キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚バラを使って作り置き!お弁当に使える簡単料理を紹介します

お弁当に使いやすい豚バラは作り置きしておけば忙しい朝にも入れやすい!固くなりにくい豚バラですが油のくどさが気になるときにはこの一手間がポイントです。

冷凍保存しておけるものもあるので、お弁当用に小分けにしておくのもいいですね。豚バラが安く手に入るときには作り置きしておきたいそんな簡単料理を紹介します。

なんにでも合わせやすい、下味をつけた豚バラ冷凍保存もおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長芋をお弁当に冷凍して使うコツ!作り置きおかずや保存法を紹介

長芋はお弁当のおかずとして冷凍保存も可能な食材です。長芋を使ったおかずを作り置きして冷凍しておけば、...

豚バラで作る簡単フライパンで炒めるだけの美味しいお弁当おかず

お弁当には、メインにお肉を使ったおかずを入れることも多いと思います。特にジューシーな豚バラは、食べご...

唐揚げをリメイクしてお弁当も簡単!人気のおすすめレシピを紹介

唐揚げをリメイクしてお弁当に入れたい。唐揚げはお弁当に人気のおかずですが、いつも同じでは代わり映えし...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

鶏肉で作るお弁当に入れたい簡単美味しいレシピ

食べざかりのお子様の弁当には、鶏肉も使いやすい食材です。朝から油たっぷりの揚げ物はちょっと難しいです...

冷凍ご飯をお弁当にそのままは大丈夫?冷凍ご飯の解凍について

夏場はお弁当に傷みが気になります。そのために保冷剤をお弁当と一緒に持っていく方も、少なくはありません...

弁当の簡単な作り方!男の朝を時短する弁当作りのコツとレシピ

自炊生活を心がけている男性の中には、毎日のランチに手作り弁当を持参している人もいるのではないでしょう...

弁当の盛り付けをおしゃれに!簡単にできるコツやおすすめを紹介

お弁当は盛り付け次第で美味しそうに見せることができます。 では、おしゃれに見えるお弁当にはどんなポ...

弁当を簡単に毎日続けられるコツ!今すぐ始められるおすすめ方法

お弁当が簡単にできたら毎日続けることもできるかも。 そんな毎日のお弁当作りに苦戦しているあなたのた...

弁当の野菜は冷凍保存が便利!時短を叶えるおすすめ方法を紹介

お弁当に野菜を使ったおかずを入れると色のバランスが良くなります。野菜を冷凍保存しておけば、お弁当作り...

【野菜の作り置きおかず】お弁当にぴったりなおかずをご紹介

お弁当のおかず作りをしていると、タンパク質ばかりで野菜が不足していると、ふと気になることありませ...

【卵料理のおかず】お弁当に冷凍保存OK!子供が大好きレシピ

卵料理が大好きというお子様も多いと思います。幼稚園のお弁当のおかずには、いつも卵料理が欠かせない...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

冷凍ご飯を解凍してお弁当を美味しく作るコツやおすすめを紹介

冷凍ご飯を解凍してお弁当を作ると食感が固くなるのが気になるという人もいるのではないでしょうか? し...

弁当【ハンバーグの詰め方】簡単にできて美味しく見せるコツとは

お弁当にハンバーグを詰めるときは詰め方に苦労していませんか? お弁当の詰め方や彩りに少し工夫するだ...

スポンサーリンク

お弁当に入れたい豚バラの作り置きおかず

豚バラは実に多くの料理に利用することができますが、お弁当に入れるには色合いと鮮度を長く保てるという事も重要です。

わさびや梅には殺菌作用があり食品の保存性を高めてくれます

油っこい豚バラをさっぱりと切れのある味に仕上げてくれるのでおすすめです。

  1. 薄切りの豚バラを開いて置き、わさびを塗ります。
  2. しょう油を小皿に入れておいて舞茸をサッと転がしてしょう油を絡めてつけて豚バラにのせて巻きます。
  3. 舞茸を巻いた豚バラを油を敷いたフライパンで焼き、軽く塩コショウします。
  4. 熱が冷めたら食品保存袋に入れて冷凍します。
マイタケではなくシメジやシイタケ、エノキダケ、エリンギなどのきのこで作っても美味しいです。わさびではなく梅肉を塗ったものも同様に作ります。私はわさびも梅肉もチューブになったものを使用します。

