なすと豚肉を使った料理が知りたいあなたに贈る簡単レシピ

なすは夏から秋にかけてが旬の美味しい夏野菜のひとつです。
シンプルに焼きナスにしても美味しいですが、より美味しく食べるのなら、一緒に豚肉を食べることをおすすめします。
ここではなすと豚肉を一緒に食べた方が良い理由と、なすと豚肉の美味しさを堪能できる料理のレシピをご紹介しますので、ちょうどなすと豚肉を調理しようと思っていた方は、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

即席で味噌汁が出来る、味噌汁の素を手作りしよう

即席の味噌汁の素と言えば、スーパーなどで売られているインスタント味噌汁を思い出す人が多いと思います。...

卵を使ったご飯に合うおかずレシピ、子供も喜ぶ朝ごはんをご紹介

寝坊した日の朝ごはんほど、子供に何を食べさせればいいのか悩んでしまいます。そんな時におすすめした...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

豚ひき肉とキャベツで丼メニュー完成!アレンジして食べよう

豚ひき肉とキャベツは相性バツグンですが、丼にするとなるとどんな味付けにすればいいのか迷ってしまうかも...

魚焼きグリルでパンは水も入れて焼くと美味しい!焼き方と注意点

魚焼きグリルを使って食パンを焼くことができるのを知っていますか?このとき、水も入れて焼いた方がい...

自宅焼肉におすすめの美味しい食べ方!家でもお店気分を味わえる

家族全員焼肉が大好きというご家庭は多いと思いますが、焼肉屋さんに行くとかなりの出費になるものです。家...

料理を作ったら、自分流にレシピをまとめよう。そのまとめ方とは

料理を作った時に、ネットなどに書かれているレシピを参考にする方も多いと思いますが、その時に、「自分に...

ナス料理の中で美味しい調理法のものを知りたい

ナスを誰かからおすそ分けで貰ったり、特売で大量に買ったりした時は、さまざまな料理を楽しみたいですよね...

昼ご飯のメニューを簡単にするコツとランチにおすすめのレシピ

一人分の昼ご飯を作るのはなんだか面倒なものです。なるべく手間をかけずにお昼ごはんを作りたいと思う人も...

夕ご飯の献立は子供も大人も喜ぶものにしよう

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。大人好みのものにしてしまうと、子供には食べづらい味付...

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

鶏モモとトマト缶を使ってできる、簡単料理をご紹介

毎日ご飯を作っていると、晩ご飯を作る時間になっても、やる気が出なかったり、調理時間をあまりかけら...

冷凍した魚の臭み取り方法と臭みを予防する下処理・冷凍のコツ

冷凍保存した魚を調子するとき、魚の臭みが気になることがあります。臭みがあると、せっかく調理をしても美...

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

なすと豚肉の相性と栄養について

スーパーに行けば年中欠かさずに売られている「なす」と「豚肉」。
そんな定番の食材であるなすと豚肉は常に冷蔵庫に入れるようにしているという方も少なくないのではないでしょうか。

なすと豚肉は栄養が多く含まれている食材です。
そのためそれぞれを組み合わせて食べると一度で豊富な栄養を摂取することができると言われています。
では実際にはどのような栄養が含まれているのか?なすと豚肉それぞれに含まれている栄養を見てみましょう。

なすに含まれている栄養は2つ

体に蓄積されている熱を逃がす役割がある「カリウム」と、癌などの病気や老化を予防する役割がある「ナスニン」です。
またなすは水分が非常に多く含まれている食材のため、なすを食べると自動的に水分補給にも繋がるのです。

豚肉の主な栄養は「たんぱく質」

筋肉はもちろんのこと、綺麗なお肌や髪の毛等も質の良いたんぱく質があるからこそ、成り立つものでもあります。
また豚肉にはビタミンも多く含まれておりビタミンには疲れた体を癒す役割があります

熱中症で体がバテ気味な夏場にはもってこいの組み合わせだと言えるでしょう。

なすと豚肉とピーマンを使った人気レシピをご紹介

なすと豚肉を使ったレシピでやっぱり定番なのは「炒め物」です。
必要な具材を全て一緒に炒めるだけの炒め物はとても簡単で、且つ、ボリュームもあるので満足感も得ることができます。

なすと豚肉の炒め物(2人前)

  • なす 2~3本
  • ピーマン 2~3個
  • 豚肉(こま切れでもバラでも可)140~150g
  • 油 適量
  • 合わせ調味料(酒と砂糖を各大さじ1、味噌大さじ1と0.5、水大さじ0.5)
手順は主に「切る」「炒める」「混ぜる」の3つです。

