一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。

今回は残ったワインの正しい保存方法について紹介します。
一度開けたワインコルクを使ってそのまま保存する閉め方も紹介しますが、ワインの鮮度を保って保存するためには違う保存方法がおすすめです。

どれも簡単な保存方法ばかりですし、ワインの保存に適した便利なアイテムも紹介していきますので、最後まで目を通してお気に入りの保存方法を見つけてみてくださいね。

関連のおすすめ記事

シュウマイはアレンジしてスープで美味しく!簡単レシピを紹介

シュウマイはそのままでも美味しいけど、アレンジして美味しいスープとして食べることもできます。電子レン...

美味しいコーヒーの淹れ方、やり方はひとつじゃない

美味しいコーヒーが飲みたいと思ったら、コーヒーの名店に行くのが手っ取り早い方法です。しかし、...

冷凍マンゴーを使った簡単美味しいスイーツレシピ

冷凍のマンゴーは、マンゴーを食べたいという時に手軽に食べられて、スイーツの材料にも便利です。冷凍の食...

食費を抑えるレシピのコツ!節約食材を使った美味しい料理を紹介

毎日家族のために食事を作っているママたちは、なるべく食費を抑えるレシピを考えながら、なおかつ家族に美...

冷凍ぶどうの食べ方!美味しく食べられるおすすめアレンジを紹介

冷凍したぶどうの食べ方はそのままでも美味しく食べることができます。さらに、ひと手間を加えるだけで...

冷凍ポテトのアレンジ料理!すぐに真似したくなるレシピをご紹介

冷凍のポテトは油で揚げてフライドポテトにするのが定番。子供も大人も大好きなフライドポテトですが、大袋...

鍋に入れる順番は?肉と魚を一緒に鍋で食べる時の作り方

鍋に肉と魚を入れるときにはどのような順番で入れればいいのでしょうか。肉が先?それとも魚が先?肉や魚の...

豚のハツの美味しい食べ方簡単な下処理の方法を紹介します

栄養もあって値段もお手頃な豚のハツ、それなのにお肉コーナーにあってもスルーしないでぜひ手にとって...

昼ご飯のメニューを簡単にするコツとランチにおすすめのレシピ

一人分の昼ご飯を作るのはなんだか面倒なものです。なるべく手間をかけずにお昼ごはんを作りたいと思う人も...

ジンギスカン鍋のお手入れ方法、しつこい汚れを落とす洗い方

ジンギスカン専用のジンギスカン鍋をご存知でしょうか。鉄製でできているので熱伝導率に優れていて、お...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

野菜の栄養価は下がっている?栄養価を下げない野菜の摂り方

野菜の栄養価は昔に比べて下がっているのでは?そう言われるとなぜかそうかも知れない気がしてきますが、栄...

美味しい食べ物が溢れている日本、その絶品グルメをご紹介

日本には美味しい食べ物がたくさんあると言われていますが、日本各地に焦点を当てた時、どんな食べ物が...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食...

一度抜いたワインコルクで蓋をする閉め方

ワインコルクで再度栓をする方法

コルクを抜いた後は空気が入って膨れ上がって、もう二度とワインの瓶口に入らなそうなイメージですよね。しかし力をこめてギュッとねじこめば、抜いたコルクでも再び入れなおして栓をすることはできます。

瓶口に入れる前にラップを巻きつけておくと、さらに密閉できることができます。
あまり無理して入れるとコルクが割れてしまうことがあるので、その場合は諦めて他の閉め方を試しましょう。

またワインを美味しく保つには空気に触れさせないことが大切なので、完璧に栓ができていないこの状態で保存する場合は、2~3日以内に飲みきるようにしましょう。それ以上経過すると味が劣化しやすくなってしまいます。必ず冷蔵庫で保存するようにしてくださいね。

ワインを別ボトルに詰め替えて保存する時の閉め方

コルク以外のワインの閉め方

飲みかけのワインを美味しく保つには、空気に触れさせないことが大事だとお伝えしました。
そのためペットボトル、キャップのある瓶など、密閉できる容器に移し替えるのが一番良いでしょう。もっと密閉度を高めたい場合は、ワイン専用の真空容器もあります。

