キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚肉を柔らかくする方法!酒や果汁・乳製品で美味しいお肉に変身

豚肉を調理したとき、どうしてもお肉が固くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。柔らかくする方法について知りたい人もいることでしょう。

ここでは、酒や果物・乳製品などを使って、豚肉を柔らかくする方法についてお伝えします。

豚肉を調理する前のひと手間で、柔らかくて美味しいお肉を食べましょう。

関連のおすすめ記事

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

冷凍ストックできる美味しいレシピ。夕食のメインにもお弁当にも

平日は家に帰るのが遅くなるという方には、冷凍ストックしておけるおかずがあると便利です。夕食のメインに...

カサ増しレシピで人気の食材!家族が喜ぶ美味しいメニューを紹介

家族の健康や家計のことを考えて毎日の食事作りをしているお母さんに、カサ増しレシピで人気の食材と、美味...

豚バラの肉巻きで野菜も美味しい!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラで野菜を肉巻きするとボリュームのあるおかずになります。 そんな豚バラの肉巻き野菜はお弁当のお...

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

冷凍食品のチャーハンをさらに美味しく!作り方やコツをご紹介

冷凍食品といえばお弁当のおかずといった感じがしますが、チャーハンや麺類などの主食も多く見かけるように...

やかんの内側に付いたカルキ汚れをクエン酸で落とす方法

やかんを使っているうちに、底の部分に白っぽい汚れが付いてくることがあります。食器用洗剤とスポンジでこ...

ダッチオーブンで作る燻製、チーズ燻製の作り方とコツをご紹介

キャンプでダッチオーブンを使ってチーズの燻製を作ってみませんか? 我が家は毎年家族キャンプに行って...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

豚肉・チーズ・じゃがいもで作る晩ご飯に食べたい美味しいおかず

じゃがいもとチーズは相性の良い食材です。そこに豚肉をプラスすると、食べごたえのあるメインのおかずにな...

卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分...

挽き肉レシピ人気献立集!子供が喜ぶ美味しいおかずの作り方

子供に美味しい料理を食べてもらいたいと思い、毎日の献立を考えているママの中には、どんな料理を作ってあ...

ナスの作り置きおかずはお弁当にも。男性も喜ぶナスレシピ

私はナスが大好きです。ナスの揚げ浸しなどの作り置きおかずをよく作りますが、お弁当に最適なナスの作り置...

誕生日のブーケは、お菓子で作ると喜ばれること間違いなしです

誕生日に送るブーケは、その人の誕生花や、その人の好きなお花をメインにして作られますが、お花ではなく、...

ラー油を使ったレシピの中で人気のものをご紹介

ラー油はピリ辛でさまざまな料理に合う人気の調味料です。 何かにかけるだけでも美味しいですが、料理を...

豚肉を柔らかくする方法・酒に漬け込んで柔らかくしよう

お肉の中でも特に豚肉は硬くなりやすいです。
どうしたら柔らかく仕上がるか気になる方が多いはずです。簡単な一工夫で豚肉は柔らかくしてみましょう。

豚肉を柔らかくする方法をいくつか紹介します。

お酒に漬け込む

家によくあるお酒と言えば日本酒や清酒など料理によく使えるものでしょう。

実際はお酒なら何でも豚肉を柔らかくすることができますが、ワインやビールは飲むために購入するものなのでなんだか勿体ない気もしますね。

家にあるお酒どんなものでも構いません。
1時間程度豚肉を漬け込みましょう。

お酒ならなんでも可能といいましたが、どのお酒を使うかで豚肉の風味の仕上がりも変わってきそうですね。
食べ比べをして、より美味しい柔らかい豚肉を作りだしてみても面白そうですね。

私は豚肉を使って料理をする1時間ほど前にお酒が入った調味料に漬け込みます。
豚肉なら、塩麹、照り焼きソース、生姜焼き、味噌漬けなど。

お肉を柔らかくするだけではなく、下味が染み込んで美味しくなりますよ。

お酒以外の方法は?果汁で豚肉柔らかくする方法

果汁に漬け込む

料理にパイナップルが入っている料理はで日本人にはあまり好まれません。
ただ単にエキゾチックというイメージがありますが、肉にパインを組み合わせるのは合う合わないという理由だけではありません。
パイナップルの果汁によって豚肉を柔らかくする効果があるのです。
その効果はりんごやキウイでも期待ができます。