豚バラを煮るのもおすすめ!お弁当に入れやすい作り置き料理

圧力鍋で煮ると一気にたくさん調理できるので、その日の食卓用とお弁当の作り置き用とを同時に作ることができます。

  1. 豚バラブロックを購入し、2cm幅くらいに切ります。
  2. 圧力鍋に豚バラとマーマレードジャムとしょう油を入れて、豚バラが隠れる程度に水を入れます。
  3. マーマレードジャムとしょう油は3:1の割合で入れます。
  4. マーマレードジャムが固まったままにならないようによく混ぜましょう。
  5. 圧をかけて煮るとできあがりです。

食卓で食べる分はお皿に盛り、お弁当の作り置きにする分は冷ましてから食品保存袋に入れて冷凍します。

作り置きしてお弁当に入れたい豚バラ炒め油が気になるときには茹でてからがポイント

豚バラは脂身が多く、半分程度が脂身なのは当たり前にあり、赤みが僅かしかない切り身もたまに見かけます。

脂身たっぷりの豚バラを油で炒めるのはどうも…という場合には茹でて調理しましょう。
  1. 豚バラの薄切りを2cm幅くらいに切り、鍋に水を入れて紅茶のティーパックを1つ入れて沸騰したら豚バラを入れて茹でます。
  2. ザルに取ってよく湯きりしておきます。湯がよく切れたら岩塩をさっと振りザルを揺らして豚バラ全体に行き渡らせます。
  3. マンゴーやパイン、パパイヤ、りんご、レーズンなどが入ったミックスドライフルーツを用意します。
  4. 小さく角切りになっていない場合には5mm~1cm程度の角切りにします。
  5. 茹でた豚バラとミックスドライフルーツを混ぜてオリーブオイルをかけて全体に絡めて出来上がりです。

食品保存袋に入れて冷凍し凍ったままお弁当に入れる

岩塩の塩味がきいた豚バラとドライフルーツの酸味と甘みがオリーブオイルで調和させられ、噛みしめるほどに味わいが広がります。視覚的にもとてもカラフルで美しく、お弁当に入れる時にレタスを敷いたりブロッコリーを添えると非常に映えます。

出来立てを大量のサラダ菜や水菜など緑の野菜と一緒に盛ってもりもり食べると野菜をたくさん食べる事ができます。彩りがとても美しいのでパーティーや特別なときのサラダとしても最適です。

作り置きしておけばお弁当に入れるだけの豚バラ料理

豚バラをとことんこってりと調理してスタミナもりもりのおかずを作ってみましょう。

  1. ニンニクとニラを刻んで挽肉に混ぜます。
  2. 塩コショウを振って練るようにしてよく混ぜて挽肉種を作ります。
  3. 薄切りの豚バラを2~3枚ずらして重ねて餃子の皮の大きさくらいにします。
  4. 挽肉種を豚バラで包める程度の分量を取り細長く丸めてのせ、豚バラで巻きます。
  5. 全てを巻き終わったら油を敷いたフライパンで焼きます。
  6. みりんとしょう油を2:1の割合で入れて、水分が無くなりねっとりとつやが出るまで焼きます。

冷めたら食品保存袋に入れて冷凍します。空気に触れていると冷凍焼けするので、ひとつずつラップで包んでから食品保存袋へ入れるとより長く美味しさを保つことができます

豚バラに挽肉を合わせるなんて栄養的に偏りが…と思います。ブロッコリーや果物も入れてバランスをとりましょう。

豚バラに下味をつけて保存しておけばお弁当にも使いやすい冷凍するときのコツ

お弁当用にすぐに調理できるように豚バラに下味を付けて冷凍しておきましょう。

お肉は調味料等で表面が覆われていると劣化しづらくなります

表面がよく覆われるようにもったりとした素材のものを使用して下味を付けます。

飲むヨーグルトを1カップに中濃ソースを大さじ1杯入れてよく混ぜて調味液を作ります。一口大に切った豚バラをボウルに入れて調味液を入れ全体に絡めて食品保存袋に入れて冷凍します。食品保存袋に空気が入らないようにしっかりと押えて口を閉めます。
洋ナシをすりおろしたものと中濃ソースとはちみつを3:1:1の割り合いで混ぜて調味液を作ります。適度な大きさに切った豚バラを調味液に漬け込んで冷凍します。
ミニトマトをミキサーにかけてペースト状にしたものとはちみつを3:1の割り合いで混ぜて調味液を作ります。豚バラを適度な大きさに切って塩コショウをしっかりと振っておきます。塩コショウした豚バラに調味液を入れてよく絡め冷凍します。

いずれも調理する時は冷蔵庫で解凍して調味液ごと焼きます。

味付けされていないレーズンやクルミ、砕いたアーモンド、りんごの皮を刻んだものなどを一緒に炒めると美味しくなります。