【丼弁当レシピ】腹ペコ男子ががっつり食べられる美味しい丼弁当

お弁当をがっつりと食べたいという方におすすめなのが、丼のお弁当です。たっぷりのご飯と、しっかり目の味付けがされたおかずで、ご飯が進みます。
そこで、お弁当におすすめの、食べごたえのある美味しい丼弁当レシピをご紹介します。丼のお弁当は、時間のない時にもおすすめです。食べざかりのお子様や、こってり好きの旦那さんにも喜ばれるレシピです。

関連のおすすめ記事

丼のお弁当の中で、人気メニューのレシピをご紹介

丼は、ボリューム満点で、食べごたえもあり、男性からだけではなく、女性からも人気のものです。そんな...

お弁当に入れと旦那喜ぶおかずは?簡単手作りお弁当のコツ

毎日のお弁当作り、皆さんどうしていますか?朝早く起きて旦那さんのお弁当を一から手作りするのは大変です...

長芋をお弁当に冷凍して使うコツ!作り置きおかずや保存法を紹介

長芋はお弁当のおかずとして冷凍保存も可能な食材です。長芋を使ったおかずを作り置きして冷凍しておけば、...

冷凍食品の野菜を使ったお弁当に入れたい簡単おかずレシピ

冷凍食品はたまに買うことがあっても、冷凍野菜はあまり使ったことがないという方も多いのではないでしょう...

ナスで作る美味しいお弁当レシピ!子供が喜ぶお弁当の作り方

幼稚園に通うお子さんをお持ちのお母さんたちは、毎日お子さんのお弁当レシピに頭を悩ませているかもしれま...

ひき肉で作るお弁当のおかずレシピと便利な冷凍活用術

使い勝手が良くコスパも良いひき肉は、若い一人暮らしの女性にとっても扱いやすく、家計にも優しい食材の一...

冷凍ご飯をお弁当にそのままは大丈夫?冷凍ご飯の解凍について

夏場はお弁当に傷みが気になります。そのために保冷剤をお弁当と一緒に持っていく方も、少なくはありません...

舞茸でお弁当もレンジで!時短調理におすすめなおかずレシピ

舞茸を使ってお弁当のおかずを簡単に作るなら、電子レンジを使った調理法だと時短で作れておすすめです...

弁当の野菜は冷凍保存が便利!時短を叶えるおすすめ方法を紹介

お弁当に野菜を使ったおかずを入れると色のバランスが良くなります。野菜を冷凍保存しておけば、お弁当作り...

旦那のお弁当を節約して作るコツ!見た目や時短も満足感も叶う

旦那のお弁当を節約のために作っているけど、かえって逆に食費がかかっているのではと考える主婦も多いでし...

鶏肉で作るお弁当に入れたい簡単美味しいレシピ

食べざかりのお子様の弁当には、鶏肉も使いやすい食材です。朝から油たっぷりの揚げ物はちょっと難しいです...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

冷凍を便利に活用!卵焼きを美味しく冷凍・解凍してお弁当にイン

忙しい朝のお弁当作りにストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。お弁当の定番メニューの卵焼き...

ナスを使ったお弁当レシピ。レンジで簡単美味しいおかず

お弁当のおかずにもナスは大活躍。朝の忙しい時間にはレンジで調理できるおかずが助かります。そこで、...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

お弁当におすすめの簡単牛丼

旦那と息子、男が満足するボリュームある弁当と言えば、やっぱり丼もの!

牛丼弁当

夜ご飯に作る牛丼を翌日のお弁当のためにもあえて多めに作ります。
そうすると、翌朝のお弁当作りはとても楽ちん。
いつもより10~20分でも長く寝られる日はお母さんたちにとって特別です。

ただし牛丼弁当は注意が必要です。
牛丼に使う牛肉の脂身が多いと、お弁当が冷えると油分が白く固まってしまいます。
旦那は会社にレンジがあるので温めて食べるため、さほど気にならなかったようですが、息子からは大クレームでした。見る分にも食べる分にも油の固まりが気になって嫌そうでした。それからお弁当に入れることを考えて、少しでも脂身が少ない牛肉、また出た脂をなるべくキッチンペーパーで吸い取るようにしています。

このように夕飯のレシピは翌日のお弁当の事を考えて考えると、お弁当作りが楽になりますよ。

甘辛い味でお弁当にぴったり、照り焼き丼

ご飯が進む甘辛味で丼弁当にしよう!

