豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか?
硬い豚肉はまるでゴムのようですし、味付けがよくても美味しく感じられません。

では、炒めた豚肉が柔らかくなるにはどうすればいいのでしょうか。

安い豚肉のこま切れ肉も、分厚いロース肉も、これからご紹介する方法を使えば柔らかい豚肉にきっと変わるはず。ぜひお試しを。

関連のおすすめ記事

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。そんな...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

即席で味噌汁が出来る、味噌汁の素を手作りしよう

即席の味噌汁の素と言えば、スーパーなどで売られているインスタント味噌汁を思い出す人が多いと思います。...

丼ものをおしゃれレシピにしたいときはこれがおすすめ

丼ものをつくるとなぜかおしゃれに見えない…カフェやお店のような感じに作るにはどうしたらいいのでしょう...

冷凍肉まんの蒸し方!ふっくら美味しいコツや簡単アレンジを紹介

冷凍の肉まんを美味しく食べたい。そんなときは蒸し方に工夫をしてみましょう。冷凍の肉まんは蒸し器が...

冷凍ぶどうの食べ方!美味しく食べられるおすすめアレンジを紹介

冷凍したぶどうの食べ方はそのままでも美味しく食べることができます。さらに、ひと手間を加えるだけで...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

野菜嫌いを克服するための料理レシピ!子供に作りたい野菜おかず

子供の野菜の好き嫌いが多いとお悩みの方はいませんか?苦労して小さく切って、わからないようにしても、す...

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

重曹の効果を知って料理に活用しよう!重曹の便利な活用方法

お掃除やお洗濯に活用すると便利に使える重曹。重曹にはグレードがあり、グレードごとに使い分ければ、便利...

魚焼きグリルでパンは水も入れて焼くと美味しい!焼き方と注意点

魚焼きグリルを使って食パンを焼くことができるのを知っていますか?このとき、水も入れて焼いた方がい...

食費を1ヶ月で1万円にするためにすべきこととは

日々の生活費を見直そうと思った時に、真っ先に見直される部分の多くは食費です。なぜなら食費は、贅沢...

特売の安い豚肉のこま切れ肉を炒めても柔らかくする方法

安い豚肉のこま切れ肉でも、簡単に柔らか食感にする方法があります。

豚肉を柔らかくするには、下ごしらえが大切です。

下ごしらえと聞くと面倒臭いと感じる人も多いかもしれませんが、たった3分でおわる方法なので、ぜひ試してみてください。

豚こま切れ肉の下ごしらえに用意する材料はたったの3つです!

・酒
・塩コショウ
・片栗粉

この3つを使って、柔らか豚肉を作っちゃいましょう。

豚肉200グラムの場合、酒を大さじ1杯加え、塩コショウを軽く振ります。

お酒の水分が染み込むように軽く揉み込んで、片栗粉を大さじ2杯まぶします。

片栗粉が豚肉全体に絡むようによく揉み込んだら下ごしらえの完了です。

あとは野菜炒めなど、お好みのメニューに使いましょう。

食べてビックリ!驚くほど柔らかい食感に仕上がっていますよ!

豚肉を炒めても柔らかくする方法、玉ねぎを使った裏技はおすすめ

柔らかくて美味しい豚肉の炒め物を作るためには、玉ネギが必需品です。

玉ネギの酵素が豚肉のタンパク質を柔らかくしてくれるため、美味しい炒め物を作る事ができるのです。

ポイントは玉ネギのみじん切りに漬け込むことです。

豚肉の柔らか焼肉焼きのレシピ

【材料】

  • 豚こま切れ肉 250グラム
  • 玉ネギ 2分の1個
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ2

