キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍のバナナを使って出来る、美味しいアイスの作り方

冷凍したバナナは、スムージーにしたり、ケーキの材料に使うなど、さまざまな使い道があります。
中でもアイスは、とてもシンプルな方法で、美味しいバナナアイスにすることが出来ますので、バナナを大量に買ってしまった時や、いつもとは違ったバナナの味わい方をしてみたいという方などは、この記事を是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

ナスの作り置きおかずはお弁当にも。男性も喜ぶナスレシピ

私はナスが大好きです。ナスの揚げ浸しなどの作り置きおかずをよく作りますが、お弁当に最適なナスの作り置...

宅配と出前ってどんな違いがあるの?その他食べ物にまつわる言葉

宅配や出前は、家にいながら美味しい食べ物が食べられる、便利なシステムです。 普段何気なく使って...

冷凍ストックできる美味しいレシピ。夕食のメインにもお弁当にも

平日は家に帰るのが遅くなるという方には、冷凍ストックしておけるおかずがあると便利です。夕食のメインに...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。 いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

食費を1ヶ月3万円にするために。夫婦2人暮らしの節約ルール

夫婦2人暮らしの生活で、食費を1ヶ月に3万円に抑えたいというときには、やはり節約の工夫が必要です。 ...

大根の間引き菜の美味しい食べ方!捨てずに食べたい簡単レシピ

大根を育てる上で欠かせない作業が間引きです。間引きした後に出る間引き菜は、捨ててしまっているという方...

夜ご飯のカロリーの平均とは?女性の夜ご飯のとり方について

女性の夜ご飯の平均カロリーはどのくらいなのでしょうか。同じような食事なのに、太る人と太らない人が...

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

子供も飲める美味しい野菜ジュースをミキサーで作るコツをご紹介

足りない野菜を、野菜ジュースやスムージーで補う方もいらっしゃると思います。お店で購入した野菜ジュース...

ラー油を使ったレシピの中で人気のものをご紹介

ラー油はピリ辛でさまざまな料理に合う人気の調味料です。 何かにかけるだけでも美味しいですが、料理を...

夕ご飯の献立の一週間の決め方ルール!働く主婦の時間節約テク

毎日の夕ご飯は「今日は何を作ろうかなぁ」と悩む方が多いと思います。献立に悩む時間はもちろん、冷蔵庫に...

豚バラの厚切りをお弁当に!簡単人気のおかずレシピを紹介

豚バラの厚切り肉はお弁当のおかずとしてもボリュームもあり人気があります。 そこで、厚切り豚バラ...

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。 そんな...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。 ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

豚肉のスープにもやしを入れて、色んなバリエーションを味わおう

豚肉のスープを作る時に、さまざまな野菜が合いますが、その中でももやしは、安くて食物繊維などの栄養もあ...

冷凍バナナの超シンプルなアイスの作り方をご紹介

バナナは皮を剥くだけで手軽に食べることができるので、嬉しい果物ですよね。
腹持ちも良いのでおやつにもぴったりです。
しかし、すぐに皮が黒くなってきて傷みが早い果物でもあります。

たくさんのバナナを買った時には、ぜひ冷凍保存してしまいましょう。

バナナはとても甘いくだものなので、皮を向いて冷凍するだけでアイスのように食べることができますよ。

1本まるごと冷凍しても美味しいのですが、意外と硬くて食べるのが大変かもしれません。
そこでおすすめなのは、潰してから冷凍する方法。ここで重要なのはぐちゃぐちゃにすることではなく、厚さを薄くすることです。

ですから、密閉袋などにバナナを数本入れて、上から手のひらで押しつぶすだけでOKです。
食べた量をパキパキと割ってお皿にいれて食べましょう。

冷凍バナナをより簡単に食べられるアイスの作り方

夏の暑い日にはアイスが食べたくなりますよね。
ですが、カロリーを気にしているとなかなか市販のアイスには手を出しにくいもの。
そういう方にもバナナアイスはおすすめのスイーツですよ。

