キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

弁当を簡単に毎日続けられるコツ!今すぐ始められるおすすめ方法

お弁当が簡単にできたら毎日続けることもできるかも。
そんな毎日のお弁当作りに苦戦しているあなたのために、お弁当作りを簡単に毎日続けられるコツについてお伝えしていきましょう。

お弁当作りを毎日続けるには、作り置きのおかずがあると詰めるだけで便利です。
電子レンジを使っておかずを簡単に作ったり、おかずをのっけるだけでもお弁当は楽に作ることができます。
ぜひ参考に早速試してみてください。

関連のおすすめ記事

鶏肉で作るお弁当に入れたい簡単美味しいレシピ

食べざかりのお子様の弁当には、鶏肉も使いやすい食材です。朝から油たっぷりの揚げ物はちょっと難しいです...

唐揚げは丼弁当がおすすめ!簡単アレンジのコツやレシピを紹介

唐揚げを丼にしたお弁当はボリュームもあって、子供にも大人にも人気があります。 揚げた唐揚げを乗っけ...

冷凍ぶどうをお弁当に!お弁当に向いている果物や理由をご紹介

様々な種類の冷凍フルーツを、スーパーなどでよく見かけます。しかし冷凍フルーツは、解凍されると同時に水...

大根で作る美味しい副菜。お弁当に入れたい大根レシピ

お弁当の副菜に、どんなおかずを入れようかと悩む方も多いと思います。大根がたくさんある時には、お弁当の...

2歳児のお弁当に入れたい食べやすい野菜のおかずレシピ

幼稚園のプレ保育に、2歳から通っているというお子様も多いと思います。週に何度かあるお弁当の日には...

弁当におすすめの簡単レシピ。ガッツリ食べたい美味しい丼弁当

お腹がいつも空いている男子のお弁当は、ボリュームも大切。美味しいお弁当でも、ボリュームが足りないと、...

豚肉を使ったお弁当向けレシピ!子供のお弁当に入れたいおかず

毎朝、子供のお弁当を作っているという方も多いと思います。毎日作っていると、おかずもワンパターンになり...

丼のお弁当の中で、人気メニューのレシピをご紹介

丼は、ボリューム満点で、食べごたえもあり、男性からだけではなく、女性からも人気のものです。 そんな...

冷凍ご飯を自然解凍で美味しく食べるには?お弁当のご飯

冷凍ご飯を自然解凍してお弁当に入れたら、保冷剤のようになって丁度いいのでは? 冷凍ご飯は自然解...

唐揚げを弁当に冷凍したまま入れていい?旨味をキープする方法

お弁当に手作りの唐揚げを入れたいけれど、朝から揚げ物をするのは大変です。作り置きをしておいて冷凍すれ...

冷凍ご飯を解凍してお弁当を美味しく作るコツやおすすめを紹介

冷凍ご飯を解凍してお弁当を作ると食感が固くなるのが気になるという人もいるのではないでしょうか? し...

冷凍ご飯で作るおにぎりがかたい!お弁当を美味しくする解凍方法

冷凍ご飯を使用してお弁当のおにぎりを作ると、食べるときにおにぎりがかたいことにお悩みの人もいるのでは...

お弁当に入れと旦那喜ぶおかずは?簡単手作りお弁当のコツ

毎日のお弁当作り、皆さんどうしていますか?朝早く起きて旦那さんのお弁当を一から手作りするのは大変です...

弁当におすすめの副菜・簡単にできるメニューと副菜作りのコツ

毎日の弁当作りで困ることの一つに、「メニューを考える」というものがあります。メインのメニューはすぐに...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

お弁当作りを簡単に毎日続けられるコツは作り置き

食費を節約するために、お昼はランチではなく手作りのお弁当をという方は多いようです。
特に一人暮らしをしているは、節約に対しての意識を強く持っています。

しかし、ただでさえ朝は時間に追われて慌ただしいのに、毎日お弁当を作るのは簡単に続けられることではありません。
サボりたくなる日もありますよね。

そんなお弁当事情に朗報です。
毎日のお弁当作りを、今より簡単に出来るコツがあります。

どんなコツがお弁当作りを簡単にしてくれるのか、見ていきましょう。

朝のお弁当作りの手間と時間を少なくするのが「作り置き」

数回分のおかずをまとめて作っておけば、作る手間は一回で数日分のお弁当を完成させることが出来ます。

作り置きをしておけば、朝のお弁当作りのときにおかずを詰めるだけでいいので、何を作るか朝から考える必要もありませんし、いくつものおかずを一から作る手間もありません。

