ナスを炒めるコツ!美味しく上手に仕上げるポイントを紹介

ナスを炒めるといつも失敗してしまうというあなた。
ナス炒めを美味しく作るにはコツがあるのです。

そこで、ナスを炒めるコツについて、美味しく仕上げるための切り方や炒める油のポイント、ふっくらな食感に仕上げるコツや下ごしらえなどお伝えしていきましょう。

これで、料理があまり得意ではない人でもナスを美味しく炒めることができるはずです。時間がないときでも簡単にはやく炒めるためのコツについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

美味しいコーヒーの淹れ方、やり方はひとつじゃない

美味しいコーヒーが飲みたいと思ったら、コーヒーの名店に行くのが手っ取り早い方法です。しかし、...

転写シートでチョコを簡単可愛くデコ!使い方のコツ

最近は、製菓コーナーやバレンタインコーナーには、いろいろな転写シートが並びます。転写シートを使うと、...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

冷凍ピザやピザ生地をお店の様に美味しく作る焼き方

冷凍のピザやピザ生地が冷食コーナーに並んでいます。手軽にお家でピザを楽しむことができるので、よく購入...

食費を抑えるレシピのコツ!節約食材を使った美味しい料理を紹介

毎日家族のために食事を作っているママたちは、なるべく食費を抑えるレシピを考えながら、なおかつ家族に美...

卵を大量消費するなら冷凍卵がおすすめ不思議な食感がクセになる

卵が安売りの時に買いだめしたり、あるいは卵があるのにまた買ってしまったりなど、気付くと冷蔵庫に卵が大...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

和菓子はカロリーが低い?生菓子のカロリーについてご紹介

和菓子は洋菓子と比べるとカロリーが低いと言われています。しかし和菓子と言っても、その種類は多く、...

重曹の効果を知って料理に活用しよう!重曹の便利な活用方法

お掃除やお洗濯に活用すると便利に使える重曹。重曹にはグレードがあり、グレードごとに使い分ければ、便利...

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

腹持ちのいい食べ物とは?朝・昼ごはんにおすすめ食材やメニュー

朝ごはんをしっかり食べても、高校生や大学生など若い学生さんは、すぐにお腹が空いてしまい、次の食事まで...

冷凍ご飯を使えばリゾット風が簡単に作れます!作り方を紹介

冷凍ご飯しかない…そんなときには簡単リゾット風料理がおすすめです。生米から作っていないので、リゾット...

ジンギスカン鍋のお手入れ方法、しつこい汚れを落とす洗い方

ジンギスカン専用のジンギスカン鍋をご存知でしょうか。鉄製でできているので熱伝導率に優れていて、お...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

野菜が苦手でも食べやすいおかず。子供が喜ぶ美味しいレシピ

野菜がちょっと苦手というお子様は多いと思います。子供の嫌いな野菜の代表と言えば、ニンジンやピーマン、...

ナスを炒めるときに美味しく仕上げるコツは切り方がポイント

コツ1.ヘタのついた先端部分はなるべく残す

ナスを美味しく炒めたいときは、ナスの切り方にコツがあります。ナスの旨味がたくさん詰まっている部分は、ヘタのついた先端部分です。ですから、極力この部分を残すようにすることで、ナスの美味しい部分を食べることができます。

先端部分をなるべく残すためには、手でナスのガクを取り除いてら不要な部分をカットするのがおすすめ。

こうすることで、美味しい部分もしっかりと調理することができます。
せっかくの美味しい部分をわざわざ切り落としてしまうのは、なんだか勿体ないものです。先端部分を多く残せるように、手でガクを取ってから、不要な部分を切り取るようにしましょう。

コツ2.一口大の大きさにカットする

ナスを切る時、まずはナスの皮の部分に格子状に切り込みを入れましょう。そうすることで、ナスに火が通りやすくなります。

忙しくて時間がないときは、この作業を省いても問題はありません。
すぐにナスを調理するのであれば、アク抜きはせずにそのまま炒めてOK。ですが、すぐに調理をしない場合は、アク抜き作業をしてください。塩水を用意し、その中にナスを漬けることで対応できます。調理をする際は水分をしっかりと切ってから調理をしましょう。

