キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚ひき肉を使ったつくねのレシピ!入れる食材で違った美味しさに

つくねと言うと鶏ひき肉のイメージがありますが、豚ひき肉を使うことで鶏ひき肉とは違った美味しさ、ジューシーさが生まれます。

またつくねにすると、入れる食材の違いでいくつものレシピができ、料理のレパートリーを増やすこともできるのが嬉しいところです。

ここでは豚ひき肉のつくねに合う食材、つくね料理のレシピをご紹介いたします。また作りすぎたつくねの保存方法についてもご紹介をいたしますので、合わせてお読みください。

関連のおすすめ記事

豆苗と豚バラともやしを使った簡単美味しいおすすめレシピを紹介

節約の強い味方といえば豆苗ともやし。そんな豆苗ともやしは豚バラにもとても合います。豆苗ともやしを使え...

大人数の料理はホットプレートにおまかせ!おすすめを紹介

大人数の料理を作るときに役立つホットプレートですが、レパートリーがなかなか増えないとお悩みではないで...

鶏モモとトマト缶を使ってできる、簡単料理をご紹介

毎日ご飯を作っていると、晩ご飯を作る時間になっても、やる気が出なかったり、調理時間をあまりかけら...

料理を作ったら、自分流にレシピをまとめよう。そのまとめ方とは

料理を作った時に、ネットなどに書かれているレシピを参考にする方も多いと思いますが、その時に、「自分に...

豚ひき肉でつくねを作ろう!豆腐を使った絶品つくねの作り方

豚ひき肉とお豆腐があるなら簡単に作れるつくねがおすすめです!離乳食にもなりますし、大人向けに歯ごたえ...

転写シートでチョコを簡単可愛くデコ!使い方のコツ

最近は、製菓コーナーやバレンタインコーナーには、いろいろな転写シートが並びます。転写シートを使うと、...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

卵と食パンが食べられるのは離乳食のどの時期?レシピもご紹介

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが食べられる離乳食のレシピについて頭を悩ませている人も...

冷凍フライドポテトの作り方!自宅で簡単にできる美味しいコツ

冷凍のフライドポテトの作り方はコツを掴めば自宅でも簡単です。 さらに、冷凍食品のフライドポテトでも...

昼ご飯のメニューを簡単にするコツとランチにおすすめのレシピ

一人分の昼ご飯を作るのはなんだか面倒なものです。なるべく手間をかけずにお昼ごはんを作りたいと思う人も...

たこ焼き粉のレシピは余りものでも美味しい!おすすめを紹介

たこ焼き粉はたこ焼き以外にアレンジできるレシピを知っておくと、たこ焼き粉の余りも上手に美味しく使うこ...

大人数のもてなし料理・冬の美味しいレシピとおもてなしのコツ

冬になると色々なイベントが目白押しです。自宅にお客様を招いて、ホームパーティーをする予定の人もいるの...

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感の...

餃子の皮の余りでスープを作る!簡単おすすめアレンジを紹介

餃子の皮の余りでスープを作ろうとすると中華スープが多いかもしれません。 しかし、加える食材や味付け...

卵とベーコンとチーズで作る簡単レシピと子供に人気の朝ごはん

小さいお子さんを育てている母親にとって、朝は手がいくらあっても足りないほど忙しい時間で、そんな中でも...

味のアクセントに!野菜をプラスした豚ひき肉のつくねレシピ

つくねにショウガなどの香味野菜を加えると、味が引き締まりアクセントになります。
すりおろしやみじん切り、千切りなど切り方を変えて作ると、同じつくねでもいろいろな食感で飽きずに食べられますよ。

ショウガを効かせた甘辛つくねレシピ

3人分の材料

  • 豚ひき肉 400g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 万能ねぎ 2本
  • しょうが 1片
  • 卵 1個
  • 片栗粉 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • お酒 小さじ2
  • ごま油 小さじ1
  • チューブ入りにんにく 3センチ
  • 塩こしょう
  • 白ごま
たれの材料は、しょうゆ 大さじ3、砂糖 大さじ2、みりん 大さじ2、お酒 大さじ2です。
  1. たれの材料を合わせておきます。
  2. 玉ねぎとしょうがをみじん切りに、万能ねぎを小口切りにします。
  3. 大き目のボウルにひき肉、2で刻んだ野菜、卵、片栗粉、しょうゆ、お酒、ごま油、にんにく、塩こしょうを少々入れ、よく混ぜ合わせてこねます。
    粘り気が出るまでよくこねることがポイントです。
  4. フライパンに薄く油をひいて、丸めて形を整えたつくねを並べていきます。
    火のとおりを均等にさせるために、平たく丸めましょう。
  5. 並べ終わったら火をつけ、焼ける音が聞こえてきたら弱火にして蓋をして約4分焼きます。
    裏返して焼き色が付くまで焼きます。
  6. たれの材料を加えて煮からめて、お好みで白ごまをふって完成です。

