キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍おにぎりは自然解凍でOK?冷凍おにぎりの美味しい食べ方

おにぎりを作って冷凍しておくと、急いでいるときの時間短縮となり便利です。そのまま自然解凍で美味しく食べられると、もっと便利だと感じますが、ご飯を自然解凍した場合食感や美味しさは変化してしまうのでしょうか。

ここではそんな疑問にお答えします。また自作した冷凍おにぎりだけでなく、市販の冷凍おにぎりついても紹介をいたしますので、あわせてお読みください。

関連のおすすめ記事

野菜を保存するなら冷凍がおすすめ。冷凍保存の方法とポイント

買ってきた野菜を調理することなく、冷蔵庫の隅で腐らせてしまった経験ありませんか?そんなあなたには、野...

卵を大量消費できるプリンの作り方簡単に作れる方法を紹介

卵を大量消費したいならプリンがおすすめです。炊飯器で大きなプリンを作るのもいいですし、大人数用に小分...

夕ご飯に工夫をしてダイエットするならこんなレシピがおすすめ

ダイエットしている人は、夕ご飯を抜こうとしたりすることもありますが、体の事を考えると、それはおすすめ...

豚バラの肉巻きで野菜も美味しい!簡単おすすめレシピを紹介

豚バラで野菜を肉巻きするとボリュームのあるおかずになります。 そんな豚バラの肉巻き野菜はお弁当のお...

冷凍させたたこ焼きの、美味しい食べ方についてご紹介

冷凍で保存できる食べ物は数多くありますが、作りすぎたたこ焼きも冷凍させることが出来ます。 冷凍食品...

誕生日のメニューは何にする?旦那が喜ぶ料理を紹介します

子供の好きなものなら作りやすいけれど、旦那の誕生日メニューが決まらない…そんなときには、旦那の好きな...

食費の節約術を紹介します!5人家族はかさ増しがおすすめ

5人家族の食費の節約術にはどんなものがあるのでしょうか。まとめ買いや値引き品をしているのに、なぜか食...

唐揚げの美味しい揚げ方、片栗粉と小麦粉の衣の違いについて

唐揚げはレシピ通りに作ってもベチャッとしてしまったり、肉が硬くなってしまったりと、揚げ方によって食感...

たこ焼き粉のレシピは余りものでも美味しい!おすすめを紹介

たこ焼き粉はたこ焼き以外にアレンジできるレシピを知っておくと、たこ焼き粉の余りも上手に美味しく使うこ...

豚肉を炒めると柔らかくならない…簡単柔らかくする方法をご紹介

豚肉を炒めると硬くて柔らかくならない…そんな悩みありませんか? 硬い豚肉はまるでゴムのようですし、...

冷凍ご飯を解凍に冷蔵庫はNG!冷凍ご飯を美味しく食べる方法

冷凍ご飯を夜に使う予定だから冷蔵庫で解凍しておけばちょうどよいのでは?と、ゆっくり解凍したら水分が抜...

豚肉で簡単美味しいお弁当おかず!脂が白く固まらない工夫を解説

お弁当を作るとき、メインの料理に豚肉を使うこともあるのではないでしょうか。豚肉はお手頃価格で簡単に調...

冷凍ストックできる美味しいレシピ。夕食のメインにもお弁当にも

平日は家に帰るのが遅くなるという方には、冷凍ストックしておけるおかずがあると便利です。夕食のメインに...

夕ご飯の献立のメインになる絶品ボリューム鶏肉レシピ

「今日の夕ご飯の献立は何にしよう…」。主婦が毎日考えることです。冷蔵庫に鶏肉がある時には、鶏肉をメイ...

和菓子のレシピを知りたい!夏に作りたい簡単和菓子の作り方

夏に合う和菓子はどんなものがあるのでしょうか?さっぱりと食べることのできるものを作りたいならこの和菓...

冷凍のおにぎりは自然解凍だと美味しく食べられません

私は毎日職場におにぎりを持っていって昼食に食べていますが、毎日2つずつといっても、毎朝おにぎりを握るのはそれなりに時間も手間もかかるので、ついサボってコンビニのパンやおにぎりを買ってしまうことも多く、買った後でお財布に悪いことをしたな…と落ち込むことが多いです。
おにぎりの作りおきが美味しく食べられるのであれば、それほど嬉しいことはありませんが、作り置きした冷凍おにぎりは、冷凍ご飯同様自然解凍では美味しく食べることができず、解凍には電子レンジが必要になります。

おにぎりを冷凍したことがある方は少ないかもしれませんが、白米の冷凍であれば、多くの方が冷凍した経験がありますよね?

