キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

餃子の皮でスイーツが簡単に作れる!おすすめレシピや保存方法

餃子の皮が余ったときは、手作りスイーツを簡単に作ってみましょう。
餃子の皮を焼いたり揚げたりするだけでお子様も喜ぶ美味しいスイーツが簡単にできるのです。

そこで、餃子の皮で作れる簡単スイーツのおすすめレシピや餃子の皮の保存方法などお伝えしていきましょう。

余った餃子の皮を冷凍しておけばいつでも手作りスイーツに挑戦できます。
ぜひ参考にあなた好みのアレンジを楽しんでみるのもおすすめです。

関連のおすすめ記事

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

【夕ご飯のレシピ】夏におすすめのメニューと調理する時の注意点

夏になり、気温の高い日が続くとどうしても食欲が落ちてしまうもの。夕ご飯を作ることも面倒ですが、食べな...

冷凍肉まんの蒸し方!ふっくら美味しいコツや簡単アレンジを紹介

冷凍の肉まんを美味しく食べたい。そんなときは蒸し方に工夫をしてみましょう。 冷凍の肉まんは蒸し器が...

卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。 冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

夜ご飯のカロリーの平均とは?女性の夜ご飯のとり方について

女性の夜ご飯の平均カロリーはどのくらいなのでしょうか。同じような食事なのに、太る人と太らない人が...

ダッチオーブンで作る燻製、チーズ燻製の作り方とコツをご紹介

キャンプでダッチオーブンを使ってチーズの燻製を作ってみませんか? 我が家は毎年家族キャンプに行って...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

ジンギスカン鍋のお手入れ方法、しつこい汚れを落とす洗い方

ジンギスカン専用のジンギスカン鍋をご存知でしょうか。鉄製でできているので熱伝導率に優れていて、お...

ナスの作り置きおかずはお弁当にも。男性も喜ぶナスレシピ

私はナスが大好きです。ナスの揚げ浸しなどの作り置きおかずをよく作りますが、お弁当に最適なナスの作り置...

豆苗を水耕栽培ではなく土で栽培する方法、注意点について

豆苗はスーパーで売られているものを見ると、水耕栽培なのだと思い込んでしまいませんか?実は豆苗は土で栽...

冷凍シュウマイの蒸し方とポイント、アレンジレシピをご紹介

冷凍シュウマイは蒸し方がポイント。失敗してしまうと皮がベチャベチャ、具もパサパサのシュウマイになって...

シュウマイをアレンジして食べられるレシピについて知りたい

シュウマイは中華料理の中でも人気のメニューのひとつですよね。 いつも通り普通に食べるのも美味しいで...

餃子の皮に包んで焼くだけで簡単スイーツが作れます

餃子の皮は包んでおかずに使うことが多いですが、一工夫すればスイーツに変身させることができます。

スイーツにするには、甘い物を餃子の皮に入れる事。
後はきちんと縁を接着してフライパンで焼けば熱々のスイーツが出来上がります。どうせなら、熱々とろーりにしてみませんか?中に溶ける素材を入れたらとろーりが実現できます。

チョコレートやマシュマロなど入れるととろーりとなります。後は相性の良いクリームチーズや果物を入れるとよりスイーツ感がでます。

ただし、餃子の皮の大きさに注意してください。あれもこれも入れすぎると餃子の皮をきちんと接着できなくなってしまいます。
きちんとくっつかないと折角のとろーりが全部出ていってしまいます。
あれもこれもと欲張らずに、全部少しずつ入れましょう。

また、焼く前に無塩バターを溶かしてから焼くと良い匂いと風味が付く他、餃子の皮がフライパンにくっつくのも防ぐ事が出来ます。

くるくる巻いた餃子の皮を揚げるだけの簡単スイーツレシピ

餃子の皮を巻いて揚げるだけの簡単スイーツ

餃子の皮を一枚のままあげるとカリカリにできますが、くるくる巻いて揚げるとカリっとした食感と、巻いた部分のもちっとした食感の二種類を楽しむ事が出来ます。
餃子の皮を巻いただけだと取れてきてしまうので、片栗粉を水で溶いたものを糊代わりに塗ると取れてこないようにできます。

