誕生日に手料理で作るコース料理レシピ。彼氏に作りたいレシピ

彼氏の誕生日に、自宅でコース料理風に手料理を作って、誕生日をお祝いしたいという方もいると思います。自宅でお祝いをする時には、お店ほどの品数を出すのは大変なので、4品くらいにすると、準備もしやすいと思います。
そこで、自宅で作るコース風料理におすすめのレシピをご紹介します。始めは前菜から始まります。もちろんデザートも手作りで作りたいですね。

関連のおすすめ記事

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

夕飯の献立に悩むママのために簡単・時短メニューをご紹介します

仕事しているママにとって夕飯の献立を考えることは面倒なもの。献立を考えるだけで時間がかかってしまうと...

冷凍ご飯の解凍方法はレンジ以外でも美味しく食べるコツを紹介

冷凍ご飯の解凍方法といえば電子レンジを使った解凍が一般的ですが、電子レンジ以外でも解凍することはでき...

野菜が美味しく食べられるメニューは?子供の野菜嫌い克服方法

お子さんの野菜嫌いに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。子供には色々な物を食べてもらいた...

鶏モモとトマト缶を使ってできる、簡単料理をご紹介

毎日ご飯を作っていると、晩ご飯を作る時間になっても、やる気が出なかったり、調理時間をあまりかけら...

ジンギスカンに使うのは、ラム肉?マトン?その違いとは

ジンギスカンは、北海道の名物料理として人気のメニューですが、それに使われる肉は主にラム肉とマトン...

誕生日のメニューは何にする?旦那が喜ぶ料理を紹介します

子供の好きなものなら作りやすいけれど、旦那の誕生日メニューが決まらない…そんなときには、旦那の好きな...

鶏肉、ブロッコリー、チーズを使った体育会系男子向けのレシピ

子どもが大きくなって運動部に所属すると、大会の応援、遠征の送迎などで親も忙しくなりますよね。子供...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

冷凍食品の野菜のレシピ!簡単にできるおすすめや冷凍保存方法

冷凍食品の野菜を使ったレシピは面倒な下ごしらえの手間が省けて時短調理が可能になります。一人暮らしなど...

冷凍した魚の臭み取り方法と臭みを予防する下処理・冷凍のコツ

冷凍保存した魚を調子するとき、魚の臭みが気になることがあります。臭みがあると、せっかく調理をしても美...

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

誕生日に作りたい手料理、コースの前菜におすすめのレシピ

前菜は軽めのもので、かつ食べやすいものにするのがいいでしょう。

つまようじやスプーンでそのまま食べられるように盛り付けてあるものだと、手軽に食べられますしおしゃれに盛り付けられるので写真映えもします。

見た目がおしゃれなのに簡単な前菜をご紹介します。

ヘルシークラッカー和え

  1. 1cmほどの厚さの輪切りにしたズッキーニをオリーブオイルで炒めましょう。
  2. お皿に空けて粗熱を取っている間に、平らなお皿にクラッカーを並べていきます。
  3. その上に先程炒めたズッキーニを乗せ、ミニトマト、輪切りにしたオリーブ、生ハムも乗せていきます。
  4. クラッカーに乗るようにすべて小さめにカットしておくと食べやすくなります。
  5. 全て重ねたら、お皿全体にハーブ塩をふりかけたら完成です。
一口サイズのおしゃれな前菜が出来上がります。

