豚肉とピーマンを使ったお弁当におすすめの簡単メニューをご紹介

豚肉とピーマンは相性抜群ですが、お弁当のおかずにするとなると味付けをどうしようか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、豚肉とピーマンを使ったお弁当ほおかずにおすすめのレシピをご紹介します。簡単に作れるものばかりなので、ぜひ明日のお弁当に入れてみて下さい。

また、多めに作って冷凍保存しておくことも可能。おかずカップに分けて冷凍しておきましょう。

関連のおすすめ記事

弁当に入れたい子供の大好きなおかず!簡単幼稚園弁当レシピ

幼稚園には、お弁当の日というのがあるところが多いと思います。週に2~3回あるお弁当の日には、朝のお弁...

冷凍ぶどうをお弁当に!お弁当に向いている果物や理由をご紹介

様々な種類の冷凍フルーツを、スーパーなどでよく見かけます。しかし冷凍フルーツは、解凍されると同時に水...

【ナスのおかず】弁当レシピにぴったりレンジで作る簡単おかず

毎日のお弁当作りには、いつもどれくらいの時間を掛けていますか?朝の忙しい時間には、お弁当作りを少しで...

弁当代を節約!作り置きおかずで簡単・節約になる弁当を作ろう

毎日のお昼ごはんにかかるお金を、手作り弁当を作ることで節約しようと考えている人もいるのではないで...

肉じゃがをアレンジしてお弁当に入れよう!おすすめレシピを紹介

前日の残り物の肉じゃがを別の料理にアレンジしてお弁当に入れることはできないかと考えることもあるのでは...

唐揚げ弁当の詰め方!美味しく見えるバランスや彩りのコツを紹介

唐揚げをお弁当に詰めるとバランスが取れず、茶色い印象になってしまうというあなた。詰め方を工夫する...

豚バラで作る簡単フライパンで炒めるだけの美味しいお弁当おかず

お弁当には、メインにお肉を使ったおかずを入れることも多いと思います。特にジューシーな豚バラは、食べご...

【丼弁当レシピ】腹ペコ男子ががっつり食べられる美味しい丼弁当

お弁当をがっつりと食べたいという方におすすめなのが、丼のお弁当です。たっぷりのご飯と、しっかり目の味...

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか?...

冷凍おかずでお弁当作りを簡単に!野菜を使ったおかずのレシピ

忙しい朝のお弁当作りに毎日悪戦苦闘している人もいるのではないでしょうか。朝からバタバタするのではなく...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

肉じゃがをお弁当のおかずに!前日の肉じゃがを入れるコツ

前日に作った肉じゃがを、翌朝のお弁当のおかずの一品にしてみませんか?お弁当のおかずとして使いたい...

冷凍できるお弁当の作り置きおかずについて、注意点やコツも紹介

忙しい朝のお弁当作りは時間との戦い。揚げ物や焼き物などガスコンロやIHもフル回転です。そこで...

舞茸でお弁当もレンジで!時短調理におすすめなおかずレシピ

舞茸を使ってお弁当のおかずを簡単に作るなら、電子レンジを使った調理法だと時短で作れておすすめです...

弁当の盛り付けをおしゃれに!簡単にできるコツやおすすめを紹介

お弁当は盛り付け次第で美味しそうに見せることができます。では、おしゃれに見えるお弁当にはどんなポ...

お弁当におすすめの簡単に作れる豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉はどんな野菜と合わせても、どんな味付けでも美味しくいただく事ができます。
ピーマンは緑色が鮮やかでお弁当に添える彩りとして申し分ありません。

豚肉とピーマンにプルーンを加えて甘酸っぱく深みのあるおかずを作りましょう。

豚肉は細切れでもモモ肉を切って使用しても大丈夫です。

  1. ピーマンは縦方向にふたつに切って種を取り横方向にスライスします。
    プルーンはドライフルーツになったものを用意して、半分に切って種を取り出し、細切りにします。
  2. 豚肉を炒めて料理酒をかけ、ピーマンとプルーンを入れます。しょう油とオイスターソースを3:1の割り合いで入れて味を整えます。
  3. 豚肉とピーマンという定番の組み合わせにドライプルーンが加わり、噛むほどに甘酸っぱさが増しとっても美味です。

豚肉とピーマンにナスをプラスした人気のお弁当用おかずのレシピ

豚肉とピーマンでチンジャオロース、豚肉とナスで味噌味にしたおかず、どちらも味わいは絶品でゴールデンコンビと言えるでしょう。
具材としてこれらピーマンとナスを一緒に使用して、新しいおかずを作ってみました。

