キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

丼ものをおしゃれレシピにしたいときはこれがおすすめ

丼ものをつくるとなぜかおしゃれに見えない…カフェやお店のような感じに作るにはどうしたらいいのでしょうか?

とくにお肉系は、茶色が多くておしゃれとはほど遠いとなってしまいがちです。しかし、緑や赤を足してあげれば大丈夫。相性のいい食材とは?

おしゃれに見える丼ものレシピやきれいに見える盛り付けのポイントを紹介します。

関連のおすすめ記事

豆苗と豚バラともやしを使った簡単美味しいおすすめレシピを紹介

節約の強い味方といえば豆苗ともやし。そんな豆苗ともやしは豚バラにもとても合います。豆苗ともやしを使え...

冷凍シュウマイの蒸し方とポイント、アレンジレシピをご紹介

冷凍シュウマイは蒸し方がポイント。失敗してしまうと皮がベチャベチャ、具もパサパサのシュウマイになって...

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感の...

ナスの作り置きおかずはお弁当にも。男性も喜ぶナスレシピ

私はナスが大好きです。ナスの揚げ浸しなどの作り置きおかずをよく作りますが、お弁当に最適なナスの作り置...

冷凍のバナナを使って出来る、美味しいアイスの作り方

冷凍したバナナは、スムージーにしたり、ケーキの材料に使うなど、さまざまな使い道があります。 中でも...

野菜嫌いを克服するための料理レシピ!子供に作りたい野菜おかず

子供の野菜の好き嫌いが多いとお悩みの方はいませんか?苦労して小さく切って、わからないようにしても、す...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

美味しい食べ物が溢れている日本、その絶品グルメをご紹介

日本には美味しい食べ物がたくさんあると言われていますが、日本各地に焦点を当てた時、どんな食べ物が...

転写シートでチョコを簡単可愛くデコ!使い方のコツ

最近は、製菓コーナーやバレンタインコーナーには、いろいろな転写シートが並びます。転写シートを使うと、...

豚ひき肉と豆腐を使った簡単美味しいレシピ【夕飯のおかず】

「今晩のおかずは豚ひき肉と豆腐を使って何かおかずを作りたい」という方も多いと思います。そこで、豚ひき...

冷凍たこ焼きは揚げるのがおすすめ!コツやアレンジレシピを紹介

冷凍のたこ焼きは電子レンジで温めるよりも揚げる方がカラっと美味しく食べられるのを知っていますか? ...

餃子の皮のレシピをご紹介!皮から手作りするには

餃子の皮は、スーパーなどに行けば、手軽に手に入りますが、1から手作りしようと思うのであれば、小麦粉な...

唐揚げを塩麹で下味冷凍!下味冷凍のポイントやレシピをご紹介

塩麹は酵素によって食材本来の旨味を引き出すとことから、注目をされている調味料です。鶏肉の唐揚げに使用...

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

大根の間引き菜の美味しい食べ方!捨てずに食べたい簡単レシピ

大根を育てる上で欠かせない作業が間引きです。間引きした後に出る間引き菜は、捨ててしまっているという方...

おしゃれなだけじゃなない満足できる丼ものレシピ

丼ものの悩みは、一品料理になってしまうのと、野菜があまり出てこないので色がさみしくなってしまう事です。
まして若い男子に食べさせるとなると量が必要でおしゃれとは程遠くなってしまいがちですが、乗せる物を工夫すると単調な丼もおしゃれに見せる事ができ、且つ満腹にしてあげる事ができます。

【ローストビーフ丼】

ローストビーフと言うと作るのが大変そうだとか難しいというイメージがありますが、必ずしも自分で作らなくても大丈夫です。
スーパーなどに行くとハムと同じコーナーにローストビーフが置かれています。
このローストビーフも十分に美味しいので、これを使ってローストビーフ丼にしましょう。

ただ、そのままですといかにも買って来た感じが出てしまう事もありますので、せめて盛りつけはレタスを使ってみるなどするとキレイになって見栄えが変わります。
あれば玉ねぎを薄くスライスして、辛みを抜いて盛りつけると手が込んだように見えます。
ミニトマトを添えると更に美味しそうに見えますが、バランスを見ながら半分に切るなどするとさらに綺麗に見せる事ができます。

【ロコモコ丼】

ハワイ生まれのロコモコ丼は日本人も大好きな味付けです。
ハンバーグと目玉焼きを乗せた丼ですので、ハンバーグから作っても良し、ハンバーグは出来合いの物でも十分美味しくいただけます。
また、こちらもご飯を盛りつけたらレタスを敷き、その上にハンバーグと目玉焼きを乗せてきゅうりやミニトマトをトッピングするだけでおしゃれにできあがり、男子も満足できる丼になります。

おしゃれでしかもヘルシーな魚を使った丼レシピ

丼はお肉というイメージがありますが、お魚だって丼にするとおいしいのです。

海鮮丼はみなさん大好きな丼ではないでしょうか。
その中でもサーモンは小さなお子様から大人まで人気の魚です。
サーモンの切り身を使っておしゃれな丼を作ってみましょう。

