キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

夕飯の献立に悩むママのために簡単・時短メニューをご紹介します

仕事しているママにとって夕飯の献立を考えることは面倒なもの。献立を考えるだけで時間がかかってしまうという人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなママの悩みを解決できる簡単&時短の夕飯メニューをご紹介します。

子どもがいるママだと少しでも早く食べさせてあげたいもの。子どももパパも喜ぶ簡単・時短料理を作ってあげましょう。

また、時短メニューの献立を作るのであれば、買い物時間の短縮も考えるようにしましょう。買い物のコツについても説明しますので、実践してみて下さい。

関連のおすすめ記事

たこ焼き粉のレシピは余りものでも美味しい!おすすめを紹介

たこ焼き粉はたこ焼き以外にアレンジできるレシピを知っておくと、たこ焼き粉の余りも上手に美味しく使うこ...

【夕ご飯のレシピ】夏におすすめのメニューと調理する時の注意点

夏になり、気温の高い日が続くとどうしても食欲が落ちてしまうもの。夕ご飯を作ることも面倒ですが、食べな...

夕飯のメニューが決まらない!献立やレシピの考え方と対処法

毎日夕飯のメニューを考えていると、どうしても献立が決まらない日もあります。家族に何を食べたいか訪ねて...

冷凍ご飯はチャーハンにするとお弁当でも美味しく食べられます

冷凍ご飯をお弁当に使うときには、チャーハンのような味付きご飯にすると美味しく食べることができます。 ...

大根の消費【大量】簡単おすすめレシピと正しい保存方法を紹介

大根の消費で困っているあなた。できれば大量に消費できて簡単に作れるものがいいですね。 そこで、...

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感の...

食費をひと月に3万円に抑える献立のアイデアをご紹介

食費を3万円にすると言っても、それが何人分なのかによって意味が大きく異なります。 3人家族だとして...

豚ひき肉と豆腐を使った簡単美味しいレシピ【夕飯のおかず】

「今晩のおかずは豚ひき肉と豆腐を使って何かおかずを作りたい」という方も多いと思います。そこで、豚ひき...

やかんの内側に付いたカルキ汚れをクエン酸で落とす方法

やかんを使っているうちに、底の部分に白っぽい汚れが付いてくることがあります。食器用洗剤とスポンジでこ...

卵をいい感じに消費出来るお菓子についてご紹介

卵は常に冷蔵庫にあるという方も多いと思いますが、それと同時にあまり消費していなかったのに、うっかり賞...

冷凍ご飯を解凍に冷蔵庫はNG!冷凍ご飯を美味しく食べる方法

冷凍ご飯を夜に使う予定だから冷蔵庫で解凍しておけばちょうどよいのでは?と、ゆっくり解凍したら水分が抜...

燻製が手軽にできる?ダンボールと100均の材料で作る燻製器

燻製は面倒なイメージがありますが、お家で手軽に楽しむことができると、自家製の燻製を作る方が増えていま...

冷凍食品のチャーハンをさらに美味しく!作り方やコツをご紹介

冷凍食品といえばお弁当のおかずといった感じがしますが、チャーハンや麺類などの主食も多く見かけるように...

干し野菜ネットの代用になるものは?家にある材料で作ってみよう

干し野菜ネットがなくても、家にあるもので代用できるのでご安心を。 材料も少なく、すぐに作れますので...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。 ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

お肉がメインの子どもも喜ぶ簡単な夕飯の献立メニュー

毎日の夕飯の献立には、悩まされているママも多いでしょう。
家族が喜んでくれて、しかも栄養バランスも偏らないように献立を考えるのは、特に働いているママにとっては本当に大変なことです。

ここでは簡単に時短で作れるのに、子供も喜んでくれる献立を紹介します。
献立に困ったときは活用してみて下さい。

まずは家族みんなが大好きなからあげ、なんと揚げずに作っていきます。

揚げない簡単からあげの材料(4人分)

材料 ・鶏もも肉  2枚
・醤油    大さじ1~2
・料理酒   大さじ半分
・ごま油   大さじ1
・生姜    5cmくらい(チューブ)
・塩こしょう 少々
・片栗粉   適量
作り方
  1. 鶏もも肉を食べやすくカットします。
  2. カットした鶏もも肉に、醤油・料理酒・ごま油・生姜・塩こしょうをよく揉み込み下味を付けます。
  3. 汁気がなくなるまで揉み込んだら、片栗粉をまぶして衣をつけていきます。
  4. あとはオーブントースターでカリッと焼くだけです。
アルミホイルにくっつかないように、薄くサラダ油を塗るのがポイントです。

