キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

大根の消費【大量】簡単おすすめレシピと正しい保存方法を紹介

大根の消費で困っているあなた。できれば大量に消費できて簡単に作れるものがいいですね。

そこで、大根の大量に消費できて簡単に作れるおすすめな人気レシピをご紹介していきましょう。

大根を切るだけのものから子供も喜ぶメニューなど、大根をまるごと1本使い切りできるレシピなら大量に大根を消費できます。
まずは大根を正しく保存してから、ぜひ参考に作ってみてください。

関連のおすすめ記事

冷凍シュウマイの蒸し方とポイント、アレンジレシピをご紹介

冷凍シュウマイは蒸し方がポイント。失敗してしまうと皮がベチャベチャ、具もパサパサのシュウマイになって...

豚肉のスープにもやしを入れて、色んなバリエーションを味わおう

豚肉のスープを作る時に、さまざまな野菜が合いますが、その中でももやしは、安くて食物繊維などの栄養もあ...

野菜が美味しく食べられるメニューは?子供の野菜嫌い克服方法

お子さんの野菜嫌いに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。子供には色々な物を食べてもらいた...

子供も飲める美味しい野菜ジュースをミキサーで作るコツをご紹介

足りない野菜を、野菜ジュースやスムージーで補う方もいらっしゃると思います。お店で購入した野菜ジュース...

【夕食レシピ】簡単だけどお肉をがっつり食べたい日の豚肉おかず

夕食は、豚肉で食べごたえのある料理を作りたいということもあると思います。特に食べざかりのお子様が...

食費をひと月に3万円に抑える献立のアイデアをご紹介

食費を3万円にすると言っても、それが何人分なのかによって意味が大きく異なります。 3人家族だとして...

美味しい焼肉のタレの作り方について知りたい

美味しい焼肉のタレは何かと考えた時に、市販品や、焼肉屋さんの特製ダレを思い浮かべるかたが多いことでし...

大人数の料理はホットプレートにおまかせ!おすすめを紹介

大人数の料理を作るときに役立つホットプレートですが、レパートリーがなかなか増えないとお悩みではないで...

大人数のもてなし料理・冬の美味しいレシピとおもてなしのコツ

冬になると色々なイベントが目白押しです。自宅にお客様を招いて、ホームパーティーをする予定の人もいるの...

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。 そんな...

洋食のマナーとは?パンを食べるときのテーブルマナー

洋食でパンを食べるときにはどんなマナーがあるのでしょうか?コース料理でパンを食べる時、どのようにすれ...

夜のアイスを避けるべき理由とどうしても食べたい時の対処法

夜のアイス。ダイエットに励む女性にとって、こんなに魅力的な言葉はそうそうないと思います。たとえ本格的...

転写シートでチョコを簡単可愛くデコ!使い方のコツ

最近は、製菓コーナーやバレンタインコーナーには、いろいろな転写シートが並びます。転写シートを使うと、...

冷凍ご飯を美味しく食べるレシピ。リゾットの作り方

一人暮らしの人や、ご飯をさっと作りたい時に便利なのが冷凍ご飯ですよね。 解凍して普通のご飯として食...

たこ焼き粉がなくてもたこ焼きが作れるレシピ【小麦粉代用】

買い物へ行ったもののたこ焼き粉を買い忘れてしまっても、小麦粉を代用すればたこ焼きを作ることができます...

大根を切って漬けるだけの漬物は大量消費におすすめ

大根はしばらくの間は野菜室などで保存しておくことができますが、あまり長い時間保存しておくとスが入ってしまいます。
そうなる前に消費してしまいたい。そんな時は、漬物にしておくと更に長持ちします。また、箸休めにもなりますし、おつまみにもなります。

どんな調味利用でも漬物にすることができます。

例えば、めんつゆでも漬物ができます。少し薄めためんつゆに細切りにしたショウガなどを一緒に入れて付ければ醤油味ベースの漬物になりますし、保存性を重視するなら醤油と酢の漬物でもよいです。大人の味に仕上げたければこれに唐辛子などを一緒に入れて付けるとピリ辛の漬物にすることができます。

大根は漬けこむ事で水分が減り、かさが減ります。水分が沢山出たら少し捨てて保存すると良いですよ。
しっかり味を染み込ませたい時は、生の大根を漬けるのではなく、一度調味料を鍋に入れて煮て火を通してから冷まして冷蔵庫で保管する方法もあります。