照り焼き丼弁当

甘辛味の定番といえば鶏の照り焼き。
牛丼のように脂が固まってしまう心配もなく、少しくらい冷えても甘辛味なら気にならなく、むしろご飯が進むなぞの現象。

ピーマンやパプリカを一緒に炒めると彩り抜群の甘辛弁当に。
丼もので手抜き弁当のはずが、その彩りの良さで手抜きを感じさせません。

我が家は、お弁当のおかずがなくても、鶏肉さえあれば焦ることはありません。
なぜなら旦那も息子も大好きなボリュームある鶏の照り焼き弁当が作れるからです。

ピーマンやパプリカがなくても、玉ねぎで少しかさ増しをして、ネギ入り卵焼きを添えればバッチリです。

旦那や息子はもちとん、私からしてもラッキーな弁当のレシピなのです。

レンジ調理の簡単レシピ、お弁当に食べたいキーマカレー丼

超簡単、火いらずのキーマカレーをお弁当に!

キーマーカレー丼弁当

みじん切りした玉ねぎとひき肉、調味料を耐熱皿に入れてラップをして加熱します。
調理はこれで終了!!

簡単すぎて説明しようがないため、キーマカレーのレシピ紹介しますね。

キーマカレーの作り方

  • ケチャップ 大1
  • ウスターソース 大2分の1
  • カレー粉 大1
  • にんにく 一欠
  • 塩コショウ 少々
  • 水 大2
  1. 調味料にみじん切りした玉ねぎとひき肉をいれ混ぜる
  2. ラップをし600wで4分加熱
  3. お弁当に白いご飯を入れ、粗熱がとれたキーマカレーを乗せる
  4. 緑や赤、黄色、白ごまなどで彩りを意識すると綺麗な仕上がりになる

お弁当作り基本ルール

お弁当を開けた瞬間にお弁当が美味しそうに見えるか、そうでないかはお弁当を食べる人にとって重要です。

同じ味なはずなのに、その見栄えによって味が変化すると言っても過言ではないでしょう。
ただの気の持ちようなのは承知の上ですが、どうせなら見た目も美味しそうなお弁当を食べたいし、食べさせてあげたいですよね。

お弁当のおかずを詰めるためのルール

  • 汁気のあるおかずは汁気を飛ばす、または拭き取る
  • メインとなるもの、トッピングとなるものの位置や量
  • おかずを詰める向きや順番
  • お弁当カップを使うべきか、そうでないか
  • バランや大葉などの使い方

お弁当作りの基本ができていないと美味しそうなお弁当を作っても食べる頃には、中身がぐちゃぐちゃ、おかずの汁がごはんや他のおかずに混ざっている、野菜の水気でおかずがふやける、傷んだ臭いがする、など多々問題が発生します。

特に夏は気温が高い日が続きます。
おかずを素手でむやみに触ったり、温かいうちにお弁当の蓋をしめたり、いれるおかずの種類など、傷お弁当がむ原因となることは避けましょう。
凍らせたゼリーを保冷剤代わりに入れたりなど工夫をしてくださいね。

お弁当作りの基本ルールは丼弁当も同じ

簡単丼弁当は朝の時間に余裕を生み出します。
朝の心と時間の余裕はその日どれだけ充実して過ごせるかにかかっています。

お弁当を楽する為に夕飯のレシピに丼ものにしましょう!

丼のお弁当を美味しく詰めるコツ

丼弁当の詰め方

丼弁当の詰め方は至って簡単!

ご飯の上にドーンと丼おかずを乗せるだけ。
おかずを1~2品添えて、最後に彩りとなるトッピングすればお店で出てくる丼ものより豪華になります。

基本的に茶色い丼もの弁当には紅生姜、ごま、刻み海苔、漬物、卵焼き、ブロッコリー(緑もの)、トマトなどが栄えます。
手抜き弁当でもこれがあれば手抜きに見えない魔法の食材です。

丼弁当のコツ

丼もの弁当を作るには少しコツがあります。
お肉は冷えると硬くなってしまう傾向があります。
なので、前日の夜から下味をつけてお肉を柔らかくする工夫をしてください。

塩麹、お酒、ヨーグルト、玉ねぎ、はちみつなどお肉を柔らかくする食材は色々あります。

お肉の中でも硬くなりやすい豚肉は火に長時間かけないということも大切です。丼弁当はとても簡単ですが、より美味しくするための工夫をしながら毎朝の弁当作りを楽にしてみましょう。