キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

野菜嫌いを克服するための料理レシピ!子供に作りたい野菜おかず

子供の野菜の好き嫌いが多いとお悩みの方はいませんか?苦労して小さく切って、わからないようにしても、すぐに気づかれてしまったりと、野菜を食べさせることに苦労しているママも多いと思います。
そこで、野菜嫌いのお子様におすすめの野菜克服レシピをご紹介します。
また、子供が野菜を使った料理が苦手な理由や、克服のためのアイデアもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

食費をひと月に3万円に抑える献立のアイデアをご紹介

食費を3万円にすると言っても、それが何人分なのかによって意味が大きく異なります。 3人家族だとして...

野菜で作る美味しいお菓子!子供の野菜嫌いを克服する簡単おやつ

子供の野菜嫌いに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。「好き嫌いをせずに野菜もモリ...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

冷凍ぶどうの食べ方!美味しく食べられるおすすめアレンジを紹介

冷凍したぶどうの食べ方はそのままでも美味しく食べることができます。 さらに、ひと手間を加えるだけで...

ナスのスープはコンソメが合う!簡単に美味しくなります

毎日の料理にナスを使いたいけれど、焼きなすやお味噌汁に入れるのにも限界がありますよね。 そんな...

卵を大量消費するなら冷凍卵がおすすめ不思議な食感がクセになる

卵が安売りの時に買いだめしたり、あるいは卵があるのにまた買ってしまったりなど、気付くと冷蔵庫に卵が大...

たこ焼き粉と小麦粉の違いとは?小麦粉でたこ焼き粉を作る方法

たこ焼き粉で作るたこ焼きと小麦粉で作るたこ焼きにはどんな違いがあるのでしょうか? たこ焼き粉の中に...

豚肉を柔らかくする方法!酒や果汁・乳製品で美味しいお肉に変身

豚肉を調理したとき、どうしてもお肉が固くなってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか...

唐揚げの美味しい揚げ方、片栗粉と小麦粉の衣の違いについて

唐揚げはレシピ通りに作ってもベチャッとしてしまったり、肉が硬くなってしまったりと、揚げ方によって食感...

冷凍ポテトのアレンジ料理!すぐに真似したくなるレシピをご紹介

冷凍のポテトは油で揚げてフライドポテトにするのが定番。子供も大人も大好きなフライドポテトですが、大袋...

【運動会のお弁当】前日に揚げた唐揚げを当日美味しく食べる方法

運動会のお弁当は前日から下準備などをしておく方が多いと思います。当日は子供の準備の手伝いや、朝食の準...

野菜が苦手でも食べやすいおかず。子供が喜ぶ美味しいレシピ

野菜がちょっと苦手というお子様は多いと思います。子供の嫌いな野菜の代表と言えば、ニンジンやピーマン、...

卵をいい感じに消費出来るお菓子についてご紹介

卵は常に冷蔵庫にあるという方も多いと思いますが、それと同時にあまり消費していなかったのに、うっかり賞...

和菓子はカロリーが低い?生菓子のカロリーについてご紹介

和菓子は洋菓子と比べるとカロリーが低いと言われています。しかし和菓子と言っても、その種類は多く、...

ジンギスカンに使うのは、ラム肉?マトン?その違いとは

ジンギスカンは、北海道の名物料理として人気のメニューですが、それに使われる肉は主にラム肉とマトン...

スポンサーリンク

野菜嫌いな子供に作りたい料理、野菜たっぷりのドライカレー

子供の野菜嫌いに頭を悩ませている方は多いですよね。
我が家の子供達も野菜は苦手な方ですが、それでも手を付けてくれるメニューがカレーです。といっても、いつものカレールーで作るカレーライスではありません。
いつものカレーに苦手な野菜を入れて作ると子供たちは残してしまうのですが、ドライカレーにすると意外と食べてくれます。

野菜が苦手な子供にはドライカレーがおすすめ

ドライカレーにする一番のメリットは、ひき肉は肉の味が強く感じられますから、嫌いな野菜の味を打ち消してくれることでしょう。
頑張って口に入れた時に、苦手が味が口いっぱいに広がっては食べられなくても仕方がないですよね。
肉の味とカレー味で野菜が食べやすくなります。

また、ひき肉と野菜が同じくらいの大きさなので見た目的にもあまり苦にならないということもメリットです。

子供が嫌いな野菜の代表、ピーマンを食べやすくする料理レシピ

子供が嫌いな野菜と言えば、すぐに名前が上がるのがピーマンですね。
大人になるとそれほど苦でもない野菜ですが、子供にとっては独特な青臭さと苦味がやはり不人気の理由でしょう。

