ。

カロリーを気にすると砂糖や蜂蜜は控えたくなりますが、ココナッツミルクを使う時には控えすぎない方が美味しく仕上がります。

美味しくヘルシーに仕上げたいなら、牛乳や生クリームを豆乳に変えるのがおすすめです。

豆乳は大豆から作られていますが、生クリームのような濃厚な味わいですから、代用しても美味しく仕上がりますよ。
豆乳はカロリーも生クリームの半分程度ですし、女性に嬉しい成分がたくさん含まれているのも嬉しいメリットですね。

ミキサーなしで出来る、冷凍バナナとヨーグルトのアイス

牛乳や生クリーム、ココナッツミルクなどを使う時には、ミキサーで撹拌するととてもなめらかに仕上げることができます。
しかし、ミキサーをお持ちでない方もいらっしゃいますよね?

そういう時には、しっかりした袋を使って揉むのもおすすめですよ。

袋にバナナと砂糖やはちみつなどの甘味料を加えてしっかりと揉んでなめらかな状態にします。
少量の牛乳や生クリームなどを加えてさらにしっかりと揉んで混ぜ合わせてから、残りの牛乳などを加えて混ぜ合わせましょう。
しっかりと混ざったら、あとは容器に入れて凍らせるだけです。

この方法ならミキサーがなくてもなめらかに仕上げることができますよ。
お好みで固形のバナナを残しても美味しいです。

調理機器を使わないので、お子様と一緒でも安全に楽しく作りたいときにもおすすめの方法です。