自宅で作る焼き鳥をもっと美味しくする焼き方のコツ

焼き鳥は、大人だけでなく子供も大好きなメニューです。焼き鳥と言うと、外で食べるものとか、お店で焼いたものをお持ち帰りして食べるということが多いと思いますが、自宅で焼きたいという場合には、どのようにすると美味しくできるのでしょうか?
そこで、焼き鳥を自宅で焼く時の、焼き方のコツについてご紹介します。
美味しい焼き鳥は、表面がパリッとしていて、中はジューシー。家庭でもお店の味に近付けるようにコツを覚えておきましょう。

関連のおすすめ記事

宅配と出前ってどんな違いがあるの?その他食べ物にまつわる言葉

宅配や出前は、家にいながら美味しい食べ物が食べられる、便利なシステムです。普段何気なく使って...

野菜が美味しく食べられるメニューは?子供の野菜嫌い克服方法

お子さんの野菜嫌いに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。子供には色々な物を食べてもらいた...

冷凍ポテトのアレンジ料理!すぐに真似したくなるレシピをご紹介

冷凍のポテトは油で揚げてフライドポテトにするのが定番。子供も大人も大好きなフライドポテトですが、大袋...

冷凍した豆腐は食感がお肉?冷凍豆腐の唐揚げレシピをご紹介

豆腐は冷凍が可能なことをご存知ですか?豆腐の食感をそのままに冷凍することはできませんが、冷凍した豆腐...

茄子の素揚げの揚げ時間は何分?揚げ時間とカラッと揚げるコツ

茄子料理といえば、茄子の素揚げや麻婆茄子や茄子の天ぷらや炒めものなど色々ありますが、茄子の素揚げが難...

餃子の皮でスイーツが簡単に作れる!おすすめレシピや保存方法

餃子の皮が余ったときは、手作りスイーツを簡単に作ってみましょう。餃子の皮を焼いたり揚げたりするだ...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

ナス料理で子供が喜ぶ!嫌いが大好きに変わる人気レシピを紹介

ナスが苦手という子供は多いですが、そんな子供でもナスが美味しく食べられる料理があります。子供のナス嫌...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

鍋に入れる順番は?肉と魚を一緒に鍋で食べる時の作り方

鍋に肉と魚を入れるときにはどのような順番で入れればいいのでしょうか。肉が先?それとも魚が先?肉や魚の...

海外のケーキのデコレーションがスゴい!そのアイデアをご紹介

日本と違い、何でもスケールが大きい海外。その中でもケーキのデコレーションがスゴいと話題になっているよ...

重曹の効果を知って料理に活用しよう!重曹の便利な活用方法

お掃除やお洗濯に活用すると便利に使える重曹。重曹にはグレードがあり、グレードごとに使い分ければ、便利...

豚ひき肉とキャベツで丼メニュー完成!アレンジして食べよう

豚ひき肉とキャベツは相性バツグンですが、丼にするとなるとどんな味付けにすればいいのか迷ってしまうかも...

ジンギスカンに使うのは、ラム肉?マトン?その違いとは

ジンギスカンは、北海道の名物料理として人気のメニューですが、それに使われる肉は主にラム肉とマトン...

なすと豚肉を使った料理が知りたいあなたに贈る簡単レシピ

なすは夏から秋にかけてが旬の美味しい夏野菜のひとつです。シンプルに焼きナスにしても美味しいですが...

自宅での焼き鳥の焼き方、グリルを使う時のコツ

両親が地方の親戚宅へ行くたびに買ってきてくれる焼き鳥があります。一つ一つのお肉が大きくて形はまちまちですがぷりっとしてとっても美味しいのです。そのお店は移動式でお持ち帰り用の販売しか行っていないのですがとっても人気があるそうで、早い時間に行かないと行列ができてしまうそうです。いつもお土産にもらって食べていたのですが、ある時そちら方面で出向いたので「そういえば」と思いつき、母にお店の名前を電話で聞き購入しに行きました。購入してすぐに食べてみると…全然あの焼き鳥と違います。チェーン店なので決まった店舗でなければいけないのかと他の店舗へも行ってみましたがやはり先ほどと同じです。胸肉を茹でてから焼いた用でぱさぱさして脂身が苦手な私でもぱさぱさして美味しくないと感じるほどです。もう一度母に電話をして聞いてみるとお互いの勘違いで母は違うお店を教えてくれていたのです。それにしても一言で「焼き鳥」と言ってもこんなにも違うものかと改めていつもの焼き鳥の美味しさを実感しました。
そうしてやっと両親がいつも買ってきてくれる焼き鳥屋さんへ辿り着きましたが…聞いてはいましたがもの凄い行列です。焼き鳥なので焼くのに時間がかかります。そうして一人が10本などと何本買うかはわかりません。それで行列となると最後の人が購入できるのは何時間後なのかと気が遠くなってしまいました。結局購入は諦めました。その一件以降、父母が買ってきてくれる焼き鳥への有り難味が数倍にもなりました。
それにしてもあんなに美味しい焼き鳥を作る事ができたら凄く売れて繁盛するお店になるのだと大変感心しました。自分の街で焼き鳥屋を開きたいものだと考えてしまいますがそこまでの技量はないので、自宅で美味しく食べられる焼き鳥の焼き方を考えてみる事にしました。

