キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食費がかかってしまうという人は食材を無駄にしていないかをチェックしてみましょう。

また、買う食材の値段が自分の家にとって合っているのかも節約のポイントです。ランクを下げてもそこまで気にならないこともあるのでぜひ試してみてください。

食費にかかる金額を抑えるコツを紹介します。

関連のおすすめ記事

No Image

夜ご飯のメニューが決まらない時に参考になるようなものは

夜ご飯のメニューを考える時に、上手く決まらないことはよくあることです。 「なんでも良いけど、アレは...

海外のケーキのデコレーションがスゴい!そのアイデアをご紹介

日本と違い、何でもスケールが大きい海外。その中でもケーキのデコレーションがスゴいと話題になっているよ...

豚肉で簡単美味しいお弁当おかず!脂が白く固まらない工夫を解説

お弁当を作るとき、メインの料理に豚肉を使うこともあるのではないでしょうか。豚肉はお手頃価格で簡単に調...

夜ご飯のカロリーの平均とは?女性の夜ご飯のとり方について

女性の夜ご飯の平均カロリーはどのくらいなのでしょうか。同じような食事なのに、太る人と太らない人が...

豚肉を柔らかくする方法!酒や果汁・乳製品で美味しいお肉に変身

豚肉を調理したとき、どうしてもお肉が固くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか...

唐揚げを塩麹で下味冷凍!下味冷凍のポイントやレシピをご紹介

塩麹は酵素によって食材本来の旨味を引き出すとことから、注目をされている調味料です。鶏肉の唐揚げに使用...

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

片栗粉は炭水化物の塊!ダイエット中の片栗粉との付き合い方

粉類の多くはほとんど糖質です。 片栗粉も例に漏れず糖質の塊なので、ダイエット中で糖質制限を...

大根の味噌汁が苦い時の対処法!大根の苦味を取る方法

大根のおでんや味噌汁が好きな方は多いと思います。好きな方にとっては、あまり苦味を感じない大根ですが、...

ラー油を使ったレシピの中で人気のものをご紹介

ラー油はピリ辛でさまざまな料理に合う人気の調味料です。 何かにかけるだけでも美味しいですが、料理を...

冷凍した豆腐は食感がお肉?冷凍豆腐の唐揚げレシピをご紹介

豆腐は冷凍が可能なことをご存知ですか?豆腐の食感をそのままに冷凍することはできませんが、冷凍した豆腐...

挽き肉レシピ人気献立集!子供が喜ぶ美味しいおかずの作り方

子供に美味しい料理を食べてもらいたいと思い、毎日の献立を考えているママの中には、どんな料理を作ってあ...

野菜嫌いを克服するための料理レシピ!子供に作りたい野菜おかず

子供の野菜の好き嫌いが多いとお悩みの方はいませんか?苦労して小さく切って、わからないようにしても、す...

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

10倍粥を簡単に作る方法!鍋やレンジを使ってご飯から作れます

10倍粥をお米から作ると、美味しいお粥が出来上がりますが、とても時間がかかってしまいます。赤ちゃんの...

5人分の食費は大きい!節約術の基本は無駄を作らない

安いときにまとめ買いすると安く済みますが、使いきれず食材が傷んでしまうことはありませんか?

しかしダメにするのはもったいないからと言って毎日買い物に行くと高く付いてしまいます。

やはり節約にはまとめ買いがお得なので活用したいところですが、問題はその食材の保存方法です。

食材別に長持ちさせる保存方法があるのでご紹介します。

肉や魚の保存方法

肉や魚は基本的に傷むのが早い食材なので、その日に使わないのならすぐに冷凍保存しましょう。

特にひき肉のように刃が入っているものは特に傷みやすいです。

私は消費期限その日に肉の冷凍保存をしたことがありましたが、冷凍庫に入れても腐敗が止まるわけではありません。

冷蔵よりは遥かに遅くはなりますが、確実に少しずつ腐敗は進んでいます。実際その肉は解凍するとなんともいえない嫌なニオイを放っていたので、怖くなって結局処分してしまいました。

肉や魚や買ったその日に冷凍保存するべきだと改めて感じました。

野菜の保存方法

野菜は種類によっておすすめの保存方法が変わります。

たとえばしめじなら買ってすぐに石突きをとってバラバラにほぐした状態でチャック付き冷凍保存袋に入れて冷凍保存すると、解凍したときに栄養が豊富できのこの風味も強くなってとても美味しくなります。

