卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分けに作るのもレンジを使えば簡単に作ることができます。

プリンに欠かせないカラメルソースの作り方、卵を消費できるお菓子レシピを紹介します。

卵を買いすぎてしまった、消費期限が迫ってきているなど大量消費したいときにはぜひ作ってみてください。

関連のおすすめ記事

ナスを炒めるコツ!美味しく上手に仕上げるポイントを紹介

ナスを炒めるといつも失敗してしまうというあなた。ナス炒めを美味しく作るにはコツがあるのです。...

卵と食パンが食べられるのは離乳食のどの時期?レシピもご紹介

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが食べられる離乳食のレシピについて頭を悩ませている人も...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

夕ご飯に工夫をしてダイエットするならこんなレシピがおすすめ

ダイエットしている人は、夕ご飯を抜こうとしたりすることもありますが、体の事を考えると、それはおすすめ...

豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか?硬い豚肉はまるでゴムのようですし、...

冷凍ぶどうの食べ方!美味しく食べられるおすすめアレンジを紹介

冷凍したぶどうの食べ方はそのままでも美味しく食べることができます。さらに、ひと手間を加えるだけで...

野菜で作る美味しいお菓子!子供の野菜嫌いを克服する簡単おやつ

子供の野菜嫌いに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。「好き嫌いをせずに野菜もモリ...

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

冷凍ご飯を解凍に冷蔵庫はNG!冷凍ご飯を美味しく食べる方法

冷凍ご飯を夜に使う予定だから冷蔵庫で解凍しておけばちょうどよいのでは?と、ゆっくり解凍したら水分が抜...

卵をいい感じに消費出来るお菓子についてご紹介

卵は常に冷蔵庫にあるという方も多いと思いますが、それと同時にあまり消費していなかったのに、うっかり賞...

片栗粉のとろみ・料理が冷めるととろみがなくなる原因と対処法

水溶き片栗粉を使って料理にとろみをつけたとき、料理が冷めるととろみがなくなることにお困りの人もい...

豚ひき肉でつくねを作ろう!豆腐を使った絶品つくねの作り方

豚ひき肉とお豆腐があるなら簡単に作れるつくねがおすすめです!離乳食にもなりますし、大人向けに歯ごたえ...

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感の...

冷凍ご飯を美味しく食べるレシピ。リゾットの作り方

一人暮らしの人や、ご飯をさっと作りたい時に便利なのが冷凍ご飯ですよね。解凍して普通のご飯として食...

食費をひと月に3万円に抑える献立のアイデアをご紹介

食費を3万円にすると言っても、それが何人分なのかによって意味が大きく異なります。3人家族だとして...

卵を大量消費したいときは炊飯器プリンがおすすめ

5合炊きの炊飯器で6~8人分ほどの大きなプリンが作れます。

炊飯器に入れてスイッチを入れるだけで出来るのでとても簡単でおすすめです。

  1. 鍋に牛乳、生クリーム、砂糖を入れて弱火で煮ます。大体牛乳が400cc、生クリームはその半分、砂糖100gくらいです。
  2. 煮る時間は20~30秒程度でOKです。
  3. 卵は6個使います。溶きほぐしたものをバニラエッセンスと一緒に鍋に投入してください。
  4. 丁寧に混ぜたら、裏ごしして炊飯器に流します。
  5. 表面にできた気泡は茶こしなどで取り除いてください。
  6. 炊飯器に釜をセットし、保温のスイッチを入れましょう。炊飯ではなく保温なので注意してください。この状態で約4時間です。固まったかどうかは、ティースプーンをプリンに乗せてみるとわかりやすいです。沈まずそのまま上に乗っていればOKです。
  7. その後釜を取り出し、冷蔵庫で3時間程度冷やします。
  8. ひっくり返すときは、側面を釜から慎重に離し、お皿を釜の蓋にして釜を引っ繰り返して取り出しましょう。カラメルソースを入れる場合は、釜に最初に入れておきましょう。

