キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

即席で味噌汁が出来る、味噌汁の素を手作りしよう

即席の味噌汁の素と言えば、スーパーなどで売られているインスタント味噌汁を思い出す人が多いと思います。
そんな便利で美味しい、味噌汁の素を手作り出来るのはご存知でしたでしょうか?
ここでは、作り置きしておくと、大変役立つ即席味噌汁の素と、それ以外にも味噌汁ではなく、即席でスープが作れるスープの素についてご紹介しますので、是非お読みください。

関連のおすすめ記事

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

食費を節約しながら食べごたえもあるボリュームおかずレシピ

今よりも食費を少しでも節約したいと思う方は多いと思います。 そこで、美味しくてボリュームのある節約...

【美味しいクッキーの作り方】プレゼントしても喜ばれるレシピ

クッキーはお菓子作りの定番、また失敗が少ない手作りお菓子の一つです。そのためレシピも沢山あり、初めて...

誕生日に手料理で作るコース料理レシピ。彼氏に作りたいレシピ

彼氏の誕生日に、自宅でコース料理風に手料理を作って、誕生日をお祝いしたいという方もいると思います。自...

豚ひき肉とキャベツで丼メニュー完成!アレンジして食べよう

豚ひき肉とキャベツは相性バツグンですが、丼にするとなるとどんな味付けにすればいいのか迷ってしまうかも...

挽き肉レシピ人気献立集!子供が喜ぶ美味しいおかずの作り方

子供に美味しい料理を食べてもらいたいと思い、毎日の献立を考えているママの中には、どんな料理を作ってあ...

大根の消費【大量】簡単おすすめレシピと正しい保存方法を紹介

大根の消費で困っているあなた。できれば大量に消費できて簡単に作れるものがいいですね。 そこで、...

冷凍シュウマイの蒸し方とポイント、アレンジレシピをご紹介

冷凍シュウマイは蒸し方がポイント。失敗してしまうと皮がベチャベチャ、具もパサパサのシュウマイになって...

No Image

夜ご飯のメニューが決まらない時に参考になるようなものは

夜ご飯のメニューを考える時に、上手く決まらないことはよくあることです。 「なんでも良いけど、アレは...

豚バラの肉巻きで野菜も美味しい!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラで野菜を肉巻きするとボリュームのあるおかずになります。 そんな豚バラの肉巻き野菜はお弁当のお...

味噌とチーズの相性は◯!おすすめな味噌チーズレシピを紹介

味噌とチーズはとても相性が合うのを知っていますか。どちらも味が強いのでケンカをしてしまいそうですが、...

食費を今よりも減らせる節約術と週イチで作りたい節約レシピ

今よりも、もっと食費を節約したい…、これは主婦の永遠の悩みかもしれません。安いお店で食材を購入するこ...

美味しい食べ物が溢れている日本、その絶品グルメをご紹介

日本には美味しい食べ物がたくさんあると言われていますが、日本各地に焦点を当てた時、どんな食べ物が...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。 いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

豚肉で簡単美味しいお弁当おかず!脂が白く固まらない工夫を解説

お弁当を作るとき、メインの料理に豚肉を使うこともあるのではないでしょうか。豚肉はお手頃価格で簡単に調...

即席で味噌汁の素が作れる、手作りの「味噌玉」とは

味噌汁を作ろうと思ったら中に入れる具材が思いつかない、食材が無い、冷蔵庫内の食材では合わないなどすぐに作れる状況ではないことがありませんか?

私は少しでも当てはまるとあきらめてしまうことがあります。そんな時に便利な味噌玉。味噌玉とはどんなものなのでしょうか?

お湯を注ぐだけで味噌汁になる

普段作っている味噌汁は昆布や煮干などで出汁をとってから具材を用意してなどの行程がありますが、味噌玉にはすべてが入っているためお湯を注ぐだけで必要な分量の味噌汁を作ることが出来ます。

自分で作ることが出来る

市販されているものではなく自分で自分の好きな具材を入れて作ることが出来ます。また冷蔵も冷凍も保存が可能なので、味噌玉に合う冷蔵庫の残り食材を無駄にせず作ることが出来ます。市販品では出せない子供が好きな具材を混ぜ込むことが出来ます。

手作り味噌汁が即席で出来る、味噌玉の基本のレシピ

用意する物(12個分)

