キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

弁当【ハンバーグの詰め方】簡単にできて美味しく見せるコツとは

お弁当にハンバーグを詰めるときは詰め方に苦労していませんか?
お弁当の詰め方や彩りに少し工夫するだけで、ボリュームも出て彩りもキレイな美味しい見栄えのするお弁当が作れます。

そこで、お弁当を美味しく見せるハンバーグの詰め方のコツについてお伝えしていきましょう。

コツを掴めば、大きめなハンバーグでもお弁当に楽に詰めることができます。
ぜひ参考に、子供も大好きなハンバーグをより美味しく見えるように詰めてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

丼もののお弁当レシピ!簡単・美味しい丼弁当の作り方とコツを

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変。色々なおかずを作り、それを詰める工程に悪戦苦闘してる人もいるので...

鶏肉で作るお弁当に入れたい簡単美味しいレシピ

食べざかりのお子様の弁当には、鶏肉も使いやすい食材です。朝から油たっぷりの揚げ物はちょっと難しいです...

豚ひき肉の美味しいお弁当レシピ!冷凍できる便利おかず

豚ひき肉はお値段もリーズナブルで、主婦には嬉しい食材ですよね。豚ひき肉を安売りでたくさん購入した時に...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

長芋でもお弁当に大丈夫!簡単で美味しいおすすめレシピを紹介

長芋はお弁当に入れても大丈夫なのか気になるあなた。長芋は食感を変えるだけでいろんなアレンジ料理も楽し...

冷凍おかずでお弁当作りを簡単に!野菜を使ったおかずのレシピ

忙しい朝のお弁当作りに毎日悪戦苦闘している人もいるのではないでしょうか。朝からバタバタするのではなく...

【お弁当のおかず】ハムの可愛い飾りや切り方のアイデアまとめ

子どものお弁当のおかずの隙間を埋めるのに便利なハム。 簡単にクルクルと巻いて入れるだけでも良いので...

なすの美味しいお弁当おかず!簡単にできるなす料理をご紹介

毎日の食事の献立に加えて、お弁当のおかず!いつも同じになってしまわないように注意はするものの、ついつ...

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。 その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険が...

弁当に入れたい子供の大好きなおかず!簡単幼稚園弁当レシピ

幼稚園には、お弁当の日というのがあるところが多いと思います。週に2~3回あるお弁当の日には、朝のお弁...

唐揚げは丼弁当がおすすめ!簡単アレンジのコツやレシピを紹介

唐揚げを丼にしたお弁当はボリュームもあって、子供にも大人にも人気があります。 揚げた唐揚げを乗っけ...

ナスの簡単お弁当レシピ!ナスが苦手な子供でも食べられるおかず

小さいお子様の中には、ナスがちょっと苦手…というお子様もいます。お弁当にナスを使いたい時には、上手に...

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか? ...

冷凍食品のお弁当の詰め方!美味しく見えるコツや簡単アレンジ

冷凍食品をうまく活用することでお弁当の詰め方もキレイに美味しく見せることができます。冷凍食品はそのま...

2歳児のお弁当に入れたい食べやすい野菜のおかずレシピ

幼稚園のプレ保育に、2歳から通っているというお子様も多いと思います。週に何度かあるお弁当の日には...

スポンサーリンク

お弁当を美味しく見せるハンバーグの詰め方のコツ

お弁当のおかずに人気のハンバーグ、たくさん詰めてあげたくても上手に詰めるのが難しいですよね。ハンバーグのお弁当をたくさん作ってあげたいものの、美味しそうに詰めることを考えるとためらってしまうこともあります。

ハンバーグはサイズの大きなおかずなので、そのまま詰めてしまうと他のおかずのスペースがなくなってしまい、色気も悪くなってしまいがちです。後から詰めようとするとスペースが足りなくなってしまい、なかなか面倒でもあります。

大きなおかずでもあるハンバーグは一番最初にお弁当箱に詰めます

お皿に盛り付けるときと同じ状態でそのまま詰めてしまうと、あっという間におかずのスペースが埋まってしまい、お弁当箱の上には余白ができて格好悪い状態になります。

ハンバーグは立体的に詰めるのがポイントです

お弁当箱に立てかけるようにして、斜めに立たせて詰めてください。

難しい場合は、小さなおかずを一度詰め、そこに斜めに立てかけるようにしても良いです。おかずは平らな状態にただ詰めるのではなく、立体感を出したり向きをかえたりして動きを出すように詰めることで、見た目がよくなります。

