キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

大根の味噌汁が苦い時の対処法!大根の苦味を取る方法

大根のおでんや味噌汁が好きな方は多いと思います。好きな方にとっては、あまり苦味を感じない大根ですが、大根が苦手な方は味噌汁も苦いと感じることでしょう。

ここでは大根の苦味のとり方、苦味の少ない大根の部位についてもご紹介をいたします。
味噌汁には使わない、大根の皮を美味しく食べる方法についても紹介をいたしますので、お試しになってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

夜ご飯のメニューが決まらない時に参考になるようなものは

夜ご飯のメニューを考える時に、上手く決まらないことはよくあることです。 「なんでも良いけど、アレは...

豚肉で簡単美味しいお弁当おかず!脂が白く固まらない工夫を解説

お弁当を作るとき、メインの料理に豚肉を使うこともあるのではないでしょうか。豚肉はお手頃価格で簡単に調...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

鶏モモとトマト缶を使ってできる、簡単料理をご紹介

毎日ご飯を作っていると、晩ご飯を作る時間になっても、やる気が出なかったり、調理時間をあまりかけら...

唐揚げを塩麹で下味冷凍!下味冷凍のポイントやレシピをご紹介

塩麹は酵素によって食材本来の旨味を引き出すとことから、注目をされている調味料です。鶏肉の唐揚げに使用...

大根の間引き菜の美味しい食べ方!捨てずに食べたい簡単レシピ

大根を育てる上で欠かせない作業が間引きです。間引きした後に出る間引き菜は、捨ててしまっているという方...

夜のアイスを避けるべき理由とどうしても食べたい時の対処法

夜のアイス。ダイエットに励む女性にとって、こんなに魅力的な言葉はそうそうないと思います。たとえ本格的...

冷凍たこ焼きは揚げるのがおすすめ!コツやアレンジレシピを紹介

冷凍のたこ焼きは電子レンジで温めるよりも揚げる方がカラっと美味しく食べられるのを知っていますか? ...

誕生日のブーケは、お菓子で作ると喜ばれること間違いなしです

誕生日に送るブーケは、その人の誕生花や、その人の好きなお花をメインにして作られますが、お花ではなく、...

冷凍マンゴーを使った簡単美味しいスイーツレシピ

冷凍のマンゴーは、マンゴーを食べたいという時に手軽に食べられて、スイーツの材料にも便利です。冷凍の食...

冷凍餃子のアレンジレシピをご紹介、いつもの冷凍餃子を美味しく

冷凍餃子は焼くだけじゃもったいない!冷凍餃子はアレンジ自在、アイデア次第で色々な料理に変身します。 ...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。 いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

豚ひき肉とキャベツで丼メニュー完成!アレンジして食べよう

豚ひき肉とキャベツは相性バツグンですが、丼にするとなるとどんな味付けにすればいいのか迷ってしまうかも...

豚ひき肉を使った離乳食完了期にぴったりな取り分けレシピ

離乳食完了期になると、卒業まであと一歩!食べられるものも増えてきて、段々と手間も省けてきます。 ...

ナスの作り置きおかずはお弁当にも。男性も喜ぶナスレシピ

私はナスが大好きです。ナスの揚げ浸しなどの作り置きおかずをよく作りますが、お弁当に最適なナスの作り置...

スポンサーリンク

大根の味噌汁が苦いと感じる場合は下ゆでを

場所も考えて、大根の下の部分を調理しました。でも、それでも、まだ大根を使った味噌汁としては、まだ大根の味が辛すぎる。大根の場所の次に大根の味の甘さを調節できるとしたら、それは、大根を切った後の、ゆで時間になります。

下茹でをすることで、その大根についている苦味を調節して下さい。もう少しマイルドになると思います。

また、作っている最中にアクを取ることで、大根の甘みがもっと引き出されます。ですので、まずは、下茹でをして、それからアクを取って下さい。

それをすることで、あなたの大根のお味噌汁がもっと甘くなり、あなたが感じている大根のお味噌汁の問題を解決することができます。

また、大根の下だけではなく、上の部分も甘みが出ます。両方試して、どちらの方があなたの舌に合うのか、試して下さい。どちらが好きなのかは個人差があるとは思いますが、好きな方を選んで、楽しんで大根のお味噌汁を美味しく頂いて下さい。部分によって、大根の味が違うなんて、面白いですね。

大根が苦いのは時期によるもの?大根の旬の時期

どうやったら、大根の味が苦くなるのか。調理をしている最中に疑問に思ってみませんか?

正直言って、大根の時期によって、大根の苦さ、甘さは違います。ですので、時期によって、大根の辛さが違うという点も理解した方がいいと思います。

例えば、大根の旬の時期は、12~2月です。それ以外の時期に収穫したものは、辛いです。それを調理したとしても、あまり甘くならないかもしれません。

ですので、どうしても苦いと感じる時は、旬の時期ではないので、大根事態、あまり甘くならい事も覚えておいて下さい。

元々、旬ではないので、いくら調理しても、甘くならない。少し諦めるくらいの気持ちで食べてもいいと思います。

なんでも、旬の時期に食べた方がその旬の時期の味を味わえます。それ以外の時期に収穫したものは、あまり甘くはならない、苦いと思った方がいいと思います。元々苦いから、お味噌汁にしても、やっぱり苦いくらいの感覚でいた方がいいと思います。

大根の皮のむき方でも苦味に違いが

大根の皮のむき方でも、大根の味は変わります。ですので、調理をする際は、皮のむき方に注意して、調理を始めて下さい。

大根の苦さの原因は、ポリフェノール

大根の皮には、ポリフェノールというものが含まれています。それが原因で、苦さがお味噌汁に移らなくなります。

ですので、調理をする時は、皮の部分を少し切ってからにして下さい。そうすることで、ポリフェノールが大根から消えて、それで、大根の味が少しは甘くなると思います。

そのまま食べるというよりは、皮を取ってから茹でて食べた方が甘みが出ます。ですので、その点に、注意して大根のお味噌汁を食べて下さい。

ただ、大根が旬なのは、上記でも説明している通り、冬から春です。それ以外の時期は、やっぱり甘みは出ないと思います。その時期の大根にあまり甘さを求めるのは、元々、無理なのかもしれません。旬と、皮を取ること、両方の点に注意して、調理して下さい。

辛い時期に何をやっても無理というわけではありませんが、ある程度は我慢して下さい。

味噌汁に使わなかった皮の調理方法

大根に使う味噌汁ですが、切った部分、皮の部分も残さずに調理できる方法はあります。その部分を捨てずに、調理をして下さい。

例えば、ポン酢漬けという考えはいかがですか?あなたがポン酢漬けが好きかどうかはわかりませんが、そんな感じで料理は終了します。

あなたが好きであれば、この部分を料理して下さい。美味しいものを食べ続けたいのなら、その部分を料理して下さい。

作ってしまえば、このポン酢漬けは1週間くらい持ちます。一旦作って、冷蔵庫に入れてしまえば、持ちます。味ももしかしたら、もっと美味しくなるかもしれません。

大根は時期によって、味が異なります。ですので、旬の時期の大根には、あまり甘さを期待しないで下さい。

湯で時間を長くしたり、皮を切ることで、味はマイルドになりかもしれません。でも、大丈夫です。皮や調理方法を変えて、それで対応して下さい。旬でないとどちらにしろ、大根は苦いままになります。