キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

【夕ご飯のレシピ】夏におすすめのメニューと調理する時の注意点

夏になり、気温の高い日が続くとどうしても食欲が落ちてしまうもの。夕ご飯を作ることも面倒ですが、食べないわけにはいきません。

そこで今回は、夏におすすめの簡単に作れる夕ご飯のレシピをご紹介します。お子さんも喜んで食べることができるメニューやさっぱり味のメニューなどいろいろありますので、参考にして下さい。

また、夏の暑い日にキッチンで調理する時は水分をとるようにしましょう。夏に調理する場合の注意点についても説明しますので、脱水症状にならないようにしっかり対策するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誕生日は手料理でおもてなし!大好きな嫁に作りたいおすすめ料理

大好きな奥様の誕生日をひかえて、自分で手料理を作ってお祝いをしようと考えている男性もいるのではないで...

野菜で作る美味しいお菓子!子供の野菜嫌いを克服する簡単おやつ

子供の野菜嫌いに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。「好き嫌いをせずに野菜もモリ...

豚バラの肉巻きで野菜も美味しい!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラで野菜を肉巻きするとボリュームのあるおかずになります。 そんな豚バラの肉巻き野菜はお弁当のお...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。 冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

冷凍させたたこ焼きの、美味しい食べ方についてご紹介

冷凍で保存できる食べ物は数多くありますが、作りすぎたたこ焼きも冷凍させることが出来ます。 冷凍食品...

美味しい焼肉のタレの作り方について知りたい

美味しい焼肉のタレは何かと考えた時に、市販品や、焼肉屋さんの特製ダレを思い浮かべるかたが多いことでし...

冷凍ご飯はチャーハンにするとお弁当でも美味しく食べられます

冷凍ご飯をお弁当に使うときには、チャーハンのような味付きご飯にすると美味しく食べることができます。 ...

冷凍のバナナを使って出来る、美味しいアイスの作り方

冷凍したバナナは、スムージーにしたり、ケーキの材料に使うなど、さまざまな使い道があります。 中でも...

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。 そんな...

卵が朝食をおしゃれに変える!おすすめ卵料理を紹介します

卵があれば朝食のボリュームをアップすることはもちろん、おしゃれにだって見せることができます。 ...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

卵をいい感じに消費出来るお菓子についてご紹介

卵は常に冷蔵庫にあるという方も多いと思いますが、それと同時にあまり消費していなかったのに、うっかり賞...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

冷凍ご飯を使えばリゾット風が簡単に作れます!作り方を紹介

冷凍ご飯しかない…そんなときには簡単リゾット風料理がおすすめです。生米から作っていないので、リゾット...

スポンサーリンク

暑い夏におすすめの子どもも喜ぶ簡単夕ご飯レシピ

暑い夏でも、子供にはご飯をもりもり食べてもらいたいものです。食欲がない時こそ、たくさん食べなければどんどん体力が落ちてしまいます。夏こそ食べたいボリューム満点の丼料理で夏バテを吹き飛ばしましょう。子供が食べやすいように、辛くないタコライスがおすすめです。

夏におすすめ【美味しいタコライスのレシピ】

【材料・2人分】

  • 合挽き肉 200グラム
  • にんにく 1片分
  • 玉ネギ 3分の1個
  • レタス 3分の1個
  • トマト 2分の1個
  • ピザ用チーズ 適量
  • ケチャップ 大さじ2
  • カレー粉 大さじ1
  • ウスターソース 大さじ1
  • 醤油 大さじ2分の1
  • コショウ 少々
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ご飯 2人分

【調理手順】

  1. フライパンを中火で熱し、みじん切りにしたにんにくと玉ネギをオリーブオイルで炒めます。
  2. 1にケチャップ、カレー粉、ウスターソース、醤油、コショウを加えて混ぜ合わせます。
  3. トマトを角切りにして、分量外のケチャップで和えます。
  4. お皿にご飯を盛り付けて、ちぎったレタス、ピザ用チーズをのせます。
  5. 4に炒めた挽き肉と3のトマトをのせたらタコライスの完成です。

大人には、タバスコを後からかけてあげましょう。

子供には、トルティーヤチップスを砕いてのせてあげるのがおすすめです。

夕ご飯は麺類にしませんか?おすすめレシピをご紹介します

夏バテ気味でご飯はちょっと…という方には、ツルツルっと食べられる麺類がおすすめです。

食欲がなくても夕ご飯はしっかり食べなければ、体調を崩してしまう原因になってしまいます。

体に良い納豆を使って暑い日でも食べやすい温玉うどんはいかがですか?

