キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。

今回は残ったワインの正しい保存方法について紹介します。
一度開けたワインコルクを使ってそのまま保存する閉め方も紹介しますが、ワインの鮮度を保って保存するためには違う保存方法がおすすめです。

どれも簡単な保存方法ばかりですし、ワインの保存に適した便利なアイテムも紹介していきますので、最後まで目を通してお気に入りの保存方法を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

たこ焼き粉のレシピは余りものでも美味しい!おすすめを紹介

たこ焼き粉はたこ焼き以外にアレンジできるレシピを知っておくと、たこ焼き粉の余りも上手に美味しく使うこ...

冷凍食品のチャーハンをさらに美味しく!作り方やコツをご紹介

冷凍食品といえばお弁当のおかずといった感じがしますが、チャーハンや麺類などの主食も多く見かけるように...

大根の間引き菜の美味しい食べ方!捨てずに食べたい簡単レシピ

大根を育てる上で欠かせない作業が間引きです。間引きした後に出る間引き菜は、捨ててしまっているという方...

冷凍のバナナを使って出来る、美味しいアイスの作り方

冷凍したバナナは、スムージーにしたり、ケーキの材料に使うなど、さまざまな使い道があります。 中でも...

豚肉【厚切り】焼き方を紹介!お家で簡単に美味しく食べるコツ

豚肉の厚切りステーキは焼き方次第で美味しさが変わってきます。 自分でするとどうしても固くなったり、...

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

餃子の皮とチーズで出来る、チーズ揚げのレシピについて知りたい

餃子の皮が余った時、どんな料理に使いますか? もっともポピュラーでおすすめなのが、餃子の皮にチーズ...

マーボー春雨のレシピはアレンジ次第でおかずにもメインにもなる

マーボー春雨のレシピはどのようにアレンジしたら献立の幅が広がるでしょうか?白いご飯に合うマーボー春雨...

ナスの正しい焼き方。フライパンで作る美味しいナス料理の秘訣

ナスをフライパンで焼くときは、油をひいて調理をしますが、ナスが油をどんどん吸収してしまい、油が少なか...

卵とベーコンとチーズで作る簡単レシピと子供に人気の朝ごはん

小さいお子さんを育てている母親にとって、朝は手がいくらあっても足りないほど忙しい時間で、そんな中でも...

夕ご飯の献立のメインになる絶品ボリューム鶏肉レシピ

「今日の夕ご飯の献立は何にしよう…」。主婦が毎日考えることです。冷蔵庫に鶏肉がある時には、鶏肉をメイ...

ナスを炒めるコツ!美味しく上手に仕上げるポイントを紹介

ナスを炒めるといつも失敗してしまうというあなた。 ナス炒めを美味しく作るにはコツがあるのです。 ...

料理に使う道具について知りたい。初心者が揃えておくべきものは

料理を作ろうと思った時に、必要な材料があれば良いわけではありません。 調理をするための調理道具がな...

子供も飲める美味しい野菜ジュースをミキサーで作るコツをご紹介

足りない野菜を、野菜ジュースやスムージーで補う方もいらっしゃると思います。お店で購入した野菜ジュース...

豚ひき肉でつくねを作ろう!豆腐を使った絶品つくねの作り方

豚ひき肉とお豆腐があるなら簡単に作れるつくねがおすすめです!離乳食にもなりますし、大人向けに歯ごたえ...

スポンサーリンク

一度抜いたワインコルクで蓋をする閉め方

ワインコルクで再度栓をする方法

コルクを抜いた後は空気が入って膨れ上がって、もう二度とワインの瓶口に入らなそうなイメージですよね。しかし力をこめてギュッとねじこめば、抜いたコルクでも再び入れなおして栓をすることはできます。

瓶口に入れる前にラップを巻きつけておくと、さらに密閉できることができます。
あまり無理して入れるとコルクが割れてしまうことがあるので、その場合は諦めて他の閉め方を試しましょう。

またワインを美味しく保つには空気に触れさせないことが大切なので、完璧に栓ができていないこの状態で保存する場合は、2~3日以内に飲みきるようにしましょう。それ以上経過すると味が劣化しやすくなってしまいます。必ず冷蔵庫で保存するようにしてくださいね。

