ナスカレーは冷凍しても美味しい!冷凍ナスを美味しく食べるコツ

ナスを使ったカレーは特に夏にピッタリ。そんなナスカレーは冷凍したナスでも美味しく作ることができるのか気になりませんか?
新鮮なナスを無駄にしないためにも、ナスを冷凍保存しておくと、カレー意外にも美味しく便利に活用できるんです。

そこで、冷凍ナスを使った簡単ナスカレーやナスを美味しく冷凍する方法、ナスを無駄にせずに美味しく食べるコツなどお伝えしていきましょう。

もちろん、余ったナスカレーも冷凍保存することもできますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

大根の間引き菜の美味しい食べ方!捨てずに食べたい簡単レシピ

大根を育てる上で欠かせない作業が間引きです。間引きした後に出る間引き菜は、捨ててしまっているという方...

海外のケーキのデコレーションがスゴい!そのアイデアをご紹介

日本と違い、何でもスケールが大きい海外。その中でもケーキのデコレーションがスゴいと話題になっているよ...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

大根の消費【大量】簡単おすすめレシピと正しい保存方法を紹介

大根の消費で困っているあなた。できれば大量に消費できて簡単に作れるものがいいですね。そこで、...

【夕ご飯のレシピ】夏におすすめのメニューと調理する時の注意点

夏になり、気温の高い日が続くとどうしても食欲が落ちてしまうもの。夕ご飯を作ることも面倒ですが、食べな...

ジンギスカン鍋のお手入れ方法、しつこい汚れを落とす洗い方

ジンギスカン専用のジンギスカン鍋をご存知でしょうか。鉄製でできているので熱伝導率に優れていて、お...

豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか?硬い豚肉はまるでゴムのようですし、...

ナスの正しい焼き方。フライパンで作る美味しいナス料理の秘訣

ナスをフライパンで焼くときは、油をひいて調理をしますが、ナスが油をどんどん吸収してしまい、油が少なか...

冷凍フライドポテトの作り方!自宅で簡単にできる美味しいコツ

冷凍のフライドポテトの作り方はコツを掴めば自宅でも簡単です。さらに、冷凍食品のフライドポテトでも...

やかんの内側に付いたカルキ汚れをクエン酸で落とす方法

やかんを使っているうちに、底の部分に白っぽい汚れが付いてくることがあります。食器用洗剤とスポンジでこ...

大根の味噌汁が苦い時の対処法!大根の苦味を取る方法

大根のおでんや味噌汁が好きな方は多いと思います。好きな方にとっては、あまり苦味を感じない大根ですが、...

冷凍ご飯はチャーハンにするとお弁当でも美味しく食べられます

冷凍ご飯をお弁当に使うときには、チャーハンのような味付きご飯にすると美味しく食べることができます。...

野菜で作る美味しいお菓子!子供の野菜嫌いを克服する簡単おやつ

子供の野菜嫌いに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。「好き嫌いをせずに野菜もモリ...

シュウマイはアレンジしてスープで美味しく!簡単レシピを紹介

シュウマイはそのままでも美味しいけど、アレンジして美味しいスープとして食べることもできます。電子レン...

冷凍ナスを使って美味しいナスカレーを簡単に作りましょう

夏から初秋にかけて美味しい野菜と言えば、ナス。
美味しい時期は食べたいところですが、ナスは数本がセットに売られていることが多いですよね。

残してしまうのももったいないですし、そういう時には冷凍してしまうのがおすすめですよ。
冷凍すれば無駄なく使う事が出来ます。

冷凍したナスはいろいろなレシピに使うことが出来ますよ。

夏にピッタリ、ナスカレーレシピ

ナスをカレーに入れるなら、同じ夏野菜のトマトも一緒に使うのがおすすめです。
トマトは生でもトマト缶でもOKです。
お肉は豚ひき肉がおすすめですよ。

  1. たまねぎをお好みのサイズにカットして、フライパンで炒めます。
  2. 豚ひき肉を加えて火が通ったら塩と胡椒を振って混ぜ、冷凍ナスと乱切りトマトもしくはトマト缶を汁ごと加えます。
  3. お水も加えて、玉ねぎが柔らかくなるまで煮ます。
  4. スパイスで作る場合には、加えてから煮込んでくださいね。

