餃子の皮使って出来る、お弁当にピッタリな簡単おかずをご紹介

餃子の皮の使い道といえば、餃子ですが、実はアレンジ次第で、お弁当のおかずにも活用出来るのです。
ちょっとお弁当のおかずがマンネリしがちだったり、もう少し隙間に1品入れたい時などに役立つ、簡単レシピについてご紹介しますので、お弁当作りで悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。
さまざまなバリエーションで、毎日のお弁当に良いアクセントを加えることが出来ます。

関連のおすすめ記事

料理で失敗したら、捨てる前にこれを読もう

料理をしている時に、失敗してしまうことは、誰にでも考えられます。そういった時には、「捨てる」とい...

冷凍ポテトのアレンジ料理!すぐに真似したくなるレシピをご紹介

冷凍のポテトは油で揚げてフライドポテトにするのが定番。子供も大人も大好きなフライドポテトですが、大袋...

【夕ご飯のレシピ】夏におすすめのメニューと調理する時の注意点

夏になり、気温の高い日が続くとどうしても食欲が落ちてしまうもの。夕ご飯を作ることも面倒ですが、食べな...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

味噌とチーズの相性は◯!おすすめな味噌チーズレシピを紹介

味噌とチーズはとても相性が合うのを知っていますか。どちらも味が強いのでケンカをしてしまいそうですが、...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

誕生日のブーケは、お菓子で作ると喜ばれること間違いなしです

誕生日に送るブーケは、その人の誕生花や、その人の好きなお花をメインにして作られますが、お花ではなく、...

【10倍粥の簡単な作り方】ご飯からブレンダーで作るレシピ

離乳食初期に食べさせる10倍粥。ブレンダーを使うと簡単だと言われていても、その作り方まではよくわから...

卵とウインナー、玉ねぎを使った朝食におすすめのレシピ特集

朝食には卵とウインナーを使うというママも多いのではないでしょうか。しかし、目玉焼きと炒めたウ...

大根の味噌汁が苦い時の対処法!大根の苦味を取る方法

大根のおでんや味噌汁が好きな方は多いと思います。好きな方にとっては、あまり苦味を感じない大根ですが、...

ナスカレーは冷凍しても美味しい!冷凍ナスを美味しく食べるコツ

ナスを使ったカレーは特に夏にピッタリ。そんなナスカレーは冷凍したナスでも美味しく作ることができるのか...

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある材料で作ってみよう

干し野菜ネットがなくても、家にあるもので代用できるのでご安心を。材料も少なく、すぐに作れますので...

豚肉のスープにもやしを入れて、色んなバリエーションを味わおう

豚肉のスープを作る時に、さまざまな野菜が合いますが、その中でももやしは、安くて食物繊維などの栄養もあ...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

ナスの正しい焼き方。フライパンで作る美味しいナス料理の秘訣

ナスをフライパンで焼くときは、油をひいて調理をしますが、ナスが油をどんどん吸収してしまい、油が少なか...

餃子の皮を使って簡単に出来る、お弁当のおかずをご紹介

餃子の皮は薄くてとても調理しやすい食品です。
また、食感も火を通せば良く、冷めても美味しくできあがりますのでお弁当のおかずに最適です。

餃子の皮はお弁当のおかずに最適

お子さんが好きな具材を入れて巻くだけで簡単なおかずが出来上がります。

中にアスパラとチースを入れると緑が鮮やかな彩おかずになりますし、定番のハムとチーズにすればお子さんが好きなおかずになります。大人風に味を変えたかったら、ハムとチーズの間にサルサソースなどを塗って巻くと違った味になってバリエーションも変える事ができます。

また、調理も巻いた後フライパンで少しの間加熱するだけで餃子の皮に火が通るので短時間で作る事が出来ます。コンパクトなので一緒に他のおかずも調理することができます。

最終的に真ん中から半分に切るので、中央にチーズがあれば見栄えか利きますから、最後までチーズを入れるのではなく、中央だけにいれましょう。
最後まで入れると、焼いている最中にチーズが溶けてフライパンについてしまい焦げついてしまうので、お弁当の後の洗い物の時に手間になってしまいます。
溶ける事も考えて、中央だけに入れることが大事です。