巻き始めはそのまま巻いていって構いませんが、最後の部分だけ片栗粉を溶いた水を塗って巻き終わるようにしてください。

餃子の皮は、きっちり巻かないと締まりがなくてきれいに揚がりませんので、巻き始めを小さくして中の空洞を少なくするような気持ちで巻いてください。
そのまま、指で押しあげるようにずらすとしっかり巻くことができます。

巻き終わったら、強火にして、少なめの油で20秒から30秒ほど揚げます。

揚げたらチョコレートフォンデュにつけて食べたり、ジャムを付けたり、アイスクリームのトッピングやパフェの横に付けても美味しく食べるとができます。

餃子の皮とトースターなら簡単ヘルシースイーツに変身

餃子は、重ねるとパイの役割も果たすことができます。

餃子の皮にお好みのジャムや材料を挟んで、上から更に一枚乗せて、餃子の皮の縁をフォークで押さえて剥がれてこないようにしたら、トースターで焼き目が付くまで4、5分焼きます。この時、トースターにアルミホイルを引いてから焼くと取り出す時に簡単に出せる他。網目から作ったパイ風餃子も落ちるのも防ぐ事ができます。

パイに入れる具材は、どんな物でも美味しくできます。アップルパイなどもお勧めで、角切り、薄切りなど、生のリンゴを切った後、砂糖と水一緒にレンジで温めるととろりとしたリンゴになるので餃子の皮で挟んで焼くと作る事ができます。
また、リンゴの代わりに、季節の果物で作ってみると色々な味を楽しめますし、ナッツなどを一緒に挟んで作ると果物の柔らかさとナッツのカリっとした食感を楽しめてお子様も喜んでくれるはずです。

ポイントは、作ってすぐ食べることです。餃子の皮は水分を吸いやすく、時間が経つとフニャフニャになってしまいます。
出来立てが一番美味しくいただけますので、一回で食べきれる量を作る事をお勧めします。

餃子の皮を並べてのせるだけで簡単おしゃれスイーツも楽しめる

餃子の皮は一枚ずつだと小さくて乗せたり、包んだりしての量の制限が出てきてしまいますが、重ねて焼き上げると大きな生地に早変わりします。

重ねて大きくした餃子の皮でフルーツとクリームチーズのピザを作ってみましょう。

  1. まずは、大き目の生地にするので、トースターでは焼けませんのでオーブンで焼いていきます。オーブンの天板にクッキングシートを敷き、そこに餃子の皮を乗せていきます。
  2. まず一枚目を置き、そこに水を塗って二枚目を重ねていきます。強度を具材の水分が天板に漏れないように少し重なりが多めに重ねます。このまま重なるまで少しずつずらしながら円になる様に重ねていきます。
  3. 重ね終わると中心が空いた状態になるので、最後に穴が埋まるように上から一枚乗せて生地の完成です。
  4. 上からお好きな果物を置き、クリームチーズを乗せてオーブンで焼きます。生地が薄いのと、具材は生で食べられるものばかりですので、焼き時間は短めの5、6分で良いです。オーブンは事前に余熱しておき、温度は200度くらいが良いです。
    生地が薄いので焼きすぎるとすぐに焦げてしまいます。オーブンから離れず、様子を見ながら焼いて下さい。

余った餃子の皮を冷凍しておけばいつでも作れておすすめ

余った餃子の皮を冷凍するときは、くっつかないように冷凍するようにしましょう。

くっつかないようにするには、餃子の皮と餃子の皮の間にラップやアルミホイル、クッキングシートを挟んで冷凍すればくっつかなく冷凍できます。

餃子の皮、ラップなどの敷く物、そしてまた餃子の皮と交互にして挟んでいき、5、6枚セットにして最後にラップで包んでからまとめて冷凍すると良いです。

水分が大敵の餃子の皮ですので、冷凍するときは、温度差ができて霜ができないように冷凍庫の奥で冷凍するようにしましょう。