キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。

そんなときには、ナスをたっぷり消費することのできるコンソメを使ったスープはいかがでしょうか?皮を向けば色がうつるのも気になりませんよ。

子供も食べやすい美味しいナスレシピを紹介します。夏に合うさっぱりとした冷たいメニューもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕飯の献立に悩むママのために簡単・時短メニューをご紹介します

仕事しているママにとって夕飯の献立を考えることは面倒なもの。献立を考えるだけで時間がかかってしまうと...

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食...

ナスを炒めるコツ!美味しく上手に仕上げるポイントを紹介

ナスを炒めるといつも失敗してしまうというあなた。 ナス炒めを美味しく作るにはコツがあるのです。 ...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

余った餃子の皮はスープに変身!スープレシピや冷凍保存の方法

餃子を作ると餃子の皮だけが余ってしまうことがありますよね。余った餃子の皮は捨てるのはもったいない、か...

フライ返しはシリコンを使うと溶ける?溶けないフライ返し

シリコンのフライ返しはなんだか溶けるような気がして、選ぶことができないという人は耐熱性のものを選べば...

豚肉のスープにもやしを入れて、色んなバリエーションを味わおう

豚肉のスープを作る時に、さまざまな野菜が合いますが、その中でももやしは、安くて食物繊維などの栄養もあ...

たこ焼き粉がなくてもたこ焼きが作れるレシピ【小麦粉代用】

買い物へ行ったもののたこ焼き粉を買い忘れてしまっても、小麦粉を代用すればたこ焼きを作ることができます...

大根の大量消費が簡単にできる料理、大根の冷凍保存について

大根はカットしたものよりも一本まるごとがお得だったりしますよね。しかし一本まるごと購入してしまうと消...

なすとピーマンの味噌炒め。こってり・さっぱり、美味しい作り方

なすとピーマンの組み合わせで作るおかずをご紹介いたします! 味付けは『味噌味』のみ! 味噌炒...

美味しいコーヒーの淹れ方、やり方はひとつじゃない

美味しいコーヒーが飲みたいと思ったら、コーヒーの名店に行くのが手っ取り早い方法です。 しかし、...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

重曹の効果を知って料理に活用しよう!重曹の便利な活用方法

お掃除やお洗濯に活用すると便利に使える重曹。重曹にはグレードがあり、グレードごとに使い分ければ、便利...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。 いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

野菜で作る美味しいお菓子!子供の野菜嫌いを克服する簡単おやつ

子供の野菜嫌いに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。「好き嫌いをせずに野菜もモリ...

スポンサーリンク

ナスが主役のコンソメスープの作り方

夏野菜の代表的存在である「ナス」。

暖かくなってくるとたくさんのナスが店頭に並ぶので、無性にナスを食べたくなるというナス好きの方もいるのではないでしょうか。

ナスの特徴は加熱した時の身のやわらかさ

焼きナスなどは、身が熱いうちに食べることでトロトロの食感を楽しむことが出来、ナス料理の中でも好きな人が多いのでは?

