キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。
その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険があるのを知っていますか?

そこで、肉じゃがの正しい保存方法や腐るのを防いでお弁当に入れるコツなどお伝えしていきましょう。

お弁当を作るときは腐りやすいおかずを入れないことも安全にお弁当を作るために大切なことです。
ぜひ参考に安全に美味しいお弁当を作りましょう。

関連のおすすめ記事

挽肉をお弁当に使おう、レシピ人気の高いものをご紹介

挽肉は、色んな料理だけではなく、お弁当にも使いやすい食材です。 しかし、具体的にはどういったも...

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか? ...

ナスで作る美味しいお弁当レシピ!子供が喜ぶお弁当の作り方

幼稚園に通うお子さんをお持ちのお母さんたちは、毎日お子さんのお弁当レシピに頭を悩ませているかもしれま...

唐揚げを弁当に冷凍したまま入れていい?旨味をキープする方法

お弁当に手作りの唐揚げを入れたいけれど、朝から揚げ物をするのは大変です。作り置きをしておいて冷凍すれ...

時短お弁当レシピと簡単時短なお弁当作りのコツ

毎朝のお弁当作りは、少しでも時短で作りたいものです。そこで、お弁当のおかずにおすすめの簡単レシピや、...

豚ひき肉でお弁当を子供向けに!人気おすすめや美味しいポイント

豚ひき肉を使ったお弁当おかずは子供も大好きなものばかりです。 子供のお弁当に豚ひき肉を使ったおかず...

冷凍ご飯をお弁当に活用!チャーハンが向いている理由と注意点

ご飯が余るともったいないと冷凍庫へ。そんな冷凍ご飯の在庫が増え、余ってしまうことありますよね。しかし...

鶏肉で作るお弁当に入れたい簡単美味しいレシピ

食べざかりのお子様の弁当には、鶏肉も使いやすい食材です。朝から油たっぷりの揚げ物はちょっと難しいです...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

肉じゃがはお弁当にはNG?詰め方次第でお弁当に入れても大丈夫

肉じゃがはお弁当には向かない料理といわれています。特に夏場は傷みやすいので注意が必要です。 し...

弁当におすすめの副菜・簡単にできるメニューと副菜作りのコツ

毎日の弁当作りで困ることの一つに、「メニューを考える」というものがあります。メインのメニューはすぐに...

豚ひき肉のお弁当簡単レシピ!時短で美味しいおかず

豚ひき肉は、お弁当作りにとても便利な食材です。火の通りが早いので、朝の忙しい時間にも調理をしやすく、...

大根で作る美味しい副菜。お弁当に入れたい大根レシピ

お弁当の副菜に、どんなおかずを入れようかと悩む方も多いと思います。大根がたくさんある時には、お弁当の...

弁当の作り置きは冷凍方法を正しく!美味しい時短弁当のコツ

お弁当はおかずを作り置きしておくだけで楽に作れるようになります。 しかし、作り置きのおかずは冷凍方...

No Image

豚肉で作るお弁当に入れたいおかず。簡単美味しいパパっとレシピ

毎日のお弁当作りは、ついついおかずも似たようなものになってしまいます。忙しい朝の時間には、なるべ...

肉じゃがをお弁当に入れると腐ることがある理由とは

肉じゃがをお弁当に入れるのは向いていないかも!?という理由が以下です。

じゃがいもは傷みやすい食材である

じゃがいもは、でんぷんの影響により加熱すると細胞が分離します。この細胞が分離したところから菌が入りやすいので、加熱したじゃがいもはあまり日持ちしないというわけです。そのためじゃがいもがメインとなる肉じゃがは、他の煮物と比べて傷むスピードが早くなります。

肉じゃがは水分が多いおかず

肉じゃがにはじゃがいもの他にもにんじん、玉ねぎなど水分が多い食材を入れるので、その分特に夏場だと傷みやすくなります。

玉ねぎの中でも特に水分の多い新玉ねぎをお弁当に入れる肉じゃがに使う時は要注意です。煮汁が多いというのも理由の一つなので、お弁当に入れる時は、煮汁は入れない方が良いでしょう。

お弁当に入れると腐る可能性がある肉じゃがは保存に気をつける

肉じゃがは翌日まで冷蔵庫で保存しておく

夕飯に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れたい場合は、タッパーに入れたりお皿に移し変えて冷蔵庫で保存するようにしましょう。

