キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

野菜で作る美味しいお菓子!子供の野菜嫌いを克服する簡単おやつ

子供の野菜嫌いに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。「好き嫌いをせずに野菜もモリモリ食べてもらいたい。」子供を思う母親であれば、こんな風に考えるものです。

ここでは、野菜嫌いの子供におすすめの野菜を使ったお菓子のレシピについてお伝えします。野菜でお菓子を作ることで、美味しく野菜を食べてもらいましょう。

また、子供が野菜を嫌いになる理由についてもご紹介します。こちらも併せて参考にして、野菜嫌い克服に役立ててください。

関連のおすすめ記事

誕生日は手料理でおもてなし!大好きな嫁に作りたいおすすめ料理

大好きな奥様の誕生日をひかえて、自分で手料理を作ってお祝いをしようと考えている男性もいるのではないで...

丼ものをおしゃれレシピにしたいときはこれがおすすめ

丼ものをつくるとなぜかおしゃれに見えない…カフェやお店のような感じに作るにはどうしたらいいのでしょう...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

和菓子はカロリーが低い?生菓子のカロリーについてご紹介

和菓子は洋菓子と比べるとカロリーが低いと言われています。しかし和菓子と言っても、その種類は多く、...

冷凍マンゴーを使った簡単美味しいスイーツレシピ

冷凍のマンゴーは、マンゴーを食べたいという時に手軽に食べられて、スイーツの材料にも便利です。冷凍の食...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

豆苗を水耕栽培ではなく土で栽培する方法、注意点について

豆苗はスーパーで売られているものを見ると、水耕栽培なのだと思い込んでしまいませんか?実は豆苗は土で栽...

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある材料で作ってみよう

干し野菜ネットがなくても、家にあるもので代用できるのでご安心を。 材料も少なく、すぐに作れますので...

海外のケーキのデコレーションがスゴい!そのアイデアをご紹介

日本と違い、何でもスケールが大きい海外。その中でもケーキのデコレーションがスゴいと話題になっているよ...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

唐揚げを塩麹で下味冷凍!下味冷凍のポイントやレシピをご紹介

塩麹は酵素によって食材本来の旨味を引き出すとことから、注目をされている調味料です。鶏肉の唐揚げに使用...

余った味噌汁を美味しいうどんにリメイク!おすすめレシピを紹介

味噌汁が少しだけ余っていることありますよね。捨てるにはもったいない、そんな時うどんを使って主食に変身...

卵と食パンが食べられるのは離乳食のどの時期?レシピもご紹介

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが食べられる離乳食のレシピについて頭を悩ませている人も...

豚肉で簡単美味しいお弁当おかず!脂が白く固まらない工夫を解説

お弁当を作るとき、メインの料理に豚肉を使うこともあるのではないでしょうか。豚肉はお手頃価格で簡単に調...

子供が野菜を嫌いになるのはなぜ?野菜が苦手になる理由

食感

トマトケチャップは食べられるけどトマトが苦手、みじん切りになってチャーハンに入っていれば食べられたり、食感が苦手で食べられない子供が多いです。

何も味がついていない野菜は味がしないわけでは無いですが、野菜本来の素材の味のため子供には馴染みの無い味です。段々年を重ねると素材の味だけで美味しさを感じられますが、子供にとっては初体験の味なのです。

色や形

大人になると鮮やかな色で形も気になりませんが、子供にとってはテレビの悪者の色に当てはめてしまったり、不思議な形に見えるのかもしれません。

野菜のにおい

野菜の種類によってはにおいが気になるものもあるでしょう。切ったばかりの野菜はうまみやにおいが新鮮でにおいも美味しく感じますが、子供にとってh馴染まないにおいなのでしょう。

子供の野菜嫌いを克服したいときは野菜を使ったお菓子を作ろう

食感、味、形、においなどの点が野菜を苦手としている理由ならば、形状をなくして食べやすいお菓子にしてしまうのもいいでしょう。

他の食材を使って同化させる

人参が苦手な子供には同じ色のオレンジジュースを使ってオレンジジュースの色に混ぜてしまいましょう。人参をおろし金を使ってすってオレンジジュースと人参のゼリーを作ってみましょう。

食感を変える

水気が少ない野菜を使って油で揚げて歯ごたえのある食感にしてみましょう。軽く塩を振ったり、サツマイモやかぼちゃのような甘みのある野菜には粗めの砂糖を振り甘いお菓子にしてみましょう。

