シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。
いつも通り普通に食べるのも美味しいですが、もしシュウマイが余ってしまったら、一味違った手作りアレンジをしてみるのはいかがでしょうか。
ただでさえ美味しいシュウマイがまた別のご馳走に大変身しちゃいます。
その前にまずは、シュウマイがどういった食べ物なのかを知ってからレシピについて学びましょう。

関連のおすすめ記事

唐揚げを塩麹で下味冷凍!下味冷凍のポイントやレシピをご紹介

塩麹は酵素によって食材本来の旨味を引き出すとことから、注目をされている調味料です。鶏肉の唐揚げに使用...

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

腹持ちのいい食べ物とは?朝・昼ごはんにおすすめ食材やメニュー

朝ごはんをしっかり食べても、高校生や大学生など若い学生さんは、すぐにお腹が空いてしまい、次の食事まで...

フライ返しはシリコンを使うと溶ける?溶けないフライ返し

シリコンのフライ返しはなんだか溶けるような気がして、選ぶことができないという人は耐熱性のものを選べば...

鳥の丸焼きはダッチオーブンがおすすめ、作り方を詳しく解説

キャンプへ行くなら、ダッチオーブンを使って鳥の丸焼きに挑戦してみてはいかがでしょうか。ダッチオー...

ジンギスカン鍋のお手入れ方法、しつこい汚れを落とす洗い方

ジンギスカン専用のジンギスカン鍋をご存知でしょうか。鉄製でできているので熱伝導率に優れていて、お...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食...

餃子の皮使って出来る、お弁当にピッタリな簡単おかずをご紹介

餃子の皮の使い道といえば、餃子ですが、実はアレンジ次第で、お弁当のおかずにも活用出来るのです。ち...

冷凍肉まんの蒸し方!ふっくら美味しいコツや簡単アレンジを紹介

冷凍の肉まんを美味しく食べたい。そんなときは蒸し方に工夫をしてみましょう。冷凍の肉まんは蒸し器が...

ラー油を使ったレシピの中で人気のものをご紹介

ラー油はピリ辛でさまざまな料理に合う人気の調味料です。何かにかけるだけでも美味しいですが、料理を...

即席で味噌汁が出来る、味噌汁の素を手作りしよう

即席の味噌汁の素と言えば、スーパーなどで売られているインスタント味噌汁を思い出す人が多いと思います。...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

シュウマイとはどんな食べ物なのか

シュウマイは肉や野菜で作った餡を皮で包んで蒸して作る点心のひとつで、焼売と書きます。

日本ではひき肉を使ったものが一般的ですが、本場中国では豚肉の焼売に小さい海老がのったものや、海老やアワビなどの魚介類を使ったものが多く食べられています。

点心とは中国では軽食を指しており、お茶を飲みながらパクっと食べられるために作られたそうです。

シュウマイは蒸して作るのに「焼」の文字を使うのはなぜでしょうか。
中国内でも地方によっては「焼麦」と書かれます。
かつて、病害で黒く変色してしまった麦の穂を、伝染を防ぐために焼き払っていました。
その麦に形が似ていることから、「焼」の漢字が用いられるようになったと言われています。

家庭料理としても好まれているシュウマイと似たもので、小籠包があります。
小籠包もシュウマイと同じようにひき肉で作った餡を皮で包んで蒸し上げる点心ですが、大きな違いは中から出るスープです。
小籠包の餡の中にゼラチンを混ぜて作ったスープを冷やし固めたものを入れ、蒸した時に温められて溶けたスープが噛むとジュワッと出てきます。

シュウマイは肉感を楽しむもの、小籠包は肉汁と合わさったスープを楽しむもの、と分けられています。

シュウマイが簡単にスープにアレンジ出来ちゃうレシピ

残ってしまったシュウマイをアレンジして美味しいスープにしてみましょう。

作り方は簡単です。

  1. 鍋に水を入れて沸かし、鶏がらスープの素を入れます。
  2. 春雨、刻んだショウガ、ニンジンやブロッコリーなど好みの野菜を入れて煮込み、野菜に火が通ったらシュウマイを入れて少し煮込みます。
  3. 好みで少しとろみを付けたら、ごま油を少し垂らして香りを付け、器に盛って白ゴマをふって完成です。
シュウマイはスープにするには大きいので、半分にして入れると食べやすくなります。
肉の味が染み出しやすくなり、美味しくなりますよ。
また、ショウガは刻んだものでなくても、おろししょうがやチューブ入りのものでも美味しく作ることができるので、好みのショウガを入れてください。