果物を入れた料理が苦手なら、果物をすりおろして豚肉に浸けておきましょう。

漬け込む時間は15~30分、豚肉の厚さによっても異なりますが、漬け込みすぎてしまうと豚肉の食感や良さまで分解してしまいますので、果汁に漬け込む場合は15~30分程度に留めておくと良いですよ。

お酒もなくりんごもないという場合には…
焼き肉のタレを使用するとお肉が柔らかくなります。
なぜなら、焼き肉のたれには、すりおろしたりんごが含まれているからです。

代用できるものはどんどん代用して美味しい柔らかい豚肉を作ってみましょう。

お酒を使わなくてもOK!豚肉を叩くことで柔らかくする方法

豚肉を柔らかくする方法、叩く

豚肉の赤身は豚の筋肉の固まりです。
筋繊維がしっかりとあるので、それを叩いて壊すことでお肉は柔らかくなるのです。

豚カツを作る時に叩いてから衣をつけますよね。
なぜそうしているか、自分でやりながらもその意味を知らない方もいるはずです。
現に私がそうでしたから。

豚肉が硬くなりやすいのも、焼き縮みしやすいのも、その筋繊維の影響だったんですね。
お肉専用のハンマー、包丁の裏側、で叩いて豚肉の赤身の筋肉を分解しましょう。

お肉を柔らかうするための食材がない時にはとっておきのお肉を柔らかうする方法ですね。

豚肉をヨーグルトや牛乳に漬けることでもお肉は柔らかくなる

乳製品に漬け込む

豚肉に漬け込む乳製品と言えばヨーグルト!

以前ネットで美味しいお肉のレシピを検索してみると、ヨーグルトやはちみつその他の調味料に浸けておき、そのまま焼くというレシピがあります。
このお肉の味付けが大好きでよく作るのですが、計算されたレシピなのだと後から気づきました。

ヨーグルトにはお肉を柔らかくする効果がある。

このような計算がされていて、尚且美味しなんて、この世にもっと広めたいとさえ思います。
このレシピはフライパンで焼くととても焦げやすいので、オーブンを使うと表面がカリカリ、中がふっくらして美味しくなります。

もちろんヨーグルト単体に浸けておくことも可能です。
その場合はヨーグルトを拭き取ってから調理してください。

そのままですと焦げやすくなります。

牛乳もまた豚肉を柔らかくする効果があり、それだけではなく臭みを取る効果もあります。
豚肉の臭いが気になるかたは牛乳に1日浸けておくと良いでしょう。

野菜を利用して豚肉を柔らかくする方法もおすすめ

野菜を使う

玉ねぎ
玉ねぎのすりおろしに豚肉をつける。
玉ねぎをすりおろしが面倒であれば、すりおろし玉ねぎが含まれた焼き肉のタレなどで代用しましょう。
焼き肉味になってしまいますので、それでも良い方は使える方法です。

私は毎朝のお弁当に豚肉を焼くことが多いです。
豚肉は冷えてしまうと特に硬くなってしまうので、前の日から焼き肉のタレに浸けて下味をつけておきます。
こうすることで冷えても柔らかい豚肉が出来上がります。

きのこ
きのこ類と一緒に調理しましょう。
鍋をする時、並べ方のルールとしてきのこ類の横に必ずお肉がきます。
それはなぜか。
きのこ類にはお肉を柔らかくする成分が含まれているからです。

お鍋をする際はきのこと豚肉は隣同士に、他の調理においてもきのこと一緒に調理することで豚肉が少しでも柔らかくなることが期待できます。

豚肉を柔らかうする方法を紹介しましたが、豚肉は長い時間火にかければかけるだけ硬くなってしまう特徴があります。
調理する際は、豚肉に火が通ったらすぐに火からおろすことをオススメします。

豚すきやき、お鍋、炒め料理、どの調理にも共通します。

  • 下準備で豚肉を柔らかくする
  • 火にかける時間を気をつける

これらに気をつけて豚肉を柔らかく美味しく食べましょう。