カプレーゼのピンチョス

イタリアンで定番のカプレーゼも、ピンチョスにするとよりおしゃれに見えます。

一口サイズに切ったモッツァレチーズの上にバジルの葉を乗せ、更にその上にミニトマトを乗せます。

その重ねたものがズレないようにピンを刺して固定し、お皿に並べたあとでオリーブオイルを細い線を作るように掛けていきます。

ピンがなければ爪楊枝も問題ありませんし、プラスチック製のフォークを多めに用意して刺しても可愛いです。

手料理のコースに作りたいボリュームもあるスープ

シンプルなスープもいいですが、彼氏に食べてもらうならボリュームのあるスープの方が満足感が違います。

しかもコーンスープやポタージュをじゃがいものポタージュを作るよりも簡単なので、ご飯になるスープを作ってみましょう。

グラタン風オニオンスープ

  1. 薄切りにした玉ねぎを油を熱した鍋に入れて、中火でじっくり炒めます。
  2. 玉ねぎは時間をかけて火を通すとどんどん甘みが出るので、強火で一気に火を通さないようにしましょう。
  3. 少し焦げ目が付くくらいまで炒めたら、水を大さじ1加え、更に炒めて水を大さじ1加え、もう一度炒めて更に水を大さじ1加えます。
  4. 水と玉ねぎが馴染んだら、水1カップ、中華だし小さじ1、塩少々を加えて煮立たせます。
  5. ココットかグラタン皿のような、耐熱性が高くて深めの容器にスープを注ぎ、その上に斜めにカットしたバゲットを乗せて、ピザ用チーズを振りかけ、オーブントースターで焼きましょう。
  6. 既にスープに熱は通っているので、チーズが溶けたら完成です。
バゲットはスープに浸かるので柔らかくなりますが、食べやすい方が好みな人は一口サイズの角切りにしてもいいでしょう。

誕生日の手料理フルコースのメインにぴったり大人のトマトパスタ

メインはご飯にするかピザにするかパスタにするか迷うところですが、今回はパスタをご紹介します。

パスタは初心者でも作りやすいレシピが多く、材料次第でボリューム満点に出来るので女性よりも食べる量の多い男の人ならご飯よりも満足してくれる傾向があります。

少し変わったメニューでもいいのですが、冒険して好みを外すよりは定番のもので外さないことを重視したメニューにするのがいいでしょう。

簡単なのに本格的なトマトパスタ

  1. 玉ねぎ、ベーコンブロック、好みのきのこを一口サイズに切り、パスタを塩ゆでしておきます。
  2. オリーブオイルを引いてにんにくを炒めておいたフライパンに具材を入れて焦がさないように炒めましょう。
  3. そこにトマト缶、コンソメ、ローリエ、塩コショウを入れて煮込みます。
  4. 10分ほど煮込んだらパスタを投入し、よく絡ませて完成です。

お皿に盛り付けた後にパセリを添えると彩りも良くなります。

トマト缶はカットでもホールでも構いません。全体的にゴロゴロした食感が欲しければカット、トマトの形を残しておきたければホールが良いでしょう。

特別な材料がないので日常でも作れるのに、ボリュームがあるのでコースでも見栄えの良い便利なパスタです。

見た目もかわいいデザートに食べたいスイーツレシピ

コースで作るならデザートもあった方が本格的です。

デザートは見た目の可愛さも大事なので、お店の商品のようなお可愛いスイーツを自作してみましょう。

いちごのブランマンジェ

  1. 鍋に牛乳400ccを入れて、弱火で40~42度くらいまでゆっくり火を通します。
  2. その中に大さじ2の水をゼラチン5gに混ぜて溶かしたもの、砂糖80gを投入して、木べらで丁寧に混ぜます。
  3. 火を止めて粗熱をとったら生クリーム100ccも加えてよく混ぜます。
  4. 混ぜた液はプリンカップに流し込んでください。大体5~6個分くらいの量です。
  5. その後冷蔵庫で固まるまで冷やします。その間に上にかけるソースを作りましょう。
  6. いちごを約200g分ヘタを取ってよく洗った後、砂糖大さじ3と一緒にミキサーに入れてミキサーにかけます。滑らかになるまで回しましょう。
  7. 冷やして固まったブラマンジェの上にソースをかけて、さらに飾り用にスライスしたいちごをのせて完成です。

これは時期に合わせてフルーツを変える応用も出来るので、いちごが難しい時期はキウイやみかん、かぼちゃやさつまいもなど、季節感のあるデザートにするのもおすすめです。

大切な人の誕生日にはテーブルセッティングも完璧に

せっかくの特別な日なので、食べ物だけでなく食器や飾り付けのも少し力を入れてみましょう。

お皿は白い無地のものばかりではなく、黒や木で出来たものを加えたり、前菜などは石のプレートに乗せてもおしゃれです。

普段は置かないようなおしぼりも用意して専用のお皿に乗せてテーブルの脇に置いておいたり、スプーンやフォークなどのカトラリーも、漂白してピカピカに磨いてセッティングしておきましょう。

テーブルクロスも白いものを敷いてみるなど、普段と違う食卓を演出することがとても重要です。せっかくの誕生日のお祝いなので、細かいところまでしっかり準備しましょう。