ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。

そんなときには、ナスをたっぷり消費することのできるコンソメを使ったスープはいかがでしょうか?皮を向けば色がうつるのも気になりませんよ。

子供も食べやすい美味しいナスレシピを紹介します。夏に合うさっぱりとした冷たいメニューもおすすめです。

関連のおすすめ記事

ナスカレーは冷凍しても美味しい!冷凍ナスを美味しく食べるコツ

ナスを使ったカレーは特に夏にピッタリ。そんなナスカレーは冷凍したナスでも美味しく作ることができるのか...

餃子の皮とチーズで作る子供の喜ぶ美味しいおやつレシピ

餃子を作った後に残ってしまった餃子の皮。そのうち使うかもと思っていても、結局使わずに処分してしまった...

食費を抑えるレシピのコツ!節約食材を使った美味しい料理を紹介

毎日家族のために食事を作っているママたちは、なるべく食費を抑えるレシピを考えながら、なおかつ家族に美...

野菜嫌いを克服するための料理レシピ!子供に作りたい野菜おかず

子供の野菜の好き嫌いが多いとお悩みの方はいませんか?苦労して小さく切って、わからないようにしても、す...

豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか?硬い豚肉はまるでゴムのようですし、...

味噌とチーズの相性は◯!おすすめな味噌チーズレシピを紹介

味噌とチーズはとても相性が合うのを知っていますか。どちらも味が強いのでケンカをしてしまいそうですが、...

玄米と白米2合ではカロリーはどっちが低い?玄米の良さについて

玄米2合のカロリーは、どのくらいなのか知っていますか?普段食べている白米よりもずっとカロリーが低いの...

美味しい焼肉のタレの作り方について知りたい

美味しい焼肉のタレは何かと考えた時に、市販品や、焼肉屋さんの特製ダレを思い浮かべるかたが多いことでし...

なすとピーマンの味噌炒め。こってり・さっぱり、美味しい作り方

なすとピーマンの組み合わせで作るおかずをご紹介いたします!味付けは『味噌味』のみ!味噌炒...

夕ご飯の献立のメインになる絶品ボリューム鶏肉レシピ

「今日の夕ご飯の献立は何にしよう…」。主婦が毎日考えることです。冷蔵庫に鶏肉がある時には、鶏肉をメイ...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

夜ご飯の時間が遅い人におすすめのヘルシー&簡単レシピをご紹介

仕事が忙しいと夜ご飯も遅い時間になりがちですが、少しでもカロリーを抑えたメニューにしたいと思っている...

卵を使った朝ごはんのおかずレシピ!朝ごはんをしっかり食べよう

朝ごはんのおかずを作るときに便利に使える食材が「卵」です。忙しい朝はなるべく朝ごはん作りにかける時間...

片栗粉は炭水化物の塊!ダイエット中の片栗粉との付き合い方

粉類の多くはほとんど糖質です。片栗粉も例に漏れず糖質の塊なので、ダイエット中で糖質制限を...

冷凍ご飯はチャーハンにするとお弁当でも美味しく食べられます

冷凍ご飯をお弁当に使うときには、チャーハンのような味付きご飯にすると美味しく食べることができます。...

ナスが主役のコンソメスープの作り方

夏野菜の代表的存在である「ナス」。

暖かくなってくるとたくさんのナスが店頭に並ぶので、無性にナスを食べたくなるというナス好きの方もいるのではないでしょうか。

ナスの特徴は加熱した時の身のやわらかさ

焼きナスなどは、身が熱いうちに食べることでトロトロの食感を楽しむことが出来、ナス料理の中でも好きな人が多いのでは?