お弁当のおかずにもピッタリ!作り置きできる大根の大量消費レシピ

大根は煮物にも、きんぴらにも最適です。
煮物にするなら圧力鍋などで大きめに切って調理する方法や、きんぴらですと細切りにしてフライパンで炒めながら火を通す方法があります。

大根を大量消費する場合は、味付けを少し濃いめにすると食が進み子供達も食べてくれる

煮物の場合は薄味にすることが多いですが、少し濃いめにしたり、一緒にお肉を入れる事によって箸が進むはずです。また、手羽先や、手羽元などと一緒に煮てこってり味に仕上げる方法もお勧めです。

少し沢山作って箸休めや、副菜に使用する事も出来るのが大根の良い所です。
大人用に薄味にして、ダシのよく出るしいたけと油揚げと一緒に煮る事でしっかり味が染みた副菜にすることができます。
大きく大根を切るとボリュームが出て味に飽きが来てしまいがちですが、細切りにすれば味も染みやすく、少量ずつドンドン食べられるので、副菜などに調理するときは細めに切ってたっぷりつくりましょう。

細切りに合わせる食材も、味のしっかりした、ちくわやツナ、コンビーフ、ひじきなどがお勧めです。

大根の大量消費には子供が大好きなメニューに変身

大根は和風の物と合わせがちですが、思い切って味の濃いウインナーやベーコンなどと合わせると子供の大好きな料理に変身します。

また、味付けも、トマトベースにしたり、クリームソースと合わせたりするとシンプルな味の大根は邪魔せず同調してくれます。

グラタンの中に大根を入れてもきっとお子さんは気が付ないのではないでしょうか。
大根をあまり食べてくれなくて消費が捗らない時などは隠してわからないように混ぜてしまえばいいのです。

大根を下茹でして、玉ねぎや鶏肉と一緒にバターで炒めてしまえばしっかり味が同調して浮く事はありません。

同じように、大根を茹でてからみじん切りにしてチャーハンに入れても良いです。
私は、大根の消費が上手くいかず、こっそりチャーハンに混ぜたことがありますが、子供は食べ終わるまで気が付きませんでした。
大根から水分が出るかな。少し心配でしたが、それも気になりませんでした。きっと一度下茹でしているから水分が少し出たのかもしれません。

チャーハンで気が付かないのであれば、オムライスの中のチキンライスに入れても気が付かないはずです。
味の濃い物と一緒に混ぜて炒めれば案外気が付かないものなのです。

余った大根をまるごと使い切りできるお手軽鍋レシピも紹介

大根が何本もあってドンドン使っていきたい時は、鍋に入れてしまいましょう。

豚バラ大根なべなんてどうでしょうか。

大根を薄めに切り、豚バラと交互に挟んでいきながら鍋の縁に敷き詰めていきます。円を書くようにぐるっと一周させたら、中も一周詰めていきます。
ぎっちり詰めないとゆるゆるで水分で大根が浮いてきてしまい、バラバラになってしまうのでしっかり敷き詰めましょう。

鍋の汁はお好みで、沢山の鍋の元がスーパーには並んでいますね。大根と豚バラでしたらどんな味にも合いますので、自分の好きな味付けをしてみると良いですね。

また、我が家では、すき焼きに薄く切った大根を入れて食べたりします。
中々火が入らない事がありますので、薄切りにして入れるか、初めに少しレンジで火を通してから入れると早く食べる事ができます。
大根は加熱しても葉物野菜とは違い縮まらないのでかさましになりますし、大根に味がたっぷり染みるので美味しいですよ。

大根が大量にあるときは正しく保存しましょう

大根は、カットしている物や、一本まんまの物など色々な形で売られていますが、鮮度と保存を考えると一本のままの物を買う方がお得ですし、保存も利きます。

どうせ買うなら鮮度の良い物を購入したいですね。そんな時は、葉の状態を見て選ぶと良いです。
葉がピンとしている物や、みずみずしい物が望ましいです。

また、大根の皮の部分がぶよぶよしていない事や、ひげ根の穴が少ない事、水分を含んでいて重い物ながどを選ぶと良いです。