キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍おかずでお弁当作りを簡単に!野菜を使ったおかずのレシピ

忙しい朝のお弁当作りに毎日悪戦苦闘している人もいるのではないでしょうか。朝からバタバタするのではなく、「少しでも時間に余裕を持って出勤前の時間を過ごしたい。」こんな風に考えることもあります。

そんなときは、冷凍おかずを活用することで、毎朝のお弁当作りを簡単にすることができます。

ここでは、野菜を使って作る冷凍おかずのレシピについてお伝えします。美味しいおかずを冷凍保存して、忙しい朝のお弁当作りに役立てましょう。

関連のおすすめ記事

ナスと豚バラ肉の最強レシピ集。作り置きやお弁当にもおすすめ

夏に美味しい野菜といえばナスがあります。価格も下がる時期なので手軽に食べたいですね。 ナスと相...

弁当【ハンバーグの詰め方】簡単にできて美味しく見せるコツとは

お弁当にハンバーグを詰めるときは詰め方に苦労していませんか? お弁当の詰め方や彩りに少し工夫するだ...

豚肉を使ったお弁当向けレシピ!子供のお弁当に入れたいおかず

毎朝、子供のお弁当を作っているという方も多いと思います。毎日作っていると、おかずもワンパターンになり...

肉じゃがをお弁当のおかずに!前日の肉じゃがを入れるコツ

前日に作った肉じゃがを、翌朝のお弁当のおかずの一品にしてみませんか? お弁当のおかずとして使いたい...

冷凍保存もできるパスタレシピ!お弁当に便利な冷凍作り置き

お弁当にスパゲッティを入れたいという時には、朝にパスタを茹でる手順から始めるのは大変です。そんな時に...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

冷凍保存を便利に活用!お弁当作りを簡単にするお弁当レシピ

毎日のお弁当作りを簡単にできないものか、頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。朝の時間は忙し...

唐揚げを弁当向けにアレンジするレシピをご紹介

唐揚げは大量に作っても、きちんと保存をして、温め直せば次の日も食べることが出来ます。 そのため、お...

冷凍できるお弁当の作り置きおかずについて、注意点やコツも紹介

忙しい朝のお弁当作りは時間との戦い。揚げ物や焼き物などガスコンロやIHもフル回転です。 そこで...

丼もののお弁当レシピ!簡単・美味しい丼弁当の作り方とコツを

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変。色々なおかずを作り、それを詰める工程に悪戦苦闘してる人もいるので...

長芋でもお弁当に大丈夫!簡単で美味しいおすすめレシピを紹介

長芋はお弁当に入れても大丈夫なのか気になるあなた。長芋は食感を変えるだけでいろんなアレンジ料理も楽し...

【冷凍保存OKレシピ】お弁当に入れたい美味しいおかず

毎朝、お弁当作りをしているという方も多いと思います。そんな大変なお弁当作りを、少しでも楽にするために...

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。 その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険が...

弁当に入れたい簡単副菜。冷凍できるおかずで時短弁当

お弁当に入れるおかずは、なるべく短時間に簡単に作りたいものです。メインのおかず以外に、副菜のおかずを...

冷凍ご飯をお弁当に活用!チャーハンが向いている理由と注意点

ご飯が余るともったいないと冷凍庫へ。そんな冷凍ご飯の在庫が増え、余ってしまうことありますよね。しかし...

冷凍保存OK・お弁当で野菜を摂取!大根を使ったレシピ

お弁当を作っていると、野菜がいつも同じものばかりになってしまいます。
ブロッコリーやほうれん草のごま和えなどは緑入りの彩りとしては申し分ないのですが、いつもそれでは飽きてしまいます。

大根はあまりお弁当に入れるイメージが無い場合が多いかもしれませんが、そんな大根を使ってお弁当によいおかずを作ってみましょう。私はお弁当のおかずを作る時には、簡単で保存性が高い事を重視します。そして更に彩りが綺麗であることも重要です。ただし、彩りは一品のおかずでではなくお弁当に入れるおかず全体で色合いを華やかにします。
  1. 大根を2cm程度の長さの短冊切りにします。豚バラブロックを1cm程度の厚さに切り、更にお弁当に入れやすいように2cm程度の幅に切ります。
  2. 鍋に油を敷いて豚バラを炒め、周囲の色が変わったら大根を入れて蓋をします。
  3. 大根が半煮えの状態になったら料理酒としょう油とマーマレードジャムを2:2:1の割合で入れて混ぜ、豚バラが中まで火が通り大根が軟らかくなるまで蓋をして蒸し焼きにします。
  4. 蓋を取って豚バラと大根に照りがつくまで炒めたらできあがりです。
    冷めたら食品保存袋に入れて、使いたい分だけ折って取り出せるように平たくして冷凍します。