ただ、ナスを使ったレシピは、焼きナスや麻婆ナス、漬物などいつも決まりきったものしか作らないので限られているという人も多いでしょう。

そんな方のために、ナスを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

トロトロナスのコンソメスープ

ナスは食感を楽しむため、表面の皮を剥いたら、1センチほどの輪切りにして、アクを抜くために水にさらしておきます。

コンソメスープを作る要領で、玉ねぎの薄切りを炒め、玉ねぎが全体にしんなりしたところで、コンソメの素を加え、水にさらしておいたナスを水切りして加えます。

弱火でじっくり煮込んで、ナスがやわらかくなるのを待ちます。

ナスは煮込むことで、とてもやわらかくなるため、煮込んでいる間は形を崩さないようナスをあまり動かさないようにしましょう。

ナスがやわらかくなったら、塩・コショウで味を整えたら、完成です。

レンジを使った簡単コンソメスープ!ナスやピーマンなどの夏野菜をたっぷり使えます

夏野菜たっぷりのヘルシースープ

夏野菜と言えば、ナスばかりではありません。

6月から8月にかけて旬を迎える野菜のことを夏野菜と呼びますが、日の光をたっぷり浴びた夏野菜は、濃い味わいや甘みが特徴です。

トマトやとうもろこし、パプリカやズッキーニと言った色鮮やかな野菜も夏野菜を代表する野菜です。

このように色々な野菜をたっぷり使って、スープを作ることで、栄養満点で味わい深いスープが出来ます。

ポイントは、出来るだけ細かく、同じ大きさで切ることです。

同じ大きさで揃えることで、均等に火が通り、味が馴染むからです。

おすすめは、1センチくらいの角切りで揃えること

ナスも輪切りにしてから角切りにして、他の野菜と一緒に煮込みましょう。

鍋で煮込むのでも良いですが、電子レンジを使って簡単に火を通すことも可能です。

耐熱容器に、スープに入れる野菜と、コンソメスープの素を入れ、電子レンジで加熱します。

朝の忙しい時間にも材料を切って、レンジに入れるだけなので、便利に作れます。

ナスの冷たいコンソメスープもおすすめ

ナスの冷製スープは夏にぴったり

夏野菜のナスを美味しく食べたい!でも、暑くて食欲が湧いてこないなんてこともあるでしょう。

暑い中、汗をかきながら熱いものを食べるのもたまには良いですが、のどごしが良いものの方が食べやすいですよね。

そんな時、ぜひ作っていただきたいのがナスの冷製スープです。

皮のままグリルに並べ、焼きナスを作ります

  1. 焼きなすにすることで、身がやわらかくなるので、皮を剥いて身の状態にしたら、適当な大きさに切っておきます。
  2. フライパンを火にかけ、バターで玉ねぎの薄切りを炒め、焼きナスの身を加えて弱火で煮込みます。
  3. 具材がすべてやわらかくなったところで、火を止め、粗熱がとれたらミキサーに入れて全体をなめらかな状態にします。
  4. 具材を鍋に戻し、牛乳もしくは豆乳で弱火で煮込み、仕上げに塩コショウで味を整えて完成です。

熱いままでも美味しいですが、冷蔵庫で冷やしてから冷製スープとして食べると夏にはぴったりの美味しいスープになります。

コンソメスープを吸わせたナスが美味しい!夏にピッタリなナスレシピ

コンソメスープが染み込んだナスの煮込み

ナスは、煮込みにしても味が染みこんで美味しくなりますよね。

我が家でもナスは自家栽培するほど、家族みんな好きなので、日々ナス料理の研究に余念がありません。

コンソメスープを作った中に、切込みを入れたナスを入れて煮込むことで、コンソメ味のやわらかナスが出来ます。

もの足りない場合は、ナスの切込みの中に、みじん切りにしたトマトや、唐辛子をオリーブオイルで炒め、味付けしたものを入れることで、サルサ風のナス煮込みになります。

ナスは火を通すことで、やわらかく形が崩れやすくなるため、あえてガクの部分は取らずにそのまま煮込み、食べる時に取るようにするのがおすすめです。

この料理も、冷蔵庫で冷やすことで、よりナスに味が染み込むので、冷製にすることがおすすめです。

ナスはコンソメで炒めても美味しい!おかずになるナス料理

コンソメ煮込みのナスはパスタにも活用できる

コンソメ味が染み込んだナスは、そのままでもご飯が進むおかずになりますが、しっかり味が付いているので、他の料理に活用することも可能です。

おすすめは、パスタの具材です。

ペペロンチーノなど、塩コショウのシンプルな味付けのパスタに、コンソメ煮込みのナスは良く合います。

ナスの紫の鮮やかないろを活かして、ブロッコリーやベーコンなど他の具材を合わせることで、彩り豊かな美味しいパスタになります。