キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

大人数の料理はホットプレートにおまかせ!おすすめを紹介

大人数の料理を作るときに役立つホットプレートですが、レパートリーがなかなか増えないとお悩みではないですか?どんなホットプレート料理が人気なのでしょう。

大人数で楽しく食べることのできる料理、子供から大人まで楽しめる料理を紹介します。

失敗が少なく、料理を保温したままにできる万能ホットプレート料理の可能性…無限大です。

関連のおすすめ記事

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

大人数のご飯におすすめ!家で食べる美味しい料理とレシピ紹介

お家で大人数で食卓を囲むとき、どんなご飯を用意しようか悩むこともあるのではないでしょうか。人数が増え...

夕飯におすすめの美味しいメニュー!夏の暑さを乗り切る食事

気温が高くなる夏は、あまり食欲がなくて食事を食べる気になれないことも多いです。家族のためにせっかく夕...

卵が朝食をおしゃれに変える!おすすめ卵料理を紹介します

卵があれば朝食のボリュームをアップすることはもちろん、おしゃれにだって見せることができます。 ...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

食費をひと月に3万円に抑える献立のアイデアをご紹介

食費を3万円にすると言っても、それが何人分なのかによって意味が大きく異なります。 3人家族だとして...

ナスカレーは冷凍しても美味しい!冷凍ナスを美味しく食べるコツ

ナスを使ったカレーは特に夏にピッタリ。そんなナスカレーは冷凍したナスでも美味しく作ることができるのか...

冷凍ご飯を使えばリゾット風が簡単に作れます!作り方を紹介

冷凍ご飯しかない…そんなときには簡単リゾット風料理がおすすめです。生米から作っていないので、リゾット...

茄子の素揚げの揚げ時間は何分?揚げ時間とカラッと揚げるコツ

茄子料理といえば、茄子の素揚げや麻婆茄子や茄子の天ぷらや炒めものなど色々ありますが、茄子の素揚げが難...

唐揚げの美味しい揚げ方、片栗粉と小麦粉の衣の違いについて

唐揚げはレシピ通りに作ってもベチャッとしてしまったり、肉が硬くなってしまったりと、揚げ方によって食感...

夕ご飯の献立の一週間の決め方ルール!働く主婦の時間節約テク

毎日の夕ご飯は「今日は何を作ろうかなぁ」と悩む方が多いと思います。献立に悩む時間はもちろん、冷蔵庫に...

誕生日は手料理でおもてなし!大好きな嫁に作りたいおすすめ料理

大好きな奥様の誕生日をひかえて、自分で手料理を作ってお祝いをしようと考えている男性もいるのではないで...

【10倍粥の簡単な作り方】ご飯からブレンダーで作るレシピ

離乳食初期に食べさせる10倍粥。ブレンダーを使うと簡単だと言われていても、その作り方まではよくわから...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

夜のアイスを避けるべき理由とどうしても食べたい時の対処法

夜のアイス。ダイエットに励む女性にとって、こんなに魅力的な言葉はそうそうないと思います。たとえ本格的...

大人数にも対応できる料理を作れるのがホットプレート

ホットプレートで作る料理と言えば数多くありますが、大人数でワイワイ楽しんで作りながら食べることができるのが、ホットプレートの一番の魅力でもあります。作る段階からみんなで楽しめて、なおかつ簡単に作れる料理の定番からご紹介していきたいと思います。

大人数で楽しんで作りながら食べることができるおすすめホットプレート料理

一度に大量に焼ける「パリパリ食感の羽つきギョーザ」

包むのに時間がかかるギョーザも、大人数でおしゃべりしながら包めば、あっという間に作り終わります。具材は豚ひき肉にキャベツや白菜といった定番のものから、大人用にはキムチ+チーズ、子供用にはツナ+コーンといったように、お好きな物を包んでOK。火が通った頃合いを見て、小麦粉を水に溶かした液を流し込んで焼き上げると、パリパリ食感が楽しい羽つきギョーザになります。

自分好みにアレンジ「オリジナルお好み焼き」

通常、お好み焼きの具材は焼く前に生地に混ぜてしまうことが多いですが、さまざまな具材にあらかじめ火を通しておくことで、それぞれ好き好きに自分の分をトッピングしながら楽しむことができます。ホットプレートの上である程度大きめに生地を焼いてから、一人分ずつに切り分けたら、あとは自分の好きな具材をのせて召し上がってみてくださいね。

