大根の間引き菜の美味しい食べ方!捨てずに食べたい簡単レシピ

大根を育てる上で欠かせない作業が間引きです。間引きした後に出る間引き菜は、捨ててしまっているという方も多いと思いますが、捨てずに美味しく調理してみませんか?
そこで、大根の間引き菜を使った、簡単で美味しいレシピをご紹介します。間引き菜は柔らかく、火も通りやすく調理しやすいのが特徴です。お味噌汁に入れても美味しくいただけますが、それ以外にも、いろいろなアレンジで、美味しい食べ方があります。

関連のおすすめ記事

夜ご飯のカロリーの平均とは?女性の夜ご飯のとり方について

女性の夜ご飯の平均カロリーはどのくらいなのでしょうか。同じような食事なのに、太る人と太らない人が...

冷凍した魚の臭み取り方法と臭みを予防する下処理・冷凍のコツ

冷凍保存した魚を調子するとき、魚の臭みが気になることがあります。臭みがあると、せっかく調理をしても美...

鶏モモとトマト缶を使ってできる、簡単料理をご紹介

毎日ご飯を作っていると、晩ご飯を作る時間になっても、やる気が出なかったり、調理時間をあまりかけら...

味噌汁を冷蔵庫で保存したら5日はもつ?味噌汁の消費期限

味噌汁は冷蔵庫で保存すれば5日くらいはもつものなのでしょうか?いくら冷蔵庫だからといって鮮度をず...

料理用温度計がないときに油やお湯の温度を知る方法

料理本によく「油の温度が180℃になったら…」などの説明がありますが、家に料理用温度計がないときはど...

たこ焼き粉がなくてもたこ焼きが作れるレシピ【小麦粉代用】

買い物へ行ったもののたこ焼き粉を買い忘れてしまっても、小麦粉を代用すればたこ焼きを作ることができます...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

冷凍した豆腐は食感がお肉?冷凍豆腐の唐揚げレシピをご紹介

豆腐は冷凍が可能なことをご存知ですか?豆腐の食感をそのままに冷凍することはできませんが、冷凍した豆腐...

和菓子のレシピを知りたい!夏に作りたい簡単和菓子の作り方

夏に合う和菓子はどんなものがあるのでしょうか?さっぱりと食べることのできるものを作りたいならこの和菓...

腹持ちのいい食べ物とは?朝・昼ごはんにおすすめ食材やメニュー

朝ごはんをしっかり食べても、高校生や大学生など若い学生さんは、すぐにお腹が空いてしまい、次の食事まで...

料理に使う道具について知りたい。初心者が揃えておくべきものは

料理を作ろうと思った時に、必要な材料があれば良いわけではありません。調理をするための調理道具がな...

夕ご飯の献立をさっぱりしたものにしたい時のメニュー

夕ご飯の献立を毎日考えるのって大変ですよね。冷蔵庫に残っているものから考えたり、その日の特売の品...

自宅で作る焼き鳥をもっと美味しくする焼き方のコツ

焼き鳥は、大人だけでなく子供も大好きなメニューです。焼き鳥と言うと、外で食べるものとか、お店で焼いた...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

大根の間引き菜の食べ方、あっさり浅漬けレシピ

大根の間引き菜、いつもそのまま捨ててしまって、畑の隅で枯れていくのを申し訳なく思ってしまいますよね。
他の大根を大きく育てる為とは言え、せっかく育った小さな大根、葉っぱだけですが美味しく食べて消費したいです。