とろみを付けると冷めにくく、熱々の状態が長続きするのでおすすめです。

アレンジしたシュウマイをお弁当に入れても美味しいレシピ

そのままお弁当に入れてももちろん美味しいおかずですが、残ったシュウマイを使う時は少しアレンジを加えて飽きずに多食べられるひと味違ったおかずにしてみましょう。
  • 磯部風ピカタ
    シュウマイに小麦粉を薄くまぶします。
    卵に青のりと塩をひとつまみ入れ、よく混ぜ合わせます。
    卵液にシュウマイをくぐらせて、油をひいたフライパンで焼いて完成です。そもそも火が通ったシュウマイを使うので、まわりが焼けたら完成なので短時間で作れます。
    また、シュウマイにしっかり味付けがされているので、衣に味を付ける必要もほとんどありません。
  • エビチリ風シュウマイ
    ケチャップ 大さじ1、豆板醤 小さじ1、醤油 小さじ1/2、みりん 小さじ1を合わせておき、電子レンジで30秒温めて混ぜます。
    多めに油をひいたフライパンでシュウマイを揚げ焼きにし、皮がカリッと焼けたらキッチンペーパーで余分な油を拭き取り、合わせた調味料を加えて絡めます。大人用は豆板醤入りでピリッと辛く、子供用は豆板醤を抜いて砂糖をひとつまみ加えて甘辛く作ってみてください。
  • シュウマイおにぎり
    ご飯に塩、青のり、白ごまを混ぜたものを、広げたラップに乗せます。
    真ん中にシュウマイを乗せ、ご飯で包むようにしてにぎって完成です。

小さな子供には食べやすいようにシュウマイをカットしたものを入れてみましょう。

アレンジ次第で市販の冷凍シュウマイがご馳走になっちゃうレシピ

シュウマイを全く違うご馳走にアレンジしてみましょう。

シュウマイグラタンのレシピをご紹介します。

市販の冷凍シュウマイや冷凍ブロッコリーでも美味しくできるので、おすすめですよ。

2人分の材料は、シュウマイ 8個、ブロッコリー 100g、マカロニ 80g、とろけるチーズ、ホワイトソース缶 140g、牛乳 100ml、塩、だしの素、サラダ油です。

  1. 流水で洗ったブロッコリーを房ごとに切り分け、大きいものは半分に切ります。
  2. 鍋に多めにお湯を沸かしたら、塩、だしの素、サラダ油を少し入れてマカロニを茹で、茹であがる1分ほど前になったらブロッコリーを加えて一緒に茹でてしまい、ザルにあけてお湯を切ります。
  3. 耐熱容器にホワイトソース缶と牛乳を入れ、混ぜて溶いたら電子レンジで2分温め、泡だて器を使ってよく混ぜ合わせてもう一度2分温めます。
  4. グラタン皿に油を薄く塗ったらマカロニを敷き詰めてホワイトソースをかけ、電子レンジで少し温めたシュウマイとブロッコリーをバランスよくのせ、チーズをたっぷりかけてオーブントースターでこんがりするまで焼きます。

中華だったシュウマイが、不思議と洋風に変身しますよ。

チルドのシュウマイがさらに美味しくなるアレンジレシピ

ほかにシュウマイのアレンジでおすすめなのが、揚げシュウマイです。

カリッと上がったシュウマイの皮に、タレがよく絡んですごく美味しいレシピです。

おかずにもおつまみにもなって、おすすめですよ。

2人分の材料は、シュウマイ 8個、長ネギ 8センチ、鶏がらスープの素 小さじ 1/4、オイスターソース 小さじ1と1/2、醤油 小さじ1と1/2、砂糖 小さじ1/3、酢 1と1/2です。

  1. はじめにタレを作ります。
    長ネギをみじん切りにして耐熱容器に入れ、すべての調味料を入れて軽く混ぜ、600wの電子レンジで1分加熱します。
  2. 180℃の油できつね色になるまでシュウマイを揚げ、油を切ります。
  3. 器にシュウマイを盛り付けてタレをかけ、お好みで刻んだ小ねぎを散らして完成です。