様子を見ながら裏返して、こんがり焼色がつくまで加熱して下さい。

鶏もも肉に下味を付けるとき、ビニール袋でモミモミすると手が汚れず洗い物も少なくて済みますよ。

今夜の夕飯の献立は「簡単丼」にしてみませんか

一品で満足出来る丼は、ママにとって強い味方メニューです。
しかし、いつも似たような丼ばかりが食卓に並んでいませんか。
いつもとはちょっと違った丼で、家族の胃袋を満たして楽しちゃいましょう。

ハンバーグ丼

ハンバーグに卵を乗せ、ソースやケチャップで味付けをして食べる丼です。
一度に肉も野菜も一緒に食べられて、味付けもシンプルなので初めてでも失敗知らずの簡単丼です。

鮭そぼろ丼

鮭の切り身を焼いて、ほぐしたらあとはバターで和えるだけ。
食べる時に醤油を垂らして、和食を食べたいときにぴったりな丼です。

麻婆丼

麻婆豆腐をご飯に乗っけて丼にしちゃいましょう。
しっかりとろみを付けるとご飯に絡んで、何杯でもおかわりしちゃいそうです。

親子丼

丼の定番の一つでもある親子丼です。
ワンパターンになりがちな親子丼も、入れる食材をプラスしたり薬味をトッピングして味の変化を楽しんでみましょう。

サーモン丼

さっぱり丼を食べたいときに、サーモンの漬けを乗せた丼はいかがでしょう。
いくらが好きなお子さんには、サーモンといくらで海鮮親子丼にしたら喜びますね。

夕飯の献立に魚のフライを簡単に作ってみましょう

お肉料理を紹介した後は、魚を使った献立を紹介しましょう。
なんと手間のかかる魚のフライを、簡単に作ってしまいます。

簡単魚フライ(4人分)

材料 ・鮭の切り身   4切れ
・マヨネーズ   適量
・パン粉     適量
・こしょう    少量
・バター     大さじ2
・醤油      小さじ1
・レモン汁    小さじ2
・オリーブオイル 適量
・パセリ     適量
作り方
  1. 鮭の切り身の表面に、まんべんなく薄くマヨネーズを塗り拡げておきます。
  2. マヨネーズの上から、サッとこしょうをかけます。
  3. 全体にしっかりとパン粉を絡めます。
  4. オリーブオイルを熱したフライパンで、鮭の切り身を切り身を揚げるのではなく焼いていきます。
  5. 両面にこんがり焼色がついたら皿に盛り付けます。
  6. パセリを細かくカットし、バターと一緒に電子レンジで加熱します。
    バターが溶けたら、醤油とレモン汁を加えて混ぜ合わせます。
  7. パセリソースをこんがり焼いた鮭にかけて完成です。

揚げずに美味しい魚のフライが出来ました。

炒めものは電子レンジで簡単に作ることができます

とても疲れているときや時間がないとき、炒めものさえ作るのが大変ですよね。
炒めものがもっと簡単に、例えば電子レンジ一つで作れたら楽なのに。

実は炒めものがフライパンを使わず、電子レンジで完成しちゃいます。
必要な調理器具はまな板と包丁だけの、時短手間なし野菜炒めを紹介していきます。

材料(4人分)

  • お好みの野菜やきのこなどいつもの野菜炒めの材料
  • サラダ油    大さじ3~4
  • 鶏ガラ粉末   お好みの味で
  • こしょう    少量

作り方

  1. いつも野菜炒めを作る要領で野菜をカットします。
  2. カットした材料を耐熱容器に入れたら、まんべんなくサラダ油をかけます。
  3. 野菜の調理は電子レンジにお任せです。
    しんなりするまで加熱します。
  4. 野菜が柔らかくなったら鶏ガラとこしょうを全体に絡めます。

もうこれで美味しい野菜炒めの完成です。
電子レンジでの加熱なら、フライパンのようにつきっきりにならないので、その間に洗い物なんかも出来ちゃいますね。

野菜のうま味も逃げにくい方法だと思います。

夕飯を簡単に作るための買い物のコツ

夕飯の用意以外にも、買い物をすることも手間に感じたりもします。
簡単に夕飯を作るために、買い物にはどのようなコツがあるのでしょう。

簡単に時短で夕飯を作るときには、買い物はある程度まとめ買いすることがおすすめです。

忙しいママは、買い物に行く時間も貴重です。
買い物に費やす時間を少しでも短縮するなら、やはり買い物の回数は少なめにして、日持ちしない食材だけをこまめに買い足しましょう。

結局買い物に行く頻度はそれほど少なくないと感じるかもしれませんが、日持ちしない食材だけを買うということは買う商品が決まっています。

買い物にかかる時間は非常に短時間で済むので、帰り道ついでにパッと終わります。

全てをまとめ買いして食べきれない方が無駄ですからね。

簡単で時短メニューなら、パパも覚えられそうですよね。
上手に分担して、ストレスを軽減した夕飯作りを目指しましょう。