【調理手順】

  1. 玉ネギは4分の1個をみじん切りにして、残りを2ミリ幅の薄切りにします。
  2. 豚肉を食べやすい大きさに切ってボウルに入れたら、みじん切りにした玉ネギを加え、醤油とみりんも加えてしっかりと揉み込みます。(このまま30分間漬け込む)
    ※この作業により、豚肉が柔らかくなります。
  3. フライパンを中火で熱し、油を敷いて2を炒めます。
  4. スライスした玉ネギを加え、あまり動かさずに焼き色を付けながら炒めます。
  5. 豚肉にしっかり火が通ったら完成です。

豚肉は30分を目安に漬け込みますが、急いでいる場合は15分でも大丈夫です。

豚肉以外にも牛肉や鶏肉も玉ネギに漬け込むと柔らかくする事ができますよ。

ヨーグルトや塩麹に漬け込むことで、豚肉を炒めても柔らかくなる

タンパク質の一種である「酵素」には、豚肉を柔らかくする作用があります。

「プロテアーゼ」という酵素は肉を柔らかく美味しくしてくれる効果がある

プロテアーゼは野菜やフルーツに含まれていて、特に玉ネギ、パイナップル、キウイに多く含まれています。

刻んだパイナップルやキウイに豚肉を漬け込んでおくと、柔らかく仕上げる事ができます。

フルーツの味が気になる場合は、漬け込んだ豚肉の汁気をしっかりと拭き取ってから調理しましょう。

野菜やフルーツ以外で豚肉を柔らかくしたければ、ヨーグルトと塩麹がおすすめです。

ヨーグルとに含まれる乳酸、豚肉を柔らかい食感にしてくれます

塩麹は、香りや風味を変えることなく豚肉を柔らかくしてくれるので、漬け込む事での味の変化が気になる人におすすめです。

ただし、長時間塩麹に漬け込むと豚肉が変色してしまう事があるので注意しましょう。

豚肉の分厚いロース肉を柔らかくする方法もご紹介

トンカツやトンテキに使う分厚い豚ロース肉は、筋繊維を断ち切る事で柔らかく仕上げる事ができます。

肉は筋繊維の固まりなので、火を通して水分を失うと縮もうとして硬くなってしまいます。

肉の収縮を抑えるために、きちんと筋繊維を断ち切る事が大切

脂身の部分には深く切れ目を入れ、赤身の部分には格子状に浅く切れ目を入れるとまんべんなく筋繊維を断ち切る事ができます。

筋繊維を断ち切る事ができれば、肉の反り返りを防ぐ事もできるでしょう。

豚ロース肉は炭酸飲料に漬ける事で柔らかくする事ができます

豚肉のタンパク質を、酸性食品である炭酸飲料で分解するのです。

コーラやサイダーなど炭酸飲料なら何でもOKです。

豚肉を30分ほど炭酸飲料に漬け込んだら、水気を拭き取ってから調理に使いましょう

豚肉に余計な味を付けたくない場合は、無味無色な炭酸水を使うのがおすすめです。

まるでプロの味、豚肉の野菜炒めを美味しくするコツ

美味しい豚肉の野菜炒めを作るコツは「強火で手早く作る」事です。

炒め物は低温で長く調理すると、材料本来の味や食感が失われてしまいます。

強火で一気に仕上げる事で旨味の流出を防ぐ

肉と野菜を炒める場合、まずは肉から炒めるのが基本です。

野菜からは水分が出てしまうので、先に炒めるのはやめましょう。

  1. 肉を炒めて、ある程度火が通ったら野菜を投入します。
  2. 強火で手早く炒め合わせ、水分を飛ばすようにあおります。
  3. 炒める時間を短くするために、火の通りにくい野菜はあらかじめ加熱して火を通りやすくしておくと良いでしょう。
  4. 最後に調味料を鍋肌から回し入れ、味を整えます。
  5. 出来上がったらいつまでもフライパンに入れておかず、すぐにお皿に盛り付けましょう。
予熱で火が通ってしまうと、野菜の食感が悪くなってしまいます。盛り付けたら、温かくて美味しいうちにいただきましょう。下ごしらえをしっかりして、火加減と手早さに気をつけて作れば、美味しい料理を作る事ができます。