昼ごはんのメニューを簡単に作りたい時におすすめなものは

昼ごはんは、晩ごはんと比べて、軽いメニューにする人が多いです。
そのため、出来るだけ簡単でさっと作れるものが重宝されます。
ここでは、そんな昼ごはんにぴったりなメニューのいくつかをご紹介します。
「お腹は空いてるけど、何を食べたら良いのか迷っている」という時や、「簡単でも手作りの料理が食べたい」といった時などに、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

卵と食パンが食べられるのは離乳食のどの時期?レシピもご紹介

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが食べられる離乳食のレシピについて頭を悩ませている人も...

ダッチオーブンで作る燻製、チーズ燻製の作り方とコツをご紹介

キャンプでダッチオーブンを使ってチーズの燻製を作ってみませんか?我が家は毎年家族キャンプに行って...

大人数のご飯におすすめ!家で食べる美味しい料理とレシピ紹介

お家で大人数で食卓を囲むとき、どんなご飯を用意しようか悩むこともあるのではないでしょうか。人数が増え...

ジャガイモの細切りでカリカリ食感!簡単便利なおすすめレシピ

ジャガイモを細切りにして焼くとカリカリとした食感を楽しむことができます。ジャガイモの細切りはいろ...

鍋に入れる順番は?肉と魚を一緒に鍋で食べる時の作り方

鍋に肉と魚を入れるときにはどのような順番で入れればいいのでしょうか。肉が先?それとも魚が先?肉や魚の...

自宅焼肉におすすめの美味しい食べ方!家でもお店気分を味わえる

家族全員焼肉が大好きというご家庭は多いと思いますが、焼肉屋さんに行くとかなりの出費になるものです。家...

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食...

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

餃子の皮の余りでスープを作る!簡単おすすめアレンジを紹介

餃子の皮の余りでスープを作ろうとすると中華スープが多いかもしれません。しかし、加える食材や味付け...

余った味噌汁を美味しいうどんにリメイク!おすすめレシピを紹介

味噌汁が少しだけ余っていることありますよね。捨てるにはもったいない、そんな時うどんを使って主食に変身...

食費を1ヶ月で1万円にするためにすべきこととは

日々の生活費を見直そうと思った時に、真っ先に見直される部分の多くは食費です。なぜなら食費は、贅沢...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

餃子の皮でスイーツが簡単に作れる!おすすめレシピや保存方法

餃子の皮が余ったときは、手作りスイーツを簡単に作ってみましょう。餃子の皮を焼いたり揚げたりするだ...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

昼ごはんのメニューにぴったりな簡単パスタをご紹介

昼ごはんを簡単に済ませたいときは、食材も少なめで手間がかからないことがポイント

ついでに鍋や食器など洗い物も少なくしたいですよね。まずは簡単にできるパスタをご紹介します。

パスタとツナ缶、玉ねぎ、にんにくを用意してください。
  1. お子さんがいるご家庭ならバターの風味をきかせて作ってみましょう。
  2. パスタは袋の表示通りに茹でてください。鍋にたっぷりの湯をわかし、塩を加えてからパスタをパラパラっと鍋の中に入れます。
  3. にんにくはみじん切り、玉ねぎは薄切りにしてください。フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけます。
  4. バターは後から加えますが、ここでもバターを使ってもいいですよ。
  5. にんにくと玉ねぎを入れて炒め、玉ねぎが透き通ったらツナも加えてサッと炒めます。
  6. 茹で上がったパスタとバターを加えてください。
  7. バターが溶けてパスタとなじんだら、醤油、塩、こしょうで味を整えて完成です。

簡単に昼ごはんを作るなら、うどんのメニューもおすすめ

麺類は昼ごはんにもピッタリですよね。簡単に作れて食べごたえもあります。お子さんにも人気のうどんを使った昼ごはんもおすすめです。

大根おろしを使ったあんかけうどんが簡単

鍋にうどん用のつゆを温めてください。市販のめんつゆを使っても良いですし、粉末ダシに醤油とみりんを入れて作っても良いです。粉末ダシで4人分を作るのなら、水を1200ml鍋に入れて火にかけます。煮立ったら粉末ダシを小さじ2杯、みりんを大さじ4、醤油大さじ1杯半加えて混ぜてください。
  1. うどんのつゆの中に大根おろしをお玉3~4杯分たっぷり加えます。
  2. 大根おろしの量はお好みで調整してください。
  3. ここで味を確かめてみて、味が薄いようなら塩を加えてください。
  4. 水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつけます。
  5. 茹でたうどんを器に盛り、その上からつゆをかけていただきます。
  6. 上におろし生姜を乗せても美味しいですよ。
私がよく作る簡単うどんメニューもご紹介しますね。うどんを茹でたら器に入れます。その上に粉末のダシをかけ、生卵を入れてください。刻んだネギも入れたら完成です。粉末ダシの塩分でこれだけでも美味しくいただけますが、塩気が足りないようなら醤油をかけてみてくださいね。