自宅で焼き鳥といえば昔から焼く道具はグリルです。

グリルはそれによってかなり癖があります。我が家で現在使っているグリルはかなり場所によって温度差があるので、よく焼けるスポットと焼けないスポットの焼き鳥を置き換えます。また、焼き鳥は軸の持ち手が焦げて焼け落ちてしまわないように、持ち手部分を端にして焼きます。
そうして焼き鳥をグリルに入れる前に火をつけて庫内を温めて置くとふっくらと焼きあげることができます。

フライパンにアルミホイルを使えば自宅でも美味しくできる焼き方

グリルで焼くと持ち手が焦げてしまったり入る本数が限られるので大きなフライパンで焼きたいという場合には、アルミホイルをしわしわにして敷くととても良い事があります。
まずは味が美味しくなります。これは焼き鳥を焼くという事柄に置いて最も重要視するべきポイントでしょう。同じ焼き鳥で焼き方が味に差が出るのならば、美味しく焼きたいものです。

アルミホイルを敷かないで焼くとでこぼこの焼き鳥は平らなフライパンの鍋底に部分的に接触するのではっきりいって焼けづらいです。しかしアルミホイルをしわしわにして敷く事により焼き鳥と接触する部分が増えるので熱が伝わりやすくなります。

アルミホイルは熱伝導率が大変良いのです。また、焼いて出てきた脂はしわしわのアルミホイルの最下部にたまるので焼き鳥には付きづらくなります。これらの事から油っぽくなくふっくらと焼き上げる事ができるのです。

アルミホイルを使えば片付けもラクラク

自宅て焼き鳥を焼くときにアルミホイルを使用すると良いもう一つのポイントは後片付けが簡単になることです。

おちた油はアルミホイルに付き、せいぜいフライパンに跳ねた油、使用した蓋に跳ねた油を洗うだけで良いのです。

家に居ると仕事は山のようにあります。よく旦那さんが料理をした後は台所が凄い事になると聞きます。我が家もその通りで、使った鍋やボール、包丁などの調理道具が使いっぱなしで放置された状態です。そんな時に私はよく言います。「作るだけがご飯支度じゃありません。後片付けまでしてご飯作りが完了したと言えるのよ」と。
そうです、焼き鳥を焼いた後の後片付けまでが簡単になるアルミホイルは簡便なご飯支度の強力な助っ人になってくれるのです。
焼き鳥が美味しくなり後片付けも楽になるアルミホイルを是非とも活用してみて下さい。

一度にたくさんの焼き鳥ができる焼き方はホットプレート

家族が多かったりお客様が来るので沢山焼きたい場合には大量の焼き鳥を焼く必要があります。一気に沢山焼ける方法はないかと考えてみると良いものを思いつきました。ホットプレートです。先日外でバーベキューをしようとお友達家族と計画していたのですが雨が降ってしまいました。その時に室内でホットプレートでバーベキューに変更したのですが、焼き鳥も一気に沢山焼けて大満足でした。

自宅でも本格的な焼き鳥を食べたいなら家庭用焼き鳥器

まだまだ焼き鳥にこだわりたい方には良い商品が販売されています。焼き鳥専用の焼く器械です。ガスを利用する器械や電気を使用する器械があります。ガスの器械を購入するとキャンプなどのアウトドアでも使用できるので「コンロを買って炭を用意してバーベキューまでするのは大変。しかしお肉を焼いて食べたい。子供が焼き鳥が大好きで」という場合にはもってこいです。自宅では勿論アウトドアでも活躍してくれるので、焼き鳥好きならば購入する価値がありそうですね。