ブロッコリーも1株茹でたものを1房ずつに切り、水気をしっかり切って冷凍すると傷みにくいだけでなく調理がとても楽です。

にんじんや玉ねぎなど、半端に残ってしまいがちな野菜は、キッチンペーパーに包んでからラップでくるむと水気が逃げやすく傷みにくいです。

かぼちゃは種やワタの知多部分から傷みやすいので、買ったらすぐにそsの部分はスプーンで取っ手しまいましょう。

ラップで包むときも、空気に触れないように空洞のない包み方にしましょう。

その他の保存方法

たとえば豆腐は、半端に残ったものは水を張った容器に入れて冷蔵保存すると長持ちします。

また、足の早い油揚げは小さく切って冷凍保存するとひじきの煮物や味噌汁にさっと使えて便利です。

はんぺんも、すぐに使わないようなら冷凍保存しましょう。

食パンも常温だと傷むのが早いです。開封している物は常温ではなく冷蔵、または1枚ずつラップに包んで冷凍保存しましょう。

食費の節約術 5人の意見はどっち?主食VSおかず

5人家族だと、それぞれ食の好みが違って全員が満足するものを毎日食卓に並べるのはとても難しいです。

食材の1つ1つ、できるだけ安く買えるように工夫することが大事

たとえば5人家族なら毎日のお米の消費量も多いので、新米などの高いお米よりも少し古いお米にした方が多く買えるので、量を食べたい家族には向いています。

しかし米の品質にこだわる家族がいるとなかなか難しいので、そうなるとおかずで節約するしかありません。

スーパーで期限の近くなった肉などは夕方くらいから値引きシールが貼られて販売されるので、そういったものを狙って少しでも食費を抑えましょう。

また、調味料や冷凍野菜などには、スーパーのプライベートブランド商品があります。

他のメーカーのものと比べるととても安く、品質も特にメーカー品と遜色ないのでおすすめです。

1点1点見ると小さな金額の違いですが、10円の違いも100点あると1,000円の出費の差になります。

プライベートブランドや値引きシールをうまく使って節約しましょう。

食費の節約術の落とし穴?見切り品や特売日に気をつけましょう

特売日にスーパーに行くとあれもこれも安くて嬉しいですよね。

しかしこの特売日や見切り品は買うときに要注意です。
私は特売日にミニトマトを買ったのですが、家に帰ってからパックを開けると中のトマトは全部ブヨブヨで柔らかくなてました。表面のトマトはきれいだったのですが、お店では裏まで見ておらず、裏もきちんと覗いていれば買う前に気付けたと思います。

このように、特売価格に設定されている食材は基本的に傷みやすくなっているものばかりです。

そのため、スーパーで買っていつものように冷蔵庫に入れておくと、使う前に傷んでしまっているということもあるのです。

または、すでにお店で傷み始めていることもあります。

特売品は買う前に食材の隅々までチェックして購入し、帰宅後すぐに冷凍保存や調理をするなどして処理しましょう。

肉も安いものは期限の近いものなので、その日のうちに使わないものはすぐに冷凍保存しましょう。

保存がうまく出来るようになると特売は強い味方です。

食費の節約術 5人分のタレは買うよりも作るとお得

焼き肉のタレ、塩ダレ、ドレッシング類…これらタレに分類されるものたちは、その1種の中でもさらに何種類もの味に分かれるため、用途別に買うと冷蔵庫の中でとても場所を取ります。

使用頻度のとても多いものだけを市販品で購入しておき、頻度が少ないようなタレやドレッシングは都度手作りした方が新鮮で経済的なのでおすすめです。

何種類もあったとしても、どれも基本的な味付けはマヨネーズやケチャップ、醤油、砂糖、味噌、ソース、中華だしなど、調理をする家庭なら普段から冷蔵庫に入っているようなものでほとんど作れます。

5人家族なら外食の頻度は低い家庭が多いので、都度手作りするのに困るような冷蔵庫ではないでしょう。

一週間分のドレッシングを作り置きして、容器に入れて冷蔵庫で保管し、一週間で使い切るという計画を立てた作り置きでもいいですね。バジルなどのハーブもあれば幅は更に広いので、レシピを探せば和・洋・中、何でも作れるはずです。

食費を抑えて家族5人が満足できるかさ増し料理を紹介

少しでも安く抑えた上で、家族5人がしっかり食べられるような量は作りたいと思うのは当然のこと。

そんなときはかさ増し料理です。

我が家のメニューを紹介してみましょう。

私はハンバーグを作る時、必ず豆腐1丁も入れて混ぜます。水切りなどは面倒なのでしません。最初に豆腐をボウルに入れて、泡立て器でぐちゃぐちゃにします。
そしてパン粉を1カップ入れてよく混ぜ、そこにひき肉、卵、塩、胡椒、ナツメッグ、みじん切りした玉ネギを入れていき、成形して焼いています。

柔らかいので少しパン粉の量を多くしてもいいです。

そうして完成したハンバーグはひき肉だけのハンバーグよりも柔らかく、1個辺りのカロリーも低いあっさりしたハンバーグになります。

柔らかくてふわふわなので子どもたちは大喜びで食べてくれます。離乳食時期からハンバーグは必ず豆腐を混ぜていたので、外食でハンバーグを食べると脂っこいと感じることさえあるようです。

これならかなりの量をかさ増しできるのでおすすめですよ。

また、焼きそばやオムレツなどをかさ増ししたときは、もやしを使っています。

私の中ではむしろもやしは普通焼きそばに入れるものだと思っていたのですが、夫は私の料理を見て驚いていたので一般的ではないのかもしれないとその時初めて知りました。

後から調べたら、焼きそばにもやしを入れると水気が多くなるのではっきりと好みが分かれるのだと分かったので、好みが分かれるかもしれません。

私は好きですしかさ増しもできるのでおすすめです。

他にも車麩、春雨など、特に乾物でかさ増し出来る料理はレシピを検索するとたくさん出てきます。

かさ増しするだけで食費の負担は全然違ってくるので上手に使いましょう。