【納豆温玉うどんの作り方】

【材料・1人分】

  • うどん 1玉
  • 納豆 1パック
  • 卵 1個
  • 水菜 適量
  • 大根 適量
  • 長ネギ 適量
  • めんつゆ 50ml

【調理手順】

  1. 鍋で湯を沸かし、沸騰したら火を止め、卵を入れて8分ほど放置して、温泉卵を作ります。
  2. 水菜を一口サイズに切り、長ネギはみじん切りにします。
  3. 大根を摩り下ろして、大根おろしを作ります。
  4. うどんを茹でて、冷水で洗います。
  5. お皿にうどんを入れて、めんつゆを回しかけ、野菜を盛り付けます。
  6. 納豆を混ぜずにのせて、一番上に温泉卵をのせたら完成です。

うどんは冷凍のものを電子レンジでチンしたものでも大丈夫です。

ツルツルっと食べやすく、納豆と野菜で栄養も満点です。

夏におすすめのさっぱり味の夕ご飯レシピ

夏の夕ご飯には、熱い味噌汁ではなく冷たいスープがおすすめです。

冷たいスープなら、家族も喜び何度もおかわりしてくれるかもしれません。

夏にピッタリな冷整スープのレシピを紹介します。

【冷製コーンカレースープの作り方】

【材料・4人分】

  • とうもろこし 2本
  • 玉ネギ 2分の1個
  • カレー粉 小さじ2分の1
  • コンソメ 小さじ2分の1
  • 塩 小さじ2分の
  • 水 1カップ
  • 牛乳 1と2分の1カップ

【調理手順】

  1. とうもろこしの実を包丁で削り、玉ネギを薄切りにします。
  2. 鍋を中火で熱し、サラダ油をひいて玉ネギを炒めます。
  3. 玉ネギがしんなりとしてきたら、とうもろこしを加えて炒めます。
  4. カレー粉、コンソメ、塩で味を付けて、水を加えて弱火で煮込みます。
  5. 7分ほど煮込んだら牛乳を加えて火を止めます。
  6. 5をミキサーに入れて撹拌し、粗熱をとってから冷蔵庫でしっかり冷やして完成です。

暑い夏には、冷たい汁物が食欲をそそります。

夏はキッチンも暑い!ガスを使わない夕ご飯にしてみませんか

夏のキッチンは暑く、ガスを使うをためらってしまいます。

そんな時は、火を使わなくても切って並べるだけでできる料理を作りましょう。

【サーモンとアボカドのカルパッチョの作り方】

【材料・2人分】

  • アボカド 1個
  • 刺身用サーモン 100グラム
  • 塩 少々
  • 粗引きコショウ 少々
  • オリーブオイル 少々

【調理手順】

  1. アボカドは種を取り、薄くスライスします。
  2. サーモンもアボカドと同じくらい薄くスライスします。
  3. アボカドとサーモンを交互に盛り付けて、塩と粗びきコショウを振り掛けます。
  4. 仕上げにオリーブオイルをかけたら完成です。

手順は、切って盛り付けるだけ!

とっても簡単ですが、見た目も華やかでおもてなし料理にもピッタリです。

夏にキッチンで夕ご飯を調理する時の注意点

家族のために料理を頑張る主婦には夏休みはありません。

例えキッチンが暑かろうと料理を休むわけにはいかないのです。

そんな頑張る主婦のみなさんに気をつけて欲しいのが【かくれ熱中症】です。

エアコンを付けているから大丈夫と思うかもしれませんが、火をつかうキッチンは非常に気温が上がりやすく、熱中症のリスクが常に潜んでいます。

お湯を沸かしたりすれば、あっという間にキッチンの温度は上昇します。

さらにエアコンを使っている場合は、窓を閉め切っている事も多く、換気扇が弱の状態だと風通しが悪く、脱水症状を起こしやすくなってしまいます。

特に気をつけたいのが、お弁当や朝食を作っている朝の時間帯です。

午前中は誰でも脱水傾向にあり、時間に追われて料理をしている朝は気付かぬ内に体が脱水気味になってしまいます。

夏場の調理には熱中症のリスクがあるということを自覚して、きちんした対策が必要です。

  • まず、水分と塩分をしっかりと取りましょう。
    朝早い作業になる場合でも、軽く朝食を食べるようにしましょう。
    作業中は水分補給をこまめに行うようにしてください。
  • また、風通しや換気に気をつけましょう。
    エアコンの効いていないキッチンはもちろん、エアコンをしていても暑くなるのが夏のキッチンです。
    意識して快適な室温を保つようにしましょう。
    窓を開けたり、換気扇を回す事も大切です。
    衣服の胸元を開けるなど、通気性を心がけるようにしましょう。
  • 万が一ダルさやめまいを感じたり、汗が止まらなくなる、足がつるなどの症状が出たら、必ず休憩を取るようにしましょう。