キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

【お弁当箱の選び方】子供にアルミのお弁当がおすすめな理由

幼稚園や保育園の入園準備の一つに弁当箱選びあります。子供が好きなお弁当箱を選ぶのも良いですが、使い勝手や衛生面を考えてお弁当箱選びをする方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは子供のお弁当箱には、どのような素材のものが良いのか、アルミのお弁当箱の良さや注意点についてご紹介をいたします。

またアルミのお弁当箱を使用する際の、選び方やポイントについてもご紹介をしていますので、参考になさってください。

関連のおすすめ記事

お弁当の作り方【初心者向け】お弁当作りの基本の知識を紹介

これから毎日の昼食に手作りのお弁当を作って持参しようと考えている人の中には、お弁当の基本の作り方を知...

冷凍ご飯で作るおにぎりがかたい!お弁当を美味しくする解凍方法

冷凍ご飯を使用してお弁当のおにぎりを作ると、食べるときにおにぎりがかたいことにお悩みの人もいるのでは...

豚バラを使ったお弁当に入れたいおかずレシピ【冷凍保存OK】

毎日のお弁当作りに、冷凍しておけるおかずがあると、お弁当作りが楽になります。 育ち盛りのお子様や、...

弁当は「丼」がおすすめ!丼のメリットと簡単・美味しい作り方

毎朝の弁当作りに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。忙しい朝のお弁当作りを時短したい人にお...

挽肉をお弁当に使おう、レシピ人気の高いものをご紹介

挽肉は、色んな料理だけではなく、お弁当にも使いやすい食材です。 しかし、具体的にはどういったも...

弁当代を節約!作り置きおかずで簡単・節約になる弁当を作ろう

毎日のお昼ごはんにかかるお金を、手作り弁当を作ることで節約しようと考えている人もいるのではないで...

肉じゃがをアレンジしてお弁当に入れよう!おすすめレシピを紹介

前日の残り物の肉じゃがを別の料理にアレンジしてお弁当に入れることはできないかと考えることもあるのでは...

豚バラを使って作り置き!お弁当に使える簡単料理を紹介します

お弁当に使いやすい豚バラは作り置きしておけば忙しい朝にも入れやすい!固くなりにくい豚バラですが油...

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか? ...

冷凍ご飯をお弁当にそのままは大丈夫?冷凍ご飯の解凍について

夏場はお弁当に傷みが気になります。そのために保冷剤をお弁当と一緒に持っていく方も、少なくはありません...

唐揚げ弁当の詰め方!美味しく見えるバランスや彩りのコツを紹介

唐揚げをお弁当に詰めるとバランスが取れず、茶色い印象になってしまうというあなた。 詰め方を工夫する...

旦那のお弁当を節約して作るコツ!見た目や時短も満足感も叶う

旦那のお弁当を節約のために作っているけど、かえって逆に食費がかかっているのではと考える主婦も多いでし...

冷凍おかずでお弁当作りを簡単に!野菜を使ったおかずのレシピ

忙しい朝のお弁当作りに毎日悪戦苦闘している人もいるのではないでしょうか。朝からバタバタするのではなく...

【ナスのおかず】弁当レシピにぴったりレンジで作る簡単おかず

毎日のお弁当作りには、いつもどれくらいの時間を掛けていますか?朝の忙しい時間には、お弁当作りを少しで...

唐揚げをリメイクしてお弁当も簡単!人気のおすすめレシピを紹介

唐揚げをリメイクしてお弁当に入れたい。唐揚げはお弁当に人気のおかずですが、いつも同じでは代わり映えし...

子供のお弁当箱にアルミがおすすめな理由

子供用のお弁当箱を見に行くとたくさんの種類のお弁当箱が並んでいますが、タイプに分けるとプラスチック製の物かアルミ製の物に分かれますね。
アルミ製の物のほうがちょっとお値段は上がりますが、幼稚園のお子様が使うのでしたらアルミ製の物が圧倒的に使いやすいと思います。

アルミ製のお弁当を使う上で一番のメリットは【小さな子供でも開け閉めしやすい】という事です。

幼稚園に入りたてのお子様は初めての幼稚園生活など慣れない環境で精一杯です。
プラスチック製のお弁当箱は開ける時にはロック部分を開けて、しまう時にはロック部分をパチンと閉めなくてなくてはなりませんが、小さなお子様ですとこの動作がなかなかうまくいかず、お弁当箱が開いた状態で帰ってきたりします。
アルミのお弁当でしたらフタをかぶせるだけですので余計な力がいらないですし動作も単純ですので、お弁当の開閉で苦労しなくて済みます。

