ナス料理で子供が喜ぶ!嫌いが大好きに変わる人気レシピを紹介

ナスが苦手という子供は多いですが、そんな子供でもナスが美味しく食べられる料理があります。子供のナス嫌いを克服させることができる美味しいナス料理に挑戦してみましょう。

そこで、ナスが嫌いな子供が大好きになるような簡単人気料理についてお伝えしていきましょう。

ナスは料理の工夫をすれば、子供でも食べやすくすることができます。
ぜひ参考に子供が喜ぶ美味しいナス料理を作ってあげましょう。

関連のおすすめ記事

冷凍食品のチャーハンをさらに美味しく!作り方やコツをご紹介

冷凍食品といえばお弁当のおかずといった感じがしますが、チャーハンや麺類などの主食も多く見かけるように...

卵を大量消費するなら冷凍卵がおすすめ不思議な食感がクセになる

卵が安売りの時に買いだめしたり、あるいは卵があるのにまた買ってしまったりなど、気付くと冷蔵庫に卵が大...

冷凍した魚の臭み取り方法と臭みを予防する下処理・冷凍のコツ

冷凍保存した魚を調子するとき、魚の臭みが気になることがあります。臭みがあると、せっかく調理をしても美...

餃子の皮使って出来る、お弁当にピッタリな簡単おかずをご紹介

餃子の皮の使い道といえば、餃子ですが、実はアレンジ次第で、お弁当のおかずにも活用出来るのです。ち...

【運動会のお弁当】前日に揚げた唐揚げを当日美味しく食べる方法

運動会のお弁当は前日から下準備などをしておく方が多いと思います。当日は子供の準備の手伝いや、朝食の準...

誕生日のブーケは、お菓子で作ると喜ばれること間違いなしです

誕生日に送るブーケは、その人の誕生花や、その人の好きなお花をメインにして作られますが、お花ではなく、...

大人数のもてなし料理・冬の美味しいレシピとおもてなしのコツ

冬になると色々なイベントが目白押しです。自宅にお客様を招いて、ホームパーティーをする予定の人もいるの...

誕生日のメニューは何にする?旦那が喜ぶ料理を紹介します

子供の好きなものなら作りやすいけれど、旦那の誕生日メニューが決まらない…そんなときには、旦那の好きな...

美味しい食べ物が溢れている日本、その絶品グルメをご紹介

日本には美味しい食べ物がたくさんあると言われていますが、日本各地に焦点を当てた時、どんな食べ物が...

冷凍ストックできる美味しいレシピ。夕食のメインにもお弁当にも

平日は家に帰るのが遅くなるという方には、冷凍ストックしておけるおかずがあると便利です。夕食のメインに...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

冷凍食品の野菜のレシピ!簡単にできるおすすめや冷凍保存方法

冷凍食品の野菜を使ったレシピは面倒な下ごしらえの手間が省けて時短調理が可能になります。一人暮らしなど...

シュウマイはフライパンで包まないまま!簡単レシピを紹介

シュウマイはフライパンを使って包まないでも作ることができたら簡単に作ることができます。シュウマイを作...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

フライ返しはシリコンを使うと溶ける?溶けないフライ返し

シリコンのフライ返しはなんだか溶けるような気がして、選ぶことができないという人は耐熱性のものを選べば...

ナスが嫌いな子供でも美味しく食べられる簡単料理を紹介

嫌いな野菜としてナスを挙げる子供は多く、子供にあまり人気のない野菜という印象を受けます。ナスには豊富な水分が含まれているので、夏バテを予防してくれる効果が期待出来たり、豊富な水分の中にも栄養が含まれているので、美味しく食べることが出来るといいですよね。使える料理もバリエーション豊かなので、子供がナスを美味しく食べてくれるとお母さんのレパートリーも一気に広がります。
ナスが嫌いな子供に最初からナスの素材感が満載な料理は避けましょう。
ナスの魅力に気付くどころか、もっとナスを遠ざけてしまうかもしれません。