お弁当がさらに美味しくなる、餃子の皮を使った簡単レシピ

餃子の皮でお弁当にピッタリの簡単カップメニュー

アルミホイルをカップの様に作り、その中に餃子の皮を入れ餃子の皮のカップを作ります。

  • その中に前の日の残りのカレーやシチューを入れるとミニグラタンを作る事ができます。
  • また、好きな具を入れてチーズを乗せて焼くだけでも立派なグラタンにできます。
    焼く時は、トースターで調理できますので、焦げないように焼き時間にだけ気を付けてトースターに入れておけば他のおかずの調理も同時に出来て楽です。
焼く時は、トースターの下にアルミホイルを敷いて、15分ほど焼きます。
皮がパリッとしてきたら出来上がりです。

中身はミートボールを切った物とコーンを混ぜ合わせたものや、ブロッコリーとエビを炒めたものなのの、最初から加熱してあるものであればどんなものでも合います。
前の日の残り物のアレンジに使えますので、お弁当にも、晩御飯にもピッタリのおかずです。

お弁当にピッタリな、餃子の皮で作る簡単ピザ

餃子の皮は思ったより小さいので、全体を包みたいときは少し具材を小さくするのがお勧めです。
ピザ風の巻いた餃子を作るときは、チーズを入れる事を考えて調理していかなくてはなりません。

チーズは思った以上にすぐ溶けます。溶けたらあっという間に外に流れていってしまうので、出来上がった時には中にチーズはなくフライパンに焦げたチーズが残っているだけ。という状態になってしまいます。

私は、揚げ物でよく失敗します。きちんとチーズが漏れないように封をしなければならないのです。
それから、作っている最中に餃子の皮が破れてしまったら。きちんと補強しましょう。補強しないで焼くとチーズが漏れ出てしまいます。
ピザ風にするなら、ケチャップとウインナー、チーズが必要ですが、ウインナーの代わりにベーコンでも良いですし、よりピザ風にした場合はケチャップにバジルを少し混ぜて餃子の皮に塗ると大人用のおかずになります。

子供が喜ぶように作るときは、ウインナーを大きいまま使います。一本のまま餃子の皮に収まるようなら巻いていきましょう。もし入りきらなければ丁度良い大きさで調整して切ってください。

子供も喜ぶ、お弁当に入れたい餃子の皮で作るおかず

餃子の皮はカップにしても良いですし、巻いて焼いても良いアレンジの効く材料です。

餃子の皮5枚ほど用意し、餃子の皮の上におかず海苔などを薄く塗り、繰り返していきます。全部重ねたら、そのまま三等分に切り、三つとも巻いてきます。巻き終わりはきちんと水などで留めて生地が落ち着くまで少しラップを巻いておきます。
7、8分冷蔵庫で寝かした後、トースターで焼いていきます。

餃子の皮は薄いので、あっという間に焦げてしまいます。
様子を見ながら焼いていって下さい。

乗せる物は、お好みで良いですが、上からチーズを掛けて焼くと餃子の皮ととても合いますので、組み合わせを考えながら作ると楽しみにもなります。

私のお勧めは、岩のりの他に、カレーソースがお勧めです。どちらも上にチーズを掛けて焼くと相性バッチリです。
自分なりの相性を見つけてみて下さい。調味料の他に、フルーツなどを入れて巻くとスイーツにも変身しますよ。

お弁当に入れたい!餃子の皮が決め手の簡単レシピ

エビをメインにした餃子の皮料理も人気があります。
エビを一尾餃子の皮で包み油で揚げるのですが、アクセントに餃子の皮にエビと一緒に他玉ねぎを入れると食感が違う物同志で面白いです。また、玉ねぎの他にネギなどに替えると中華風の味になります。一緒に付けダレも中華風にしたら豪華なお弁当のおかずが完成です。

エビを包んでから直接油で揚げてもよいですが、溶き卵にくぐらすとより美味しい食感になります。

沢山作って運動会のお弁当などに入れても良いですし、冷凍しておけば作り置きおかずとしても重宝しますよ。