鍋に入れたまま常温放置してしまうと、菌がものすごいスピードで増殖してしまいます。

肉じゃがの汁気は少しだけ残して切っておく

タッパーやお皿に移しかえるときに、煮汁を入れるのは少しだけにしましょう。煮汁があるとその分水分を含んでしまいますので、翌日温める時には水分を吸ってなくなるぐらいの量を入れると良いです。

肉じゃがは冷凍保存向きではない

食材を長持ちさせるのに冷凍保存は便利ですが、肉じゃがの場合は冷凍保存には向かないでしょう。

加熱した後のじゃがいもを冷凍・解凍すると水分が抜けやすく、ぐにゃっとしたような食感になってしまいます。肉じゃがはごろごろしたじゃがいもが美味しさのポイントなので、冷凍保存はおすすめしません。

肉じゃがが腐るのを防いでお弁当に入れるコツ

お弁当用は汁気を少なくして作っておく

煮汁が多い肉じゃがのレシピが一般的ですが、水を使わず、味を濃い目につけて野菜から出る水分だけで作る肉じゃがのレシピもあります。お弁当に入れる予定があるなら、こういったレシピのものを参考にすると良いでしょう。

汁気を少なめに作るとじゃがいもがほくほくに仕上がり、お弁当に入れるのにもぴったりですよ。

お弁当を詰める時に汁気を吸う食材を下に敷く

肉じゃがを詰める時に、汁気を吸う食材を下に敷くというのも一つの手です。かつお節やフリーズドライの大豆を敷いておけば食べる時には汁を吸ってくれています。

またお弁当に詰める時も一つ一つの食材を箸で掴み、軽く水分を切ってから詰めるようにすると良いでしょう。ひとまとめにするとその分水分を多く含んだまま詰めてしまいがちです。

お弁当箱内で他のおかずに移らないようにする

汁気が他のおかずに移ってしまっては台無しなので、お弁当に肉じゃがを詰める時は片栗粉でとろみをつけてこぼれにくくしたり、カップに入れてると良いです。

入れる前にキッチンペーパーで水分を吸収しておくという方法もあります。

こんな肉じゃがは食べない!見分け方とは

肉じゃががこんな状態になっていたら、食べないようにしましょう。

お弁当に入れられない肉じゃがの状態

臭いが変

臭いというのは大事な判断要素です。食べる前に肉じゃがの匂いをかいでみて、いつもと違う臭いがしたら食べるのはやめておきましょう。

大体危ない臭いとしては、酸っぱい臭いがします。納豆のような臭いも危険です。

常温で放置している時間が長いと特に菌が増えて、臭いが発生しがちです。梅雨時期なら数時間であっという間に腐ってしまうこともあります。

味が変

見た目、臭いが大丈夫だったとしても、食べてみて変な味がしたら一口でやめておきましょう。そのままできれば飲み込まず、口から出して歯を磨くようにしましょう。たくさん菌がついた肉じゃがになってしまっているかもしれませんので、少しでも違和感を感じたらもったいないとは思わずやめておくのが懸命です。

白くネバついている

肉の脂が固まっている可能性もありますが、加熱してみても白い膜のようなものが張っていて、糸を引くようなら危険です。とろっとした粘りのある状態になっていたら腐っている可能性が高いです。カビがついているかもしれません。

お弁当は腐りやすいおかずを避けて安全に作りましょう

傷みやすいおかずはお弁当に避ける

例えば肉じゃがを入れる時は水分が多い玉ねぎやしらたきは抜いておいたり、他にも生野菜、乳製品、半熟の卵料理などは危険なので避けましょう。おかずの仕切りにレタスなどを使いがちですが、夏場はこれも危険です。もともとお弁当についている仕切りか、バランなどを使うようにしましょう。

朝、しっかり加熱する

前日の夕食に作ったものなどは、朝お弁当に詰め込む時もしっかり加熱するようにしましょう。冷蔵庫の中に入れておいて菌の増殖をおさえていたとしても、全く菌がついていないというわけではありません。

一度加熱して殺菌することが大切です。

また熱々のまま蓋を閉めると蒸気でまた傷みやすくなってしまうので、冷めて粗熱がとれてから蓋を閉めましょう。

お弁当に詰めた後は抗菌シート、保冷剤などを活用するのも菌の増殖を防ぐ方法として有効です。