豚肉を柔らかくする方法!酒や果汁・乳製品で美味しいお肉に変身

豚肉を調理したとき、どうしてもお肉が固くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。柔らかくする方法について知りたい人もいることでしょう。

ここでは、酒や果物・乳製品などを使って、豚肉を柔らかくする方法についてお伝えします。

豚肉を調理する前のひと手間で、柔らかくて美味しいお肉を食べましょう。

関連のおすすめ記事

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。そんな...

豆苗を水耕栽培ではなく土で栽培する方法、注意点について

豆苗はスーパーで売られているものを見ると、水耕栽培なのだと思い込んでしまいませんか?実は豆苗は土で栽...

冷凍たこ焼きは揚げるのがおすすめ!コツやアレンジレシピを紹介

冷凍のたこ焼きは電子レンジで温めるよりも揚げる方がカラっと美味しく食べられるのを知っていますか?...

食費を1ヶ月3万円にするために。夫婦2人暮らしの節約ルール

夫婦2人暮らしの生活で、食費を1ヶ月に3万円に抑えたいというときには、やはり節約の工夫が必要です。...

卵が朝食をおしゃれに変える!おすすめ卵料理を紹介します

卵があれば朝食のボリュームをアップすることはもちろん、おしゃれにだって見せることができます。...

冷凍シュウマイの蒸し方とポイント、アレンジレシピをご紹介

冷凍シュウマイは蒸し方がポイント。失敗してしまうと皮がベチャベチャ、具もパサパサのシュウマイになって...

夕ご飯の献立は子供も大人も喜ぶものにしよう

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。大人好みのものにしてしまうと、子供には食べづらい味付...

野菜が苦手でも食べやすいおかず。子供が喜ぶ美味しいレシピ

野菜がちょっと苦手というお子様は多いと思います。子供の嫌いな野菜の代表と言えば、ニンジンやピーマン、...

卵とウインナー、玉ねぎを使った朝食におすすめのレシピ特集

朝食には卵とウインナーを使うというママも多いのではないでしょうか。しかし、目玉焼きと炒めたウ...

食費を今よりも減らせる節約術と週イチで作りたい節約レシピ

今よりも、もっと食費を節約したい…、これは主婦の永遠の悩みかもしれません。安いお店で食材を購入するこ...

ジンギスカン鍋のお手入れ方法、しつこい汚れを落とす洗い方

ジンギスカン専用のジンギスカン鍋をご存知でしょうか。鉄製でできているので熱伝導率に優れていて、お...

なすとピーマンの味噌炒め。こってり・さっぱり、美味しい作り方

なすとピーマンの組み合わせで作るおかずをご紹介いたします!味付けは『味噌味』のみ!味噌炒...

冷凍マンゴーを使った簡単美味しいスイーツレシピ

冷凍のマンゴーは、マンゴーを食べたいという時に手軽に食べられて、スイーツの材料にも便利です。冷凍の食...

誕生日は美味しい料理で旦那を祝おう!心を込めたお祝いアイデア

もうすぐ愛する旦那様の誕生日。誕生日にはどんな料理を作ってお祝いしようか悩んでいる奥様もいるのではな...

重曹の効果を知って料理に活用しよう!重曹の便利な活用方法

お掃除やお洗濯に活用すると便利に使える重曹。重曹にはグレードがあり、グレードごとに使い分ければ、便利...

豚肉を柔らかくする方法・酒に漬け込んで柔らかくしよう

お肉の中でも特に豚肉は硬くなりやすいです。
どうしたら柔らかく仕上がるか気になる方が多いはずです。簡単な一工夫で豚肉は柔らかくしてみましょう。

豚肉を柔らかくする方法をいくつか紹介します。

お酒に漬け込む

家によくあるお酒と言えば日本酒や清酒など料理によく使えるものでしょう。

実際はお酒なら何でも豚肉を柔らかくすることができますが、ワインやビールは飲むために購入するものなのでなんだか勿体ない気もしますね。

家にあるお酒どんなものでも構いません。
1時間程度豚肉を漬け込みましょう。

お酒ならなんでも可能といいましたが、どのお酒を使うかで豚肉の風味の仕上がりも変わってきそうですね。
食べ比べをして、より美味しい柔らかい豚肉を作りだしてみても面白そうですね。