まだ柔らかい間引き菜は、浅漬けなどにするとシャキシャキとした食感が癖になる漬物に変身させる事ができます。
ご自宅の間引き菜、是非美味しく食べてみて下さい。

作り方は、よく洗った間引き菜をジッパー付きの袋に入れて、塩を振り、塩が全体に行きわたるまで袋を振ります。その後、空気を抜いて揉み込みます。

大根の間引き菜は、葉の部分や茎の部分に小さな棘が生えている場合もありますから、よく揉み込んで口に入る時に気にならないくらい揉んだ方が良いです。

大根の品種によりますから、間引き菜を購入する場合は棘のすくない物を選んで購入するとよいでしょう。

重石をして冷蔵庫で3時間ほど付けると出来上がりです。食べやすい大きさに切って召し上がってください。

大根の間引き菜の美味しい食べ方、ご飯のお供になるふりかけ

大根の間引き菜は、シャキシャキした食感が好まれますが、炒めて振りかけにしても美味しく食べる事ができます。

特にちりめんなどと一緒に炒めると振りかけにすることができ、野菜の嫌いなお子さんなども美味しく食べる事ができます。

味付けは、ごま油とごま、醤油、みりんなどで味付け、ちりめんの生臭さを消すために料理酒も使うと匂いを消し、うま味もプラスすることができます。

間引き菜をレンジで加熱してから使う様にします。耐熱皿に大根の間引き菜を乗せ塩を振り加熱します。ラップをふんわりかけて4から5分加熱します。
大根の間引き菜の量や大きさによってもレンジの時間が変わりますので、少量の場合は2分くらいから様子をみて加熱していくと良いです。

次に、フライパンでちりめんを炒めていきます。ごま油を引きちりめんをカリカリに炒めます。カリカリのまま使用したいので、一度お皿に取ります。

そのままフライパンで大根の間引き菜を炒め、調味料を入れて更に炒め、水分が無くなったらちりめんを入れて混ぜたら出来上がりです。

調味料は、いりごま(大さじ2)、ごま油(大さじ1)、醤油、みりん、料理酒(各大さじ1.5)です。
ちりめんは大体30から35グラムくらいですが、大根の間引き菜の量が少ない場合は、ちりめんも少なめに入れて下さい。同様に、調味料も少なめに調整して入れるようにしてください。

間引き菜の食べ方、大根の間引き菜を使った簡単副菜

大根の間引き菜は、茹でてから食べやすい大きさに切れば他の青菜などと一緒の料理に使うことができます。

例えは、ナムルやお浸し、お味噌汁の具、サラダに入れても良いですし、海鮮のものと一緒に炒めても美味しいですし、浅漬けを利用してご飯に混ぜておにぎりにしても良いです。

副菜ならば、大根の間引き菜をめんつゆで煮て、火が通ったら上から溶き卵を回し掛け、卵とじにしても良いですし、揚げに茹でた大根の間引き菜を入れて爪楊枝で留めて、醤油ベースの汁で煮ても味が染みてシャキシャキンの食感の副菜が出来上がります。

振りかけに合うということは、ご飯に合うということです。チャーハンにも入れると美味しいですよ。
細かく切って他の具材と一緒に炒めてみてください。食感が面白いですよ。

大根の葉の上手な保存方法のコツ

間引き菜は葉だけですから、あっという間に乾燥してしまいます。

よく洗った間引き菜は、水分をきちんと拭き取り、ジッパー付きの袋に入れて野菜室に入れて保管するか、先に全部茹でてしまい、水分を軽く手で絞って取り、密封容器に入れて冷蔵庫で保管してください。

冷蔵庫での保管だと大体2日くらいが限界です。
早めに消費してしまう様にしましょう。

冷凍して保管したい場合は、塩ゆでしてから水けを切り、使いやすい大きさに切ってラップに包み、ジッパーの付いた袋に入れて保管するようにしてください。
冷凍すると、大体1か月ほど持ちますが、できるだけ早く食べる事をお勧めします。

美味しい大根を作るには間引きが大切

大根は、一つの穴に5つほどタネを入れて発芽させ、時期を見て間引き、更にもう少し大きくなると今度は大根同士の間隔を空ける為に間引きします。

この時、全部大きく育てたいと思っても、間引きしなければお互いの栄養を奪い合い、大きく成長していけなくなってしまいます。

ですから、大根を大きく育てたい時はためらわずに間引きするようにしてください。

いつもなら間引きするときに申し訳ない気持ちで間引いていたものも、間引いてから食べると思えば少しくらい多めに育てても悪い気はしませんね。

大きな大根に育てる為に、また、美味しく間引き菜を食べる為にも、間引き菜の料理レシピを沢山覚えたいですね。