野菜のマリネの簡単レシピ!夏でもサッパリおすすめを紹介

野菜を使ってマリネを簡単に作りたい。マリネならサッパリしていて夏の常備菜としてもおすすめです。

そこで、家にある野菜でもできるマリネの簡単おすすめレシピについてご紹介していきましょう。

マリネの液があれば野菜だけではなく、魚や肉でもアレンジ料理を作って美味しく楽しむことができます。ぜひ参考にあなた好みのマリネ料理を試してみてください。

関連のおすすめ記事

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食...

夜ご飯の時間が遅い人におすすめのヘルシー&簡単レシピをご紹介

仕事が忙しいと夜ご飯も遅い時間になりがちですが、少しでもカロリーを抑えたメニューにしたいと思っている...

大人数の料理を安い価格で簡単に作りたいときのおすすめ

大人数の料理を安い値段で作るにはどうしたらいいのでしょうか?安いけれど簡単に作れる料理を紹介します。...

ラー油を使ったレシピの中で人気のものをご紹介

ラー油はピリ辛でさまざまな料理に合う人気の調味料です。何かにかけるだけでも美味しいですが、料理を...

クエン酸を使ってマイドリンクを作ろう!レシピをご紹介します

梅干しなどに含まれているクエン酸。すっぱいイメージがありますが、スポーツドリンクなどにも使われていま...

【夕食レシピ】簡単だけどお肉をがっつり食べたい日の豚肉おかず

夕食は、豚肉で食べごたえのある料理を作りたいということもあると思います。特に食べざかりのお子様が...

白カビチーズの種類や特徴。簡単美味しい食べ方

白カビチーズと聞くと、ちょっとびっくりする呼び方ですが、カマンベールチーズと言うと、食べたことがある...

豆苗を水耕栽培ではなく土で栽培する方法、注意点について

豆苗はスーパーで売られているものを見ると、水耕栽培なのだと思い込んでしまいませんか?実は豆苗は土で栽...

ナスの作り置きおかずはお弁当にも。男性も喜ぶナスレシピ

私はナスが大好きです。ナスの揚げ浸しなどの作り置きおかずをよく作りますが、お弁当に最適なナスの作り置...

豆苗ともやしは節約食材!炒めレシピと保存・豆苗の再生栽培方法

豆苗ともやしは節約食材としても人気の野菜です。シャキシャキの食感で、炒め物にもよく使われている野菜で...

重曹の効果を知って料理に活用しよう!重曹の便利な活用方法

お掃除やお洗濯に活用すると便利に使える重曹。重曹にはグレードがあり、グレードごとに使い分ければ、便利...

夕御飯か外食か迷ったら…節約のための夕御飯のルール

仕事が終わるのが遅くなり、これから夕御飯の準備を始めなければいけないという時に、ふと頭をよぎるのは「...

ドライトマトを天日干しで作る作り方について知りたい

ドライトマトという食材は、聞き馴染みの無い方もいるかと思いますが、その名前の通りトマトを乾燥させた干...

マーボー春雨のレシピはアレンジ次第でおかずにもメインにもなる

マーボー春雨のレシピはどのようにアレンジしたら献立の幅が広がるでしょうか?白いご飯に合うマーボー春雨...

冷凍ストックできる美味しいレシピ。夕食のメインにもお弁当にも

平日は家に帰るのが遅くなるという方には、冷凍ストックしておけるおかずがあると便利です。夕食のメインに...

家にある野菜でできる!マリネ液の簡単レシピを紹介

マリネは、酢とコショウなどのマリネ液に野菜などを付けて作る保存食品です。
このマリネ液にお肉と魚をつけて作っても良いです。この調理方法の漬け込む事の呼び方がマリネするとも言われます。

マリネの他に、ピクルスやカルパッチョなどの酢を使った別な調理方法もあります。

マリネ液は基本的にはお酢と香辛料、ハーブなどを使って作る

香辛料はお好みで選ぶ事ができます。

酢と相性が良いのがローリエ、少し辛めにしたければ鷹の爪や他の種類の唐辛子などを入れると味に変化がでます。また、酢だけでなくオリーブオイルを入れたり、レモン汁なども入れると味に幅を出すことができます。

