弁当におすすめの副菜・簡単にできるメニューと副菜作りのコツ

毎日の弁当作りで困ることの一つに、「メニューを考える」というものがあります。メインのメニューはすぐに決まっても、副菜がなかなか決まらずに困ることもあるのではないでしょうか。

ここでは、弁当におすすめの簡単にできる副菜レシピについてお伝えします。忙しい朝でも簡単に作れるメニューをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

また、副菜作りを簡単にするコツについてもご紹介しますので、こちらも併せて確認してみましょう。副菜作りに役立ててください。

関連のおすすめ記事

【卵料理のおかず】お弁当に冷凍保存OK!子供が大好きレシピ

卵料理が大好きというお子様も多いと思います。幼稚園のお弁当のおかずには、いつも卵料理が欠かせない...

弁当に入れたい作り置き野菜・常備菜のおいしいレシピを紹介

弁当を作っていると、あと一品に悩むこともあります。「この隙間を埋めるには何を入れれば良いのだろう」そ...

冷凍ご飯で作るおにぎりがかたい!お弁当を美味しくする解凍方法

冷凍ご飯を使用してお弁当のおにぎりを作ると、食べるときにおにぎりがかたいことにお悩みの人もいるのでは...

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか?...

弁当に入れたい子供の大好きなおかず!簡単幼稚園弁当レシピ

幼稚園には、お弁当の日というのがあるところが多いと思います。週に2~3回あるお弁当の日には、朝のお弁...

豚ひき肉を使ったお弁当レシピ!味付けを変えるだけの簡単料理

豚ひき肉はスーパーで特売になっていることが機会が多い食材!お弁当にも活用したい食材ですよね。...

丼物のお弁当は忙しい朝に簡単!美味しいボリューム丼レシピ

毎日のお弁当は、今日はどのおかずを入れようかと、頭を悩ませる方も多いと思います。いくつものおかずを作...

肉じゃがはお弁当にはNG?詰め方次第でお弁当に入れても大丈夫

肉じゃがはお弁当には向かない料理といわれています。特に夏場は傷みやすいので注意が必要です。し...

冷凍できるお弁当の作り置きおかずについて、注意点やコツも紹介

忙しい朝のお弁当作りは時間との戦い。揚げ物や焼き物などガスコンロやIHもフル回転です。そこで...

長芋でもお弁当に大丈夫!簡単で美味しいおすすめレシピを紹介

長芋はお弁当に入れても大丈夫なのか気になるあなた。長芋は食感を変えるだけでいろんなアレンジ料理も楽し...

弁当は「丼」がおすすめ!丼のメリットと簡単・美味しい作り方

毎朝の弁当作りに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。忙しい朝のお弁当作りを時短したい人にお...

【野菜の作り置きおかず】お弁当にぴったりなおかずをご紹介

お弁当のおかず作りをしていると、タンパク質ばかりで野菜が不足していると、ふと気になることありませ...

豚肉を使ったお弁当向けレシピ!子供のお弁当に入れたいおかず

毎朝、子供のお弁当を作っているという方も多いと思います。毎日作っていると、おかずもワンパターンになり...

冷凍ぶどうをお弁当に!お弁当に向いている果物や理由をご紹介

様々な種類の冷凍フルーツを、スーパーなどでよく見かけます。しかし冷凍フルーツは、解凍されると同時に水...

弁当のご飯の冷まし方のコツ!簡単ですぐにできるおすすめな方法

忙しい朝はお弁当に入れるご飯をできるだけ早く冷ましたい。では、ご飯の冷まし方にはコツはあるのでし...

弁当の副菜におすすめ!レンジで作る簡単ブロッコリーのおかず

お弁当のおかずは油断すると彩が悪くなってしまいます。茶色目のお弁当に濃い目の緑の副菜が一品入るだけで彩が劇的に良くなります。

そんなお弁当向きの濃い目の緑の食材といえば、ブロッコリーです。

レンジ調理も出来るブロッコリーの副菜をご紹介します。

ブロッコリーの副菜、七味マヨ

材料ブロッコリー、マヨネーズ、七味、醤油
作り方よく洗って切ったブロッコリーは耐熱皿に入れて、軽くラップをしてレンジで加熱します。
ボウルにマヨネーズに醤油を垂らし、七味を軽く振りかけたら混ぜます。
加熱したブロッコリーを加えて混ぜたら完成です。
加熱後に汁気が多い場合はしっかり水気を切ってから和えてください。

辛いのが苦手な人は七味マヨではなく味噌マヨにしても美味しいです。

ブロッコリーの副菜小エビ和え

材料ブロッコリー、小エビ、塩昆布、ゴマ油
作り方生のブロッコリーはよく洗って食べやすい大きさに切り分けます。
冷凍のブロッコリーを使っても良いです。
耐熱ボウルにブロッコリーを入れてレンジで火を通します。
ボウルに小エビと塩昆布、ゴマ油を入れて和えます。

