キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

誕生日のブーケは、お菓子で作ると喜ばれること間違いなしです

誕生日に送るブーケは、その人の誕生花や、その人の好きなお花をメインにして作られますが、お花ではなく、お菓子をメインにして作る、お菓子ブーケが今人気を集めています。
その噂のお菓子ブーケとはどういったものなのでしょうか。
ここでは、お菓子ブーケがどういったものなのかや、お菓子ブーケをおしゃれに作るアイデアなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

片栗粉とタピオカ粉の違い!代用品と違い・美味しいレシピを紹介

タピオカドリンクを自分で手作りしたいと思っても、家にタピオカ粉がないこともあります。でも、片栗粉であ...

餃子の皮でスイーツが簡単に作れる!おすすめレシピや保存方法

餃子の皮が余ったときは、手作りスイーツを簡単に作ってみましょう。 餃子の皮を焼いたり揚げたりするだ...

鍋に入れる順番は?肉と魚を一緒に鍋で食べる時の作り方

鍋に肉と魚を入れるときにはどのような順番で入れればいいのでしょうか。肉が先?それとも魚が先?肉や魚の...

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

ナスの正しい焼き方。フライパンで作る美味しいナス料理の秘訣

ナスをフライパンで焼くときは、油をひいて調理をしますが、ナスが油をどんどん吸収してしまい、油が少なか...

卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分...

腹持ちのいい食べ物とは?朝・昼ごはんにおすすめ食材やメニュー

朝ごはんをしっかり食べても、高校生や大学生など若い学生さんは、すぐにお腹が空いてしまい、次の食事まで...

冷凍餃子のアレンジレシピをご紹介、いつもの冷凍餃子を美味しく

冷凍餃子は焼くだけじゃもったいない!冷凍餃子はアレンジ自在、アイデア次第で色々な料理に変身します。 ...

昼ご飯のメニューを簡単にするコツとランチにおすすめのレシピ

一人分の昼ご飯を作るのはなんだか面倒なものです。なるべく手間をかけずにお昼ごはんを作りたいと思う人も...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。 ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

冷凍パイシートの使い方とは?コツやポイントを紹介します

冷凍パイシートを使ってアップルパイを作ってみたけれど、サクサクに仕上がらない…そんなときには、このよ...

夕飯メニューは子供の喜ぶアレに決まり!おすすめレシピを紹介

いつも夕飯のメニューに悩んでいるお母さんも多いことでしょう。 どうせなら子供が喜んで食べてくれる夕...

挽き肉レシピ人気献立集!子供が喜ぶ美味しいおかずの作り方

子供に美味しい料理を食べてもらいたいと思い、毎日の献立を考えているママの中には、どんな料理を作ってあ...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

即席で味噌汁が出来る、味噌汁の素を手作りしよう

即席の味噌汁の素と言えば、スーパーなどで売られているインスタント味噌汁を思い出す人が多いと思います。...

誕生日のプレゼントにぴったりなお菓子ブーケとは

お菓子ブーケとは、そのまま、お花ブーケのお花がお菓子になったバージョンです。

キャンディブーケなどが定番ですが、使うお菓子の種類は様々です。

チョコ菓子、スナック菓子、ガム、マシュマロ、ビスケット、グミなど。

小さいお菓子も工夫次第でブーケとして束ねることができるので、好きなお菓子をたくさん入れられます。
カラフルなパッケージのお菓子を使うとブーケもより華やかになり、贈り物にぴったり。

雑貨屋などで元々ブーケになっているものが売っていることもありますが、自分で手作りも簡単にできます。贈り物でお菓子ブーケを贈りたいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

