キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。
冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品目によっても変わって来ますよね。
また、その日の気分や体調によっては、同じ食材でもさっぱりした味付けにしたい時もあります。
ここではさっぱりした夕ご飯にしたい時の献立のメニューについてご紹介しますので、作るものに困った時の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

野菜が美味しく食べられるメニューは?子供の野菜嫌い克服方法

お子さんの野菜嫌いに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。子供には色々な物を食べてもらいた...

フライ返しはシリコンを使うと溶ける?溶けないフライ返し

シリコンのフライ返しはなんだか溶けるような気がして、選ぶことができないという人は耐熱性のものを選べば...

大根の味噌汁が苦い時の対処法!大根の苦味を取る方法

大根のおでんや味噌汁が好きな方は多いと思います。好きな方にとっては、あまり苦味を感じない大根ですが、...

昼ごはんのメニューを簡単に作りたい時におすすめなものは

昼ごはんは、晩ごはんと比べて、軽いメニューにする人が多いです。 そのため、出来るだけ簡単でさっと作...

魚焼きグリルでパンは水も入れて焼くと美味しい!焼き方と注意点

魚焼きグリルを使って食パンを焼くことができるのを知っていますか? このとき、水も入れて焼いた方がい...

ラー油を使ったレシピの中で人気のものをご紹介

ラー油はピリ辛でさまざまな料理に合う人気の調味料です。 何かにかけるだけでも美味しいですが、料理を...

自宅で作る焼き鳥をもっと美味しくする焼き方のコツ

焼き鳥は、大人だけでなく子供も大好きなメニューです。焼き鳥と言うと、外で食べるものとか、お店で焼いた...

やかんの内側に付いたカルキ汚れをクエン酸で落とす方法

やかんを使っているうちに、底の部分に白っぽい汚れが付いてくることがあります。食器用洗剤とスポンジでこ...

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある材料で作ってみよう

干し野菜ネットがなくても、家にあるもので代用できるのでご安心を。 材料も少なく、すぐに作れますので...

夜ご飯の時間が遅い人におすすめのヘルシー&簡単レシピをご紹介

仕事が忙しいと夜ご飯も遅い時間になりがちですが、少しでもカロリーを抑えたメニューにしたいと思っている...

マーボー春雨のレシピはアレンジ次第でおかずにもメインにもなる

マーボー春雨のレシピはどのようにアレンジしたら献立の幅が広がるでしょうか?白いご飯に合うマーボー春雨...

冷凍した魚の臭み取り方法と臭みを予防する下処理・冷凍のコツ

冷凍保存した魚を調子するとき、魚の臭みが気になることがあります。臭みがあると、せっかく調理をしても美...

豚ひき肉を使ったつくねのレシピ!入れる食材で違った美味しさに

つくねと言うと鶏ひき肉のイメージがありますが、豚ひき肉を使うことで鶏ひき肉とは違った美味しさ、ジュー...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

スポンサーリンク

夕ご飯の献立にさっぱりしたお肉を食べたい時は

育ち盛りのお子さんがいるご家庭では、どうしてもご飯がすすむガッツリ系の献立が中心になりがちですが、それが毎日のように続いてしまうと、時にはさっぱりとした味付けのものが食べたくなりますよね。とくに夏場の猛暑が続く時期ともなると、できるだけ火を使う時間も短くしたくなるものです。

大人も子供たちも満足できる、さっぱりとしていてなおかつボリュームのある、お肉メインの夕ご飯の献立について、いくつかご紹介していきたいと思います。

さっぱりメニューの王道「冷しゃぶ」

さっぱりしているだけでなく、お肉も野菜もたっぷり摂れて、なおかつ作る手間もかからないと言えば、冷しゃぶです。サラダ感覚で、好きなドレッシングをかけていただきます。

お酢でさっぱり!「南蛮漬け」

豚肉の薄切りや、そぎ切りにした鶏肉を使うことで、油で揚げずに炒めるだけでOKな、あっさりさっぱりとした南蛮漬けはいかがでしょうか?