マリネ液を作る時に使用する材料

 酢(160ml)酢は米酢と穀物酢など使用するのはどちらでも良いです。

オリーブオイル(160ml)オリーブオイルがなければ植物油でも良いです。風味をよくするためにはオリーブオイルを使用すると良いでしょう。
ローリエ(1枚)ローリエはスパイスですので辛みがでます。基本的には1枚で十分ですが、一度作ってみて辛みが足りないと思った時にはもう一枚追加してみても良いかもしれません。

ローリエは刻まずに1枚のまま使用するようにしてください。

鷹の爪(適量)、砂糖(少々)味見をしながら調整してください。

材料は事前に混ぜてマリネ液を作ってから野菜などを漬け込むようにしましょう。
また、辛み成分は最後に入れるようにします。

彩り夏野菜の簡単マリネなら常備菜にもおすすめ

野菜ならどんな物でもマリネにすることが出来ます。見た目も鮮やかな野菜を使うと食卓に並べた時に華やかになります。
また、漬けこんで友人のパーティーに持って行ったり、お客さんか来た時などに出しても良いですね。

お勧めのマリネの野菜はパプリカやナス

パプリカは色が2種類あるので交互に容器に詰めればカラフルな色合いで漬けておくことが出来ますし、食感もシャキシャキしてマリネ液と相性が良いです。
また、ナスは漬物にもなるくらい酢と相性が良いので作ってみると良いですよ。

ナスをマリネ液に入れる時はフライパンで焼き目を付けて火を通してから付けるようにしてください。

マリネするときに、瓶に詰めて漬ける場合は、先に容器に野菜を詰めて動かないようにしっかり敷き詰めてからマリネ液を入れるようにしてください。

さっぱり美味しい簡単マリネは焼き野菜でも美味しい

そのまま野菜を漬けて楽しむのも良いですが、焼いてからマリネ液に付けると食感も変わったマリネを作る事ができます。

ニンニクなどと一緒に炒めてからマリネすると食欲をそそる味になります

上記にマリネ液の作り方を記載しておりますので、沢山作って保存しておくのも良いです。
何度も作るのも大変ですから、一度作る時に多めに作って瓶に入れて保管しておけば作りたいときに気軽にマリネを作ることが出来ます。

鮮やかな色の野菜を使うと見た目にも美味し焼き野菜マリネになります

炒めて作るので漬けても味の染みにくい野菜なども使用できます。にんじんなどは固くて味も染みにくいため、漬けるときは敬遠しがちですが、火を通せば柔らかくて色合いも綺麗でマリネに向く野菜になります。

冷やして美味しい甘酸っぱいマリネは夏におすすめ

マリネにはミニトマトなども向いています。
夏はミニトマトが美味しい時期です。家庭菜園でも育てている方もいるでしょう。

我が家は、ミニトマトを家庭で栽培していますが、沢山実りすぎて食べきれなくなる事がよくあります。そのまま置いておいてもすぐ悪くなってしまいますのでどうにか加工して保存したいと思い、よく作る様になりました。

酢と油に漬けておくだけで簡単に保存しておけるのでミニトマトのマリネはお勧め

ミニトマトのマリネを作るときに気を付けたいことは、トマトの皮を剥いてから作る事です。熱したお湯にトマトを入れると自然に皮が剥けます。もっと剥けやすくするには、包丁で少し切り込みを入れるかフォークで一か所穴を小さく空けておくとそこから自然に皮が剥けます。

サッとお湯に入れたらすぐお湯から出して冷たい水を出しながらトマトの皮を綺麗に剥けば湯剥きは完了です。

酢と油に漬けるだけでも美味しく出来上がりますが、少し甘めにするとミニトマトをデザート感覚で食べる事ができますので、はちみつも混ぜてみましょう。

マリネ液は上記のマリネ液ですと鷹の爪入りで辛めになっていますので、こちらの材料で作ってみてください。

はちみつ(大さじ3)、酢(大さじ2)、オリーブオイルまたは植物油(大さじ1)、塩(少し)。
マリネ液をよく混ぜたら湯剥きしたミニトマトを入れて一晩漬けたらできあがりです。

マリネは魚や肉にもアレンジを楽しめます

肉や魚も漬け込む事が出来ます。

酢は揚げたものなど油が出ている食材との相性が良い

漬ける前に、揚げ焼きしたり、片栗粉をつけてから揚げた肉や魚、彩野菜と一緒に付け込めば完成です。

朝のうちに作って漬けておけば夕飯にはそのまま出すだけ、また、肉と一緒にマリネ液で炒めても美味しく食べる事ができますので、沢山マリネ液を作り置きして調味料として使っても良いですね。