まずは、子供の好きな食材とナスを組み合わせてみましょう。

ここでは多くの子供が好きだと挙げた、チーズを使ったナス料理を紹介します。

チーズの風味が口に広がるので、それほどナスの味を気にせずに食べられるはずです。

●材料

  • ナス      2本
  • ピザチーズ   適量
  • 粉チーズ    適量
  • パン粉     適量
  • オリーブオイル 大さじ2

●作り方

  1. ナスを食べやすい大きさと薄さにカットします。
    薄くカットするといいです。
  2. カットしたナスを均等に皿に並べます。
    このとき、皿は耐熱のものを使って下さい。
  3. まんべんなくオリーブオイルをかけます。
    量を記載していますが、好みに応じて調整して下さい。
  4. ピザチーズをたっぷりかけ、食感のアクセントとなるパン粉を続けてかけます。
  5. 最後に塩気をプラスするために、粉チーズをかけて焼きます。
    (塩で代用しても可)
  6. オーブンでもトースターでも構いませんが、ナスがトロっとして、チーズに焼き色がつくことが目安です。

ナスの味だけではなく食感が苦手という子供でも、パン粉のサクサク感があるので美味しく食べられます。

ナスを子供向けに食べやすくする料理のポイント

子供がナスを嫌う理由は、ほとんどはナスの味だそうです。
大人はそれほど感じませんが、苦味とも違う何とも言えないアク感を感じるようです。

さらに味だけではなく、食感も苦手という子供が多いようです。
加熱するとトロっとした食感になり、そこが美味しさの一つではありますが、子供にとっては難点に感じてしまうのですね。

ナスは調理法によって味だけではなく、食感も大きく異なります。
トロっ、ぐにゃっとした食感が苦手なら、サクっ、パリッとした食感になる料理を探してみましょう。

油を使って焼いたり揚げたりしたナスは、トロっとした食感はそれほど気にならないので食べやすいかと思います。

天ぷらにすると、衣のサクサク感があるので食感は気になりにくいはずです。

アクを感じないように、調理前にしっかりアク抜きすることも忘れないで下さい。

子供が大好きな料理ならナスを入れても気にならないのでおすすめ

苦手な野菜も好きな料理と一緒になら美味しく食べてくれそうです。

パスタやピザは子供の大好きな料理なので、さりげなくナスをプラスしてみてはどうでしょう。

パスタならミートソースやトマトクリームなど、酸味のある味付けにプラスすることがおすすめです。
ナスの苦味のような味わいを、トマトの酸味が中和してくれるのでほとんど気になりません。

一度ナスを素揚げすると、さらに食べやすい食感になります。

ピザに乗せるときは薄くカットして、ピザと一緒に焼き上げましょう。
トマトやチーズの味に混ざり合い、ピザの食感とも溶け込むので、味も食感も嫌悪感なく食べられると思います。

他にもカレーにナスを入れてもいいですね。
カレー自体が味がしっかりしているメニューなので、ナスの苦手な部分をかき消してくれるでしょう。

残り物でアレンジしても子供も大人も大満足の人気ナス料理

ひき肉を使った料理で肉だねが余ってしまったときも、ナスを使ったアレンジが出来ます。

肉だねのベースはあるので、非常に簡単に作れます。

ナスの量は肉だねの量に合わせるようにしましょう。

作り方

  1. ナスを縦に半分に切ります。
  2. 肉ダネを詰められるように、少しナスの果肉部分を削いで下さい。
    削いだ果肉は肉だねに混ぜましょう。
    食感や味の邪魔はしません。
  3. ナスのアクを抜くために、水に漬けて水分を拭き取ります。
  4. ナスに肉だねを詰めて、とんかつなどを作る要領で小麦粉・卵・パン粉の順でまぶしていきます。
  5. 160度~170度の油で揚げ色がつくまで揚げたら完成です。
子供が食べやすいように、食卓に並べるときは半分にカットするといいですね。

子供が喜ぶ簡単美味しいナス料理を作ってあげましょう

子供が好きな料理で、さらに味付けがしっかりしている料理にナスを使うと、クセを感じずに非常に食べやすいと思います。

  • 肉の代わりにナスを使った、ナスのしょうが焼き
  • ナスのミートソーススパゲティ
  • ナスのピザ
  • ナスの夏野菜カレー
  • 鍋料理

など、いつもの食材をナスに変えてみたり、ナスをプラスしてみて下さい。

子供の好き嫌いの多くは、食わず嫌いから始まっていることが多いようです。実際に食べてみると思っていたより美味しいということも珍しくなく、組み合わせや色合いに関心が持てると食べるキッカケにもなります。子供の好物とナスを上手に組み合わせ、興味を持てるキッカケを作ってみましょう。