キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

丼ものレシピはお弁当にもおすすめ!作り方を紹介します

お弁当にも入れることののできる丼ものレシピとは?忙しい朝はできるだけひとつの鍋で作ることのできる料理がいいですよね。

フライパンひとつで作ることのできる丼レシピを紹介します。時短になるように火の通りやすい食材を使うのがポイントです。

お弁当に入れるときには、汁気が出ないようにしたりやよらないように詰めるといいでしょう。

関連のおすすめ記事

【卵料理のおかず】お弁当に冷凍保存OK!子供が大好きレシピ

卵料理が大好きというお子様も多いと思います。幼稚園のお弁当のおかずには、いつも卵料理が欠かせない...

弁当におすすめの簡単レシピ。ガッツリ食べたい美味しい丼弁当

お腹がいつも空いている男子のお弁当は、ボリュームも大切。美味しいお弁当でも、ボリュームが足りないと、...

野菜の副菜レシピ。お弁当に入れたい冷凍保存OKおかず

お弁当作りのために、毎日早起きをしているという方も多いと思います。お弁当用のおかずは、作って冷凍して...

弁当代を節約!作り置きおかずで簡単・節約になる弁当を作ろう

毎日のお昼ごはんにかかるお金を、手作り弁当を作ることで節約しようと考えている人もいるのではないで...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

弁当【ハンバーグの詰め方】簡単にできて美味しく見せるコツとは

お弁当にハンバーグを詰めるときは詰め方に苦労していませんか? お弁当の詰め方や彩りに少し工夫するだ...

ナスのチーズ焼きはお弁当にピッタリ!アレンジ方法を紹介

ナスのチーズ焼きをお弁当に入れたい!レンジやトースターでも簡単に作ることのできるので忙しい朝にもピッ...

豚丼弁当は満足感あり!作り方のコツやおすすめレシピを紹介

豚丼は時間がないときでも簡単に作れるのでお弁当にも最適です。 豚丼弁当なら満足感もあるので、お子様...

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか? ...

大根をお弁当に子供も喜ぶ!簡単でおすすな大根レシピを紹介

大根を使ったおかずを子供のお弁当に入れるなら、子供が喜ぶおかずにすることが大切です。では、子供が喜ぶ...

弁当の作り置きは冷凍方法を正しく!美味しい時短弁当のコツ

お弁当はおかずを作り置きしておくだけで楽に作れるようになります。 しかし、作り置きのおかずは冷凍方...

冷凍できるお弁当の作り置きおかずについて、注意点やコツも紹介

忙しい朝のお弁当作りは時間との戦い。揚げ物や焼き物などガスコンロやIHもフル回転です。 そこで...

長芋でもお弁当に大丈夫!簡単で美味しいおすすめレシピを紹介

長芋はお弁当に入れても大丈夫なのか気になるあなた。長芋は食感を変えるだけでいろんなアレンジ料理も楽し...

お弁当の作り方【初心者向け】お弁当作りの基本の知識を紹介

これから毎日の昼食に手作りのお弁当を作って持参しようと考えている人の中には、お弁当の基本の作り方を知...

野菜で作るお弁当におすすめの簡単美味しい作り置きレシピ

毎日のお弁当作りのために、おかずを作り置きをしている方も多いと思います。どうしても茶色っぽくなりがち...

弁当でも人気な卵を使った丼レシピ

親子丼弁当

親子丼というととろとろ卵のイメージなので、お弁当に向かないと思われがちですがしっかり火を通せば大丈夫です。そして美味しい!がっつり食べられるので中高生のお弁当にもぴったりですよ。

材料は2人分

一口サイズ(いつもより小さめ)に切った鶏もも肉200g、薄くスライスした玉ねぎ1/2、溶き卵2個分と、調味料はしょうゆ・砂糖・みりん・和風だしなどで味付けします。時短ですきやきのたれを使ってもOK。

  1. 鶏ももと玉ねぎをたれで煮立てたら、溶き卵を2~3回に分けて入れます。
    ※この時、必ず気をつけておきたいのが必ず卵を完熟状態にすること。
  2. 1回目に入れたら蓋をして、3分程度しっかり煮ます。
  3. 2回目、3回目も同様に、蓋をしてしっかり火を通します。

