夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねても「なんでもいい」という返事しか返ってこず、ストレスに感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、夕食のメニューが決まらないときの献立の考え方や対処法についてお伝えします。毎日続く夕食の献立を考えるストレスを軽減するためにも、是非参考にしてみてください。

どうしても夕食のメニューが思いつかないときは、手抜きをして楽に考えてみましょう。いつも頑張っている分、時々は自分を甘やかしてくださいね。

関連のおすすめ記事

食費を1ヶ月1万円に抑えるための節約レシピと食費の節約術

一人暮らしをしている方は、1ヶ月にどれくらいの食費を使っていますか?生活費を切り詰めたいという時には...

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

玄米と白米2合ではカロリーはどっちが低い?玄米の良さについて

玄米2合のカロリーは、どのくらいなのか知っていますか?普段食べている白米よりもずっとカロリーが低いの...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

冷凍食品の野菜のレシピ!簡単にできるおすすめや冷凍保存方法

冷凍食品の野菜を使ったレシピは面倒な下ごしらえの手間が省けて時短調理が可能になります。一人暮らしなど...

唐揚げの美味しい揚げ方、片栗粉と小麦粉の衣の違いについて

唐揚げはレシピ通りに作ってもベチャッとしてしまったり、肉が硬くなってしまったりと、揚げ方によって食感...

なすと豚肉を使った料理が知りたいあなたに贈る簡単レシピ

なすは夏から秋にかけてが旬の美味しい夏野菜のひとつです。シンプルに焼きナスにしても美味しいですが...

料理を作ったら、自分流にレシピをまとめよう。そのまとめ方とは

料理を作った時に、ネットなどに書かれているレシピを参考にする方も多いと思いますが、その時に、「自分に...

食費を抑えるレシピのコツ!節約食材を使った美味しい料理を紹介

毎日家族のために食事を作っているママたちは、なるべく食費を抑えるレシピを考えながら、なおかつ家族に美...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

餃子の皮のレシピをご紹介!皮から手作りするには

餃子の皮は、スーパーなどに行けば、手軽に手に入りますが、1から手作りしようと思うのであれば、小麦粉な...

大人数の料理はホットプレートにおまかせ!おすすめを紹介

大人数の料理を作るときに役立つホットプレートですが、レパートリーがなかなか増えないとお悩みではないで...

誕生日は手料理でおもてなし!大好きな嫁に作りたいおすすめ料理

大好きな奥様の誕生日をひかえて、自分で手料理を作ってお祝いをしようと考えている男性もいるのではないで...

豆苗と豚バラともやしを使った簡単美味しいおすすめレシピを紹介

節約の強い味方といえば豆苗ともやし。そんな豆苗ともやしは豚バラにもとても合います。豆苗ともやしを使え...

冷凍ご飯はチャーハンにするとお弁当でも美味しく食べられます

冷凍ご飯をお弁当に使うときには、チャーハンのような味付きご飯にすると美味しく食べることができます。...

夕飯のメニューが決まらないときの献立の考え方

1.食材のメインを決める

野菜不足が気になる場合は野菜多めのメイン料理を考えたり、ガツンといきたいときはお肉料理、カルシウムが気になる場合は魚をメインに、何を夕飯の中心にするか考えましょう。

2.夕飯の調理方法を決める

中心になる食材が決まったら、それらをどのように調理するか考えましょう。いためたり、スチームしたり、焼く、揚げるなどどのような料理にするか考えましょう。

3.摂取したい栄養を考える

季節によっては野菜が高くなって購入を控えたり、暑い時期には火を使う料理が少なくなったり、栄養が偏ってしまい気になる事もあるでしょう。そんな時は別なもので補ったり、少量ずつでも料理で取り入れるように考えましょう。

夕飯のメニューが決まらないときは麺がおすすめ

メニューがなかなか決まらないときは、効率よく物事が進まないことがあります。そんな時は後から出る洗い物の量を懸念して使う食器の量を少なくしたメニューを考えましょう。

決まらない時は麺料理!

うどんやそば、パスタなど麺にしてみるのはいかがでしょう。麺のときはご飯のときよりもおかずをあまり充実させなくても良いのでメニューを決めやすいでしょう。

ワンプレートに乗せる

メインになるメニューが決まっていたら、後はプレートの空いている部分のメニューを考えるだけです。後どのくらい作るものが必要かの確認ができるうえワンプレートが埋まっているとボリュームがある感じに見えます。

栄養も気になる場合は野菜を充実させたかきあげをうどんやそばの上に乗せたり、鮭を使ったパスタにするなど中に入れる食材を考えてみましょう。

夕飯のメニューが決まらないときは電子レンジを活用しよう

電子レンジで豚しゃぶ

蒸し野菜にできるような野菜を入れて、一緒に豚肉の薄切りを入れてレンジにかけると野菜が沢山の豚しゃぶを作る事ができます。野菜から出た水分で作る事ができるため美味しく栄養を摂る事ができます。

電子レンジでなめたけ

えのきだけを3センチくらいの長さに切ります。束になっている場合はほぐし耐熱容器に入れます。えのきだけの入った耐熱容器に醤油とみりんを入れてレンジにかけると、ご飯に良く合う「なめたけ」が出来上がります。えのきだけの水分を使って作るため、レンジにかけている間も確認が必要です。出来上がったなめたけは蒸した肉や野菜、豆腐にトッピングできる万能トッピングになるでしょう。

夕飯のメニューがどうしても決まらないときはお惣菜を利用する方法

お惣菜をアレンジしましょう。

惣菜のとんかつやメンチカツをカツ丼にアレンジ

たまねぎと卵があれば作る事ができます。柔らかく煮込んだたまねぎの中に食べやすい大きさに切ったカツを入れてさらに煮込むと自分の味に変える事ができます。

惣菜の美味しい温め方

お惣菜の揚げ物をそのまま使うときには、オーブンを使って一度焼くとカリッと温める事ができます。ラップをかけてレンジで温めるとしっとりしてしまうので揚げたてのような食感にしたい時はオーブンがおすすめです。

惣菜にレトルトタイプのソースを使う

食材と混ぜるだけの簡単に味をつける事ができるソースを使って夕飯のおかずにしましょう。味付けさえ決まっているとメニューのめどが付いて料理もはかどるでしょう。

夕飯のメニュー が決まらないときのために作り置きしておく方法も

作り置きは万能です。
作り置くおかずがそのままだとおかずにならないものでも火を通しておくだけで、料理にプラスしやすかったり、カットしておくだけでもすぐに使い始める事ができいつものメニューをランクアップさせることができます。

野菜を茹でておく

茹で野菜を作り置きすると、すぐにサラダとして使う事ができたり、軽く炒めて一品にしたり、メイン料理に添えたりと色々なものに使う事ができます。

唐揚げ用に沢山作っておく

あと揚げるだけの状態にして冷凍しておくと、作る手間が省けすぐに調理に取りかかれる事からメニューが決まらないときにでもめどが付くでしょう。

副菜も作り置きが便利

切り干し大根、ひじきの煮物、煮豆など沢山食べないけれど栄養を気にして少しずつ食べたい料理は作り置きしておくと便利です。夕食に出したり、お弁当のおかずにする事もできます。

作り置きを冷蔵庫で保存し美味しく食べられるのは季節によりますが10日前後を目安にしましょう。