カレールウの場合は、具材が柔らかくなったら加えます。
トマトが入っているので、いつもより少なめで足りるはずです。

冷凍ナスは皮が固く感じられるので煮込みましたが、生のナスならフライパンで焼いておき、食べる直前にカレールウに加えるか、お皿にそのままトッピングしても良いでしょう。

ナスとトマトのカレーは酸味が美味しい夏にピッタリなカレーです。

新鮮なナスは冷凍しておけばカレーにもすぐに使えるので便利

ナスは新鮮なうちに食べるのが美味しい野菜です。
時間が経ってしまうと、エグミが目立ってあまり美味しくなくなってしまうからです。

ですが買ってすぐに食べられない時もあります。
そんな時に便利なのが、冷凍保存です。

ナスは揚げたり焼いたりしてからではないと冷凍出来ないと思っている方も多いのですが、そんな事はありません。

輪切りや乱切りなどにして、アクを抜いて水気を拭き取ったら、そのまま冷凍することが出来ますよ。
密閉袋などに入れて、しっかりと空気を抜いてから冷凍しましょう。

色落ちを防ぎたいなら、レンジで加熱してから冷凍するのもおすすめですよ。

余ったナス入りカレーは冷凍しても美味しく食べられる

カレーはたくさん作りすぎて余してしまうことも多い料理ですよね。

ナスを使ったカレーなら、余してもそのまま冷凍保存することが出来ますよ。

カレーを冷凍する時は「じゃがいも」を取り除くのがセオリー

なぜなら、じゃがいものは冷凍すると崩れてしまって、食感が悪くなってしまうからです。
しかし、ナスを使ったカレーの場合は、じゃがいもは入れないことがほとんどです。
ナスもトマトも冷凍が可能な食材ですから、そのまま冷凍することが出来ますよ。

冷凍する時には、一食分ずつ小分けにして冷凍するのがおすすめです。

ナスを無駄にしないためにも冷凍して美味しく食べるコツ

ナスは冷凍できる食材です。
上手に使い切るためには、とても便利な保存方法ですよね。

しかし、冷凍すると食感が変わってしまうのも事実です。

生のまま冷凍する方法は最も簡単な冷凍方法ですが、調理すると皮の固さが目立つようになります。
先程ご紹介したナスカレーのように煮込み料理に使うのがおすすめです。

カレーのトッピングには、焼いてから冷凍しておくのがおすすめ

魚焼きグリルなどでまとめて焼いて皮を向き、お好みの大きさにカットして冷凍保存しましょう。

カレーだけでなくそうめんなど麺類のトッピングとしてつかったり、焼きなすとして食べることも出来ます。
また味噌汁など加熱が短時間の料理の場合も、火を通してから保存したものを使うのがおすすめです。

冷凍ナスを常備しておけば時短になっておすすめです

ナスは冷凍すると1ヶ月くらい保存できると言われます。
しかし、冷凍ナスのメリットは保存期間が長くなるだけではありません。

調理の時短にも繋がりますよ。

焼きなすにして冷凍したものは、解凍して生姜醤油と和えたら焼きなすとして食べる事が出来ます。
また、鰹節と白だしと和えるだけでちょっとした小鉢が完成します。
揚げてから冷凍したナスなら、解凍してめんつゆにつけるだけで揚げびたしが完成しますよ。

揚げたり焼いたりしてから冷凍したナスはすでに火が通っているので、アレンジもしやすいのも特徴です。
麻婆茄子にしたり、甘辛に味付けしたりすればメイン料理にもなりますよ。

お弁当のおかずに使いたいなら、お醤油などと炒め煮にしたり、トマト煮にしてから冷凍するのもおすすめです。
ナスは火を通してから冷凍することが出来ますから、お弁当のおかずにぴったりですよ。
解凍してそのままお弁当に詰めるのも美味しいですが、毎日同じだと飽きてしまいますよね。
そういう時には、ピザ用チーズを乗せて焼くと別メニューとして提供できるのでおすすめですよ。
ナスとチーズの相性はバッチリです。

冷凍した時の手間は、そのまま調理時間の短縮に繋がります。
多少面倒でも、後の調理を楽にしたいなら、火を通してから冷凍するのがおすすめですよ。