キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍マンゴーを使った簡単美味しいスイーツレシピ

冷凍のマンゴーは、マンゴーを食べたいという時に手軽に食べられて、スイーツの材料にも便利です。冷凍の食材は価格が安定しているというのも魅力です。
そこで、冷凍マンゴーを使った、簡単スイーツレシピをご紹介します。マンゴーの甘みは、大人も子供も大好き。お子様のおやつにもおすすめです。
また、生のマンゴーの保存方法や、食べ頃の見極め方についてもご紹介していきます。

関連のおすすめ記事

豚肉で簡単美味しいお弁当おかず!脂が白く固まらない工夫を解説

お弁当を作るとき、メインの料理に豚肉を使うこともあるのではないでしょうか。豚肉はお手頃価格で簡単に調...

丼ものをおしゃれレシピにしたいときはこれがおすすめ

丼ものをつくるとなぜかおしゃれに見えない…カフェやお店のような感じに作るにはどうしたらいいのでしょう...

ホットケーキミックスを使ったレシピ。簡単おやつパンレシピ

お子様のおやつや簡単な朝食用に、ホットケーキミックスをストックしているご家庭も多いと思います。ホット...

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

野菜の栄養価は下がっている?栄養価を下げない野菜の摂り方

野菜の栄養価は昔に比べて下がっているのでは?そう言われるとなぜかそうかも知れない気がしてきますが、栄...

夕飯メニューは子供の喜ぶアレに決まり!おすすめレシピを紹介

いつも夕飯のメニューに悩んでいるお母さんも多いことでしょう。 どうせなら子供が喜んで食べてくれる夕...

豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか? 硬い豚肉はまるでゴムのようですし、...

冷凍餃子のアレンジレシピをご紹介、いつもの冷凍餃子を美味しく

冷凍餃子は焼くだけじゃもったいない!冷凍餃子はアレンジ自在、アイデア次第で色々な料理に変身します。 ...

豚肉・チーズ・じゃがいもで作る晩ご飯に食べたい美味しいおかず

じゃがいもとチーズは相性の良い食材です。そこに豚肉をプラスすると、食べごたえのあるメインのおかずにな...

転写シートでチョコを簡単可愛くデコ!使い方のコツ

最近は、製菓コーナーやバレンタインコーナーには、いろいろな転写シートが並びます。転写シートを使うと、...

和菓子のレシピを知りたい!夏に作りたい簡単和菓子の作り方

夏に合う和菓子はどんなものがあるのでしょうか?さっぱりと食べることのできるものを作りたいならこの和菓...

食費の節約のコツ。無理なく今日から初められる節約のルール

子供たちが成長してくると、食費も今までよりも多くなってきます。今よりも食費を節約したいという時には、...

海外のケーキのデコレーションがスゴい!そのアイデアをご紹介

日本と違い、何でもスケールが大きい海外。その中でもケーキのデコレーションがスゴいと話題になっているよ...

鶏肉をレンジで温めても爆発しない方法を徹底解説

鶏肉のささみをレンジで温めてサラダなどに使う時に、レンジの中で爆発してレンジの中も汚れてしまった経験...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

冷凍マンゴーで簡単に作れるスムージーのレシピ

マンゴーはスムージーにぴったりの果物

野菜や果物を使ったスムージーは、皮まで使うので、栄養成分がたっぷり入っていて特に女性には人気がある飲み物ですよね。

野菜や果物をそのまま食べるよりは、飲み物状にすることで量をたっぷり摂れる点も魅力です。

冷凍マンゴーは、スムージーとして使うとマンゴーの甘さやコクで美味しいスムージになります。

甘みが強い果物なので、マンゴーを入れるだけで飲みやすい甘さになります。

例えば、味にクセがある春菊などの青菜をグリーンスムージーに使う時、マンゴーの味が味のクセを気にならないものにしてくれるというメリットがあります。

シンプルなスムージーの材料として、水と小松菜、キウイ、バナナなどの組み合わせが有名ですよね。

マンゴーはバナナの代わりになる甘みと粘度を持っているので、マンゴーを使ったシンプルなグリーンスムージーを作るなら、青菜とマンゴー、水のみでも充分に美味しいスムージーが出来ます。