混ぜ込んで焼いてみる

葉物野菜はジュースやゼリーにしても色で子供が受け付けなかったり、揚げるには厚みがなく油っぽくなってしまうので、細かくして混ぜ込んでパウンドケーキやドーナツにしてみましょう。子供が好きなチーズやドライフルーツを入れてアレンジすると野菜の色も気にならないでしょう。

野菜が苦手な子供におすすめ・ほうれん草を使ったお菓子

用意する物

  • ほうれん草(葉)100グラム
  • ホットケーキミックス 200グラム
  • 牛乳 130グラム
  • 食用油 150グラム
  • 卵 大2個
  1. 鍋に多めのお湯を沸かし少々塩を入れます。沸騰したら用意したほうれん草の葉を入れて茹でます。冷水を用意し湯であがったほうれん草を入れて水気を切ったら1センチくらいの長さに細かく切ります。
  2. ミキサーを用意し1で切ったほうれん草の水気を絞り、用意した牛乳を入れたらスイッチを入れて混ぜます。
  3. ボウルを用意し、卵を割ってときほぐし、食用油を入れてさらに混ぜます。しっかり混ざった中にホットケーキミックスと混ざった2を入れたら全体に馴染み粉っぽさがなくなるくらいに混ぜます。
  4. 小さめの耐熱容器を用意し3を流しいれます。7分目くらいの量入ったら爪楊枝を使って表面の気泡を割ります。
  5. 蒸し器を用意しその中に4を入れて13分ほど蒸します。爪楊枝を使ってしたまで刺してベタベタした感触がなかったら出来上がりです。再度蒸す場合は蒸し器の中の水の量を確認し安全に調理しましょう。

トマトも美味しいお菓子に変身!野菜が苦手な子供に作ってあげたいレシピ

冷やす野菜のお菓子

冷たいお菓子は季節に関係なく食べたくなり、野菜が入っていてもにおいや味を目立たなくしてくれます。

用意する物

  • トマト 大2個(500グラムほど)
  • 植物性生クリーム 80グラム
  • 蜂蜜またはガムシロップ 50グラム
  • フードプロセッサー
  1. 前日にトマトをラップに包んだり、袋に入れた状態で冷凍します。完全に中心まで冷凍されたトマトはへたと反対側の表面に包丁を使って十字を入れて、沸騰したお湯をかけ少しおきます。
  2. 1の放置時間にフードプロセッサーを用意します。中の羽がしっかり納まっているか確認をしましょう。(私はコレを省いてしまい食材をすべて入れ終わってから気付きました。)植物性生クリーム、蜂蜜を入れておきます。
  3. 1のトマトの皮を剥き、1センチ四方の大きさに切り、2の中に入れていき全部入れ終わったらトマトが砕け滑らかになるまでフードプロセッサーにかけます。
  4. 平らなアルミ製のバットがあればそれに、なければなるべく平らに薄く入れることが出来る容器に入れて冷凍庫で1時間半ほど冷やして出来上がりです。

かぼちゃやさつまいもで作る野菜のお菓子・子供のおやつにピッタリ

素材の味を生かした根菜類のチップス

用意するもの

  • サツマイモ 1本
  • レンコン 7センチ
  • ごぼう 1本
  • 人参 1本
  • 緑いんげん 10本
  1. いんげんを簡単に洗い両端を少しだけ折り両脇の筋を取ります。途中で切れてしまってもそのままで大丈夫です。
  2. さつまいも、人参、レンコンはしっかりと洗い土や汚れを落とし5ミリくらいの厚さにスライスしてキッチンペーパーの上におき水分を取り、ごぼうは土を落とし包丁の背を使って皮を剥いた後5ミリ四方の拍子切りにしキッチンペーパーを使って水気を取ります。
  3. あまり広くないフライパンを用意し野菜を入れたときに野菜の表面が埋まるくらいの深さに油を入れます。あたたまった油の中に1と2の野菜をフライパンの渕を滑らせながら入れ素揚げします。
  4. 野菜の色が変わったら一度出して火が通ったかの確認をして、揚がっている野菜は広いお皿にキッチンペーパーを敷いて重ならないように上げて行き熱いうちに塩といりゴマを全体に振ったら完成です。