キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚肉を柔らかくする方法!短時間でも簡単にできるコツを紹介

豚肉を柔らかくする方法について知りたいあなた。短時間で豚肉を柔らかく仕上げるためには、ほんの少しの工夫だけで簡単にできます。

そこで、短時間でも簡単にできる豚肉を柔らかくする方法についてお伝えしていきましょう。

豚肉を柔らかく仕上げるには、焼くときや煮る場合でもやり方にポイントがあります。
ぜひ参考に柔らかくてジューシーな美味しいお肉を食べてください。

関連のおすすめ記事

やかんの内側に付いたカルキ汚れをクエン酸で落とす方法

やかんを使っているうちに、底の部分に白っぽい汚れが付いてくることがあります。食器用洗剤とスポンジでこ...

卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分...

昼ご飯のメニューを簡単にするコツとランチにおすすめのレシピ

一人分の昼ご飯を作るのはなんだか面倒なものです。なるべく手間をかけずにお昼ごはんを作りたいと思う人も...

茄子の素揚げの揚げ時間は何分?揚げ時間とカラッと揚げるコツ

茄子料理といえば、茄子の素揚げや麻婆茄子や茄子の天ぷらや炒めものなど色々ありますが、茄子の素揚げが難...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

ナスの正しい焼き方。フライパンで作る美味しいナス料理の秘訣

ナスをフライパンで焼くときは、油をひいて調理をしますが、ナスが油をどんどん吸収してしまい、油が少なか...

大根の消費【大量】簡単おすすめレシピと正しい保存方法を紹介

大根の消費で困っているあなた。できれば大量に消費できて簡単に作れるものがいいですね。 そこで、...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

No Image

夜ご飯のメニューが決まらない時に参考になるようなものは

夜ご飯のメニューを考える時に、上手く決まらないことはよくあることです。 「なんでも良いけど、アレは...

豚肉【厚切り】焼き方を紹介!お家で簡単に美味しく食べるコツ

豚肉の厚切りステーキは焼き方次第で美味しさが変わってきます。 自分でするとどうしても固くなったり、...

冷凍した魚の臭み取り方法と臭みを予防する下処理・冷凍のコツ

冷凍保存した魚を調子するとき、魚の臭みが気になることがあります。臭みがあると、せっかく調理をしても美...

腹持ちのいい食べ物とは?朝・昼ごはんにおすすめ食材やメニュー

朝ごはんをしっかり食べても、高校生や大学生など若い学生さんは、すぐにお腹が空いてしまい、次の食事まで...

【運動会のお弁当】前日に揚げた唐揚げを当日美味しく食べる方法

運動会のお弁当は前日から下準備などをしておく方が多いと思います。当日は子供の準備の手伝いや、朝食の準...

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

冷凍ピザやピザ生地をお店の様に美味しく作る焼き方

冷凍のピザやピザ生地が冷食コーナーに並んでいます。手軽にお家でピザを楽しむことができるので、よく購入...

豚肉を柔らかくする方法を紹介!短時間でも美味しくなる下処理

豚肉を短時間で柔らかくする方法はいくつかあり、下処理、下味、調理法によって固さに違いがでてきます。

まずは、豚肉を短時間で柔らかくするための下処理の方法について2つ紹介していきますね。

豚肉を柔らかくする「筋切り」

生姜焼きやトンカツに使うようなロース肉には、赤身の部分と脂身の部分がありますよね。
赤身をお腹側にして、脂身が上になるようにして豚肉をまな板の上に置いたら、赤身と脂身の境目に包丁の先をグッと刺して等間隔に切り込みを入れていくのが筋切りの作業。

境目に並行に包丁を入れるのではなく、縦に垂直に切り込みを入れるのが正しい向きになりますので、気をつけましょう。
筋切りをしておくだけで、豚肉が柔らかくなるだけでなく、豚肉を焼いた時の縮みによる反り返りを防ぐことができるので、火が均等に通り、料理の見た目もキレイになりますよ。
薄切り肉の場合には片面のみ筋切りをすればよいのですが、厚切りの場合には、包丁が下まで入りづらいので、表裏を返して両面筋切りを行います。