冷凍してお弁当に使おう!緑と赤の野菜を使ったおかずレシピ

夏に農場の産地直販所へ赴くと、とっても大きくて立派なター菜を発見しました。子供がとても気に入って「絶対に買いたい」と言うので、購入して調理してみました。
とても大きいので様々な料理に使用できましたが、そのなかでお弁当用に冷凍しておくのに最適なおかずができました。
  1. ター菜は3cm程度の幅に切ります。人参はお弁当に入れるのによい大きさのいちょう切りにします。
  2. 冷凍の剥きエビは解凍して、キッチンペーパーで水気を拭き取っておきます。
  3. 味の付いていないピーナッツを用意し、半分にバラしておきます。塩味が付いていつ場合には水で洗ってキッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  4. 米油を炒め鍋に敷いてター菜、人参、エビを炒め、野菜がしんなりしてきたらピーナッツを入れてバターを多めに入れて全体に絡めます。
  5. 塩コショウで味を調えて出来上がりです。バターの風味が食材全体を風味高く仕上げ、ピーナッツの香ばしさもとてもよく合います。
    冷めたら食品保存袋に入れて平たくして冷凍します。おかず容器に入れてからタッパに入れて冷凍してもよいでしょう。

冷凍すれば長期保存が可能!お弁当に便利な野菜の肉巻き

野菜の肉巻きは食べ易くて、見た目には巻かれている野菜と肉の色のコントラストがとても美しいのでお弁当には最適のおかずです。

ホワイトアスパラのピクルスを初めて食べたときには、缶詰と違いポリッとした食感と酢の爽やかさがとっても美味しくて感激しました。これは脂が多くジューシーな豚バラと一緒に食べるととってもよく合うと思いました。
  1. 豚バラを並べて、上面だけに片栗粉を振ります。
  2. ホワイトアスパラのピクルスはキッチンペーパーでよく水気を拭き取ってから片栗粉を振った豚バラにのせて巻きます。
  3. オリーブオイルを敷いたフライパンで焼き、豚バラがこんがりと焼けたら岩塩と大粒の黒胡椒を振りフライパンを揺すって全体に行き渡らせます。子供が嫌う場合には黒胡椒を省きます。冷めたら食品保存袋に入れて冷凍します。
ホワイトアスパラの白色とお肉の茶色の対比が美しく、ブロッコリーなど緑の野菜と赤と黄色のミニトマトを入れると非常に彩りが美しいお弁当になります。

冷凍おかずを保存するコツ!上手な保存方法

おかずは長く冷凍するほどに味が落ちてしまいます。特に冷凍中に空気に接触していると味と鮮度の劣化が激しくなります。挽肉をパックごと冷凍しておくと、挽肉の表面が茶色く冷凍焼けします。

パックから出してみると、パックに密着していた部分や内部は赤いままです。このように、空気に触れていると早く劣化するので、いかにして空気に触れさせないようにするのかが大切です。

私は食品保存袋に入れてぴっちりと押しつぶして出来る限り空気を抜いて冷凍します。ハンバーグなど袋に入れると隙間ができるおかずは、ひとつずつラップを密着させるようにして包んでから食品保存袋に入れて更に空気を抜いて口を閉じます。

冷凍おかずをお弁当に入れると嬉しいメリットが

私は夕食のおかずを多めに作ってお弁当用に取り分けて冷凍保存します。
折角料理をしたのだから、夕食の一食分だけではなくお弁当何回分かのおかずにも活用しようと思うためです。そうして、夕食だけで消費されるはずだった食材がお弁当にも活用できると経済的にもお得になります。
お弁当のおかずの作り置きだけのために調理をすることは殆どなく、普段はよくミートボールやチキンナゲットなどの冷凍食品を使用しています。
しかし、夕食のおかずの中から冷凍保存できるものをお弁当用に取り分けて冷凍すると、たまに手作りのおかずが入り、冷凍食品代も節約できるので一石二鳥です。
但し、夕食で残ったおかずを冷凍保存するのはやめましょう。鮮度が悪くお弁当の中で傷んでしまう可能性があります。調理して直ぐに取り分けて迅速に冷まして冷凍します。