キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

肉じゃがをお弁当のおかずに!前日の肉じゃがを入れるコツ

前日に作った肉じゃがを、翌朝のお弁当のおかずの一品にしてみませんか?
お弁当のおかずとして使いたいなら、いつもの作り方ではなく、お弁当に適した作り方を行うことが大切ですし、お弁当に入れる際にも工夫が必要です。

日持ちする肉じゃがレシピもご紹介します。
保存方法にも注意し、美味しい肉じゃが弁当を作ってみましょう。

関連のおすすめ記事

弁当のご飯の冷まし方のコツ!簡単ですぐにできるおすすめな方法

忙しい朝はお弁当に入れるご飯をできるだけ早く冷ましたい。 では、ご飯の冷まし方にはコツはあるのでし...

お弁当の詰め方に迷う人必見、おしゃれで美味しく見える詰め方

お弁当用の美味しいおかずができても詰め方がヘタで、いつも見栄えゼロのおしゃれとは程遠いお弁当に仕上が...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

丼物弁当なら簡単美味しい!おすすめレシピや時短のコツを紹介

丼物のお弁当なら忙しい朝でも簡単に作ることができます。 ご飯がすすむ具材をのせるだけでも丼物弁当は...

お弁当の作り方【初心者向け】お弁当作りの基本の知識を紹介

これから毎日の昼食に手作りのお弁当を作って持参しようと考えている人の中には、お弁当の基本の作り方を知...

弁当におすすめの簡単レシピ。ガッツリ食べたい美味しい丼弁当

お腹がいつも空いている男子のお弁当は、ボリュームも大切。美味しいお弁当でも、ボリュームが足りないと、...

冷凍保存もできるパスタレシピ!お弁当に便利な冷凍作り置き

お弁当にスパゲッティを入れたいという時には、朝にパスタを茹でる手順から始めるのは大変です。そんな時に...

冷凍保存を便利に活用!お弁当作りを簡単にするお弁当レシピ

毎日のお弁当作りを簡単にできないものか、頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。朝の時間は忙し...

肉じゃがはお弁当にはNG?詰め方次第でお弁当に入れても大丈夫

肉じゃがはお弁当には向かない料理といわれています。特に夏場は傷みやすいので注意が必要です。 し...

No Image

豚肉で作るお弁当に入れたいおかず。簡単美味しいパパっとレシピ

毎日のお弁当作りは、ついついおかずも似たようなものになってしまいます。忙しい朝の時間には、なるべ...

ナスのチーズ焼きはお弁当にピッタリ!アレンジ方法を紹介

ナスのチーズ焼きをお弁当に入れたい!レンジやトースターでも簡単に作ることのできるので忙しい朝にもピッ...

弁当男子が喜ぶおかず!中学男子にぴったりなお弁当とレシピ紹介

中学生の男の子を持つお母さんの中には、どんな弁当を作れば息子が喜んでくれるのか知りたい人もいるの...

長芋をお弁当に冷凍して使うコツ!作り置きおかずや保存法を紹介

長芋はお弁当のおかずとして冷凍保存も可能な食材です。長芋を使ったおかずを作り置きして冷凍しておけば、...

弁当の盛り付けをおしゃれに!簡単にできるコツやおすすめを紹介

お弁当は盛り付け次第で美味しそうに見せることができます。 では、おしゃれに見えるお弁当にはどんなポ...

冷凍ご飯をお弁当にそのままは大丈夫?冷凍ご飯の解凍について

夏場はお弁当に傷みが気になります。そのために保冷剤をお弁当と一緒に持っていく方も、少なくはありません...

前日に作った肉じゃがをお弁当に入れたいなら具材は大きめがベスト

前日の夕飯に作って余った肉じゃがは、一工夫すればお弁当にも入れることができます。

じゃがいも、煮物は他のおかずと比べて傷みやすいので、肉じゃがをお弁当に入れる時も以下のことに気をつけると良いでしょう。

  • 汁気は少なめで作る
    肉じゃがというとだし汁いっぱい使って作るイメージですが、お弁当に入れる時は煮汁は切ってから詰めるか、最初から煮汁少な目で作りましょう!汁気が多いと夏場は傷みやすくなったり、寄り弁になるとこぼれて惨事になるからです。タッパーに保存する時は煮汁は最小限にしておけば、温めた時に全部吸ってちょうどよくなります。もしくはだし汁を入れず、野菜から出る水分だけで作れる肉じゃがレシピなどもあります。後ほど紹介しますのでこちらも参考にどうぞ。
  • 具材は大きめに切る
    肉じゃがの具材は小さければ小さいほど間に水分が入りべちゃっとなってしまいがちなので、お弁当に入れる時は大きめに切るのが良いでしょう。大きめに切っておけば再加熱しても煮崩れしにくくなります。お弁当に詰める時もまとめてではなく一つ一つ具材を箸で持ち上げることで、水分を切りながら入れることができます。