私は豚肉を使って料理をする1時間ほど前にお酒が入った調味料に漬け込みます。
豚肉なら、塩麹、照り焼きソース、生姜焼き、味噌漬けなど。

お肉を柔らかくするだけではなく、下味が染み込んで美味しくなりますよ。

お酒以外の方法は?果汁で豚肉柔らかくする方法

果汁に漬け込む

料理にパイナップルが入っている料理はで日本人にはあまり好まれません。
ただ単にエキゾチックというイメージがありますが、肉にパインを組み合わせるのは合う合わないという理由だけではありません。
パイナップルの果汁によって豚肉を柔らかくする効果があるのです。
その効果はりんごやキウイでも期待ができます。

果物を入れた料理が苦手なら、果物をすりおろして豚肉に浸けておきましょう。

漬け込む時間は15~30分、豚肉の厚さによっても異なりますが、漬け込みすぎてしまうと豚肉の食感や良さまで分解してしまいますので、果汁に漬け込む場合は15~30分程度に留めておくと良いですよ。

お酒もなくりんごもないという場合には…
焼き肉のタレを使用するとお肉が柔らかくなります。
なぜなら、焼き肉のたれには、すりおろしたりんごが含まれているからです。

代用できるものはどんどん代用して美味しい柔らかい豚肉を作ってみましょう。

お酒を使わなくてもOK!豚肉を叩くことで柔らかくする方法

豚肉を柔らかくする方法、叩く

豚肉の赤身は豚の筋肉の固まりです。
筋繊維がしっかりとあるので、それを叩いて壊すことでお肉は柔らかくなるのです。

豚カツを作る時に叩いてから衣をつけますよね。
なぜそうしているか、自分でやりながらもその意味を知らない方もいるはずです。
現に私がそうでしたから。

豚肉が硬くなりやすいのも、焼き縮みしやすいのも、その筋繊維の影響だったんですね。
お肉専用のハンマー、包丁の裏側、で叩いて豚肉の赤身の筋肉を分解しましょう。

お肉を柔らかうするための食材がない時にはとっておきのお肉を柔らかうする方法ですね。

豚肉をヨーグルトや牛乳に漬けることでもお肉は柔らかくなる

乳製品に漬け込む

豚肉に漬け込む乳製品と言えばヨーグルト!

以前ネットで美味しいお肉のレシピを検索してみると、ヨーグルトやはちみつその他の調味料に浸けておき、そのまま焼くというレシピがあります。
このお肉の味付けが大好きでよく作るのですが、計算されたレシピなのだと後から気づきました。

ヨーグルトにはお肉を柔らかくする効果がある。

このような計算がされていて、尚且美味しなんて、この世にもっと広めたいとさえ思います。
このレシピはフライパンで焼くととても焦げやすいので、オーブンを使うと表面がカリカリ、中がふっくらして美味しくなります。

もちろんヨーグルト単体に浸けておくことも可能です。
その場合はヨーグルトを拭き取ってから調理してください。

そのままですと焦げやすくなります。

牛乳もまた豚肉を柔らかくする効果があり、それだけではなく臭みを取る効果もあります。
豚肉の臭いが気になるかたは牛乳に1日浸けておくと良いでしょう。

野菜を利用して豚肉を柔らかくする方法もおすすめ

野菜を使う

玉ねぎ
玉ねぎのすりおろしに豚肉をつける。
玉ねぎをすりおろしが面倒であれば、すりおろし玉ねぎが含まれた焼き肉のタレなどで代用しましょう。
焼き肉味になってしまいますので、それでも良い方は使える方法です。

私は毎朝のお弁当に豚肉を焼くことが多いです。
豚肉は冷えてしまうと特に硬くなってしまうので、前の日から焼き肉のタレに浸けて下味をつけておきます。
こうすることで冷えても柔らかい豚肉が出来上がります。

きのこ
きのこ類と一緒に調理しましょう。
鍋をする時、並べ方のルールとしてきのこ類の横に必ずお肉がきます。
それはなぜか。
きのこ類にはお肉を柔らかくする成分が含まれているからです。

お鍋をする際はきのこと豚肉は隣同士に、他の調理においてもきのこと一緒に調理することで豚肉が少しでも柔らかくなることが期待できます。

豚肉を柔らかうする方法を紹介しましたが、豚肉は長い時間火にかければかけるだけ硬くなってしまう特徴があります。
調理する際は、豚肉に火が通ったらすぐに火からおろすことをオススメします。

豚すきやき、お鍋、炒め料理、どの調理にも共通します。

  • 下準備で豚肉を柔らかくする
  • 火にかける時間を気をつける

これらに気をつけて豚肉を柔らかく美味しく食べましょう。