ワインを別ボトルに詰め替えて保存する時の閉め方

コルク以外のワインの閉め方

飲みかけのワインを美味しく保つには、空気に触れさせないことが大事だとお伝えしました。
そのためペットボトル、キャップのある瓶など、密閉できる容器に移し替えるのが一番良いでしょう。もっと密閉度を高めたい場合は、ワイン専用の真空容器もあります。

ワインを移し変える時のコツ

ワインを移し変えるペットボトルなどは、もちろん洗ってから入れてくださいね。
清涼飲料水なら洗っても匂いが残っていることがあるので、できればミネラルウォーターが入っていたペットボトルが望ましいです。

そして空気が入るスペースをできるだけ減らすために、容器いっぱいにワインを入れるのがポイントです。少ししか残らないなら小さめの容器にするなど、ワインの残った量に合わせて容器を用意しましょう。もし半分以上スペースが余ってしまったという時は、ペットボトルなら少し圧縮してから蓋をすると、空気を少し抜くことができます。

最初から飲みきれないかも…と予感しているなら、ワインのコルクを抜いた直後に半分ぐらい移し変えておけば、より長く風味を保ったまま保存することが可能ですよ。
ペットボトルなどに入れ替えた後も冷蔵庫で保存してください。

ワインコルクの代わりに専用のポンプや蓋を使う閉め方

ワインのコルク代わりになるアイテム

飲みかけのワインをコルクで再度栓をすることは、コルクの材質によっては困難なので、あらかじめ栓をできるアイテムも一緒に用意しておくと良いです。

  • ワインキャップ
    差し込むだけの簡易なタイプのワインキャップです。瓶口に差し込む鉄部分にゴムがぐるっと付いていて、差し込むだけで栓が可能です。100円均一に売っていることもあります。このタイプは完全に密閉できるか?というと微妙なので、すぐに飲む予定がある場合に良いでしょう。
  • 真空キャップ
    はめ込んでから空気を抜くタイプのキャップもあります。レバータイプやポンプタイプ、性能の高いものなら電動のものがあります。密栓度は高く、コルクで再栓したものや簡易キャップより風味が長持ちします。横に倒してもこぼれづらいです。
  • フィルターキャップ
    空気を抜くタイプではなく、空気を吸収するフィルターがついているキャップです。
    面倒な手間はなく、飲みかけのワインの口に乗せるだけ。ワインを飲む頻度が高い方におすすめです。

ワインコルクを使わずに窒素ガスで保存する方法

窒素ガスを用いたワインの保存方法

空気が触れて酸化してしまうのをさらに少なくしたいという方におすすめなのは、窒素ガスを充填して、酸素農度を下げる方法です。

ワインショップなどに売っているワイン保存用の窒素ガススプレーを、飲み残したワインの瓶口に中に注入します。スプレー缶には細いストローが付いているので注入しやすくなっています。そしてキャップをすればOK。ただキャップをするだけより、酸化を防ぎやすくなりワインを美味しく保つことができるでしょう。

価格は2000円前後のものからあり、使い捨てのものから、ガスがなくなったら中身を取り替えられるボンベタイプのものもあります。ガスがなくなったら取り替えるのは面倒ですが、より美味しさを追求したい方にはおすすめです。

飲み残しのワインの正しい保存方法と保存期間

飲み残したワインの保存方法

ワインは常温で飲んでも美味しいですが、飲み残した場合は冷蔵庫で保管するのが望ましいです。
先ほどご紹介した方法などでしっかりと栓をして、なるべく早めに飲んでください。

ワインに消費期限はありませんが、一度栓を開けたものは1週間も過ぎると、だんだん風味が変わってきてしまいます。酸っぱく感じたり匂いに変化を感じたりしてしまうので、美味しく飲みきりたい場合は3日以内、多少劣化しても構わないという場合でも、1週間ぐらいで飲みきりたいところです。

風味が変わってしまった場合や、飲みきれそうにない場合は、料理に再利用するのがおすすめですよ。

普段はもったいないので料理にワインは使わないという方も、一度使ってみてください。味の深みが出て感動するはずです。ビーフシチュー、ミートソース、チーズソース、牛丼など。ぜひ捨てずに最後までワインを楽しんでくださいね。