簡単にできる短時間で豚肉を柔らかくする方法とは

豚肉を短時間で柔らかくする方法「豚肉を叩く」

豚肉を叩く時には、本来ミートハンマーという専用の道具を使って行いますが、自宅にない場合には、包丁の背やフォーク、綿棒などで代用ができるので、誰でも簡単に作業ができます。

豚肉を叩く目的は、豚肉の筋繊維をほぐすこと

包丁の背やフォークを使う際は、豚肉の上からまんべんなく穴を開けるようにして作業しますし、綿棒を使う場合は、豚肉の上にラップを掛けて、上から均等に50回程度軽く叩きます。

調理時間をできるだけ短縮したい人にとっては、筋切りも叩く作業も手間になってしまいますが、このひと手間だけで安い豚肉でも見違えるように柔らかくなるので、一度試せば虜になるはず!

面倒に思える作業も、慣れてしまえば1人前で1分もかからずに作業できるので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

豚肉を短時間で柔らかくする方法は身近にある食材を加えるだけ

豚肉は、焼く前に塩コショウなどで下味をつけますよね。
その下味をつける作業の時に、「酵素」に漬け込むことで、豚肉が更に柔らかくなりますよ。

「酵素」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、酵素は身近な野菜、フルーツ、飲み物などの食材に多く含まれています。

豚肉を漬け込むのにおすすめの食材

  • 野菜なら玉ねぎ
  • フルーツならキウイ、パイナップル
  • 飲み物なら牛乳、炭酸飲料、お酒(ワインやビールなど)
  • 発酵食品なら塩麹、ヨーグルト

炭酸飲料や塩麹は30分程度の短い漬け込み時間でも効果が出ますが、その他のものは最低でも1時間、また、どの場合でも半日~1日程度漬け込むことで、より豚肉が柔らかくなるので、時間がある時には、前日から豚肉を漬け込んで、調理に備えたいですね。

漬け込んだあとの豚肉は、洗い流すのではなく、キッチンペーパーなどを使って余分な水分やカスを拭き取って使います。
ものによっては、においや風味が豚肉に移るものもあるので、調理方法に合わせて漬け込む食材を選んだり、好みの風味に仕上がるお気に入りの食材を見つけたりしてみましょう。

冷たいフライパンで焼くと肉は柔らかくジューシーに仕上がる

豚肉を柔らかくする方法の中で一番大切なのが「焼き方」

お肉は強火で調理することによってタンパク質が固まってしまい、食感も固くなるので、「弱火」で調理するのが一般的!

しかも、温めてから油を引いて食材を乗せるのが料理の基本ですが、豚肉を焼く時には、「フライパンが冷たい状態から焼き始める」ことで柔らかくすることができるというので驚きです。

豚肉を焼くときには調理法にもよりますが、小麦粉や片栗粉をまぶし、冷たいフライパンに油を引いて豚肉を乗せてから弱火または中火で加熱をスタートさせるだけで味が絡む柔らかい豚肉に焼き上がりますので、少し時間をかけてゆっくり豚肉を焼いてみましょう。

豚肉を油であげることもあるでしょう。
その際にも低温からの調理が豚肉を柔らかくするためのポイントになりますから、予熱をしていない冷たい油の中に衣をつけた豚肉を投入してから低温で中まで火を通し、最後に高温にしたら衣に焼き色をつけて完成です。

豚肉を柔らかく煮るためのポイントも紹介

豚肉を柔らかくしたい!と思うのは、焼く時、揚げる時だけではありませんよね。

私はよく豚の角煮を作りますが、角煮を柔らかく煮るためには、下茹での方法が重要です。

先程紹介した、豚肉を柔らかくするための焼き方のように、豚肉を煮る時にも「水から茹でる」ことで、柔らかくすることができるのです。
沸騰までの時間を長くするため、火力は中火にし、ゆっくり豚肉に火を入れていくことで、固くするのを防ぎましょう。

1時間以上豚肉を煮込む場合は、キッチンペーパーを鍋の中3~5枚重ねて入れてかまくらのように膨らませ、鍋から熱が逃げないようにしながら煮込むことで、余計な加熱が必要なくなり肉全体に均等に熱が回るため、豚肉が柔らかい状態のまま煮込むことが出来ますので、ぜひ一度お試しください。