  • 味噌 200グラム
    赤でも白でも普段使っているものでOK!買い足す時は出汁が入っていない味噌を購入しましょう。
  • 顆粒だし 20グラム
  • 小ねぎ 30グラム
  • 油揚げ 1枚
  • 乾燥わかめ 2グラム
  • ラップ
  • ジッパーつきの袋
  • アルミ製のバッ
  1. 小ねぎを小口切りにして油揚げも5ミリくらいの千切りにしましょう。
  2. 大き目のボウルを用意し(空の状態でボウルの重さを量りましょう。)その中に味噌、顆粒だし、小ねぎ、油揚げ、乾燥わかめ(乾燥のまま)を入れて、ゴムベラを使って具材が均等になるように混ぜます。
  3. 全部混ぜ終わったら中の具材だけの重さを割り出して12個になるように1個分の重さを出してラップに包んでいきます。ラップの先をねじりテープで止めると安心です。
  4. 出来上がったらアルミのバットに並べて、冷凍庫に入れて保存したら味噌玉の出来上がりです。
火を通さなければいけない食材や時間が経つと食感が変わってしまうような冷凍したものなどを混ぜ込むことはおすすめしません。

味噌汁が即席出来ちゃう味噌玉をこんな具を入れて手作りしよう

刻み生姜

生のしょうがを細く刻んで味噌玉の中に入れましょう。火が通らなくても薬味として少量入れるだけで体が温まる味噌汁の出来あがりです。

薬味で使うくらい細く切るとあまり気になりません。入れる量は少量にしましょう。

麩を乾燥したまま入れましょう。大き目の麩や色々な色がついている丸い麩を入れて冷凍しても味は変わりません。お湯を注ぎ混ぜた時に浮かびあがってくる麩をたのしみましょう。

山菜

私が試してみたいお味噌汁の具材のひとつですが、繊維が多い山菜は味噌玉にした後冷凍庫に入れることは好ましく無いのですが、一度茹でた山菜を小さめに刻んでお味噌汁に入れてみましょう。

水分が多いと味噌玉がまとまりづらいのでざるにあけてしっかりと水分を絞ってから味噌玉にしてみましょう。

味噌玉をさらにアレンジした、スープ玉とは

味噌汁ばかりではなく洋食やパン食にもあう味噌汁以外でも即席のスープ玉も手作りすることが出来ます。

じゃがいものクリーミースープ

用意する物(8個分)

  • 男爵芋 大2個
  • 顆粒コンソメ 6グラム
  • コーン缶
  1. 男爵芋の皮を剥いて1センチ四方ほどの角切りにします。スチームケースや耐熱皿に重ならないように平らに敷いて600ワットのレンジで7分加熱します。出来上がったらざるに平らにしてあけ水を切りましょう。
  2. 1で使った入れ物の水分をキッチンペーパーを使って取り除き再度その中に水を切った男爵芋を戻し、マッシャーを使って粗く潰します。温かいうちに顆粒コンソメを入れてさらにマッシャーを使って味をなじませます。
  3. コーン缶をざるにあけて水を切ります。そこからさらにキッチンペーパーを使って軽く絞ってから入れると丸めやすくなります。
  4. 2の粗熱が取れたらラップを8個分敷き2を8等分にしてラップの上におきます。丸める時に3のコーンを適量いれてラップに包みながら丸めましょう。閉じ口をねじりますが開いてくることがあるためテープなどで留めると安心して冷凍できます。
食べる時は厚みがあり深さがあるレンジ対応の容器にスープ玉1つと牛乳または豆乳を入れて600ワットで1分半加熱し一度出して満遍なく混ぜたら再度30秒ほど同じワット数で加熱しましょう。

即席スープのレパートリーをもっと広げよう

小さな子供が居ても即席のスープ玉だったら1人分から用意できるので子供が苦手な味も作ってみましょう。

ピリッと辛いスープ

●用意する物(1個分)

  • 乾燥春雨 7グラム
  • 小ねぎ 3グラム
  • 豆板醤 3グラム
  • 顆粒の鶏がらスープのもと 3グラム
  • 白いりゴマ 適量
  1. 乾燥春雨を袋の中に入れて3センチくらいの長さにキッチンバサミを使って切ります。あまり長いとラップに包んで保存する時に破れてしまうので長さの調整は参考程度で!
  2. 小ねぎを小口切りにします。大き目に切ると存在感が出てまた違った食感になります。
  3. ラップを深めの小皿に敷いて顆粒の鶏がらスープのもと、豆板醤、白いりゴマ、カットした乾燥春雨、小ねぎを入れて閉じ口をねじります。口が解けてこないようにテープや輪ゴムを使ってしっかり閉じたら出来上がり。
食べる時は耐熱性のある容器にスープ玉を入れて、水を1カップを入れてから600ワットのレンジで1分かけ一度取り出して全体を混ぜたら再度同じワット数で2分かけましょう。食べる直前にごま油を少々加えるとごま油の風味を保ったまま召し上がることが出来ます。