キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

舞茸でお弁当もレンジで!時短調理におすすめなおかずレシピ

舞茸を使ってお弁当のおかずを簡単に作るなら、電子レンジを使った調理法だと時短で作れておすすめです。
舞茸のおかずはお弁当のすき間を埋めることもでき、作り置きしておけばお弁当作りも時短になります。

そこで、電子レンジで簡単に作れる舞茸を使ったお弁当のおかずレシピをご紹介していきましょう。

電子レンジを使えば暑い夏でも調理が簡単で、舞茸のおかずはアレンジして使うこともできます。ぜひ参考に試してみてください。

関連のおすすめ記事

肉じゃがをお弁当のおかずに!前日の肉じゃがを入れるコツ

前日に作った肉じゃがを、翌朝のお弁当のおかずの一品にしてみませんか? お弁当のおかずとして使いたい...

弁当の簡単な作り方!男の朝を時短する弁当作りのコツとレシピ

自炊生活を心がけている男性の中には、毎日のランチに手作り弁当を持参している人もいるのではないでしょう...

なすの美味しいお弁当おかず!簡単にできるなす料理をご紹介

毎日の食事の献立に加えて、お弁当のおかず!いつも同じになってしまわないように注意はするものの、ついつ...

ナスのチーズ焼きはお弁当にピッタリ!アレンジ方法を紹介

ナスのチーズ焼きをお弁当に入れたい!レンジやトースターでも簡単に作ることのできるので忙しい朝にもピッ...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

弁当の作り置きは冷凍方法を正しく!美味しい時短弁当のコツ

お弁当はおかずを作り置きしておくだけで楽に作れるようになります。 しかし、作り置きのおかずは冷凍方...

丼ものレシピはお弁当にもおすすめ!作り方を紹介します

お弁当にも入れることののできる丼ものレシピとは?忙しい朝はできるだけひとつの鍋で作ることのできる料理...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

野菜の作り置きおかず。お弁当に入れたい彩り野菜おかずレシピ

毎日のお弁当作りのために、早起きをしている方も多いと思います。忙しい朝は、お弁当作りもなるべく短...

冷凍ご飯をお弁当に活用!チャーハンが向いている理由と注意点

ご飯が余るともったいないと冷凍庫へ。そんな冷凍ご飯の在庫が増え、余ってしまうことありますよね。しかし...

丼もののお弁当レシピ!簡単・美味しい丼弁当の作り方とコツを

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変。色々なおかずを作り、それを詰める工程に悪戦苦闘してる人もいるので...

冷凍を便利に活用!卵焼きを美味しく冷凍・解凍してお弁当にイン

忙しい朝のお弁当作りにストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。お弁当の定番メニューの卵焼き...

冷凍のエビピラフはお弁当に便利!使い方と合うおかずを紹介

冷凍のエビピラフをお弁当に入れるときに少しアレンジしたいと思ったらこんな方法はいかがでしょうか? ...

唐揚げ弁当の詰め方!美味しく見えるバランスや彩りのコツを紹介

唐揚げをお弁当に詰めるとバランスが取れず、茶色い印象になってしまうというあなた。 詰め方を工夫する...

冷凍できるお弁当の作り置きおかずについて、注意点やコツも紹介

忙しい朝のお弁当作りは時間との戦い。揚げ物や焼き物などガスコンロやIHもフル回転です。 そこで...

舞茸を使ったお弁当のおかずは電子レンジで簡単に作れる

お弁当用の舞茸を使ったおかずはなかなか思いつかないかもしれません。舞茸はいつも同じ調理法ばかりということも多いですよね。食感も味も抜群の舞茸で、ぜひお弁当のおかずを作ってみてください。舞茸もいろいろな食べ方があります。

舞茸に甘辛く味をつけたシンプルな1品

一人分なら舞茸を半パック使います。調味料はしょうゆを小さじ1、みりんと砂糖を小さじ1弱ずつ、それにごま油を使って香ばしく作りましょう。

舞茸は食べやすい大きさに手でほぐしてください。

  1. 電子レンジで使える耐熱容器に舞茸を入れたら、その上から調味料をすべて加えます。
  2. 耐熱容器の上からラップをふんわりとして、電子レンジで1分半から2分ほど加熱してください。
  3. 舞茸がしんなりとしていたら、あとはかき混ぜて調味料を絡ませたら完成です。