ワインを移し変える時のコツ

ワインを移し変えるペットボトルなどは、もちろん洗ってから入れてくださいね。
清涼飲料水なら洗っても匂いが残っていることがあるので、できればミネラルウォーターが入っていたペットボトルが望ましいです。

そして空気が入るスペースをできるだけ減らすために、容器いっぱいにワインを入れるのがポイントです。少ししか残らないなら小さめの容器にするなど、ワインの残った量に合わせて容器を用意しましょう。もし半分以上スペースが余ってしまったという時は、ペットボトルなら少し圧縮してから蓋をすると、空気を少し抜くことができます。

最初から飲みきれないかも…と予感しているなら、ワインのコルクを抜いた直後に半分ぐらい移し変えておけば、より長く風味を保ったまま保存することが可能ですよ。
ペットボトルなどに入れ替えた後も冷蔵庫で保存してください。

ワインコルクの代わりに専用のポンプや蓋を使う閉め方

ワインのコルク代わりになるアイテム

飲みかけのワインをコルクで再度栓をすることは、コルクの材質によっては困難なので、あらかじめ栓をできるアイテムも一緒に用意しておくと良いです。

  • ワインキャップ
    差し込むだけの簡易なタイプのワインキャップです。瓶口に差し込む鉄部分にゴムがぐるっと付いていて、差し込むだけで栓が可能です。100円均一に売っていることもあります。このタイプは完全に密閉できるか?というと微妙なので、すぐに飲む予定がある場合に良いでしょう。
  • 真空キャップ
    はめ込んでから空気を抜くタイプのキャップもあります。レバータイプやポンプタイプ、性能の高いものなら電動のものがあります。密栓度は高く、コルクで再栓したものや簡易キャップより風味が長持ちします。横に倒してもこぼれづらいです。
  • フィルターキャップ
    空気を抜くタイプではなく、空気を吸収するフィルターがついているキャップです。
    面倒な手間はなく、飲みかけのワインの口に乗せるだけ。ワインを飲む頻度が高い方におすすめです。

ワインコルクを使わずに窒素ガスで保存する方法

窒素ガスを用いたワインの保存方法

空気が触れて酸化してしまうのをさらに少なくしたいという方におすすめなのは、窒素ガスを充填して、酸素農度を下げる方法です。

ワインショップなどに売っているワイン保存用の窒素ガススプレーを、飲み残したワインの瓶口に中に注入します。スプレー缶には細いストローが付いているので注入しやすくなっています。そしてキャップをすればOK。ただキャップをするだけより、酸化を防ぎやすくなりワインを美味しく保つことができるでしょう。

価格は2000円前後のものからあり、使い捨てのものから、ガスがなくなったら中身を取り替えられるボンベタイプのものもあります。ガスがなくなったら取り替えるのは面倒ですが、より美味しさを追求したい方にはおすすめです。

飲み残しのワインの正しい保存方法と保存期間

飲み残したワインの保存方法

ワインは常温で飲んでも美味しいですが、飲み残した場合は冷蔵庫で保管するのが望ましいです。
先ほどご紹介した方法などでしっかりと栓をして、なるべく早めに飲んでください。

ワインに消費期限はありませんが、一度栓を開けたものは1週間も過ぎると、だんだん風味が変わってきてしまいます。酸っぱく感じたり匂いに変化を感じたりしてしまうので、美味しく飲みきりたい場合は3日以内、多少劣化しても構わないという場合でも、1週間ぐらいで飲みきりたいところです。

風味が変わってしまった場合や、飲みきれそうにない場合は、料理に再利用するのがおすすめですよ。

普段はもったいないので料理にワインは使わないという方も、一度使ってみてください。味の深みが出て感動するはずです。ビーフシチュー、ミートソース、チーズソース、牛丼など。ぜひ捨てずに最後までワインを楽しんでくださいね。