最初からたくさんの作り置きは大変だと思うので、2~3品の作り置きからスタートさせていきましょう。

毎日簡単にお弁当を作るなら日持ちのするおかずを保存

毎日のお弁当作りを簡単にするために作り置きするなら、日持ちの良さも大切です。
せっかくの作り置きもすぐに傷んでしまっては、食材を無駄にすることになってしまいます。

日持ちするようなおかずを作り置き

無駄なく美味しく食べられます。

作り置きおかずですが、多くは2~3日程度日持ちします。
少量ずつ作り、この期間の間にお弁当で食べ切れるなら問題ありません。

少し多めに作り置きおかずを作って、一週間くらいはお弁当に詰めたいと考えるなら、冷凍保存することが傷ませずに保存出来ます。

ただ、酢やレモン汁を使用したおかずだと日持ちしやすく5日くらいは冷蔵保存が出来ます。

煮物のように汁が多いおかずも、しっかりと日を通していれば5日くらいは日持ちします。
汁に熱が十分に加わっていないと、時間とともに菌を繁殖させる原因となるので注意しましょう。

電子レンジでおかずを簡単に作れば毎日のお弁当作りも楽

おかず作りはフライパンで炒めたり揚げたりと、手間をかける分美味しくなる気がします。
ですがそんなこともありません。

電子レンジを使って簡単に作れるおかずでも、十分に美味しく完成させることが出来ますよ。

ハンバーグやそぼろ、丼ものも電子レンジを使って作ることが出来るので非常に便利です。

普段の炒める工程を電子レンジに変えるだけなので、味付けもいつもと同じ方法で大丈夫です。

具材と調味料をよく馴染ませ、味がつきやすくしてから電子レンジで加熱することがポイントです。

必ず耐熱容器に入れてから電子レンジに入れることは忘れないで下さい。

簡単に作ったお弁当でも傷まないように注意は必要

作り置きしたお弁当でも、朝作ったお弁当でも、季節や天候によって傷みやすくなることがあります。
せっかく作ったお弁当は、傷ませないように注意することも必要です。

お弁当が傷んでしまう原因は「雑菌・高温・湿度」

お弁当が一番傷みやすい温度というのが、約35度前後だと言われています。
だから夏はお弁当が傷みやすかったのですね。

35度前後の温度にお弁当がさらされてしまうと、食材に雑菌が繁殖して腐る状態になってしまいます。

さらにお弁当に付着している結露の傷む原因になります。

お弁当が温かいまま蓋をすると、蓋にびっしり結露が付着しています。
この水分もお弁当を傷ませてしまう原因になるのです。

いくら温度や湿度に注意していても、最初からお弁当容器や食材に雑菌が繁殖していては大変なので、こちらも注意しなければなりません。

このようなことを踏まえると

  • 35度以下の環境でお弁当を保存する
  • 温度が高くなりそうな場合は保冷剤などを使用する
  • 蓋をする前に、しっかりお弁当の粗熱を取る
  • 詰めるおかずはしっかり加熱をする
  • 手や調理器具、お弁当容器は清潔な状態を心がける

ということがお弁当が傷むのを防ぐために効果的なことです。

のっけるだけでできるお弁当は簡単でおすすめ

お弁当の何が一番手間に感じるかというと、個人的には少量のおかずを何品も詰めなければならない部分だと思っています。

彩りやバランスも意識すると、最低でも4品くらいは詰めなければという気持ちになります。

のっけるだけのお弁当なら、余った隙間に少しおかずを詰めるだけで十分な完成度になるので、面倒なときのお弁当作りにピッタリです。

  • 豚丼
  • オムライス
  • そぼろ丼
  • ドライカレー

などなど、のっけるだけで美味しく食べられるお弁当はいろいろあります。

生野菜など加熱していないものを使わないことが大切なので、使用する食材は全て加熱してからのっけてください。

お弁当が傷むという点に注目すると、作り置きしたおかずを詰めることも良くないという意見もあります。

きちんと保存がされていなかったり、加熱していない食品を後日お弁当に詰めることはNGですが、傷ませないための工夫をしっかり行い出来るだけ早く使い切れば、作り置きおかずでお弁当を作ることは出来ます。

お弁当作りに使っていた朝の時間を、他のことに使えるようになれば、気持ちにもゆとりを生むことが出来るので是非参考にしてみて下さい。