1.「切る」

なす、ピーマン、豚肉を適当な大きさに切りましょう。

2.「炒める」

カット済みの野菜とお肉を炒めます。
フライパンに油を熱し、なすと豚肉、火の通りやすいピーマンは一番最後に炒めましょう。

3.「混ぜる」

それぞれの食材にある程度火が通ったら、予め用意していた調味料を投入します。
食材に絡ませるようにしっかりと混ぜましょう。

以上でなすと豚肉の炒め物は完成です。

ポイントとしては火の通しすぎに注意することだけです。
特にお肉は火が通し過ぎると食感が悪くなってしまいますので注意して下さいね。

なすと豚肉にもやしと玉ねぎを合わせるさっぱりレシピ

上記ではガッツリ系のレシピをご紹介しましたが、なすと豚肉はさっぱり系のレシピで楽しむこともできます。

なすと豚肉のさっぱりレシピ(2人前)

  • なす 2~3本
  • 玉葱とモヤシ 各1/2
  • 豚肉 100g前後
  • 油(ごま油だと◎)適量
  • ポン酢 適量
※調理を始める前に「なすのアク抜き」を済ませておくと、尚美味しく頂くことができます。
アク抜きの方法は、カットしたなすを水の溜めたボウルの中へ数分浸けたのちに、なすに付着している水分をしっかりと拭き取るだけです。
  1. 野菜やお肉をカットします。
    なすのアク抜きを行った方は玉葱と豚肉を適当な大きさにカットして下さい。
  2. フライパンに油又はごま油を熱して、具材を「なす→お肉」の順番で炒めます。
    なすに十分に油を吸わせるように炒めると美味しく炒めることができます。
    またごま油を使うことで風味を豊かにすることができます。
  3. ある程度火を通したら残りの野菜を入れて一緒に炒めます。
  4. 最後にポン酢を入れて軽く混ぜながら熱したら完成です。
    ポン酢の分量は味見しながら調整して下さいね。

なすと豚肉にキャベツとしめじをプラスするレシピ

なすと豚肉は様々な野菜と本当に相性が良い食材です。
そこでここではなすと豚肉のほか、キャベツとしめじも加えたアレンジレシピについてご紹介しましょう。

必要な食材と調味料(2人前)

  • なす 2本
  • 豚肉 100g前後
  • キャベツ 2~4枚
  • しめじ 1/2~1/3株
  • 合わせ調味料(酒、醤油、にんにくチューブを各小さじ1、砂糖を小さじ1/2)
  • 油 適量(サラダ油とごま油どちらでも可)
  • オイスターソース 大さじ1

手順

  1. ボウルに豚肉と合わせ調味料を入れたら、軽く揉みこんで味付けをしておきます。
  2. なす、キャベツ、しめじを食べやすい大きさにカットします。
    ※あまり薄くカットしてしまうと食感が楽しめなくなりますので注意して下さい。
  3. フライパンに油を熱して手順2でカットした野菜を炒めます。
    しんなりしてきたら火が通ったサインですので一旦取り出しておきましょう。
  4. 再度フライパンに油を熱して手順1で味付けした豚肉を炒めます。
    お肉の色が赤から変わってきたら一旦火を止めて下さい。
  5. 加熱済みの野菜を豚肉と一緒に炒めます。
  6. 最後にオイスターソースを加えて馴染ませたら完成です。

なすと豚肉の組み合わせが美味しいカレーのレシピ

なすと豚肉はカレーの具材として使っても、とても美味しく頂くことができます。
また、カレーは多めに作り置きして冷蔵庫で保管しておくことで、翌日のご飯を作る手間も省くことができるためお勧めです。

それでは作り方を見てみましょう。

なすと豚肉入りカレーのレシピ(4人前)

まずは材料を用意しましょう。

  • なす 2~3本
  • 豚肉 100~150g(部位はお好みの箇所で)
  • 玉葱 1/4個
  • 人参 1/3本
  • じゃがいも 1~2個
  • カレーの素 1箱(4人前のもの)※8人前のものを1/2箱でもOKです。
  • 水 約600ml

必要な材料が揃ったら調理開始です。

  1. ピューラーで野菜の皮を剥いて、適当な大きさに切っておきます。
  2. 切った野菜を根菜類から炒めていきます。
  3. 野菜に軽く火が通ったら、豚肉も一緒に炒めます。
  4. お肉に色がついてきたら水を入れて煮こみます。(約10分前後)
    煮込んでいる最中に浮いてくるアクはアク取りで取って下さい。
  5. 具材が柔らかくなっているか確認します。硬い場合にはもう少し煮込むようにしましょう。
  6. カレーの素を入れて混ぜながら溶かし、とろっとしてきたら出来上がりです。