水を牛乳や豆乳に替えたり、バナナやキウイなど他の果物と組み合わせることで味わいの違うスムージーも出来ます。

ミキサーがあれば、すぐに出来てしまうスムージー。朝から栄養たっぷりのマンゴースムージーを摂れば、一日元気で過ごせそうですね。

冷凍マンゴーを使った簡単マンゴームースレシピ

ミキサーを使って簡単・本格的なマンゴームース

冷凍マンゴーは、使いたい時にすぐ使えたり、料理やおやつ作りにも活躍するので、マンゴー好きの人にとっては便利な食材ですよね。

生のマンゴーは、希少なのでなかなか手に入らなかったり、他の果物に比べると値段が高い物も多いので、気軽に食べるようなイメージの果物ではありません。

その点、冷凍マンゴーなら比較的リーズナブルで年中手に入ります。

身近なスーパーやコンビニでも取り扱っていることが多いので、入手しやすいという点もポイントです。

冷凍マンゴーは、そのまま食べても美味しいですが、おやつにアレンジすることでマンゴーの味わいを活かした美味しいおやつが完成します。

マンゴーを使ったデザートと言えば、マンゴーの濃厚な味わいを活かしたマンゴームースも人気です。

マンゴーの爽やかで濃厚な味わいが、ムースにすることで、なめらかでまろやかになり、食べやすいデザートになります。

冷凍マンゴーを使えば、牛乳やゼラチン、砂糖と一緒にミキサーで混ぜ合わせて、容器で冷やし固めるだけで、簡単に本格的な味のマンゴームースが出来ます。

冷凍マンゴーで作るヨーグルトアイスレシピ

マンゴーとヨーグルトでさっぱり味のクセになるアイス

マンゴーは、それ自体に甘みがあるので、無糖のヨーグルトとも相性が抜群です。

ヨーグルトの酸味とマンゴーの甘みが程よい甘みとコクを生み出します。

冷凍マンゴーをヨーグルトに使う時は、マンゴーの身とヨーグルトが別々になっているよりも、混ぜ合わさっている方がより食べやすく、美味しくなります。

さらに、冷凍庫で冷やし、アイス状にすることで、暑い時にはぴったりの爽やかなデザートになりますよ。

マンゴーヨーグルトのアイスにする時には、冷凍マンゴーと無糖のヨーグルトだけではなめらかな食感にはならないので、コクを出すために、生クリームを加えることで美味しいアイスになります。

蜂蜜などで甘みを加えても良いでしょう。

さらになめらかな食感にするためには、生地を冷やし固める時に、生地を混ぜ合わせる作業がポイントです。

あっさりしたシャーベット状のアイスにしたければ、この作業はそれほど重要視しなくても構いません。

マンゴーの上手な保存方法

マンゴーは低温や乾燥が苦手な果物

冷凍マンゴーは、冷凍庫に入れておけば1ヶ月は美味しく食べられるので、食べたい分だけ使うという方法が便利ですよね。

一方、生のマンゴーの保存方法は、ご存知でしょうか。

マンゴーは、南国というイメージがあるように、温かいところで採れる果物です。

そのため、マンゴーは急激な温度変化や乾燥が苦手です。

完熟までいっていないマンゴーを冷蔵庫に入れて保存してしまうと、温度が低すぎて熟成がストップしてしまうのです。

生のマンゴーは常温で、新聞紙などにくるみ乾燥を防ぎながら保存するのが正解です。完全に熟したマンゴーは、逆に冷蔵庫に入れることで熟成のスピードを抑えることが出来ます。

熟したマンゴーをすぐ食べずに、冷凍保存したい時には、マンゴーの皮を剥いた状態で、使いやすい一口大の大きさに切ってフリーザーバッグに入れる方法がおすすめです。

マンゴーの食べ頃の見極め方と美味しい切り方

マンゴーの種類によって食べ頃は変わる

マンゴーは、果肉が柔らかいため、りんごや梨などに比べるとそれほど日持ちはしない果物です。

そのため、食べ頃を見極めて、フレッシュなマンゴーを味わうことがおすすめです。

マンゴーの食べ頃は、マンゴーの原産地によっても見極め方が違います。

マンゴーは、国産の物と外国産の物に大きく分けられます。

国産のマンゴーの種類は、「アップルマンゴー」がほとんどと言われ、国産マンゴーの9割以上も占めています。

名前の通り、皮が赤みを帯びている大きな果実が特徴で、完熟状態になると、皮が赤から黄色っぽい色に変わります。

また、黄色い実のマンゴーもお店でよく見かけますよね。

このマンゴーは、タイやフィリピンから輸入された物がほとんどで、食べやすい味や手頃な価格が人気です。

マンゴーの果実には、平べったい形の大きな種が果実の中心にあるので、マンゴーを美味しく食べるためには、縦に長く切り分けるのがおすすめです。

種の両端にかかるようにマンゴーを2つに切ったら、さいの目状に切り込みを入れて皮から果肉を押し出すようにしたら、見た目にも美しいマンゴーになります。