丼をおしゃれに見せる事のできる食材と言えば、アボカドです。

アボカドはそれだけでもおしゃれに見える食材ですが、サーモンとの相性も抜群です。
それに温玉を乗せるともっとおしゃれに、卵大好きな男子にはたまらない一品となります。

【おしゃれなサーモン丼】

材料

  • サーモン
  • アボカド
  • レタス
  • 温泉卵
  • ごはん

ドレッシング 二人分

  • 砂糖 大さじ1
  • 醤油 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • サラダ油 大さじ2
  1. サーモンは柵で買って来た場合にはお好きな厚さで切っておきます。
    アボカドは皮を取って、縦1㎝程の厚さのスライスにして、レタスも食べやすくちぎります。
  2. 調味料を混ぜてドレッシングを作っておきましょう。
    分量にはありませんが、大根おろしを加えるとより美味しくなります。
  3. お皿にご飯を盛りつけ、まずはレタスを散らし、サーモン、アボカドをバランスよく乗せていき最後に温泉卵を真ん中に乗せると完成です。
    温泉卵はそのまま乗せるとずるんと落ちてしまいますが、あらかじめご飯にくぼみをつけておくと定めた位置からずれません。
    ドレッシングをかけてお召し上がりください。
粗挽きブラックペッパーがあれば軽く振りかけるとより一層カフェっぽくなりますので参考にしてみてください。

さっぱり野菜が主役のおしゃれ丼レシピ

丼ものは魚や肉だけのものではありません。
野菜が主役の美味しい丼もありますのでご紹介します。卵は大抵の家では冷蔵庫にある食材ではないでしょうか。
サッと使える上に様々なレシピでも大活躍。
そのままご飯に乗せてたまごかけご飯が大好きな方もいらっしゃいます。

トマトと合わせると相性ピッタリで、さっぱりと美味しい新感覚の丼ものになります。

【卵とトマトのおしゃれ丼】

材料

  • トマト
  • 長ねぎ(白い所)
  • サラダ油
  • 塩コショウ

作り方

  1. トマトはひと口大に切り、長ねぎの白い所は斜めに薄く切ります。
    たまごはボウルに割り入れて軽く溶いておきます。
  2. フライパンに油を入れて熱したら長ねぎを入れて炒めます。
    長ねぎに火が通ったらトマトを入れてさっと炒め、塩コショウで味を整えます。
  3. フライパンに溶き卵を入れてざっくりと混ぜたら火を止めて蓋をして二分程蒸らしましょう。
    これでとろとろ半熟の卵丼の完成です。
  4. 後はご飯を盛った容器に乗せて、あれば粗挽きのブラックペッパーを軽くかけることでアクセントになりますし、見た目にもおしゃれになります。

たまごとトマトの素敵なハーモニーを是非お試しください。

いつもと違うタレをつけるとおしゃれになるレシピを紹介

丼ものというと乗せる物ばかりに意識がいってしまうのですが、実はタレ一つでおしゃれ感や味が変わります。
カフェに行って当たり障りのないレシピを頼んでみてもタレがおしゃれなものが多いのではないでしょうか。

市販のタレも自分で少しアレンジする事で、変わったタレに大変身を遂げます。

例えば焼き肉のタレはそのままでも美味しく様々な料理に使う事ができますが、マヨネーズとコチュジャン、白いすりごまを加える事でまろやかさが加わり、丼ものでも相性抜群のタレになります。

おしゃれな食材の一つであるアボカドだって、丼ものを引き立てるタレにする事ができるのです。

  1. アボカド一個に対して、醤油は大さじ1/2、コチュジャン小さじ1/2、マヨネーズ少々、白すりごま少々、ごま油小さじ1/2を使って味を付けます。
  2. アボカドは皮から取って8等分位にしてボウルに入れ、スプーンやフォークを用いて潰しながら混ぜ、調味料で味付けをするだけです。

見た目にも鮮やかなアボカドのタレが出来上がります。
餃子のような中華料理にも合いますので、肉の丼とも相性が良いです。

丼ものがおしゃれに見えるかどうかは盛り付け方がポイント

何の変哲もない丼ものも選ぶ器や盛り付け方一つで見え方がガラッと変わります。

丼ものをおしゃれに見せたい時には、高低差をつける事です。

丼にご飯を盛ったら、具は山を作るように高さを付けて盛りつけます。
これだけでも見た目が大分変わります。
どんな料理でも盛りつけには高低差が必要と言われますが、丼の場合は、頂点を決めて具を山のように盛りつけるという事がポイントです。

それから、アクセントも大切です。
食事を美しく見せるためには、赤、黄、緑、白がバランスよく入っていると良いのです。白い器にレタスやトマト、卵を乗せると見た目にも美しく見えるのはそのせいです。
また、乗せるものの乗せ方も大切で、例えば先ほどのローストビーフやハムのような薄い物は高さを付けるのがなかなか難しいので、半分にふわっと優しく折りたたんで扇形になるように盛りつけると更に見た目が素敵になります。

料理は調理の仕方も大切ですが、盛りつけもとっても大切です。
いつもと少し変化を付ける事で食欲がもっとそそられる料理になりますので、味も大切ですが盛りつけも気を配るようにして見た目も大切にしてみましょう。