冷凍した白米はデンプンが凍っていて、一度固まったデンプンは熱が加わらないと復活しないため、自然解凍した状態の白米は固く、ポロポロとします。
そのため、同様の理由で、おにぎりの自然解凍はNG!美味しく食べられなくても良いのであればそのまま食してもよいのですが、毎日のことなので美味しく解凍して食べたいですよね。

市販の冷凍おにぎりも自然解凍は推奨されていません

スーパーなどで手に入る食料品の中に「冷凍おにぎり」がありますが、この冷凍おにぎりは、コスパも良く味も大変おいしいですし、なにより簡単に調理ができるので、昼食用、夜食用、お弁当用などとして自宅にストックがあるという方も多いのではないかと思います。

先程の見出しで、冷凍のおにぎりを解凍するのに電子レンジは必要不可欠であるとお伝えしました。

スーパーなどで購入できる冷凍のおにぎりもまた、解凍には電子レンジが必要

裏面に記載されている調理方法を見ても、自然解凍を推奨するメーカーの冷凍おにぎりは見当たりません。

つまり、市販の冷凍おにぎりも、家庭で作って冷凍したおにぎりも、どちらも自然解凍はおすすめできず、美味しく冷凍おにぎりを食べるためにはどちらの場合にも、凍ったデンプンを電子レンジで温めてあげる必要があります。

自然解凍NGな冷凍おにぎりの解凍方法

冷凍おにぎりを美味しく食べるためには、電子レンジで解凍するのが一番です

冷凍したおにぎりを職場に持ち込む際には、職場に電子レンジがあるのであれば、朝冷凍庫から取り出した冷凍おにぎりをラップに包んだままの状態でクーラーバッグに入れて職場に持ちこみ、食べる直前に電子レンジで温めて解凍し、食しましょう。

子供のお弁当に冷凍したおにぎりを詰める場合、電子レンジのない職場に冷凍おにぎりを持ち込む場合は、自然解凍では美味しく食べることが出来ないことから、朝家を出る前に自宅で冷凍おにぎりを解凍してから家を出る必要があります。

自然解凍では美味しく食べられない冷凍おにぎりですが、おにぎり1個に対し600wの電子レンジで1分~1分半程度で解凍することでとても美味しいおにぎりに解凍することができますよ。

冷凍おにぎりを作る際の注意点やコツ

冷凍おにぎりの美味しい解凍方法がわかれば、忙しい朝に毎日おにぎりを作るよりも、冷凍したおにぎりを休日にストックしておくことの方が簡単に思えてきますね。

しかし、自分で握ったおにぎりを冷凍する際には、作る時にいくつか注意してほしいポイントがあります。

冷凍おにぎりを作る際の注意点と、美味しいおにぎりにするためのコツ

  • 素手で握ったおにぎりは冷凍しない
    手で握ったおにぎりは美味しいですが、素手で握ったものには雑菌が繁殖しやすく、長期保存する冷凍おにぎりを作る時の調理法としては不向きです。
    冷凍用のおにぎりを作る時には、先程紹介した専用の容器やおにぎり型を使う、ラップで包んで握る、調理用の手袋を着用して握るなどの方法の中から自分がやりやすい方法を選んで、雑菌の繁殖を防ぎましょう。
  • おにぎりが傷まないように作る時に一工夫をする
    冷凍したおにぎりの劣化を防ぐためにはお酢が有効で、ご飯3合に対してお酢大さじ1程度の少量のお酢を混ぜることで、美味しく保存ができますし、おにぎりからお酢のにおい、味がすることはありませんので、安心して劣化対策に使ってみてください。

市販の冷凍おにぎりは使う場面にあわせて選ぶのがおすすめ

冷凍おにぎりは、日々のお弁当作りの時短のために利用するのもおすすめですが、「来客時」や「パーティー」などで用意する「おもてなし料理」にも便利です。

おもてなし料理に使う冷凍おにぎりは、自分で作って用意したものではなく、市販されている少しリッチな冷凍おにぎりがおすすめ!

「肉巻きおにぎり」や「ライスバーガー」、「玄米握り」や「鶏めしおにぎり」など、いろいろな種類のものがネット通販などで購入できるので、普段食べたことがない、美味ししおにぎりに出会えるかもしれませんよ。