大人数のメイン料理もホットプレートで作れます

せっかく大人数で食事を楽しむのでしたら、普段は自宅でなかなか作らないこんな料理で驚かせてあげましょう。ホットプレートを使えば、難しそうなイメージの料理も簡単に作ることができます。

ホットプレートを使って簡単に作る大人数のメイン料理

市販のスープで簡単「魚介てんこ盛りパエリア」

自宅でパエリアを作ったことのない方にとっては、ホットプレートで上手く作れるのか不安に思うかもしれませんが、実は火加減を一定に保つことが出来るホットプレートは、パエリア作りにも最適な調理器具なのです。我が家では、コンソメやケチャップを使って味付けをしていますが、もちろん市販のパエリアスープを使っても簡単に美味しくできあがります。

迫力にびっくり!「色鮮やかビビンバ」

お好きな野菜でナムルを作り、あとは焼いたお肉と一緒にご飯に彩りよく載せて焼くだけで、大人数で楽しめるビビンバができます。ホットプレートにご飯を広げる前に、ゴマ油を敷いておくことで、焼けた時により香ばしさが広がります。

ホットプレートならこの料理もお手の物!大人数で召し上がれ

私の学生時代の友人のお宅では、バーベキューの時に必ず鮭のちゃんちゃん焼が登場していました。味噌風味のタレが香ばしく焼けたニオイが食欲をそそり、夏場の楽しみのうちのひとつとなっていたものです。大人になった今では、大人数で食事を楽しむ際のおもてなし料理として、ホットプレートで作る機会も度々あります。

残り野菜の消費にもなる「鮭の豪快ちゃんちゃん焼」をホットプレートで

この料理には、鮭の切り身以外にとくに決まった材料はありませんので、冷蔵庫に少しだけ余してしまった半端な野菜や、お好きなきのこ類などをどんどん入れてOKです。刻んだ野菜と鮭をホットプレートに並べ、上から味噌ベースの調味料をかけたら、あとはフタをして焼くだけなので、短い調理時間で大人数分の料理をパパっと作れるのも嬉しいところですね。

ホットプレートだと、焦げ付くことなく料理を適温に保つことができますので、時間が経っても魚や肉も硬くならずに、最後まで美味しいままで食べることが可能です。

見た目も映える!ホットプレート料理を紹介

小さな子供が多い場合は、料理に見た目の楽しさも取り入れたいところですよね。子供たちが大好きなこんな料理だって、ホットプレートがあれば、いつもと違ったワクワク感を味わわせてあげることができますよ。

子供も楽しいホットプレート料理

あれ?なんだか変?「卵で包まないオムライス」

ホットプレートで刻んだ具材とご飯を炒めてケチャップライスを作ったら、ご飯を中央に寄せてまあるく形づくります。空いたスペースをキッチンペーパーで拭き取ってから、油を敷いて卵を流し込むだけで、包まないオムライスの完成です。卵の部分には子供たちにケチャップで絵を描いてもらったり、ご飯にかわいいピックを挿すことで、見た目もより楽しめます。

お正月料理に飽きたら「お餅DEピザ」

お雑煮や焼き餅にしても余してしまったお餅は、ピザ生地の代わりにしてしまいましょう。ピザのモッチリ&カリカリ感を出すために、包丁で半分の薄さに切って使います。切ったお餅をホットプレートに並べて片面を焼き、ひっくり返したところで好きな具材を載せ、あとはフタをして焼くだけで、大人数でもおやつ感覚で楽しみながら食べられます。
チーズをたっぷりかければ、お餅が洋風料理に大変身!

ホットプレートはおしゃれ系料理もお手の物

おしゃれなイメージのこんな料理も、ホットプレートを使えば後片付けもラクラク。

自由な発想で楽しむ「チーズフォンデュ」

ゆでた野菜やウインナーなど、なんでも溶かしチーズを付けて楽しみながら大人数で食べることで、食の細い子でもいつもよりたくさん食べられます。チーズフォンデュ用のチーズを用意しなくても、カマンベールチーズを使えば中身が程よく溶け出して、ホットプレートも汚れずに済みます。

チーズの周りで冷めた具材を温めながら食べることができるのも、ホットプレートならではの食べ方ですよね。

いつもはフライパンで作る料理も、ホットプレートさえあればパーティーのおもてなし料理に大変身します。ホットプレートは一度にたくさん料理を作れるだけでなく、そのまま食べれば後片付けもラクに済みますので、どんどん活用してみてくださいね。