後はへらなどでちょいちょい突いて、ご飯を盛ったお弁当の上にスライドさせれば完成。

天津飯弁当

オムライス弁当も定番ですが今日は違う気分…それなら天津飯がおすすめ。

  1. お弁当にはご飯を盛っておきます。
  2. 2人分ならフライパンに溶き卵2個分を油で熱し、くるくるかき混ぜます。
  3. 固まってきたら混ぜるのはやめて、蓋をしてじっくり加熱して火を通しましょう。裏返してさらに加熱するとしっかり火を通せます。
  4. 完成したらお弁当のご飯の上へスライドさせて盛ります。
  5. 同じフライパンにごま油を入れて、鶏がらだし小さじ1/2・醤油・砂糖・酒をそれぞれ小さじ1を水1カップで薄めて、煮立せます。
  6. 水溶き片栗粉でとろみをつけて、卵の上からかけたら完成。

あんは多めに入れてしまうとこぼれるので、気持ち少なめにしてしっかりラップをしましょう。

別の小さい容器に入れていくという手もありますよ。もう少し豪華にしたいなら溶き卵にかにかまや、細切りしいたけを入れるのがおすすめです。

がっつり弁当にしたいなら豚肉丼がおすすめ

がっつり豚バラ丼

塩だれ風味のがっつり豚バラ丼は、腹ぺこの中高生を満たしてくれます。午後に向けてエネルギーをしっかり補給できるお弁当ですよ。

  1. 2人分なら、玉ねぎ半分を薄めにスライス、豚バラを食べやすい大きさにカットして、豚バラに片栗粉を薄くはたいておきます。
  2. そして塩こしょう・酒・おろしにんにくを混ぜて塩だれを作り、フライパンで豚バラを炒めたらこの塩だれを入れて絡めます。

臭いが気になる場合

おろしにんにくの代わりに、おろししょうがを使ってもOKです。しっかり火が通ったらご飯を盛ったお弁当に入れて、完成。

豚肉の脂が白く固まらない技

豚バラなど脂が多い部位でとくに気になるのが、時間が経った時に脂が白く固まってくること。

お弁当に入れて食べる時にこうなっていると見栄えが悪いですよね。これを防ぐのには、「片栗粉」をはたくのがおすすめです。

片栗粉を薄めにはたいてから焼けば、脂が固まるのを片栗粉が防いでくれて時間が経っても白くなりません。また柔らかさとジューシーさも維持できますよ。

たまには牛肉もいいかも弁当に合う丼レシピ

超楽ちん牛丼弁当

牛丼弁当ってみんな大好きですよね。しかも作る側としても工程が少なく忙しい朝でも楽チンです。時短で作るのにおすすめしたいのが、すきやきのたれを使うこと。これなら水で薄めるだけなので、朝から複数の調味料を出して軽量してという手間がありません。

牛バラか牛こまと薄くスライスした玉ねぎを炒めて火を通して、すきやきのたれで味付けしたらあっという間に完成。

冷めても美味しいように濃い目に味付けておくと良いですよ。紅しょうがを飾れば見栄えも◎です。

作り方がとにかく簡単だし手間がかからないし喜ばれるという点では、丼弁当ランキングNo.1といっても過言ではないです。

お弁当にする丼レシピは時短ポイント

ロコモコ風弁当

朝からハンバーグ作りは無理!ご安心ください。成形しないハンバーグで南国ロコモコ風弁当ができます。合いびき肉とみじん切り玉ねぎを炒めたら、ケチャップ、ウスターソース、砂糖で味付けすればOK。後はレタスやトマトを載せれば彩りもばっちりです。余裕があれば完熟目玉焼きをのせてあげると、よりそれらしくなります。手抜きにも思われないとっても美味しいお弁当です。

ベーコンエッグ弁当

厚切りベーコンを焼くだけ。ただそれだけ。ご飯を盛って、レタス、トマトなどをあしらったら香ばしく焼き上げた厚切りベーコンを乗せて、完熟目玉焼きを乗せたらとても手抜きとは思えない丼弁当の完成です。男子も女子も大好きなメニューです。

丼ものをお弁当にするときに気をつける事

おかずを作るのが面倒な時にとても大助かりする丼弁当。

丼弁当のコツ

汁気は少なめに

親子丼、牛丼など普段はつゆだくが大好き!という場合でも、お弁当に入れる場合は汁気は少なめにしましょう。作る時に多くなっても、箸で持ち上げて水分を切ってから入れればOKです。お弁当は思わぬ方向に寄ったり傾いたりするので、心配ならラップもしておくと良いでしょう。

メインをドンと真ん中に

豪快な丼弁当の見栄えを良くしたいなら、ハンバーグなどのメインおかずをどかんと真ん中に配置しましょう。

トッピングも真ん中が◎。レタスや少量のおかずを入れるなら、サイドにさりげなくがGOOD。