また、プラスチック製のお弁当箱はパッキンがあったりと付属の部品を外して洗わなくてはなりませんがアルミ製のお弁当箱はそれがありませんので洗う時も楽です。

子供にアルミのお弁当箱をもたせる際の気になる点について

お子様にも嬉しいアルミのお弁当箱ですが、ちょっとしたデメリットもあります。

お子様が使う上で一番使いにくい点と言うと、ご飯粒がくっつきやすいという事です。
プラスチックの入れ子が付いているものですとそちらにご飯を入れればご飯がくっついてしまうという問題はクリアできるのですが、直接アルミの上にご飯を置くとどうしてもくっつきやすくなってしまいます。
対処法としてはご飯を入れる前にバターやサラダ油を薄く塗っておくとご飯がくっついてしまう事を防げます。

また、アルミ製のお弁当箱は汁やタレの多いおかずを入れるとパッキンがないので漏れてしまう事があります。
対処法としては汁気の多いおかずは入れないのが一番です。

今はご家庭に食洗器があって、食器は全部食洗器任せというご家庭も多いかと思いますが、アルミ製のお弁当箱は基本的に食洗器に入れてはいけません。
食洗器用の洗剤はアルカリ性の物が多く、アルミ製のお弁当箱と相性が悪いため、食洗器で洗ってしまうと色が黒くなってしまいます。
アルミ製のお弁当箱は必ず手洗いしましょう。

子供用のおすすめアルミお弁当箱

お子様におすすめのアルミ製のお弁当箱には様々なサイズがありますので、お子様の食べる量と相談しながら大きさを決めると良いでしょう。
小さなお子様や食の細いお子様には280mlという小ぶりサイズから、大人用の大きなサイズまで色々ありますが、お子様用のかわいい柄が入ったものやキャラクターがデザインされているものは370mlの大きさが多いです。
最初は大きいと感じてもご飯の量で調整したり、中子がついているものもあります。
大きくなるにつれてお弁当箱のサイズも大きくなりますので安心してください。

大きさやデザインも様々ですが、中の構造も内蓋の付いているものもあります。
内蓋がついていれば汁気の多いおかずを入れても漏れてくることが少なくなりますので安心して使う事ができます。

アルミのお弁当に名前を入れてくれるというサービスもあります。
自分で直接名前を書いたり、名前のシールを貼っても何回も洗っていくうちに名前が取れてしまう事がありますが、名前をプリントしてもらえば何度も名前を書いたりする手間が省けます。
自分の名前が印刷されたお弁当箱ならお弁当の時間が楽しみになるのではないでしょうか。

プラスチック?それともアルミ?子供のお弁当箱を選ぶ際のポイント

お弁当箱を決める時に素材で迷った時には、重視したい点を意識しながらお子様と相談しながら決めると良いでしょう。
アルミ製のお弁当箱の良い所は、お伝えしてきたとおりですが、プラスチック製のお弁当箱にも良い所はたくさんあるのです。
  • デザイン、種類
    プラスチック製のお弁当箱の良い所はそのデザインの豊富さです。
    形状も様々なものがあり、お子様の喜ぶキャラクターをかたどったようなものもありますので、お子様受けは抜群である事が多いです。
  • 値段
    値段もアルミ製のお弁当箱と比べてリーズナブルで、今では100円ショップでもプラスチック製のお弁当箱は取り扱われています。

また、食洗器にも対応していますので、必ず手洗いしなければならないアルミ製と比べると扱いやすいです。
毎日デザートを持たせる時にデザートを別容器に入れると洗い物が増えてしまいますが、プラスチック製のお弁当箱なら二段タイプの物がありますので洗い物が少なく済むというのも良い点です。

デメリットとしては、壊れやすいという事が挙げられます。
まだ小さいお子様がやんちゃに扱うとすぐに部品が欠けてしまったり取れてしまったりという事も起こりますし、臭い移りしやすくケチャップなどのトマトソース系を入れると色移りしてしまったりします。

以上の点から、親子に合ったものを選ぶとお弁当タイムも楽しくなります。

アルミのお弁当箱でもレンジ、食洗機対応のものもあります

アルミのような金属類をレンジで加熱するのはご法度という常識を覆すような商品も存在します。
お値段が少し高くなりますが、なんとアルミのお弁当箱なのに電子レンジで加熱する事ができるものがあります。
それから、食洗器にも対応しているものもありますので、通常のアルミ製のお弁当箱と比べるとプラスチック製のお弁当箱と同じような感覚で使えますので格段に扱いやすいのではないでしょうか。

お弁当箱が並んでいる売り場に行くと、とてもたくさんの種類があり、どれを選んだらいいのか訳が分からなくなることもあるかと思います。
そのような時には、お子様の年齢に合わせた大きさ、使い勝手を考慮して選んだり、お子様の好きな柄の付いているものから選ぶのも良いかもしれません。
また、お弁当箱を買ってきたら実際にお弁当を作ってみて何度か使い方を練習しておくのも大切です。
だんだん成長していくとこんなのが欲しいという事を要求してくることもありますので、まずは使いやすさと大きさからお弁当箱を絞ってみてはいかがでしょうか。