前日に保存した肉じゃがをお弁当に入れる時のポイント

  • とろみを足す
    肉じゃがの汁気は切っておくか、あるいは水溶き片栗粉を足してとろみをつけても良いでしょう。寄り弁してしまった時もこぼれにくく、他のおかずにも付着しにくくなります。または長めに煮込むとじゃがいもが溶けてとろとろになってきます。
  • 下にクッションを敷く
    茹でキャベツ、乾燥わかめ、乾燥のりなど、肉じゃがの下に汁気を吸い込むようなクッションとなる食材を置く方法です。ついでに肉じゃがの旨みを吸ったおかずとなります。その他カップや仕切りを有効活用するのも手です。
  • ガードになるおかずやご飯を置く
    カップや仕切りを使いつつ、ご飯や背の高いおかずでガードする方法。
    野菜の豚バラ巻きやウインナーなど立てやすいおかずだとガードしやすいでしょう。

お弁当用に前日から作っておきたい、日持ちする肉じゃがレシピをご紹介

フライパンで作れる、お弁当にぴったりなだし汁不要肉じゃがレシピをご紹介します。

汁気がなくても具材がほくほくしていて美味しいですよ。

材料

  • お肉(牛こまか豚こま) …150g
  • じゃがいも …2~3個
  • にんじん …1/2本
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ2
  • 砂糖、みりん …各小さじ2
  • サラダ油 …大さじ1
    ※豆板醤小さじ1を足してピリ辛にしても美味しいです!

作り方

  1. フライパンにサラダ油を熱し、調味料を入れる。
  2. 1の中に大きめに切った具材を入れて、軽く炒めて調味料を絡めたら、蓋をする。
  3. 焦げつかないよう時々混ぜながら、15分ほど煮る。
  4. 具材が柔らかくなったら完成。
後はタッパーに詰め替えて冷蔵庫で保存すれば、お弁当にもOK。
じゃがいもほくほくです。

作り置きした肉じゃがをそのままお弁当に入れるのはもったいない、アレンジ次第で美味しく変身

お弁当に入れるなら、肉じゃがアレンジレシピを活用するのもおすすめです。

夕食に食べた肉じゃがとは全く異なるので、「飽きた!」という声も出ません。アレンジのために大量に作っておくのもおすすめですよ。

まずは白滝などは抜いておくか食べきってください。そしたら、フォークなどでじゃがいもを全て潰してマッシュ状にします。このマッシュ状から色々なアレンジへ変身させます。

  • カレー
    余った肉じゃがにカレー粉やカレールーを足せばあっという間にカレーに早変わりします。マッシュ状にすることで、時間が経つことで起こりがちなじゃがいもの食感の変化も気になりません。またじゃがいもでとろみがついているので、お弁当に入れてもこぼれにくいですよ。心配ならご飯で囲うように詰めると良いです。
  • コロッケ
    余った肉じゃがをつぶしてマッシュ状にして、コロッケのタネに変身させましょう。粘度があるならこのまま成形してパン粉をつけてもOKですが、もっと簡単に、成形しないコロッケにするのがおすすめですよ。カップなどに詰めて、上からパン粉、オリーブオイルを少量かけて、オーブントースターで加熱すればあっという間に出来上がりです。
  • 卵焼き
    余った肉じゃがで卵焼きを作るのは想像しただけでもおいしそうですよね。和風な味付けがぴったり合います。肉じゃがを潰したら、溶き卵に混ぜこみましょう。入れすぎないよう注意してくださいね。味付けはそのままでも良いですし卵の個数に合わせて少し調味料を足してもOK。お弁当にもぴったりな卵焼きです。

肉じゃがの保存方法と注意点

肉じゃがは冷蔵保存がベスト

じゃがいもは冷凍したら食感が変わって、あのほくほくとした感じが失われるため、そのまま冷凍保存には向きません。白滝も同様で、食感が変わるため、冷凍にする場合は白滝は入れない方が良いです。
肉じゃがを翌日お弁当に入れるために保存したい場合は、タッパーなどに移し変えて、翌日電子レンジで再加熱して粗熱をとってから詰めるようにすると良いでしょう。1~2日以内に食べきるのがおすすめです。

どうしても冷凍保存したい場合は、先ほどご紹介した方法の通り、マッシュ状にするといいですよ。食感の変化がわかりにくく、他の様々なアレンジ料理に変身できてとても便利です。