誕生日を彩る、お菓子ブーケの簡単な作り方

作り方は本当に簡単。

  1. ブーケにしたいお菓子を用意する
  2. ラッピング用紙を用意する
  3. 束ねる

手順はこれだけです。
もう少し詳しく見ていきましょう。

ブーケにしたいお菓子を用意する

なんでも良いです。手っ取り早く仕上げたい場合は、棒付きキャンディなどもともと棒がついていたり長さのあるお菓子が束ねやすくおすすめです。長さのないグミやマシュマロ、キャンディを使いたい時は、個包装になっているものを選び、そのまた上から小さめのフィルムで包み、その中に紙ストローなどの棒を入れワイヤーで留めたら棒つきお菓子にすることができます。ビスケットなども同じ方法で。すべて用意できたら、ひも、テープなどでしっかりとまとめておきます。左右に扇形に広げておくといいです。

ラッピング用紙を用意する

100均ショップでも揃えることができます。ブーケを束ねるラッピング用紙は、お菓子のパッケージと色味を揃えたり、カラフルポップなものを選んだり、お好みでチョイスしてくださいね。装飾用にリボンやモール、造花、ラッピング用のワイヤーなどもあわせて選んでおきましょう。

束ねる

やり方はお花ブーケと同じように、ラッピング用紙の中心に置いて、左右から巻いていきます。持ち手部分を包み込むように巻いて、お菓子がバランスよく見える位置を調整したら、最後に根元をワイヤー+リボンで留めれば完成。

誕生日を盛り上げる、華やかなお菓子ブーケのアイデア

普段あまり見ないファンタジーなお菓子を混ぜる

もちろん普段から親しんでいるお菓子でも十分ですが、ペロペロキャンディや、鮮やかな色のキャンディ、外国製のお菓子などを混ぜると見た目も華やかで映えます。

造花を混ぜる

お菓子ブーケを束ねるときに、造花も混ぜて本当のお花ブーケみたくするととっても可愛いです。豪華度も上がります。

ガーベラやひまわりなど大きめの花や、かすみ草やグリーンなどアクセントにしても可愛くおすすめです。

ぬいぐるみを混ぜる

お菓子ブーケならずぬいぐるみブーケというのも流行っています。二つ合わせてブーケにおさまる小さめのマスコットを一緒に入れたり、はたまたぬいぐるみにブーケを持たせて贈るというアイディアもあります。

お菓子ブーケは、誕生日以外でも大活躍

お菓子ブーケは誕生日はもちろん、様々なイベントにぴったりです。

ハロウィン お菓子と関わりの深いイベント、ハロウィンにはもちろんぴったり。ハロウィンらしくブラックな飾りつけや毒々しい色にしてみてもいいですね。
クリスマス クリスマスカラーの赤や緑を仕様したり、マシュマロで雪をイメージしたり、お子様も大変喜ぶプレゼントになります。缶に飾りつけたりバルーンを足すとより豪華になります。
バレンタイン&ホワイトデー 恋人や家族にももちろん、友チョコとしても。
結婚式 花嫁のブーケトスや、プチギフト用にお菓子ブーケを用意する方が増えています。
その他、ちょっとしたプレゼントとして 「あまり立派なものをあげると気を使わせてしまいそうだな、でも感謝の気持ちを伝えたいし」というような時にプチギフトとしてぴったりですよ。

 

どうしてもお菓子ブーケが上手く作れない人は

手作りも可能なお菓子ブーケですが、作る時間がない、上手く作れる自信がないという方は、売っているものを買いましょう!

お菓子ブーケは雑貨屋、お菓子屋さんに売っていたり、近くに見当たらないという時はネット通販でも購入することが可能です。
プロの手によって仕上げられたものはもちろんクオリティが高く、贈り物にぴったりです。

売っているお菓子ブーケの良さ

しっかりと束ねられて崩れる心配が手作りより少ないこと、ぬいぐるみやバルーンなどより装飾やラッピングが華やかなこと、高さを出せて見栄えが良く豪華なことなどが挙げられます。

価格帯はお菓子や装飾の多さによって1,500円~10,000円ほどと幅広いです。
1万円ともなると本当に豪華なので、贈るシーンやイベントに合わせて選びましょう。

しばらく飾っておきたくなる華やかなお菓子ブーケは、思わず自分専用にしたくなっちゃうかもしれませんね。