ただ、ナスを使ったレシピは、焼きナスや麻婆ナス、漬物などいつも決まりきったものしか作らないので限られているという人も多いでしょう。

そんな方のために、ナスを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

トロトロナスのコンソメスープ

ナスは食感を楽しむため、表面の皮を剥いたら、1センチほどの輪切りにして、アクを抜くために水にさらしておきます。

コンソメスープを作る要領で、玉ねぎの薄切りを炒め、玉ねぎが全体にしんなりしたところで、コンソメの素を加え、水にさらしておいたナスを水切りして加えます。

弱火でじっくり煮込んで、ナスがやわらかくなるのを待ちます。

ナスは煮込むことで、とてもやわらかくなるため、煮込んでいる間は形を崩さないようナスをあまり動かさないようにしましょう。

ナスがやわらかくなったら、塩・コショウで味を整えたら、完成です。

レンジを使った簡単コンソメスープ!ナスやピーマンなどの夏野菜をたっぷり使えます

夏野菜たっぷりのヘルシースープ

夏野菜と言えば、ナスばかりではありません。

6月から8月にかけて旬を迎える野菜のことを夏野菜と呼びますが、日の光をたっぷり浴びた夏野菜は、濃い味わいや甘みが特徴です。

トマトやとうもろこし、パプリカやズッキーニと言った色鮮やかな野菜も夏野菜を代表する野菜です。

このように色々な野菜をたっぷり使って、スープを作ることで、栄養満点で味わい深いスープが出来ます。

ポイントは、出来るだけ細かく、同じ大きさで切ることです。

同じ大きさで揃えることで、均等に火が通り、味が馴染むからです。

おすすめは、1センチくらいの角切りで揃えること

ナスも輪切りにしてから角切りにして、他の野菜と一緒に煮込みましょう。

鍋で煮込むのでも良いですが、電子レンジを使って簡単に火を通すことも可能です。

耐熱容器に、スープに入れる野菜と、コンソメスープの素を入れ、電子レンジで加熱します。

朝の忙しい時間にも材料を切って、レンジに入れるだけなので、便利に作れます。

ナスの冷たいコンソメスープもおすすめ

ナスの冷製スープは夏にぴったり

夏野菜のナスを美味しく食べたい!でも、暑くて食欲が湧いてこないなんてこともあるでしょう。

暑い中、汗をかきながら熱いものを食べるのもたまには良いですが、のどごしが良いものの方が食べやすいですよね。

そんな時、ぜひ作っていただきたいのがナスの冷製スープです。

皮のままグリルに並べ、焼きナスを作ります

  1. 焼きなすにすることで、身がやわらかくなるので、皮を剥いて身の状態にしたら、適当な大きさに切っておきます。
  2. フライパンを火にかけ、バターで玉ねぎの薄切りを炒め、焼きナスの身を加えて弱火で煮込みます。
  3. 具材がすべてやわらかくなったところで、火を止め、粗熱がとれたらミキサーに入れて全体をなめらかな状態にします。
  4. 具材を鍋に戻し、牛乳もしくは豆乳で弱火で煮込み、仕上げに塩コショウで味を整えて完成です。

熱いままでも美味しいですが、冷蔵庫で冷やしてから冷製スープとして食べると夏にはぴったりの美味しいスープになります。

コンソメスープを吸わせたナスが美味しい!夏にピッタリなナスレシピ

コンソメスープが染み込んだナスの煮込み

ナスは、煮込みにしても味が染みこんで美味しくなりますよね。

我が家でもナスは自家栽培するほど、家族みんな好きなので、日々ナス料理の研究に余念がありません。

コンソメスープを作った中に、切込みを入れたナスを入れて煮込むことで、コンソメ味のやわらかナスが出来ます。

もの足りない場合は、ナスの切込みの中に、みじん切りにしたトマトや、唐辛子をオリーブオイルで炒め、味付けしたものを入れることで、サルサ風のナス煮込みになります。

ナスは火を通すことで、やわらかく形が崩れやすくなるため、あえてガクの部分は取らずにそのまま煮込み、食べる時に取るようにするのがおすすめです。

この料理も、冷蔵庫で冷やすことで、よりナスに味が染み込むので、冷製にすることがおすすめです。

ナスはコンソメで炒めても美味しい!おかずになるナス料理

コンソメ煮込みのナスはパスタにも活用できる

コンソメ味が染み込んだナスは、そのままでもご飯が進むおかずになりますが、しっかり味が付いているので、他の料理に活用することも可能です。

おすすめは、パスタの具材です。

ペペロンチーノなど、塩コショウのシンプルな味付けのパスタに、コンソメ煮込みのナスは良く合います。

ナスの紫の鮮やかないろを活かして、ブロッコリーやベーコンなど他の具材を合わせることで、彩り豊かな美味しいパスタになります。