キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

【夕食レシピ】簡単だけどお肉をがっつり食べたい日の豚肉おかず

夕食は、豚肉で食べごたえのある料理を作りたいということもあると思います。特に食べざかりのお子様がいると、お子様の大好きな肉料理を出す機会も多くなります。
そこで、豚肉を使った簡単で美味しい、夕食レシピをご紹介します。平日は忙しく、夕食の準備に時間をあまりかけられないという方も多いと思います。そんな忙しい日にも、簡単でお腹もいっぱいになる美味しいレシピをご紹介していきます。

関連のおすすめ記事

一度開けたワインコルクの正しい閉め方と残ったワインの保存方法

一人で楽しむワインや料理に使うワインは、一回ではなかなか空けきれず、残してしまうことが多いですよね。...

鶏肉をレンジで温めても爆発しない方法を徹底解説

鶏肉のささみをレンジで温めてサラダなどに使う時に、レンジの中で爆発してレンジの中も汚れてしまった経験...

余った餃子の皮はスープに変身!スープレシピや冷凍保存の方法

餃子を作ると餃子の皮だけが余ってしまうことがありますよね。余った餃子の皮は捨てるのはもったいない、か...

夕飯の献立に悩むママのために簡単・時短メニューをご紹介します

仕事しているママにとって夕飯の献立を考えることは面倒なもの。献立を考えるだけで時間がかかってしまうと...

宅配と出前ってどんな違いがあるの?その他食べ物にまつわる言葉

宅配や出前は、家にいながら美味しい食べ物が食べられる、便利なシステムです。 普段何気なく使って...

餃子の皮で簡単ピザ!オーブンやオーブントースターを使った方法

餃子の皮が余ったら、子供も大人も大好きなピザにしてみませんか?餃子の皮を使うとカリッとした軽い食感の...

食費を節約しながら食べごたえもあるボリュームおかずレシピ

今よりも食費を少しでも節約したいと思う方は多いと思います。 そこで、美味しくてボリュームのある節約...

餃子の皮使って出来る、お弁当にピッタリな簡単おかずをご紹介

餃子の皮の使い道といえば、餃子ですが、実はアレンジ次第で、お弁当のおかずにも活用出来るのです。 ち...

冷凍食品の野菜のレシピ!簡単にできるおすすめや冷凍保存方法

冷凍食品の野菜を使ったレシピは面倒な下ごしらえの手間が省けて時短調理が可能になります。一人暮らしなど...

食費を抑えるレシピのコツ!節約食材を使った美味しい料理を紹介

毎日家族のために食事を作っているママたちは、なるべく食費を抑えるレシピを考えながら、なおかつ家族に美...

ナス料理で子供が喜ぶ!嫌いが大好きに変わる人気レシピを紹介

ナスが苦手という子供は多いですが、そんな子供でもナスが美味しく食べられる料理があります。子供のナス嫌...

餃子の皮を使ったおやつは幼児におすすめ、簡単レシピをご紹介

余りがちな餃子の皮は幼児のおやつにぴったり。 ピザ生地にしたり果物やジャムを入れて揚げるなど、餃子...

冷凍ストックできる美味しいレシピ。夕食のメインにもお弁当にも

平日は家に帰るのが遅くなるという方には、冷凍ストックしておけるおかずがあると便利です。夕食のメインに...

鶏肉、ブロッコリー、チーズを使った体育会系男子向けのレシピ

子どもが大きくなって運動部に所属すると、大会の応援、遠征の送迎などで親も忙しくなりますよね。 子供...

茄子の素揚げの揚げ時間は何分?揚げ時間とカラッと揚げるコツ

茄子料理といえば、茄子の素揚げや麻婆茄子や茄子の天ぷらや炒めものなど色々ありますが、茄子の素揚げが難...

がっつり食べたい夕食レシピ、簡単豚バラ丼

仕事や学校で一日動いて疲れた体には、がっつりとした夕食で元気をつけたいものです。

油がのって食べ応えのある豚バラ肉は、子供から大人までみんなが大好きです。

豚バラ肉を使って、簡単にできちゃう豚丼を紹介します。

【材料2人前】

  • ご飯 2人分
  • 豚バラ肉 200グラム
  • ニラ 4分の1束
  • 玉ネギ 2分の1個
  • オイスターソース 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • ニンニク 少々
  • 生姜 少々
  • コショウ 少々

【作り方】

  1. 豚肉、ニラ、玉ネギを食べやすい大きさに切ります。
  2. オイスターソース、みりん、醤油、すりおろしたニンニクと生姜、コショウを混ぜてタレを作っておきます。
  3. フライパンを中火で温め、サラダ油をひいて豚肉と玉ネギを炒めます。
  4. 豚肉に火が通ったらニラを入れ、炒め合せます。
  5. 2で作ったタレを加えてしっかりと味をつけたら、お皿に盛ったご飯にのっけて完成です。

食べ応え十分のがっつりレシピです。

夕食レシピに簡単豚肉のしょうが焼き

豚肉料理の定番と言えばしょうが焼きではないでしょうか?