さっぱり味の手作りソースをかけて

梅干しや大根おろし、ポン酢などを使ったソースを焼いたお肉の上からかけるだけでも、夏らしくさっぱりとした夕ご飯の献立になります。

夕ご飯の献立にさっぱりしたお魚を食べたい時は

どうしてもお肉がメインになりがちな夕ご飯の献立ですが、魚もバランスよく取り入れたいところですよね。さっぱりとした夏向けの魚料理と言えば!という代表的なものから、少し目先を変えた一品まで、いくつかまとめて見ていきましょう。

アジならぬ「ししゃもの南蛮漬け」

南蛮漬けと言えばアジを連想される方が多いかと思いますが、我が家ではししゃもを使っています。ししゃもなら骨を取り除いたり切り分けたりする必要もないため、もはや我が家の夏の定番となっています。

揚げ物なのにさっぱり?な「梅肉フライ」

好きなお魚に梅肉(チューブでも可)を塗り、大葉を貼り付けてから衣を付けて揚げるだけで、夏に合うさっぱりフライが楽しめます。

焼くのに飽きたら「サンマの梅煮」

圧力鍋を使えば、面倒な下処理もいらず、骨までトロトロに仕上げることができます。

夕ご飯の献立にさっぱりしたものと言えばサラダ

夕ご飯の献立を考えるうえでは、メイン料理だけでなくそれに合う副菜も考える必要があります。

夕ご飯の献立のメインを濃い味付けのガッツリおかずにした時は、さっぱりとしたサラダでバランスを取りましょう。

野菜不足を補うために、夕ご飯の食卓には毎回サラダを並べるというご家庭も多いようです。サラダとつくり置きおかずさえあれば、あとはメインと汁物を決めればよいだけなので、毎日の献立決めもうんと楽になりますよね。

子供もだいすき「ポテトサラダ」

じゃがいもを常備しているご家庭であれば、ポテトサラダが食卓に上がる回数も多いのではないでしょうか?どんな献立にも合うポテトサラダは、多めに作っておいてハンバーグの中に入れたり、コロッケにリメイクしたりとアレンジが効くのも嬉しいさっぱりメニューです。

切るだけでおしゃれな「アボカドサラダ」

トマトやチーズと一緒に器に盛るだけで、目にも鮮やかなさっぱりサラダの出来上がりです。大人はお好みで、わさびじょうゆで食べるのもおすすめ。

ごま油の風味が食欲をそそる「春雨サラダ」

わかめやきゅうりにハムを添えた春雨サラダは、中華風のドレッシングをかけてさっぱりといただきます。白ごまもあると、さらに香ばしさが増します。

夕ご飯におすすめなサラダ以外のさっぱりおかず

サラダの代わりに、時にはこんなさっぱりメニューを夕ご飯の献立に加えてみてはいかがでしょうか?

レンジで簡単「蒸しナス」

夏野菜の代表であるナスを使って、手間をかけずにレンジで簡単にもう一品作ることができます。加熱後のナスは水に付けて粗熱を取ったのち、冷蔵庫で冷やすとさらに美味しくなります。お好みの薬味でお召し上がりください。

お刺身が残ったら「マグロの山かけ」

メインのおかずにするほどの量はないけれど、少しだけマグロが残ってしまった時におすすめなのが、マグロの山かけです。すりおろした山芋をたっぷりかけてどうぞ。

食欲がない時にもおすすめなさっぱりとした麺類

なんとなく夏バテ気味で食欲がわかない時は、夕ご飯もさっぱりした麺類で済ませたくなりますよね。工夫次第でさらっと食べやすい、こんな麺料理はいかがですか?

とことんネバネバ「納豆そば」

ざるそばだと食べざかりのお子さんには物足りないですが、山芋や刻んだオクラなどをたっぷりと載せた納豆そばなら、食欲の落ちている時にもさっぱりといただけます。

味付け次第でさっぱり食べられる「和風パスタ」

ツナや大根おろし、大葉などのあっさり系の具材を好きに使った和風パスタも、我が家の暑い時期の救世主です。

旨辛ツルッと「キムチ入り冷やし中華」

いつもの冷やし中華にキムチを加えるだけで、適度な辛味が食欲をそそります。

夏場の体力を維持するためにも、しっかりと食事で栄養を摂れるような夕ご飯の献立を決めるのはなかなか大変ですよね。こちらでご紹介したのはほんの一例ですが、上手にさっぱりメニューを取り入れて、元気な夏を過ごしましょう。