お弁当に入れると食べる頃にはちょうどよく味がしみこみ、ご飯がすすむおかずになりますよ。

私はごま油の代わりにバターを入れて作ったりもします。バターと醤油が舞茸によくあい、冷めても美味しくいただけます。

お弁当のおかずにもおすすめな電子レンジで作れる舞茸レシピ

きのこのバター焼きはとても美味しいので、舞茸もバター風味をきかせて作ってみましょう。電子レンジを使ってあっという間に出来ますので、忙しい朝に助かります。

舞茸とキャベツのバター蒸しをご紹介します。ここではキャベツを使いますが、もちろん他の野菜でも美味しく出来上がります。

すぐに加熱できる野菜を選んでください。水菜で作っても美味しいですよ。舞茸だけでなく、エリンギやしいたけをプラスしてボリュームを出すのもおすすめです。
  1. 舞茸は手で適当な大きさにほぐしてください。
  2. キャベツはざっくりと食べやすい大きさに切ります。
  3. 耐熱容器に舞茸とキャベツ、それにバターを大さじ1杯入れてください。
  4. 耐熱容器の上からラップをふんわりとかけます。
  5. 電子レンジに入れて2分~2分半ほど加熱します。
  6. 加熱が終わったら電子レンジから出してラップを外し、めんつゆを大さじ1杯、白ごまを加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

舞茸をレンジで!作り置きすればお弁当作りも時短になる

舞茸のおかずは作り置きをしておくとお弁当作りにも便利です。作り置きおかずは時間がないときやおかずが足りないときにも助かりますよね。

ねぎ味噌そぼろを使った舞茸のネギ味噌和え

まずはねぎ味噌そぼろから作っていきます。

ねぎ味噌そぼろは多めに作って冷凍しておくと便利ですよ。
  1. ネギ1本はみじん切りにしてください。
  2. 耐熱容器に豚のひき肉を200~250g、刻んだネギ、それに味噌、醤油、酒、みりんをそれぞれ大さじ1杯ずつ、砂糖を大さじ半分加えて混ぜてください。
  3. 電子レンジに入れて4~5分加熱し、肉が加熱されていたらかき混ぜて出来上がりです。

ねぎ味噌そぼろができたら、舞茸と和えていきます。

  1. 舞茸は手でほぐしてください。
  2. 耐熱容器に舞茸とねぎ味噌そぼろを入れ、かき混ぜます。
  3. 耐熱容器の上からふんわりとラップをし、電子レンジで2分半~3分加熱してください。
  4. 舞茸がしんなりとしたら、上からポン酢をかけてかき混ぜたら出来上がりです。

舞茸と一緒にエリンギやしいたけを使っても美味しいですよ。ねぎ味噌そぼろはそのままご飯に乗せてもおにぎりの具にもできますし、ナスなどの野菜と一緒に使っておかずを作ることもできます。

電子レンジを使えば暑い夏でも簡単に調理できて便利

お弁当のおかずには唐揚げやエビフライ、ハンバーグなどこってり系のおかずが多くなりますが、暑い時期ならさっぱり味も食べたくなりますよね。

舞茸と牛肉のポン酢煮込み

ポン酢を使って食べやすくすることで、食欲が落ちたときでも嬉しい1品になりますよ。
  1. 舞茸1パックは手でほぐします。牛の薄切り肉は適当な大きさに切り、酒と醤油を少量加えてよく揉み込んでおきます。玉ねぎは薄くスライスしてください。
  2. 耐熱容器に玉ねぎのスライスを入れ、その上に舞茸を乗せます。一番上に牛肉をのせたら、上からポン酢をまわしかけてください。
  3. 耐熱容器の上にラップをふんわりとかけ、電子レンジで3分加熱します。
  4. 電子レンジから一度取り出して、ラップを外して中身をかき混ぜてください。
  5. 全体が混ざりあったら、もう一度ラップをして電子レンジで更に3分加熱して出来上がりです。

電子レンジによって仕上がり具合に差があります。加熱具合を見ながら、電子レンジにかける時間を調整してみてくださいね。

舞茸のおかずを作り置きしておけばアレンジも可能

作り置きおかずはお弁当はもちろん、忙しいときにも助かりますよね。

きのこを使った便利な作り置きおかず

そのまま食べても良いですし、他のおかずに加えて使うこともできます。

私はよくピザの具にしたり、お肉の上にかけるソースの具として使ったりもします。

きのこはお好みで用意してください

舞茸、椎茸、しめじ、えのき、エリンギなどたくさんのきのこを使って作ることができます。
  1. 舞茸、しめじ、えのき、エリンギは石づきを取ってから手でほぐし、椎茸は4等分くらいに切ります。
  2. 耐熱容器の中にきのこをすべて入れ、上にラップをゆるめにかけます。
  3. 電子レンジできのこがしんなりとするまで加熱してください。
  4. きのこが加熱されたら電子レンジから取り出して、上から塩とごま油をかけます。
  5. よく混ぜたらできあがりです。
冷めてから冷蔵庫で保存しましょう。4~5日ほど保存することができます。
そのままお弁当のおかずにすることもできますが、炒め物に加えたりパスタやグラタンの具にすることもできます。えのきを追加したり、お好みのきのこで作ることができますので、ぜひ、試してみてくださいね。