卵で作るプリンケーキも炊飯器なら簡単

プリンケーキはハードルが高くて作りにくいと感じるかもしれませんが、炊飯器なら簡単です。

卵3個、砂糖90~100g、ホットケーキミックス50g、牛乳150cc、生クリーム200gで作れます。

  1. 溶きほぐした卵に砂糖、ホットケーキミックスを入れて混ぜ、混ざったら牛乳、生クリームも入れて、通常モードで炊飯します。
  2. 香り付けにバニラエッセンスも入れてもいいでしょう。
  3. ホットケーキミックスはふるいにかけながら加えてください。
  4. 中には2回炊飯しないと焼けないメーカーのものもあります。
  5. 焼けたらそのまま冷蔵庫で冷やし、しっかり冷やしてから型から抜きます。
  6. 冷やし終わったらカラメルソースを作ります。
  7. 鍋に砂糖60g、水大さじ2を入れて火にかけ、色が変わってきたらさらに大さじ1の水を入れて完成です。
  8. カラメルソースは冷える前にプリンケーキにかけましょう。これでプリンケーキの完成です。
ケーキなので切り分けやすく、工程は簡単なので、お客様に出すのもいいですし、子供のおやつにしても喜ばれます。私はいつもさらにホイップクリームを乗せて食べています。ミントを添えると見た目は完全にお店のケーキです。

卵の大量消費や大人数に作りたいときにはレンジでプリン

大量に作りたいけど大きいものを作ってとりわけるのが面倒…という人には、卵1つを使ってマグカップで作るプリンもおすすめです。

  1. 卵と砂糖大さじ2をボウルでよく混ぜ合わせます。
  2. しっかり混ざったら、牛乳130ccを加えてください。この時、一度に投入すると卵と牛乳が分離してしまう可能性があるので、3~4回に分けて少しずつ投入してください。。
    卵液が出来たら次はカラメルソースを作ります。
  3. 砂糖大さじ1、水小さじ2分の1をマグカップに入れて良く混ぜましょう。それをラップをかけずに電子レンジ600wで1~2分加熱すると、簡単に作れます。
  4. その上に最初に作った卵液を流し込み、電子レンジで1分半~2分加熱してください。このとき、急に吹きこぼれることがあるので出来るだけ目を離さないでください。
  5. 加熱が終わったらすぐにマグカップにラップをかけて、予熱で10分程度温めます。
  6. 時間が経ったら表面に生クリームなどのトッピングをして完成です。

大量に作ることもできますし、一人分のプリンが急に食べたくなったときにもおすすめです。

プレゼントにもおすすめですよ。

卵のプリンに合うカラメルソースの作り方

鍋でカラメルソースを作るのもいいですが、工程が簡単な割に失敗しやすいので難易度はそこそこ高めでもあります。

よくある失敗としては、水分量が少なく焦がしてしまうというものです。

一度に作るカラメルソースは量が少ないのですぐに色が変わります。その見極めが遅くなるとすぐにソースが黒くなり、苦味の強いカラメルソースになります。

また、水は途中でも加えるのですが、熱い鍋に投入するのでものすごく跳ねることがあります。

そうすると溶かした砂糖と合わせる量が減ってしまい、硬くて苦味の強いソースになったという失敗は珍しくありません。

そのため、電子レンジで作る方法が失敗しにくくおすすめです。

まず耐熱容器に水大さじ1と砂糖大さじ2を入れて混ぜ、ラップをしないで500wの電子レンジで2分~2分半程温めます。

温めたら容器を取り出し、すぐにお湯小さじ2を入れて素早く混ぜて完成です。

耐熱容器はとても熱くなっているので電子レンジから取り出すときは注意してくださいね。

卵の大量消費できるスイーツを紹介

プリン以外にも卵の大量消化が出来るものがあります。

  • まずはカスタードクリームです。目安ですが、だいたい卵3個くらいで結構な量のクリームが作れます。
  • また、卵を使ったパウンドケーキもおすすめです。ふんわりした優しい食感になります。
  • 更に卵を大量に使いたい場合は、カステラがおすすめです。

大きな型を使えば一気に10個使うことができます。

過去に半熟カステラを「作ったときも、全卵2個に卵黄4個を使ったことがあるので、カステラはたくさん卵があるときのスイーツ作りにはとてもおすすめですよ。

ただし、どのスイーツにも共通しているのがあまり日持ちしないということです。

焼いたお菓子でも大体3~4日、カスタードクリームなら基本的には当日消費なので大量に作るときは期限にも注意してくださいね。保管するときも、焼き菓子であっても基本的に冷蔵庫で保存するようにしましょう。