冷凍バナナアイスは手軽に作れますが、先ほどの作り方ではお皿に分けなくてはいけませんよね。
もっと手軽に食べられた方がいいなと感じる方もいらっしゃると思います。

そういう方におすすめなのが、割り箸です。

バナナに割り箸をさして、棒にしましょう。
この状態でラップに挟んで、上から手のひらで軽く押しつぶします。
ラップの上から食べやすい形に成型したら、両端や上下をきちんと包んで冷凍します。

もしも、ゴミを出したくないなら割り箸は使わなくてもOKですよ。
ポイントは、1本ずつ成型して冷凍することです。

こうすることで食べる時に分ける手間を省くことができます。

冷凍バナナと牛乳をミキサーに入れて出来る、なめらかアイス

バナナは冷凍するだけでアイスのように楽しむことができます。

しかし、バナナだけですから一般的なアイスに比べるとクリーミーな感じが少なく物足りなく感じてしまうかもしれませんね。

そういう時には、バニラアイス風に仕上げるのがおすすめです。
追加するのは牛乳や生クリームです。

牛乳よりも生クリームの方が濃厚な仕上がりなりますから、どちらかだけでも良いですし、ブレンドしてお好みの濃厚さに調整しても良いでしょう。砂糖や蜂蜜などを使って甘さを追加すると、より美味しいアイスに仕上げることができますよ。

バナナ以外の材料を使ってアイスを作る時には、ミキサーを使うのがおすすめです。

ミキサーの代わりにフードプロセッサーやブレンダーでもOKですよ。

材料を全て入れてスイッチを押し、なめらかになったら容器に入れて冷凍します。

以上が一般的なアイスづくりの流れですが、冷凍バナナがすでにあるならぜひそれを使ってアイスを作りましょう。
即席アイスが作れます。

カットした冷凍バナナと、牛乳や生クリームと砂糖などをいれてミキサーにかけます。
バナナの冷たさで緩めのクリームのような状態に仕上がりますよ。
水分が多いとクリーム状にならないので、牛乳や生クリームの量は加減してくださいね。

気分は南国!冷凍バナナで作る、トロピカルアイス

冷凍バナナを使ってアイスを作る時に、ぜひ入れてみて欲しい材料

それは、ココナッツミルクです。

先程の牛乳や生クリームを使ったアイスの材料に、ココナッツミルクを追加して作ってみましょう。
濃厚なバナナアイスにココナッツのトロピカルな風味が加わってとても美味しいアイスになりますよ。

カロリーを気にすると砂糖や蜂蜜は控えたくなりますが、ココナッツミルクを使う時には控えすぎない方が美味しく仕上がります。

美味しくヘルシーに仕上げたいなら、牛乳や生クリームを豆乳に変えるのがおすすめです。

豆乳は大豆から作られていますが、生クリームのような濃厚な味わいですから、代用しても美味しく仕上がりますよ。
豆乳はカロリーも生クリームの半分程度ですし、女性に嬉しい成分がたくさん含まれているのも嬉しいメリットですね。

ミキサーなしで出来る、冷凍バナナとヨーグルトのアイス

牛乳や生クリーム、ココナッツミルクなどを使う時には、ミキサーで撹拌するととてもなめらかに仕上げることができます。
しかし、ミキサーをお持ちでない方もいらっしゃいますよね?

そういう時には、しっかりした袋を使って揉むのもおすすめですよ。

袋にバナナと砂糖やはちみつなどの甘味料を加えてしっかりと揉んでなめらかな状態にします。
少量の牛乳や生クリームなどを加えてさらにしっかりと揉んで混ぜ合わせてから、残りの牛乳などを加えて混ぜ合わせましょう。
しっかりと混ざったら、あとは容器に入れて凍らせるだけです。

この方法ならミキサーがなくてもなめらかに仕上げることができますよ。
お好みで固形のバナナを残しても美味しいです。

調理機器を使わないので、お子様と一緒でも安全に楽しく作りたいときにもおすすめの方法です。