千切りにした大葉をのせると香りよくさっぱり食べられるので、大葉もおすすめです。

子供に人気の豚ひき肉のつくねレシピ

野菜がたっぷりでさっぱり食べやすい、子供が喜ぶバターコーンつくねのレシピをご紹介します。

3人分の材料

  • 豚ひき肉 200g
  • キャベツ 1/5個
  • 塩 小さじ1/2
  • ほぐしたコーン 40g
  • サラダ油
  • バター 10g
  • お酒 大さじ1と1/2
  • 片栗粉 大さじ1と1/2
  • 塩こしょう 少々
たれ(しょうゆ 大さじ1、お酒 大さじ1、みりん 大さじ1、チューブ入りにんにく 1センチ)です。
  1. キャベツを千切りにして、塩をふって揉み込み10分置きます。
  2. 余分な水分が出たら、ぎゅっと絞ります。
  3. ボウルに豚ひき肉、お酒、片栗粉、塩こしょうを入れて混ぜ合わせ、粘りが出るまでよくこねます。
  4. キャベツとコーンを加えて混ぜ合わせ、食べやすい大きさに平たく丸めます。
  5. フライパンに油をひき、つくねを並べて加熱します。
    焼き色が付いたら裏返して蓋をして、弱火で3分焼きます。
  6. 余分な油をキッチンペーパー拭き取り、合わせておいたたれとバターを加えてよく絡ませたら、完成です。

たれが焦げやすくなるので、余分な油は拭き取りましょう。

コーンの黄色とキャベツの緑が映えるので、見た目もとても可愛くなり、お弁当にもおすすめです。

食感が楽しい豚ひき肉つくねのレシピをご紹介

食感を楽しむつくねには、レンコンを使ってみてください。
シャキシャキ感がやみ付きになりますよ。

3人分の材料

  • レンコン 60g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 大葉 10枚
  • 豚ひき肉 300g
  • チューブ入りしょうが 3センチ
  • 塩 ひとつまみ
  • 片栗粉 大さじ2
たれ(砂糖 大さじ2、しょうゆ 大さじ2、お酒 大さじ2、みりん 大さじ1、酢 大さじ1、片栗粉 小さじ1/2)です。
  1. レンコンの皮をむいてみじん切りにし、玉ねぎもみじん切りにします。
    たれの材料を合わせておきます。
  2. 大き目のボウルにレンコン、玉ねぎ、豚ひき肉、しょうが、片栗粉を入れてよく混ぜ、粘り気が出るまでよくこねます。
  3. 10等分にして丸め、火が通りやすいように平たく潰し、お好みで大葉を一枚ずつ巻き付けます。
  4. フライパンに油をひいたらつくねを並べて火をつけ、焼き色が付くまで焼いたら裏返して蓋をかぶせ、弱火で3分焼きます。
  5. つくねから出た余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、合わせておいたたれを加え、焦がさないように全体に絡ませて完成です。

レンコンの刻み方で食感をいろいろ変えて楽しむことができるので、すりおろしてもちもちさを出してみたり、あえて大きさを揃えずにみじん切りにしてシャキシャキ感やホクホク感を出してみてくださいね。

豚ひき肉のつくねは作り置きおかずとしても大活躍

つくねはお弁当のおかずや、あともう一品足りないなという時に活躍するおかずなので、多めに作って作り置きをしておくといいでしょう。

大葉などの葉物野菜を使うと細菌が増えやすく傷みやすくなってしまうので、作り置きやお弁当に使う場合には大葉を使わないで作りましょう。

冷蔵での保存は約5日、冷凍での保存は約1か月

焼いたつくねを小分けにしてラップで空気を抜くようにぴったりと包み、冷凍用の保存バッグに入れて冷凍します。

美味しさを保つために早く冷凍したいので、熱伝導率の良い金属製のトレーに平らに並べましょう。

豚ひき肉つくねを保存する際のポイント

こねて形を作った状態でピッタリ空気を抜いてラップに包んで冷凍することもできますが、生のひき肉からは解凍するときにドリップが多く出てしまって雑菌が繁殖しやすくなり、一緒にうま味成分が溶け出してしまって味が落ちてしまいます。

加熱してから食べるので食中毒の心配は少なくなりますが、できるだけ焼いてから冷凍することをおすすめします。

解凍する時には自然解凍ではなく、電子レンジで解凍すると美味しく食べられます。