ナスを上手に炒めるコツは油をつぎ足さないこと

ナスを炒めた経験がある人はおわかりかもしれませんが、ナスは油を吸いやすい食材です。

炒めているときに最初にフライパンに引いた油をナスが吸い取ってしまい、フライパンの中に油がなくなってしまうことがあります。

油が無くなったからといって油の継ぎ足しを行うと、その分油っぽい仕上がりになってしまいます。

余分なカロリーを摂取することにも繋がりますので、油の継ぎ足しをしないように炒めてください。

ナスを炒める時の油の量と炒め方

ナスを炒めるときは、1本のナスに対して大さじ2~3杯の油を使用します。

炒める時の火力は、少し強めの中火程度にし、ナスが油を吸うようになったら、箸やヘラなどでナスを動かしながらまんべんなく油を吸わせます。

ナスを焼き付けるような感覚で炒めると、上手に炒めることができます。

ナスはじっくりと炒めるのがふっくらな食感に仕上げるコツです

ナスを炒めるときは、じっくりと時間をかけて炒めることで、ナスの美味しさをより引き出すことができます。

全体的にきつね色の焼き目が付き、ナスの皮がこんがりとしてきたら、ナスの炒め物の完成です。ほんのりと甘い匂いがしてくるので、食欲をそそります。

先程、フライパンの中に油が無くなっても継ぎ足しはしないとお伝えしましたが、これはナスの炒め上がりに関係があります。

ナスは炒めているときに油を吸う性質がある

炒め上がって時間が経つと、油や水分が外に排出されていきます。

ナスの炒め物をして、油っぽい仕上がりになった経験がある人もいるでしょうか、これはナスのこの性質を知らずに、油を足しながら炒めてしまったせいでもあります。

油を継ぎ足さずにじっくりと炒めたナスは、柔らかい触感でとっても美味しい料理に変身します。

炒め方のコツを知って、ナスの旨味が口いっぱいに広がる、美味しいナスの炒め物を食べましょう。

ナスが油を吸い過ぎるのを防ぐには下ごしらえをしましょう

ナスを炒める時、予め下処理をすることで、ナスが油を吸う量を抑えることができます。ちょっとした一手間でナスを美味しく炒めることができますので、下処理についてもチェックしてみましょう。

塩を使ったナスの下処理

  1. しっかりと洗ってヘタを取ったナスを一口大の食べやすい大きさにカットする
  2. ナスの切り口に塩をすり込み、10分程度そのままにしておく
  3. ナスを水洗いし、塩分を洗い流す

ナスの切り方によっては、切り口に塩をすり込むことができない場合があります。その時は、塩水を作ってナスを漬け込むことで対処することができます。

使用する水に対し、0.5~1%の塩を入れましょう。

ナスに塩をすり込むことでナスから水分が出てくるため、スポンジ状のナスの細胞が油を吸い込みにくくする効果があります。

油を使ってコーティング

  1. フライパンに一口大にカットしたナスを並べる
  2. 中サイズのナス2~3本あたり、大さじ1程度の油を回しかける
  3. 手でしっかりと油を揉み込む

油を使ってコーティングしておくことで、ナスが余分な油を吸いにくくなる効果があります。

ナス炒めを時短でするなら電子レンジの活用もおすすめ

ナスの炒め物を作りたいと思っても、あまり時間がないときもあります。そんな時、時短できる調理方があれば便利なものです。

ナスの炒め物をするとき、時短できる調理法としておすすめなのが「電子レンジ」です。

電子レンジを使ってナスを加熱してからフライパンで炒めることで、ナスに火が通る時間を短縮することができます。

また、電子レンジにナスを入れて加熱するときに、少量の油をかけることでナスの色落ちを防ぐことができますので、この方法も是非試してみてください。

ナスがしんなりしてきた状態を目安に加熱する

ナスがしんなりしてきたら、フライパンに移して調理をしましょう。

電子レンジでナスを加熱してから調理をすると、炒める時間を短縮するだけでなく、ナスが余分な油を吸いすぎてしまうことを防ぐこともできます。

ナスを調理する時のコツや時短できる調理法がわかれば、食卓に美味しいナスを並べることができます。

ちょっとした一手間やアイデアを知って、美味しいナスの炒め物を食べてください。