加熱後に水が沢山出た場合は、捨ててください。
味が足りない場合は、塩や醤油を足して味を整えてください。

電子レンジを使って調理しましたが、ブロッコリーは鍋でゆでても構いません。

弁当の副菜に!ピーマンで作る簡単炒めものレシピ

ピーマンもお弁当のおかずにぴったりの食材です。ピーマンは緑のピーマンだけでなくカラーピーマンも併せて使うとカラフルな副菜としてお弁当に彩を添えてくれます。
調理によってはピーマンの緑色は退色してしまいますが、独特の苦みがなくなり苦手な人でも食べやすくすることも出来ます。

簡単に作れるピーマンの副菜をご紹介します。

ピーマンの副菜、甘辛炒め

材料ピーマン、醤油、砂糖、水
作り方ピーマンは縦に細切りにします。
フライパンにピーマンを入れて炒め、途中で少量の水と砂糖を加えます。
次に醤油を入れてピーマンがくったりするまで炒め煮ます。

苦みやシャキッとした食感がある方が良い人は、ピーマンがくったりする前に火を止めてください。

ピーマンの副菜、オイスターソース炒め

材料ピーマン、牛肉、オイスターソース、醤油
作り方ピーマンと牛肉は細切りにします。
フライパンに牛肉を入れて炒め、途中でピーマンを加えて炒めます。
食材に火が通ったら、オイスターソースと醤油を加えて炒めます。

タケノコを加えても美味しいです。

キャベツを使った副菜レシピ!弁当に入れたい簡単一品

一年中手に入りやすく家庭の定番食材であるキャベツはどんな味付けとの相性が良いので、お弁当の副菜として飽きずに食べることが出来ます。

キャベツで簡単に作れる副菜をご紹介します。

キャベツとウインナー副菜、ハーブソルト炒め

材料キャベツ、ニンジン、ウインナー、ハーブソルト
作り方キャベツとニンジンはお弁当に入れやすい大きさに切ります。
ウインナーは斜めに4等分に切ります。
フライパンで食材を炒めて、ハーブソルトで味付けします。

キャベツと卵の副菜、お好み焼き風

材料キャベツ、卵、紅ショウガ、青ネギ、白だし、お好み焼きソース
作り方キャベツと青ネギを切ります。
白だし入りの溶き卵を作り、紅ショウガと青ネギ、キャベツを入れて混ぜます。
玉子焼き用フライパンで卵焼きを作る要領で焼くか、小さめのフライパンに材料を流し入れて加熱し、途中で裏返して焼きます。

切って、お好み焼きソースをかけます。

弁当の副菜を作り置きがおすすめ!弁当作りが簡単になる

簡単な作り方でもお弁当のおかずの副菜を用意するのは大変という人も多いでしょう。忙しい朝に何品も作るのは結構時間も必要ですよね。

色々副菜を入れたいけど朝は余裕や時間がないという場合は、作り置きおかずを用意するのがお勧めです。

作り置きおかずがあれば、朝にお弁当箱に詰めるだけで済みますし、朝食や夕食の準備も楽になります。

その分、休日にまとめて作らなければいけない事にはなりますが、それも難しいという人は何品も作らずに固定のおかず2~3品だけでも良いと思います。

お弁当はいつも同じおかずと開き直るのも手

副菜が固定されればメニュー決めに迷うこともありません。

例えば、最初にご紹介したブロッコリーの副菜は、下茹でしただけのブロッコリーを作り置きにしておいて、その都度味付けだけするのでも良いでしょう。

それなら、食材は同じでも味付けが変わるので飽きにくいです。

弁当の副菜は残り物やリメイクもおすすめ

作り置きおかずの難点は同じ副菜が続くと食べ飽きてしまう事です。また、お弁当の中身を同僚等周りの人に見られてる環境にいると、「いつも同じ」と思われたくないと思う人もいるでしょう。

食べ飽きてしまいやすい人やいつも同じと思われたくない人は、晩御飯のおかずをお弁当の副菜にしたり、作り置きおかずをリメイクするのがお勧めです。

晩御飯のおかずを翌日のお弁当の副菜にする

ただ取り分けておくだけなので簡単です。

作り置きおかずを作っても食べ飽きてそのままダメにしてしまうのは勿体ないので、ぜひリメイクして最後まで美味しく食べましょう。

簡単なリメイク方法は、たまごを使うか細かく刻んで違う味にする等があります。

ご紹介したキャベツやブロッコリーの副菜はオムレツの具したり、刻んでポテトサラダの具にする方法があります。

金平も卵とじにしても良いですし、刻んでキーマカレーやミートソースの具にすることも出来ます。