しょうが焼きは、夕食の人気おかずの一つです。

美味しいしょうが焼きを作る事ができれば、一人前の主婦と呼べるかもしれません。

豚肉料理の定番をしっかりマスターしましょう。

【材料2人前】

豚肉(しょうが焼き用) 200グラム

  • 生姜 1片
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 片栗粉 適量

【作り方】

  1. ボウルに豚肉を入れ、すりおろした生姜と醤油、砂糖、みりんを入れ、15分ほど漬け込みます。
  2. しっかりと味が染み込んだら、片栗粉をまぶします。
  3. フライパンを中火で熱し、油をひいたら豚肉を焼いていきます。
  4. 豚肉の両面に焼き色が付き、しっかりと火が通ったら完成です。

しっかりと味が染み込んだ美味しいしょうが焼きができあがります。

サラダなど彩の良い野菜を付け合せてお皿に盛り付けましょう。

簡単豚肉の甘辛炒めはご飯の進む夕食レシピ

味付けがしっかり付いた豚肉料理は、ご飯のお供にピッタリです。

豚肉とジャガイモを使って、ボリュームたっぷりのおかずを作りましょう。

甘辛の味付けは、ご飯が何杯でも食べられそうです。

【材料2人前】

  • 豚薄切り肉 150グラム
  • 砂糖、醤油、酒、みりん、水 各大さじ2
  • ジャガイモ 3個
  • おろしニンニク 少々

【作り方】

  1. フライパンを中火で熱し、油をひいて豚肉と拍子切りにしたジャガイモを炒めます。
  2. 全体に油が回ったら、砂糖、醤油、酒、みりん、水、おろしニンニクを加えます。
  3. 煮立ったら火を弱め、フライパンに蓋をして3分間蒸し焼きにします。
  4. 3分経ったら蓋を取り、中火にして汁気がなくなるまで炒めたら完成です。

フライパンでチャチャッとできる、肉じゃが風の炒め物です。

蒸し焼きにする事で肉の旨味が全体に行き渡り、美味しく仕上げる事ができます。

豚肉の部位の特徴と適した調理方法

豚肉にはタンパク質やビタミンが多く含まれていて、疲労回復や美容にも効果が期待されます。

豚肉には主に7つの部位がありどの部位も様々な料理に使う事ができます

かたロース、かた、ヒレ、ロース、もも、バラ、そとももが豚肉の主な7つの部位です。

その他にミミ、トンソクがあります。

豚のミミにはコラーゲンやカルシウムが多く含まれていて、美容を気にする女性に人気があります。
ミミガーと呼ばれ、沖縄料理に欠かせない部位です。

トンソクも日本では沖縄でよく食べられている部位です。
ほとんどがゼラチン質でできていて、長時間加熱するとトロリとした舌触りになります。
台湾料理や韓国料理にもよく使われています。

豚のヒレ肉は1頭から1キロほどしか取る事ができない貴重な部位です。豚肉の中で最もキメが細かく柔らかいので、ポークソテーや串揚げなどにするのが人気です。豚肉の中でヒレと並ぶ最上部位と言われているのがロースで、トンカツなどによく使われています。

知っているようで知らない、こま切れ肉と切り落とし肉の違い

こま切れ肉と切り落とし肉は見た目も似ていて、実は違いを知らないという方も少なくないでしょう。

こま切れ肉と切り落とし肉の違いを知って、ちょっとした豆知識として自慢してみませんか?

こま切れ肉と切り落とし肉の決定的な違いは豚肉の「部位」

豚肉にはロースやバラ、ヒレなど7つの部位があります。

部位ごとに成形してお店で売られるのですが、その成形の際には必ず切れ端が出てしまいます。

その余った切れ端が、こま切れ肉や切り落とし肉になるのです。

こま切れ肉も切り落とし肉も、余った切れ端である事は同じです。

余った切れ端の中で、きちんと部位ごとに分けられているのがこま切れ肉で、部位ごとに分けずにごちゃ混ぜになっているのが切り落とし肉なのです。