ハンバーグのお弁当への詰め方は緑を加えて彩りもアップ

ハンバーグは茶色なので、メインとして多めに詰めてしまうとお弁当の色合いが悪くなってしまいます。蓋を開けたら茶色一色に見えてしまうことも。

格好良いお弁当は色合いが大切

ハンバーグを詰めるときは緑を上手に使って、彩りよく詰めるようにしましょう。

ハンバーグの下にレタスなどの葉物を敷いて緑をプラスしてください。

それだけで色合いがよくなります。レタスを使うときはやわらかい葉の部分を使うと敷きやすくなります。サラダ菜のような柔らかい葉の方が扱いやすく、グリーンレタスなら緑のボリュームを出して詰めることができます。

ハンバーグをななめに立て掛けて詰めると、ハンバーグとハンバーグの間に隙間ができます。この隙間を埋めるようにして茹でたブロッコリーを詰めるのもおすすめです。アスパラやスナップエンドウなど、緑がはえる野菜を選んでみてください。

ハンバーグの上にチーズを乗せて焼くと、チーズの黄色っぽい色がハンバーグの茶色を抑えることができます。明るい色合いのお弁当にできますよ。

お弁当に入れるハンバーグは大きさを考えて作ると詰め方が楽になる

小さなお弁当箱には詰められるおかずの量や大きさも限られてしまいます。

最初からお弁当箱に詰めやすい大きさを考えて作る

小さめのサイズに作っておくとお弁当箱に詰めやすくなる上に、食べやすさもあります。詰める量を調整して隙間なく詰めることができますよ。

どうしても詰めにくいと感じる場合は、お弁当箱の形がよくないのかもしれません。

お弁当箱自体を変えてみるのも手です。長方形の角のあるお弁当箱よりも、楕円形のようなまるみのある形の方が詰めやすかったりもします。

細長いお弁当箱は詰めにくく感じるかもしれませんが、おかずを並べるようにして詰めることができます。色合いを考えて端からどんどん詰めていくだけなので、意外と簡単でもありますよ。

お弁当にハンバーグを入れるときのポイント

ハンバーグにソースを絡めてから詰めるのなら、詰める直前にソースをかけるようにします。事前にソースと絡めてしまうとソースがしみこんでしまい、味が濃くなってしまいます。

詰める直前にソースと絡めたり詰めてからソースをかけるようにすると良い

お弁当に入れる場合のハンバーグソースは、サラッとしている状態よりもとろみのあるソースの方がむいています。サラサラとしたソースだと、お弁当を持ち運んでいる間に他のおかずにソースが移ってしまうこともあります。

少しとろみをつけて作るのがコツです。

ケチャップとソースをただ混ぜ合わせるだけでなく、水溶き片栗粉を使ってとろみを付けたり、又はバターを入れるだけでも冷めたときに固まりハンバーグともよく絡みます。

ハンバーグソースが必要ないように、ハンバーグ自体にしっかり味をつけておくのも良いでしょう。ハンバーグのたねに味付けをしたり、煮込みハンバーグもおすすめです。

冷食のハンバーグでも詰め方次第で美味しいお弁当になる

手作りハンバーグではなく、冷凍ハンバーグやレトルトのハンバーグもお弁当に使うことがありますよね。忙しい朝には冷凍やレトルトはとても助かります。

手作りならお弁当箱に詰めやすいサイズに作ることができますが、冷食のハンバーグは大きなサイズで詰めにくい場合もあります。

大きなハンバーグなら詰めやすい大きさに切ってから使ってください

真ん中で半分に切り、2つのハンバーグを斜めにして、詰めたご飯やお弁当箱に立てかけるようにして詰めます。メインのおかずとしての存在感があるように詰めたら、あとはサブのおかずを隙間を埋めるように詰めていきます。

ハンバーグを小さめにカットして、ランダムに詰めるのも良いですよ。グリーンレタスを敷いた上に一口大に切ったハンバーグをランダムに詰めます。立体的に動きがある詰め方をすることができます。

大きなハンバーグを1枚どんと詰めたいときは、斜めに立てかけるようにして詰めてください。ハンバーグの上の方を立てかけたら、下半分は低く平らな状態になります。この低くなった部分は上に他のおかずを乗せることができます。ハンバーグの味の邪魔にならない、ソースや汁気のないおかずを詰めてください。野菜をシンプルに焼いたものやゆで卵の輪切り、ソーセージや卵焼きなどがおすすめです。

ハンバーグは詰め方を工夫するだけで、見た目のよいおしゃれなお弁当にすることができます。人気のおかずも彩りよく詰めることで、更に食欲も増しますよ。