ピーマンを食べやすくしたいなら、苦味を中和するようなレシピがおすすめです。
もっともおすすめなのは、油を使う方法。

子供が嫌いな野菜の代表「ピーマン」のおすすめ料理法

電子レンジ加熱したピーマンに、ごま油と鶏ガラスープの素をまぶして味見してみてください。
油が馴染んだらほとんどピーマンの苦味は感じませんよね?
さらにツナなど子供が好きで味の強い食材と和えたら、グッと食べやすくなるでしょう。
風味が強いのでごま油でご紹介しましが、オリーブオイルやマヨネーズでもOKですよ。

ピーマン料理の定番と言えば肉詰めですが、肉詰めにする時にもピーマンを油でコーティングして、コンソメなどで強めに味付けすると、グッと食べやすくなりますよ。

子供の大好きなチーズを使った野菜克服料理

嫌いな野菜を食べてもらうためには、子供の好きな食材と組み合わせるのも手です。

組み合わせにおすすめなのはとろけるチーズです。

あえて「とろける」としたのは、他のプロセスチーズやカマンベール、モッツアレラチーズなどに比べると、少し油っぽく感じませんか?
それがポイントです。

苦手な味をまろやかにしてくれますよ。

チーズと組み合わせて是非挑戦して欲しい野菜が、ナスです。

ナスが苦手な子供が多い野菜ですよね。

ナス嫌いな子供用には、しっかりとアク抜きすることがポイントです。
水にひたしてアクを抜いたら、仕上げに水分をギュッと絞るようにしましょう。
この一手間で、とても食べやすくなりますよ。

アクを抜いたナスは、トマトスースやウィンナー、とろけるチーズを使って、ピザ風に仕上げましょう。
大好きなピザ風であれば、手も出しやすくなるはずです。ナスの他に、ズッキーニやピーマンなどで挑戦してみるのもおすすめです。

野菜嫌いな子供が多い理由

野菜が嫌いだという子供は多いですが、全ての野菜を食べないわけではありません。

じゃがいもやかぼちゃ、さつまいもなどは、フライやコロッケでは定番食材で人気がありますよね?
完熟の甘いトマトも食べられる子供は多いと思います。

これらに共通しているのは、甘みを感じること。

反対に人気のない野菜といえば、ピーマンやネギ、ゴーヤやナスなどでしょう。
葉物野菜では水菜やほうれん草も嫌いだという子がいるかもしれません。

これら人気のない野菜に共通しているのは、香りやアクが強かったり、苦味や青臭さがあることでしょう。

味の基本となる5大要素が、「甘味、塩味、酸味、苦味、旨味」です。
このうち、甘味、塩味、旨味の3つは、体の機能を維持する上で欠かせない要素なので、子供でも本能的に好む味とされています。

しかし、酸味と苦味は違います。
傷んでしまった食材からは酸味を感じますし、体に外のある毒物では苦味を感じるとが多いですよね。
そのため、本能的に避けると言われています。

酸味と苦味は繰り返し食べて味に慣れることで、この味は危険ではないと認識します。
そして、やっと美味しいと感じられるので、大人の味とも表現されますね。

子供がクセの強い野菜を嫌がるのは、こういった観点からみると仕方の無いことでもあるのです。
少しずつ慣れさせていずれ美味しいと感じてもらうためには、必要以上に無理強いしない方が良いでしょう。
野菜そのもののイメージが悪くなると、大人になってもなかなか手を付けられなくなります。

子供の野菜嫌いを克服するためのアイデア

野菜が嫌いなのは本能。
ですが、やはり野菜は食べてほしいので、少しずつ味に慣れることはして欲しいですよね。

子供の野菜嫌いを克服するためには、野菜に興味を持ってもらうのが一番です。

食育を兼ねて家庭菜園する方が増えていますが、もちろんそれも良い方法でしょう。
自分で育てたら愛着が湧くので、一口食べてみようかなと思いますよね。

簡単な料理を一緒にするのもおすすめですよ。

料理でその気にさせるためには、調理というよりも実験に近いレシピを選ぶことです。
子供は実験が大好きですよね?
凍らせたミニトマトのヘタがあった部分に水道水を当てて、ペロンと皮が向けるのを楽しんでもらうのはどうでしょう?
水をかけただけで皮が剥けるなんて、不思議ですよね。

子供が野菜に興味を示したら、まずは自分が食べてみせましょう。
その時、とても美味しそうに食べるのがポイントです。
人が美味しそうにしていると、食べてみたくなるものですよね。
それから、「食べてみる?」と促してみてください。
もしかしたら拒否されるかもしれませんが、気長に挑戦することがポイントです。
無理強いすると野菜嫌いを悪化させることがあるので、気をつけてくださいね。