キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある材料で作ってみよう

干し野菜ネットがなくても、家にあるもので代用できるのでご安心を。
材料も少なく、すぐに作れますので挑戦してみては?

干し野菜は旨味も栄養も凝縮されますので、いつもの料理とはまた違った美味しさが味わえます。
冷蔵庫に余りそうな野菜でOK、下ごしらえが美味しくなるコツです。
カレーに入れたり、ピザの具にしたり、料理の幅が広がります。ぜひお試しを。

関連のおすすめ記事

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

料理に使う道具について知りたい。初心者が揃えておくべきものは

料理を作ろうと思った時に、必要な材料があれば良いわけではありません。 調理をするための調理道具がな...

フライ返しはシリコンを使うと溶ける?溶けないフライ返し

シリコンのフライ返しはなんだか溶けるような気がして、選ぶことができないという人は耐熱性のものを選べば...

唐揚げの美味しい揚げ方、片栗粉と小麦粉の衣の違いについて

唐揚げはレシピ通りに作ってもベチャッとしてしまったり、肉が硬くなってしまったりと、揚げ方によって食感...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

玄米と白米2合ではカロリーはどっちが低い?玄米の良さについて

玄米2合のカロリーは、どのくらいなのか知っていますか?普段食べている白米よりもずっとカロリーが低いの...

大人数のご飯におすすめ!家で食べる美味しい料理とレシピ紹介

お家で大人数で食卓を囲むとき、どんなご飯を用意しようか悩むこともあるのではないでしょうか。人数が増え...

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

ジンギスカンに使うのは、ラム肉?マトン?その違いとは

ジンギスカンは、北海道の名物料理として人気のメニューですが、それに使われる肉は主にラム肉とマトン...

意外と知られていないラーメンが太る本当の理由を紹介

無性にラーメンが食べたくなることってよくありますよね。 ラーメンが嫌いな人を聞いたことがないくらい...

茄子の素揚げの揚げ時間は何分?揚げ時間とカラッと揚げるコツ

茄子料理といえば、茄子の素揚げや麻婆茄子や茄子の天ぷらや炒めものなど色々ありますが、茄子の素揚げが難...

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある2つの材料で作る干し野菜ネット

干し野菜のネットが家になくても、家庭によくあるものと使って干し野菜ネットの代用ができます。

竹を編んだザルと、メッシュ素材の巾着を使ってみましょう。

巾着にザルを入れて野菜をのせ、巾着の口を絞って吊るすだけで干し野菜ネットの出来上がりです。

巾着はひもがついているので簡単に使いやすく、多少斜めになったとしても、野菜を十分に干すことができるので、おすすめの代用品です。

竹のザルが無くても、平たくて巾着に入る大きさのザルがあれば、それで構いません。

メッシュ素材の巾着は100円ショップにも売られているので、干し野菜ネットよりは安く済ませられておすすめです。

メッシュ素材のものも無くて外に干すことができない時には、天気のいい日にザルに並べた野菜を窓際に置くだけで野菜を干すことができます。

洗濯ネットも干し野菜ネットの代用としておすすめ

巾着が無くても、他にも代用できるメッシュ素材のものが家庭にはありますよ。

メッシュ素材の洗濯ネット

ザルに入れた野菜を洗濯ネットに入れて吊るせば、即席干し野菜ネットで完成です。

洗濯ネットは大きさがいろいろあるので、大きめのザルでたくさん干す時には大きいネット、少しの時には小さいネットと使い分けがしやすく、メッシュの穴の大きさが選びやすいのも洗濯ネットの良いところです。

クリーニング屋さんから戻ってきた洗濯物に付いているハンガーなど、ハンガーの下にズボンがずれないように挟めたり、スカートのひもが引っかけられる部分が付いているものがあるので、その部分に洗濯ネットのメッシュの穴を引っかけてみましょう。

メッシュの穴が小さい時には、洗濯場ばさみで留めてもいいでしょう。

洗濯ネットを使う時には、中のごみや洗剤の成分で衛生上良くないので、新品を用意してから干し野菜ネットに代用してくださいね。

少量の野菜なら、キッチンで使う水切りネットも干し野菜ネットの代用としておすすめ

ほかにも家にはまだメッシュのものがあります、排水溝用などの水切りネットです。

洗濯ばさみを使えばぶら下げやすく、少量の干し野菜を何種類も作る時にはすごく便利です。

水切りネットを使う時には、伸縮タイプよりも伸縮のしないタイプがおすすめです。

栄養も旨味も濃縮、美味しい干し野菜の作り方とは

干し野菜を作る時には少しコツがあり、うまくいかないとカビが生えて食べられなくなることもあるので、上手に美味しくなる干し方をご紹介します。

冷凍技術などの長期保存技術がまだなかった頃から行われた干し野菜は、旬にたくさん取れた野菜を長く保存して無駄なく使えるように考えられた知恵であり、乾燥させることでうま味や栄養を凝縮させたいい事づくめの保存方法です。

野菜を干す時には空気がカラッとしていて風がある日が何日も続くような時に行います。
冬の乾燥した時期には気温が低いために野菜が傷みにくく、ジメっと湿度が高くなることが少なくてカビが生えにくいことから、干し野菜にはすごく適しています。

野菜を干す前に、野菜に多く含まれる水分が抜けやすいように薄く切ってから、ザルに重ならないように間隔をあけて載せます。
水分が残るとカビが生える原因になるので、間隔をあけることで空気の通りがよくなり、乾燥しやすくさせるためです。

トマトは特に水分が多く、ただ干しただけでは乾燥しにくいので、切ったあとにキッチンぺーパーで種のまわりの水分を取ってからザルで干します。

日光に当てることで良く乾燥するので、太陽が昇ってからお昼過ぎ3時頃を目安に取り込みましょう。
乾燥が足りなければ、次の日にもう一度そのまま干して構いません。
ちょうどいい頃合いまで数日かけてじっくり干しましょう。

天気の良くない日が続いたりしたときには、天日干しに比べて短時間で干すことができる電子レンジでの干し野菜がおすすめです。

耐熱皿に間隔をあけて並べ、焦げないように数分加熱して取り出して冷ますのを数回行うと、干し野菜を作ることができます。

干し野菜ができたらどんな料理に活用できるの?おすすめの使い方

干し野菜に興味があっても、使い方がわからなければ手を出しにくいですよね。

干し野菜の美味しく便利な使い方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

干し野菜は漬け込むのにも向いているのでピクルスにも便利に使いやすく、ドライトマトにおすすめなのが、瓶にたっぷりのオリーブオイルとトマトを入れて、オイル漬けにする方法です。
このままパスタの具材にすれば、トマトのうま味がしみこんだオリーブオイルで調理できて、美味しさを逃すことなく味わうことができますし、ピザのトッピングにも活躍してくれます。

刻んでお味噌汁の具にしたり、スープの具材、カレーの具材としても使いやすくて便利ですよ。