  1. 塩味の付いていなクルミを用意します。
    豚肉は2cm程度の幅に、ピーマンとナスは乱切りにします。
  2. 鍋にオリーブオイルを敷いて豚肉を炒め、表面の色が変わったらナスを入れます。ナスが少ししんなりとしてきたらピーマンを入れ、肉がしっかりと焼けてナスとピーマンも美味しそうにしんなりとなったらしょう油、オイスターソース、メープルシロップを同じ割り合いで入れてサッと混ぜます。クルミを入れて全体に絡めたらできあがりです。
クルミの食感とメープルシロップの甘みが定番の豚肉、ナス、ピーマンの組み合わせにプラスされてとても美味しいです。疲れた時に元気が出るおかずです。

豚肉とピーマンをご飯にのせて丼風お弁当にしてみませんか

豚肉を炒めてご飯にのせるだけでもスタミナの付くお弁当になります。

豚肉にピーマン、卵を加えて彩りも栄養も良いお弁当を作りましょう。

  1. 豚肉は1cm幅くらいに切ります。ピーマンは緑のピーマンと、赤ピーマン、黄色いピーマンを用意し、5mmくらいの幅に切ります。
  2. 卵はゆで卵にして切り、マヨネーズと塩コショウで味付けして混ぜます。卵サラダにするときよりもマヨネーズをぐっと少なめにしてパサパサに仕上げます。
  3. 豚肉を油を敷いたフライパンで炒めてブルーベリージャムとしょう油を2:1の割り合いで入れて照りが出るまで炒めます。
  4. ピーマン3種類はオリーブオイルを敷いたフライパンでさっと炒めてサッと岩塩を振ります。
    ご飯を入れたお弁当箱に豚肉とピーマン3種、卵をバランスよくのせます。

豚肉とピーマン、玉ねぎを使ったケチャップ炒めもお弁当にGOOD

豚肉とピーマン、玉ねぎはどんな味付けにしても美味しいゴールデントリオです。

簡単で、かつコクがでるのでジャムを味付けに使用するのはとっても効率的です。最近では非常に多くの種類のジャムが売られているので、ジャム売り場を見ていると様々な料理が連想されます。海外旅行のお土産でジャムを貰う事が度々あったのですが、パンにつけて食べることがないのでたまる一方で持て余していました。しかし、料理に使ってみるととても美味しい事が分かり、今では足りなくて自分で購入して使用しています。今回はパッションフルーツジャムを使用してみます。豚肉とナッツはとても相性が良くナッツ類の栄養価がプラスされるので積極的に取り入れています。今回はカシューナッツを使用します。
  1. 豚肉は一口大に切ります。ピーマンと玉ねぎも一口大くらいの大きさで、乱切りにします。
  2. 豚肉を油を敷いたフライパンで炒めて直ぐに玉ねぎを入れて、玉ねぎがしんなりしてきたらピーマンを入れます。具全体が焼きあがってきたらスターフルーツジャムとしょう油とオイスターソースを2:1:1の割り合いで入れてカシューナッツも入れてよく具材に絡むように混ぜます。
カシューナッツの歯ごたえが好きなので私は丸ごと入れますが、砕いた方が風味は増します。半分を砕いて半分はそのまま入れるのもよいでしょう。
スターフルーツのジャムは渋みがあり甘いカシューナッツと高相性です。

冷凍保存もできる豚肉とピーマンを使ったおすすめレシピ

ピーマンが入っていると冷凍してしまっても大丈夫なものかどうかと心配でしたが、試してみて大丈夫である事がわかりました。

豚肉とピーマンで作ったおかずを冷凍しておくと、野菜が何も無い時に重宝します。

お弁当に季節感を取り入れるには山菜がもってこいです。春にはつくしがおすすめです。
山に行かなくても家の近くでも採集が可能です。
軸についている茶色いカサカサした部分は硬いので取り除きます。鍋に水を入れて沸騰したらつくしを入れて10秒程度したら取り出し水で冷やし、水気を切ります。

豚肉は一口大に切り、ピーマンは細切りにします。
熱したフライパンに油を敷いて豚肉を炒め、表面全体の色が変わったらピーマンを入れます。ピーマンがしんなりしたらつくしを入れてみりんとしょう油とわさびを4:4:1の割り合いで混ぜておいたものを入れて味付けします。
わさびとつくしの風味が定番の豚肉ピーマンを一味違ったおかずにしてくれます。