昼ごはんにおすすめな簡単パンメニューをご紹介

昼ごはんをパンにしたいのなら、サンドイッチやピザトーストなど、簡単にできるものがたくさんあります。
サンドイッチは中の具を用意する必要がありますが、手のこんだものでなくても新鮮な野菜を切ってはさむだけで美味しいサンドイッチが出来がりますよ。
ツナ缶を乗せて上にマヨネーズをかけても美味しいですし、ゆで卵とマヨネーズで卵サンドができあがります。
私がよく作るのが簡単クロックムッシュです。食パンの間にチーズをはさんでフライパンで焼くだけです。チーズだけでもチーズの塩気で十分美味しいですが、バジルソースを食パンに塗るとまた格別です。

スライスしたトマト、ゆで卵やベーコン、玉ねぎといった具材をチーズと一緒にはさんでボリュームアップすることもできます。
少し多めの油で焼くとカリッとできあがります。ポイントは焼く時に食パンの上に重しを乗せることです。食パンの上にお皿を伏せて乗せ、その上に水を入れたやかんを乗せると重しになりますよ。平たく焼くと食べやすく、カリッと出来上がります。

昼ごはんのメニューが簡単に出来る、チャーハンについてご紹介

チャーハンも昼ごはんにぴったりですよね。いつものチャーハンとは違う食材を使ったり、味付けを変えるだけで新しい味のチャーハンになり新鮮です。
チャーハンは冷凍ご飯があれはできますし、冷蔵庫の余った食材の整理にも役立ちます。

ほうれん草を使った緑色のチャーハンはいかがでしょうか。玉ねぎやハム、卵といった具材はそのままに、ほうれん草も加えて作るだけです。炒めている間にほうれん草が細かくご飯に絡み、緑色で見た目が鮮やかなチャーハンができあがります。

チャーハンを作るときは冷蔵庫にある材料を混ぜて作ってください

例えば肉味噌があるのなら、味付けのときに肉味噌を加えて炒めるだけで味噌味のきいたコクのあるチャーハンが出来上がります。

とろろこんぶや塩こんぶを使って作るチャーハンは磯の香りも感じられ、さっぱりとした和風味のチャーハンになります。

チャーハンの味付けには塩こしょうや醤油、又はケチャップをつかてチキンライス風にしたりカレー粉でカレーチャーハンがメジャーですよね。他にも焼き肉のタレを絡めてみたり、ソース味のチャーハンもいつもとは違った味で楽しめます。

オイスターソースとマヨネーズ味もおすすめですし、コチュジャンを使うとビビンバ風のチャーハンが出来上がります。

昼ごはんをしっかり食べたい時の、簡単丼メニュー

簡単に作ることができる丼もおすすめのメニューです。使う器も丼ひとつなので、洗い物も面倒になりません。

豚ひき肉を使った簡単そぼろとろろ丼

  1. 長芋をすりおろしてください。
  2. 耐熱容器に豚ひき肉とすりおろした長芋を入れてよくかき混ぜます。
  3. ラップをゆるめにかけてから、電子レンジで5分ほど加熱してください。
  4. 豚ひき肉が加熱されていたら電子レンジから取り出し、刻んだネギとごま油を少々加えて混ぜます。
  5. ご飯の上にかけていただきます。
ヘルシーに納豆丼もおすすめです。納豆は先によくかき混ぜておきます。丼に盛ったご飯の上に納豆をのせ、小さく切ったアボカドを納豆の上から乗せてください。マヨネーズをかけ、卵の黄身を乗せます。刻んだネギを乗せて出来上がりです。わさび醤油をかけていただきます。
納豆とアボカドにキムチを加えても美味しいですよ。マヨネーズと刻みネギともよく合います。